ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「世界保健機関」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

WHO:World Health Organization

関連キーワード

IoT時代の安全組織論(8):
IoT時代の安心・安全を確保するための組織改革――大企業編(2)
製造業がIoTを活用していく上で課題となっているのが、サイバーセキュリティをはじめとする安心・安全の確保だ。本連載では、安心・安全を確立するための基礎となる「IoT時代の安全組織論」について解説する。第8回は、第7回で洗い出した大企業のセキュリティ課題を基に、どのような組織変革を行えば良いのかを一案とともに考察する。(2018/4/20)

海外医療技術トレンド(34):
大阪の姉妹都市メルボルンに見る地域発デジタルヘルスの展開
大阪市と1978年から姉妹都市提携を結んでいるオーストラリアのメルボルン市。両市の姉妹都市提携40周年事業の一環で開催された「メルボルン×大阪 ヘルスケア・イノベーション交流セミナー」の模様とともに、メルボルン市の先進的なデジタルヘルスの取り組みを紹介する。(2018/4/13)

新薬開発を加速するテクノロジー
治験を支える「EDC」(電子的データ収集)の進歩は、なぜ新薬開発を加速するのか
新薬開発における症例報告データ収集に使う「EDC」(電子的データ収集)システム。近年はクラウドで動くEDCシステムが登場し、新薬開発プロセスの効率化に貢献している。(2018/4/4)

Security Analyst Summit 2018レポート(2):
平昌オリンピックを襲った「Olympic Destroyer」、真の目的は?
2018年2月に開催された平昌オリンピック、これをサイバー攻撃「Olympic Destroyer」が襲った。攻撃者を巡る報道が飛び交っているものの正体がはっきりしない。Kaspersky Labのリサーチャーは分析結果を紹介し、特定作業が困難を極める時代に突入したと説明する。2年後の東京では攻撃に対し、どのような備えができるのだろうか。(2018/4/6)

コードネーム「疾病X」とは? WHOが警告、世界で大流行する可能性
WHOのリポートに記載された「疾病X」というコードネームが、医療保健業界で話題になっている。WHOは、未知の感染症が世界的に大流行する可能性を示唆している。(2018/3/26)

スピン経済の歩き方:
「551蓬莱の豚まん」が新幹線で食べられなくなる日
新大阪駅で「551蓬莱の豚まん」を買ったことがある人も多いのでは。新幹線の車内でビールと豚まんを食した人もいるだろうが、こうした行為が禁止されるかもしれない。どういうことかというと……。(2018/3/13)

組み込み開発ニュース:
安全性解析手法STAMP/STPAの使いこなし方、日本ユニシスが社内展開へ
日本ユニシスは、IoTなどによって複雑化するシステムの安全性解析手法として注目される「STAMP/STPA」をより具体的に運用するための研究成果を披露した。(2018/3/2)

これからのAIの話をしよう:
強すぎて「会場がシーンと……」 クイズ王を圧倒した“早押しAI”の衝撃
あまりの強さに人間のクイズ王が「狐につままれたようだ」と漏らすほどの“早押しクイズAI”は、日本人エンジニアが開発した。(2018/2/28)

「Microsoft Teams」に「Slack」のようなアプリストア他の新機能
Microsoftのチームコラボレーションツール「Teams」に、サードパーティー製アプリを連携するためのアプリストアが追加され、例えばTrelloの任意のタスクを直接チャットやメッセージに貼り付けられるようになる。(2018/1/30)

ジャガイモは光に当てないで―― 農水省が栽培や調理時の取り扱いについて注意喚起
ジャガイモは栽培から食べるまでの取り扱いを誤ると天然毒素が増え、食中毒を起こすことがあります。(2018/1/30)

世界を読み解くニュース・サロン:
海外で「児童婚」が問題に、日本はどうする?
最近、海外のメディアで「児童婚」のニュースをよく目にする。未成年者の結婚が問題になっていて、結婚年齢を引き上げる国が増えてきている。こうした動きに対して、日本はどうするのか。(2018/1/18)

