ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「世界保健機関」最新記事一覧

WHO:World Health Organization

【連載】電通デジタルが考えるB2Bマーケティングにおける広告アプローチ 第4回:
最後はやはり「人間」だから――B2Bマーケティングにおけるエモーショナルなアプローチの意義
米国のB2Bマーケティングは、日本に比べて圧倒的に進んでいるといわれています。今回は、米国における取り組み事例を通じて、B2Bマーケティングの別の側面を見つめてみたいと思います。(2017/8/22)

インタビュー:
東京都、受動喫煙防止策制定へ=小池都知事
小池都知事は、都で受動喫煙防止条例の制定に向け作業中であることを明らかにした。(2017/8/8)

【連載】電通デジタルが考えるB2Bマーケティングにおける広告アプローチ 第2回:
「誰も知らない」わが社のビジネス、どうすればターゲットに知ってもらえるか
広告を中心とする認知獲得の方法をお伝えする本連載。第2回目では、広告において何をどのように伝えるべきかを解説します。(2017/7/18)

CloseBox:
LINEのWAVEをポチった後でわかった、アラン・ケイの偉大さ
35年前、セミナーで語られた内容をLINEのハードウェア進出に照らし合わせると……。(2017/7/15)

ギークな新米パパママに朗報! 海外発「オムツ替えをIoTで便利に」の波
(2017/7/5)

【連載】電通デジタルが考えるB2Bマーケティングにおける広告アプローチ 第1回:
「B2Bに広告は不要」って本当でしょうか?
見込み客を管理し、育て、商談につなげるプロセスはB2Bマーケティングの核となるものですが、購買ファネルの入り口を広げる努力もまた重要です。この連載では、広告を中心とする認知獲得の方法をお伝えします。(2017/7/4)

スピン経済の歩き方:
日本の生産性が低いのは「たばこ後進国」だから?
数年ほど前から「日本企業の生産性が低い」といった話をよく耳にする。労働時間を短縮したり、効率化を図ったり、さまざまな取り組みをしているが、喫煙者の問題はあまり話題にならない。仕事中に「ちょっと一服」と言って、何度も離席する人は生産性がいいのだろうか。(2017/6/6)

謝るだけじゃダメ!:
誠意を見せつつ相手に納得してもらう「謝罪報告書」の書き方
トラブル発生時に提出する「謝罪報告書」。書き方一つでさらに相手を怒らせてしまったり、今後の対策を建設的に相談できるようになったりします。連載「エンジニアのためのビジネス文書作成術」、第4回目は「謝罪報告書」の書き方と、Wordの「表スタイル」を使って経緯や対策を見やすくするコツを伝授します。(2017/5/31)

360度から超音波、乳がん検査をより高精度に 日立が新技術
360度から超音波を照射し、従来より高精度な乳がん検査ができる技術を日立が開発。イヌを使った実験では、約5ミリの腫瘍の検出に成功。人間向けに実用化を目指す。(2017/5/24)

中国の「犬肉祭」に規制 動物保護団体など国内外から批判受け犬肉販売が禁止に
規制は一時的なものですが、動物保護団体は永久禁止を目指し活動を続けるとのこと。(2017/5/19)

「痛い、痛い!」至福のはずの整体が地獄に 腰椎骨折で怒りの提訴
「痛い、痛い!」。整体院のベッドに横たわっていた女性は、あまりの痛苦に悲鳴を上げた。(2017/5/11)

対策は国の安全保障問題:
感染危機 薬が効かない:「聖なる大河」に漂う耐性菌
インドのガンジス川で高濃度の耐性菌遺伝子が見つかったとの研究が発表された。抗菌薬、いわゆる抗生物質が効かない耐性菌が人類の脅威となりつつある。(2017/5/8)

1台3役:
空調家電で「新風」 技術者魂込めるダイソン
「成功から学ぶことは何もない」。英家電大手ダイソンの創業者兼チーフエンジニアのジェームズ・ダイソン氏の言葉。そこには、失敗を恐れず挑戦を続け前進することが創造に欠かせない――という“技術者魂”が込められている。(2017/4/18)

視覚障害児もプログラマーに Microsoftが新ツール
欧米では、子どもに楽しくプログラミングを教えるビジュアルプログラミングが花盛りだが、見落とされていた世界もあった。(2017/3/27)

R2-D2の“2代目中の人”が「STAR WARS: THE LAST JEDI」に出演とカミングアウト
「スター・ウォーズ」シリーズの最新作「THE LAST JEDI」でロボット「R2-D2」を演じるのは、昨年8月に亡くなったケニー・ベイカーさんの教えを受けたジミー・ヴィーさんであると、ヴィーさんの所属プロダクションが発表した。(2017/2/14)

ワシントン・ポスト紙、渡辺直美を絶賛 「ぽっちゃりを誇っている」
ぽっちゃりの女性だけじゃなく、すべての女性にエール。(2017/2/11)

ディルバート(486):
上司の説教をドクターストップ!
主治医から一筆もらったというウォーリー。これもまあ、いつもの展開と言いますか……。(2017/2/2)

