ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「読売新聞」最新記事一覧

内村光良、読売新聞夕刊で長編小説「金メダル男」連載へ
内村さんの一人舞台「東京オリンピック生まれの男」の感動が再び。10月には映画化も。(2016/3/30)

「グラブル」運営がガチャの“確率操作”否定 読売新聞に掲載された「頻繁に出現率を変動させる」発言が話題に
読売新聞の記事をめぐってユーザーから疑問の声があがっていました。(2016/2/18)

最終21巻発売記念、21年を振り返る『あたしンち展』が読売新聞本社で開催
貴重な第1回目の連載作品からコミックの歴代表紙、複製原画、メディア展開など21年間の歴史を展示する。(2015/9/30)

読売新聞が「中高生新聞」の特設サイトを開設――miwaのショートインタビューも
11月7日の創刊に先駆け、「中高生新聞」の特設サイトが開設。創刊準備号の紙面デザイン公開や著名人によるコメント掲載に加え、見どころをいち早く紹介する。(2014/10/10)

作家サインや図書カードも当たる「ミステリーブックフェア2014」開催中
日本出版販売と読売新聞が、「ミステリーブックフェア2014」を開催。全国約550書店で実施している。(2014/2/24)

酒場めぐりが楽しくなる一冊
読売新聞Webサイトで連載された「酒場」を舞台に、様々な人が人生を語るシリーズ「酒都を歩く」。その連載をまとめた書籍にまとめた『あの人と、「酒都」放浪 -日本一ぜいたくな酒場めぐり』を紹介します。(2014/1/9)

地上200メートル 読売新聞ビル屋上からの風景を楽しめる「YOMISORA」
読売新聞東京本社は、新社屋「読売新聞ビル」オープンを記念したAndroidアプリ「YOMISORA」をリリースした。地上200メートルから都内を一望できる。(2013/12/27)

電子書店「本よみうり堂デジタル」がEPUB対応――半額キャンペーンも開催
読売新聞東京本社の運営する電子書店「本よみうり堂デジタル」が、EPUBファイルの電子書籍に対応した。(2013/11/8)

ドワンゴ、日テレなどが新プロジェクト記者会見 スタジオジブリ鈴木敏夫プロデューサーも登場
ドワンゴ、日本テレビ、ネルケプランニング、読売新聞、TOKYO FM、ローソン、イープラス、電通、アイア、BS日テレの10社による共同プロジェクトの記者会見をライブ配信する。スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー、スタジオジブリでプロデューサー見習いも務めるドワンゴ川上量生会長、日本テレビの奥田誠治コンテンツ事業局長代理兼映画事業部長らが登壇する。配信は3月5日14時0分〜。(2013/3/4)

窪田順生の時事日想:
森口尚史さんのウソで露呈した、マスコミの“弱点”とは?
iPS細胞をめぐって、読売新聞が森口尚史さんにダマされたなんだという騒動がようやく落ち着いてきた。それにしても大手マスコミがなぜ相次いでダマされたのか。その背景には、マスコミが抱える構造的な問題があるからだ。(2012/10/23)

ダイヤモンド・オンライン、“盗用”指摘の上杉隆氏コラム掲載停止
上杉隆氏が読売新聞の図表を“盗用”したと指摘されている問題で、ダイヤモンド・オンラインは該当記事の掲載を「結論が出るまでの間」停止したことを明らかにした。(2012/10/22)

「世界初iPS心筋移植」やはり誤報 読売新聞がおわび文掲載
「森口氏氏の説明は虚偽」と判断。(2012/10/13)

「iPS世界初の臨床応用」大学・病院側が否定、読売新聞「事実関係を調査します」
大ニュースから雲行き一転、果たして真実は。(2012/10/12)

読売新聞、手軽にチェックできるスマートフォン版「大手小町」をリリース
読売新聞東京本社が、スマートフォン版「大手小町」をリリース。ドコモ/au/ソフトバンクの主要3キャリアに対応し、ソフトバンクのiPhoneやiPad、auのiPhone 4Sでも利用可能。PC向けサイトを閲覧した際の読みにくさ、操作しづらさを改善している。(2012/6/20)