「文春」「AERA」:
「ホルモン漬け輸入牛肉が乳がんを増やす」報道の科学的根拠は?
成長を促すために「ホルモン剤」を使った米国やオーストラリアの牛肉の話題が、週刊誌やネットニュースで取り上げられている。(2018/1/17)

飛び散る骨の破片:
米国の「死体実習」、舞台は高級ホテル宴会場
その「手術劇場」となった会場のすぐ外にいた医学会議の主催者は、ミニー・マウスの耳を頭に着けていた。(2018/1/11)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(46):
プロセッサの脆弱性問題、Azureは対策済み、オンプレミスの対応策は?――Windows関連のまとめ
2018年の年明け早々、「Meltdown」や「Spectre」と呼ばれるプロセッサの脆弱性問題が公表され、IT業界全体でゼロデイ攻撃のリスクが高まっています。Microsoft AzureおよびMicrosoftのその他のクラウドサービスは、2018年1月4日時点で既に対策が完了しているとのことです。(2018/1/10)

「ゲーム障害」を疾病に分類 WHOの草案で
ゲーム業界団体は方向展開を求めています。(2018/1/4)

新海誠も推薦 アニメーターが絶賛する教本『アニメ私塾流 最速でなんでも描けるようになるキャラ作画の技術』が使えそう 
新海誠さんが「添削例なんかもう、眺めているだけで上手くまれる気がします(笑)」と絶賛。(2017/12/9)

加熱・電子タバコは「紙巻きタバコと同じく推奨できない」 呼吸器学会が見解表明
タバコには変わらないことを意識して使うべきでしょう。(2017/11/20)

医療機器ニュース:
ホルムアルデヒドの発生を繰り返し検知できる小型センサーを開発
物質・材料研究機構と産業技術総合研究所は、シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドを繰り返し検知し、継続的にモニタリングできる小型センサーを開発した。(2017/11/13)

「顔認証」と「虹彩認証」はどう違うのか
iPhone Xが採用した顔認証とは? スマホ向け生体認証技術の種類と特徴を見る
モバイルデバイスへの搭載が進んで身近になった生体認証技術だが、その特徴を正しく理解できている人は多くないだろう。主要技術である指紋認証、顔認証、虹彩認証、音声認証について簡潔に紹介する。(2017/11/2)

麹町OLの週末ビジネス探検:
神社もIT化? 貴船神社の“QRコード”おみくじ
京都の観光名所・貴船神社が進化を遂げている。伝統あるおみくじ「水占(みずうら)みくじ」が、なんとQRコードを活用して多言語対応。経緯と効果を担当者に聞いてみた。(2017/10/7)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
要領のよい人がやっている、「段取り」のキホン!
段取り力を高めるための思考回路とは。(2017/9/7)

【連載】電通デジタルが考えるB2Bマーケティングにおける広告アプローチ 第4回:
最後はやはり「人間」だから――B2Bマーケティングにおけるエモーショナルなアプローチの意義
米国のB2Bマーケティングは、日本に比べて圧倒的に進んでいるといわれています。今回は、米国における取り組み事例を通じて、B2Bマーケティングの別の側面を見つめてみたいと思います。(2017/8/22)

インタビュー:
東京都、受動喫煙防止策制定へ=小池都知事
小池都知事は、都で受動喫煙防止条例の制定に向け作業中であることを明らかにした。(2017/8/8)

【連載】電通デジタルが考えるB2Bマーケティングにおける広告アプローチ 第2回:
「誰も知らない」わが社のビジネス、どうすればターゲットに知ってもらえるか
広告を中心とする認知獲得の方法をお伝えする本連載。第2回目では、広告において何をどのように伝えるべきかを解説します。(2017/7/18)

CloseBox:
LINEのWAVEをポチった後でわかった、アラン・ケイの偉大さ
35年前、セミナーで語られた内容をLINEのハードウェア進出に照らし合わせると……。(2017/7/15)