世界を読み解くニュース・サロン:
選挙ハッキングをしているのは「秘密結社」か
米国の大統領選で「ロシア政府がからんでいた」といった指摘があるが、イタリアでも大規模なサイバー攻撃が発覚している。2017年1月に容疑者が逮捕されたが、その背景に“秘密結社”の存在がちらついている。どういうことかというと……。(2017/2/2)

“いま”が分かるビジネス塾:
飲食店の全面禁煙は仕方ないのか
政府は、東京オリンピックに向けて飲食店の全面禁煙(喫煙室の設置は可)を目指すなど、諸外国(先進国)並みの受動喫煙対策を実施しようとしている。飲食店などからは反対意見が相次いでいるが、今回のタイミングを逃してしまうと、本格的な受動喫煙対策の導入は困難とも言われている。国会審議の行方に目が離せない。(2017/1/25)

設計・製造現場を変革する3D CAD/3Dデータ活用(5):
プロジェクトの種類と進め方を理解し、3D CAD推進に取り組もう!
設計品質の向上、さらなる生産効率化など、設計・製造現場では常に厳しい要求が突き付けられている。そうした中、3D CADをはじめとしたツールの導入やより効果的な使い方を追求した組織としての取り組みも行われている。本連載では3D CAD/3Dデータ活用にフォーカスし、プロジェクト管理者がどのような視点で現場改革を推進していくべきか、そのヒントを提示する。連載第5回では、プロジェクトの種類や進め方の概要について解説する。(2017/1/20)

PC作業中に健康診断 心拍数を測定・記録できるマウスが登場
専用アプリで集計して体調管理に。(2016/12/30)

Gartner Insights Pickup(2):
誰がデータを所有しているのか、その現状と展望
われわれはデジタル社会のルールを理解しなければならない。その1つの重要な側面が“データのオーナーシップ”――誰があなたのデータ、あるいはさまざまなモノのデータを所有するのかという問題だ。(2016/12/26)

AWS re:Invent 2016:
Amazon Alexaの世界を、Echo Dotで実体験する
AI音声アシスタント機能「Amazon Alexa」を搭載したスマートスピーカーの「Amazon Echoシリーズ」は、500万個以上が販売された推定されている。ここにどのような世界が広がっているのか。エントリ機種の「Echo Dot」で試してみた。(2016/12/8)

スピン経済の歩き方:
「ヌーハラ報道」に、目くじらを立てる理由
少し前、日本人がラーメンなどをすする際の音で外国人が不快な思いをするという「ヌードルハラスメント」(ヌーハラ)が注目を集めた。テレビや新聞などがこの騒動を報じたわけだが、筆者の窪田氏は「報じてはいけない」という。なぜなら……。(2016/11/29)

ビジネスチャットの地殻変動
Slack vs. Microsoft Teams以上に注目したい「働き方の劇的変化」
今、ビジネスチャットに注目しているユーザーたちは「Microsoft TeamsがSlackに仕掛けた戦い」に夢中だ。しかし、Microsoft参入はもっと大きな、「働き方の本質」を変えようとしている。(2016/11/18)

ライザップに挑戦してみた:
「ライザップ=痩せる」だけではない。新たな取り組みは?
「ライザップでトレーニングを積めば、2〜3か月で痩せることができる」といったイメージをもっている人が多いだろうが、実は新たなことに取り組んでいる。それは「健康」。どのような取り組みかというと……。(2016/11/10)

最新英語男声ボカロ「CYBER SONGMAN」に人間歌うマンが挑んでみた
ヤマハが米国男声VOCALOIDを出してきたので、英語曲を歌うシンガーとして戦いを挑んでみたのだが。(2016/11/2)

iPhoneで眼を診察できる「ビゾスコープ」 発展途上国へ安価に検査設備を
(2016/11/2)

「性的パートナーがいない人は障がい者?」誤訳を元に波紋広がる 元記事は不妊の定義変更を取り上げたもの
「童貞は障がい者」と報じるまとめサイトも。(2016/10/22)

非専門家のためのヒント
クラウドのSLA設定に答えはあるのか? セキュリティ担当者が考えたい“必須項目”
最高情報セキュリティ責任者(CISO)がクラウドのサービスレベル契約(SLA)を策定する際に役に立つ幾つかのヒントを、セキュリティ情報の専門家が紹介する。(2016/10/6)

「4人に1人が本気で自殺したい」「5人に1人が身近な人を自殺でなくす」――日本財団が自殺に関する調査結果を発表
「自己有用感」「社会問題解決能力」「共感力」が自殺のリスクを抑える要因との分析も。(2016/9/8)

現場エキスパートに学ぶ実践的サイバー攻撃対策塾:
第3回 サイバー攻撃の心理を読み解く「5W1H」の視点とは?
標的型攻撃の具体的な対策を考える上では、守る側だけでなく、攻撃する側の視点が欠かせない。今回は攻撃者の視点がどのようなものかを「5W1H」で解説する。(2016/9/5)