「読売新聞は言論を売っていない」――清武英利氏、佐高信氏が語る出版契約裁判
読売新聞東京本社は4月、七つ森書館と昨年結んだ『会長はなぜ自殺したか』の復刻出版契約の無効を求めて提訴した。社会部時代にキャップとして本に関わった清武英利氏と、監修の佐高信氏は日本外国特派員協会で行った会見で読売新聞社の対応を非難した。(2012/5/18)

「人生案内」が有料コンテンツに 読売新聞購読者向け「プレミアム」開始
読売新聞購読者向け有料サービス「読売プレミアム」がスタート。「人生案内」などが同サービスに移行し、オフラインで記事を読める機能などが利用できる。(2012/5/14)

読売新聞社、新サービスの基盤にクラウドを採用
会員向けサービス「読売プレミアム」のシステム基盤に、NECおよびNECビッグローブのクラウドサービスが採用された。(2012/5/11)

結局、どういうこと?:
ソーシャルゲームの「コンプガチャ」は違法か――消費者庁は「対応を検討中」
コンプガチャは違法である――読売新聞の報道について、消費者庁のコメントは?(2012/5/7)

読売新聞社“初”の電子書籍、BookLive!で先行独占配信
紙面のコラムやヨミウリ・オンラインなどの記事を電子書籍配信用に編集した読売新聞社初の電子書籍作品の配信が始まった。BookLive!で先行独占配信される。(2012/3/26)

出版業界ニュースフラッシュ 2012年1月第4週
出版業界で起こったニュースにならない出来事をまとめてお届けする週刊連載。今週は、雑誌売り上げが1985年以降では初の1兆円割れといったニュースや、読売新聞社の渡邉会長が「活字媒体を低減税率に」と主張したことなどに注目。(2012/1/30)

読売新聞特別編集委員・橋本五郎さんが振り返る 今年の政治と経済
読売新聞特別編集委員の橋本五郎さんが政治・経済の話題を中心に今年を振り返り、来年の展望を語る。全国FM放送協議会(JFN)のポッドキャスト番組「ON THE WAY ジャーナル」のUst。配信は12月9日14時15分〜。(2010/12/7)

電通、読売新聞にAR広告 携帯やiPhoneで体験
携帯電話かiPhoneを使ったARでCG映像を再生できる新聞広告が、18日の読売新聞朝刊に掲載された。(2010/10/18)

GIANTSケータイ4機種が新登場、プレミアム席のキャンペーンも実施
読売新聞東京本社とインフォニックスが、GIANTSケータイの新機種「GK-CA005」「GK-SA002」「GK-SH007」「GK-SH004」を6月30日から順次発売する。予約受付は6月10日から。(2010/6/10)

ビクター、ペンタックスを買収か
JVC・ケンウッドHDが、ペンタックスブランドのデジタルカメラ事業をHOYAから買収すると、読売新聞が報じた。同社は「報道されたような事実はない」とコメントしている。(2009/11/4)

読売新聞が医療情報サイトをオープン、検索にはASPサービスを採用
ASP型の検索サービスを導入し、読者が記事を探しやすくした。(2009/10/29)

ねとらぼ:
読売新聞に6面ぶち抜きガンダム広告 著名人が思い入れ語る
8月20日の読売新聞の朝刊に、6面ぶち抜きでガンダムのカラー広告が掲載された。お台場ガンダムの写真や、著名人のコメントなどが載っている。(2009/8/21)

App Town ニュース:
日経新聞、朝日新聞、読売新聞のニュースを読める無料iPhoneアプリ
日経・朝日・読売インターネット事業組合は、日経新聞、朝日新聞、読売新聞3紙の記事を読めるiPhone/iPod touch向けアプリ「あらたにす」を公開した。(2009/2/12)