ギークな新米パパママに朗報! 海外発「オムツ替えをIoTで便利に」の波
(2017/7/5)

【連載】電通デジタルが考えるB2Bマーケティングにおける広告アプローチ 第1回:
「B2Bに広告は不要」って本当でしょうか?
見込み客を管理し、育て、商談につなげるプロセスはB2Bマーケティングの核となるものですが、購買ファネルの入り口を広げる努力もまた重要です。この連載では、広告を中心とする認知獲得の方法をお伝えします。(2017/7/4)

スピン経済の歩き方:
日本の生産性が低いのは「たばこ後進国」だから?
数年ほど前から「日本企業の生産性が低い」といった話をよく耳にする。労働時間を短縮したり、効率化を図ったり、さまざまな取り組みをしているが、喫煙者の問題はあまり話題にならない。仕事中に「ちょっと一服」と言って、何度も離席する人は生産性がいいのだろうか。(2017/6/6)

謝るだけじゃダメ!:
誠意を見せつつ相手に納得してもらう「謝罪報告書」の書き方
トラブル発生時に提出する「謝罪報告書」。書き方一つでさらに相手を怒らせてしまったり、今後の対策を建設的に相談できるようになったりします。連載「エンジニアのためのビジネス文書作成術」、第4回目は「謝罪報告書」の書き方と、Wordの「表スタイル」を使って経緯や対策を見やすくするコツを伝授します。(2017/5/31)

360度から超音波、乳がん検査をより高精度に 日立が新技術
360度から超音波を照射し、従来より高精度な乳がん検査ができる技術を日立が開発。イヌを使った実験では、約5ミリの腫瘍の検出に成功。人間向けに実用化を目指す。(2017/5/24)

中国の「犬肉祭」に規制 動物保護団体など国内外から批判受け犬肉販売が禁止に
規制は一時的なものですが、動物保護団体は永久禁止を目指し活動を続けるとのこと。(2017/5/19)

視覚障害児もプログラマーに Microsoftが新ツール
欧米では、子どもに楽しくプログラミングを教えるビジュアルプログラミングが花盛りだが、見落とされていた世界もあった。(2017/3/27)

R2-D2の“2代目中の人”が「STAR WARS: THE LAST JEDI」に出演とカミングアウト
「スター・ウォーズ」シリーズの最新作「THE LAST JEDI」でロボット「R2-D2」を演じるのは、昨年8月に亡くなったケニー・ベイカーさんの教えを受けたジミー・ヴィーさんであると、ヴィーさんの所属プロダクションが発表した。(2017/2/14)

ワシントン・ポスト紙、渡辺直美を絶賛 「ぽっちゃりを誇っている」
ぽっちゃりの女性だけじゃなく、すべての女性にエール。(2017/2/11)

ディルバート(486):
上司の説教をドクターストップ!
主治医から一筆もらったというウォーリー。これもまあ、いつもの展開と言いますか……。(2017/2/2)

世界を読み解くニュース・サロン:
選挙ハッキングをしているのは「秘密結社」か
米国の大統領選で「ロシア政府がからんでいた」といった指摘があるが、イタリアでも大規模なサイバー攻撃が発覚している。2017年1月に容疑者が逮捕されたが、その背景に“秘密結社”の存在がちらついている。どういうことかというと……。(2017/2/2)

“いま”が分かるビジネス塾:
飲食店の全面禁煙は仕方ないのか
政府は、東京オリンピックに向けて飲食店の全面禁煙(喫煙室の設置は可)を目指すなど、諸外国(先進国)並みの受動喫煙対策を実施しようとしている。飲食店などからは反対意見が相次いでいるが、今回のタイミングを逃してしまうと、本格的な受動喫煙対策の導入は困難とも言われている。国会審議の行方に目が離せない。(2017/1/25)