山本敦の「体当たりッ!スマート家電事始め」:
ダイソン「ピュア クール リンク」を2カ月使って分かったこと
空気の質を質をチェックし、その対策にもなるダイソンの空気清浄機能付き扇風機「ピュア クール リンク」。記事執筆のために試用したあと、即座に自腹購入した。スマート家電が生活に欠かせない生活家電に変わるまでの長期使用リポートをお届けしよう。(2016/8/12)

ディルバート(457):
オフィスの騒音、まるで拷問?
集中したいのに、周りがガヤガヤうるさい――オフィスの騒音って困りますよね。特にパーティションなどで仕切られた席では音の出どころが分かりにくく、不快指数が上がりそう。アリスにとっては苦痛で仕方がなかったようで……。(2016/7/14)

知っておきたい医療のこと:
がんと並び死亡の主原因となる血管病について
発病したら重症化する血管病だが、発症メカニズムを知り、注意しなければいけない生活習慣を実行し予防することができる。(2016/6/22)

TwitterでシェアされるURLの59%はクリックされない──コロンビア大学とINRIAによる研究
人は記事を読むよりもシェアすることを好み、記事のまとめやまとめのまとめに基づいて自分の意見を形成すると、研究者は指摘する。(2016/6/20)

PR:空気のヨゴレがまるわかり! スマホにつながるダイソンの空気清浄機能付きファン「ピュア クール リンク」はここがスゴイ
ニュースでは連日のように大気汚染や地球温暖化に関連する話題が取り上げられているが、自分を取り巻く環境について知る機会は少ない。しかし、それを“見える化”できて、同時に対策にもなる家電があったらどうだろう。「Dyson Pure Cool Link」を使ってみた。(提供:ダイソン株式会社)(2016/6/20)

ひと目で分かるUIと、安全なデータ共有
「エボラ出血熱」拡大阻止の現場、災害医療モバイルアプリはどう活躍したか?
エボラ出血熱の大流行に対する国際対応において、ある非営利団体は地域医療従事者が調査対象からデータを収集するためのモバイルアプリを活用した。(2016/6/17)

「ゲームばかりしてないで外で遊びなさい!」がなくなる日――カギはGPS+AR?
(2016/6/15)

たばこのパッケージ 画像付きの警告表示に7割が賛成
警告表示の面積拡大や画像付きで警告することに賛成だった人が7割――国立がん研究センターの調査で分かった。(2016/5/30)

WHOがジカウイルスとリオ五輪についてコメント 「中止や変更をしてもウイルスの流行に大きな変化ない」
旅行者へのアドバイスも。(2016/5/29)

TENGAが男性向け“妊活”グッズ スマホで見る精子観察キット「TENGA MEN'S LOUPE」
スマートフォンのカメラを使った精子観察キット「TENGA MEN'S LOUPE」が発売した。(2016/5/16)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
尊厳ある人生を享受するために――病から自分を守る予防術とは
日本は世界一の長寿大国といわれているが、医療行為により単に長生きすることは幸せなのか。尊厳を保つ人生、高い質の生活を維持するためには、日々どのように健康管理に取り組めばよいのだろうか。(2016/5/10)

「一番の親友は?」に答えていくワンちゃん 最後のオチは本能
暗に要求するスタイル。(2016/5/6)

ディルバート(446):
終わらない追加修正、どう対処する?
ウォーリーの秀逸な話術、もっとほかに生かせる部分があるだろうに……。(2016/4/28)

TECHNO-FRONTIER 2016:
無線充電の今、大電力の本命は?
さまざまな非接触給電・充電(無線充電)システムの展示が「TECHNO-FRONTIER 2016」(2016年4月20〜22日/幕張メッセ)に集まった。ダイフクは電動フォークリフト向けの非接触充電システムを展示。世界初の実用化だと主張する。メートル単位の電力伝送が可能な「磁界共鳴方式」との違いなど、技術の内容を中心に特徴を紹介する。(2016/4/27)

来週話題になるハナシ:
なぜ「大人のぬり絵」が世界中で売れているのか
いま世界で、すごい勢いで盛り上がっているトレンドがある。「大人のぬり絵」だ。ヒットしている理由のひとつに、現代社会のストレスが関係しているようだ。(2016/3/29)

コンビニ探偵! 調査報告書:
2020年、コンビニから「エロ本」「タバコ」が消えてしまうかもしれない
コンビニはたくさんの商品を扱っているが、消えていく商品も数多い。販売不振で撤去されるだけでなく、「反社会的なモノを置いていていいのか!」といった世論の声を受けて、消えていく商品もあるかもしれない。それは……。(2016/3/14)

ジカウイルス陽性、国内2例目 愛知県の30代女性
厚生労働省は「国内で感染が拡大するリスクは極めて低い」と呼びかけ。(2016/3/11)

写真展:
朝日新聞出版写真部写真展「THE TIME PEOPLE SHARED」
(2016/3/9)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。