学生「読売」、現役「日経」、退職後「朝日」――世代別新聞購読
新聞に関するインターネット調査によると、購読銘柄で顕著なのが、若年世代が読売新聞、現役世代が日経新聞、定年退職世代が朝日新聞であることが分かった。9月17日〜10月2日、「DIMSDRIVE」調べ。(2008/12/3)

新聞を読む理由と読まない理由
普段、よく読んでいる新聞は? インターワイヤードの調べによると、「朝日新聞」と「読売新聞」が多かったが、全国紙5紙の1つ「産経新聞」は「中日新聞」を下回る結果となった。(2008/12/3)

読売新聞、135年分の記事データベースを発売 創刊号の紙面もネットで
創刊から現在まで135年分の記事をインターネット上で閲覧できる有償サービスを、読売新聞東京本社が2009年1月末以降に開始する。創刊号の紙面イメージを見ることも可能だ。(2008/10/18)

読売新聞135年分の記事DB「ヨミダス歴史館」 明治期からの紙面もネットで
読売新聞の創刊号から最新分まで135年分の記事を検索・閲覧できる有料のオンラインデータベースを来年公開する。図書館や企業向け。(2008/10/17)

コラムも充実:
M&Aや新任社長情報を扱う「企業ナビ」、ヨミウリ・オンラインで開始
読売新聞東京本社は、ニュースサイト「ヨミウリ・オンライン」で、企業の動向を伝える「企業ナビ」を開設した。(2008/7/7)

読売、記事見出しをRSS配信 ブログパーツも
読売新聞東京本社は、ニュースサイト「YOMIURI ONLINE」の記事見出しのRSS配信と、アクセス上位の記事を表示するブログパーツの配布を始めた。(2008/6/12)

「ニュース専用」動画・写真投稿サイト 読売&日テレ「みんなで特ダネ!」
日テレと読売新聞が「ニュースの瞬間」をとらえた動画や写真の投稿サイト「みんなで特ダネ!」を開設する。投稿作品は記者が審査し、ニュース性が高ければテレビや新聞で公開する。(2007/9/18)

11月18日〜11月24日:
5分で分かる、今週のモバイル事情
ソフトバンクモバイルの“隠し玉”2機種が明らかになった今週。読売新聞の「クローン携帯」報道に対し、NTTドコモはコメントを発表した。また、iDを利用できる提携カードが3種類発表になっている。(2006/11/24)

「クローン携帯を確認」は誤報──ドコモがコメント
11月23日、読売新聞が「クローン携帯の不正使用をドコモが確認した」と報道したが、真相はクローン携帯ではなく、海外の携帯電話事業社が国際ローミング時の認証を正しく行っていなかった、ということのようだ。(2006/11/24)

記事見出し無断配信訴訟、読売勝訴が確定
ネット向けに配信した記事の見出しを無断使用され、著作権を侵害されたとして読売新聞がネットニュース配信会社を訴えた訴訟は、双方とも上告せず、控訴審判決が確定した。(2005/10/26)

読売新聞、ポッドキャスティングでニュースを配信
読売新聞社は、同社のニュースサイト「YOMIURI ONLINE」で「読売ニュースポッドキャスト」の配信を開始した。同社のニュースサイト「YOMIURI ONLINE」を使い、平日の午前6時に毎日10本を配信する予定だ。利用は無料。(2005/10/24)

空気をきれいにする新聞紙
光触媒をコーティングした新聞用紙を日本製紙と読売新聞が開発。置いておくだけで生活臭を分解してくれるという。(2005/10/19)

新聞見出し無断ネット利用に賠償命令 著作物性は再び否定
記事見出しの配信をめぐって読売新聞とネットニュース配信会社が争った訴訟の控訴審判決は、見出しの著作物性は再び否定されたものの、限度を超えた無断使用には不法行為が成立すると判断、配信会社に賠償を命じた。(2005/10/6)

PR:新聞折込広告のタートルライド社 全国の新聞折込、チラシ印刷を業界最安値で提供



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。