設計・製造現場を変革する3D CAD/3Dデータ活用(5):
プロジェクトの種類と進め方を理解し、3D CAD推進に取り組もう!
設計品質の向上、さらなる生産効率化など、設計・製造現場では常に厳しい要求が突き付けられている。そうした中、3D CADをはじめとしたツールの導入やより効果的な使い方を追求した組織としての取り組みも行われている。本連載では3D CAD/3Dデータ活用にフォーカスし、プロジェクト管理者がどのような視点で現場改革を推進していくべきか、そのヒントを提示する。連載第5回では、プロジェクトの種類や進め方の概要について解説する。(2017/1/20)

PC作業中に健康診断 心拍数を測定・記録できるマウスが登場
専用アプリで集計して体調管理に。(2016/12/30)

Gartner Insights Pickup(2):
誰がデータを所有しているのか、その現状と展望
われわれはデジタル社会のルールを理解しなければならない。その1つの重要な側面が“データのオーナーシップ”――誰があなたのデータ、あるいはさまざまなモノのデータを所有するのかという問題だ。(2016/12/26)

AWS re:Invent 2016:
Amazon Alexaの世界を、Echo Dotで実体験する
AI音声アシスタント機能「Amazon Alexa」を搭載したスマートスピーカーの「Amazon Echoシリーズ」は、500万個以上が販売された推定されている。ここにどのような世界が広がっているのか。エントリ機種の「Echo Dot」で試してみた。(2016/12/8)

スピン経済の歩き方:
「ヌーハラ報道」に、目くじらを立てる理由
少し前、日本人がラーメンなどをすする際の音で外国人が不快な思いをするという「ヌードルハラスメント」(ヌーハラ)が注目を集めた。テレビや新聞などがこの騒動を報じたわけだが、筆者の窪田氏は「報じてはいけない」という。なぜなら……。(2016/11/29)

ビジネスチャットの地殻変動
Slack vs. Microsoft Teams以上に注目したい「働き方の劇的変化」
今、ビジネスチャットに注目しているユーザーたちは「Microsoft TeamsがSlackに仕掛けた戦い」に夢中だ。しかし、Microsoft参入はもっと大きな、「働き方の本質」を変えようとしている。(2016/11/18)

ライザップに挑戦してみた:
「ライザップ=痩せる」だけではない。新たな取り組みは?
「ライザップでトレーニングを積めば、2〜3か月で痩せることができる」といったイメージをもっている人が多いだろうが、実は新たなことに取り組んでいる。それは「健康」。どのような取り組みかというと……。(2016/11/10)

最新英語男声ボカロ「CYBER SONGMAN」に人間歌うマンが挑んでみた
ヤマハが米国男声VOCALOIDを出してきたので、英語曲を歌うシンガーとして戦いを挑んでみたのだが。(2016/11/2)

iPhoneで眼を診察できる「ビゾスコープ」 発展途上国へ安価に検査設備を
(2016/11/2)

「性的パートナーがいない人は障がい者?」誤訳を元に波紋広がる 元記事は不妊の定義変更を取り上げたもの
「童貞は障がい者」と報じるまとめサイトも。(2016/10/22)

非専門家のためのヒント
クラウドのSLA設定に答えはあるのか? セキュリティ担当者が考えたい“必須項目”
最高情報セキュリティ責任者(CISO)がクラウドのサービスレベル契約(SLA)を策定する際に役に立つ幾つかのヒントを、セキュリティ情報の専門家が紹介する。(2016/10/6)

「4人に1人が本気で自殺したい」「5人に1人が身近な人を自殺でなくす」――日本財団が自殺に関する調査結果を発表
「自己有用感」「社会問題解決能力」「共感力」が自殺のリスクを抑える要因との分析も。(2016/9/8)

現場エキスパートに学ぶ実践的サイバー攻撃対策塾:
第3回 サイバー攻撃の心理を読み解く「5W1H」の視点とは?
標的型攻撃の具体的な対策を考える上では、守る側だけでなく、攻撃する側の視点が欠かせない。今回は攻撃者の視点がどのようなものかを「5W1H」で解説する。(2016/9/5)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。