ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ゼンショー」最新記事一覧

ごはんも増量:
すき家がカレー刷新に込めた「本当の狙い」
すき家が4月18日から定番の「ポークカレー」を刷新する。スパイシーさをより際立たせ、こはんも15%増量するという。一見すると何の変哲もないリニューアルのようだが、別の狙いもあるという。(2018/4/10)

吉野家は後悔?:
松屋とすき家に「牛丼並盛」の値上げをためらわせた「吉野家の悪夢」
松屋とすき家は相次いで値上げを行っている。原因は原材料費と人件費の高騰だが、主力の牛丼並盛の値上げは両社とも見送っている。背景にあるのは「吉野家の悪夢」かもしれない。(2018/4/2)

肉すし、丼、パフェなど続々:
競争激化の回転すし市場、生き残るカギは「テスト期間中の女子高生」?
回転すし市場では、各企業が肉すし、丼、パフェなどを相次いで投入している。背景には、背景には、米・魚などの原価や人件費の高騰があるようだ。今後はどのような商品が世に出てくるのだろうか。(2018/3/19)

海鮮以外の“肉丼”も充実:
かっぱ寿司が「丼もの」を始める理由
「かっぱ寿司」が丼メニュー「かっぱのごち丼」の提供を一部店舗で始めた。海鮮丼だけでなく、ローストビーフやハンバーグなどを用いた“肉丼”が充実している点が特徴だ。運営元のカッパ・クリエイトに、「丼」を始めた理由を聞いた。(2018/2/27)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「養老乃瀧」で“締めの牛丼”が売れている
養老乃瀧が、かつて販売していた「養老牛丼」がレギュラーメニューとして復活。締めのメニューとして、ダントツの人気商品となっている。古くからのファンや、一度は食べてみたいと思っている人が想像以上に多かったという。(2017/12/26)

英語の会議は減った:
3期連続赤字に追い込まれたマクドナルドが「V字回復」成し遂げたワケ
3期連続の最終赤字に陥ったマクドナルド。問題発生から1年余りで販売減に歯止めを掛け、17年12月期の最終損益は上場以来最高となる200億円の黒字を見込む。(2017/12/14)

トッピングやセットも:
すき家が「牛丼大盛」など値上げ 食材費と人件費が高騰
すき家が、「牛丼」など一部メニューを11月29日午前9時から値上げすると発表。(2017/11/22)

すき家で一部商品値上げへ 牛丼並盛は据え置き
食材の高騰と、人件費上昇が背景。(2017/11/22)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
「Amazon Echo」5つのおすすめスキルとその理由
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はAmazon Echoで使えるAlexaスキルについての筆者の考察と、おすすめのスキル5つをその理由も含めて紹介する。(2017/11/21)

「Amazon Echo」に外食業界が注目 スシロー、すき家が注文予約サービス
音声アシスタント「Alexa」対応のスピーカー「Amazon Echo」に、スシローやすき家が対応。テークアウト商品の予約注文サービスを始める。(2017/11/10)

「すき家」等のゼンショーHD、メニューの値上げを検討 牛丼並は据え置きで
人件費や原材料価格の上昇を受けて。(2017/11/9)

水曜インタビュー劇場(お好み焼き公演):
10分の1に縮小した「ドムドム」は、復活することができるのか
ダイエーグループから離れた「ドムドムハンバーガー」が、まずまずのスタートを切ったようだ。店舗数は減少しているのにもかかわらず、売り上げは対前年比で1割ほど増加。マクドナルドやモスバーガーなどの競合がひしめき合うなかで、どのようにして売り上げを伸ばしたのか。(2017/11/8)

カナダの「トゥーンタウン」みたいな街がポップで楽しいと話題に ストリートビューで街を探索してみた
わくわくする建物がいっぱい。(2017/10/11)

すき家で関東風おでんが新発売 10月18日から1月末まで
これからの季節はこれで乗り切るしかない。(2017/10/12)

「すき家」でアイドルたちがアルバイト!? 「アイマス ミリオンライブ」コラボキャンペーン開催決定
プロデューサーさん! すき家ですよ、すき家! ※追記(2017/9/20)

「総合的な経営判断」:
O157感染 総菜店「でりしゃす」全店閉店
総菜を食べた人らがO157に感染した問題で、総菜店「でりしゃす」全店が営業終了。(2017/9/20)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
勢い止まらぬ「HUB」 なぜ人気?
英国風パブチェーン「HUB」。2017年4月に店舗数100店を突破するなど、堅調に成長し続けている。今回はこのHUBについて解説していきたい。(2017/7/25)

すき家、女子大生との共同研究で「フォトジェニックな牛丼」開発 丼も箸もいらない「牛丼クレープ」など
オシャレすぎて、牛丼に見えない。(2017/7/11)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「はま寿司」が急成長! 「かっぱ寿司」を追い越せた理由
「スシロー」「くら寿司」「かっぱ寿司」を抜き、店舗数でトップに立った「はま寿司」。脱落しつつあるかっぱ寿司とは何が違うのか。外食ジャーナリストの長浜淳之介氏が読み解く。(2017/6/27)

“いま”が分かるビジネス塾:
コンビニが「焼き鳥」強化、何が起きようとしているのか
ファミリーマートが焼き鳥の本格的な販売に乗り出した。ローソンも2016年から焼き鳥を強化しているが、今後、コンビニ各社は総菜類の品ぞろえをさらに拡充していく可能性が高い。一方、国内でもじわじわと「UberEATS」や「楽びん」といったデリバリーサービスの普及が進んでいる。近い将来、デリバリーを軸に、コンビニなどの小売店と外食産業の垣根が消滅する可能性も出てきている。(2017/6/21)

13日〜20日、「カルビ焼肉」も:
松屋が「大創業祭」 「牛めし」50円引き
松屋フーズが6月13日から1週間、割引キャンペーン「大創業祭」を開催する。「プレミアム牛めし」シリーズから50円、「カルビ焼肉定食」シリーズから130円を割り引く。(2017/6/8)

小売・流通アナリストの視点:
ゼンショーが小売スーパーを買収する理由
牛丼チェーン「すき家」などを運営するゼンショーホールディングスが小売事業を強化している。昨秋には群馬県の食品スーパー、フジタコーポレーションの買収を発表し、小売事業の売上高は900億円に迫る勢いだ。ゼンショーの狙いとは何か?(2017/6/2)

「1800万RTされたら1年間ナゲット無料」にチャレンジの男性、RT数で世界トップに
343万RTに。(2017/5/9)

「艦これ」赤城さんが新聞の全面広告に 「餃子、美味しいです」
赤城さんと餃子食べたいです。(2017/4/22)

新連載・外食戦争の舞台裏:
なぜコロワイドは「かっぱ寿司」を買ってしまったのか
かっぱ寿司の経営不振が続けば、コロワイドの屋台骨が揺るぎかねない状況だ。なぜコロワイドは「買収するメリットよりはリスクの方が大きい」(関係者)かっぱ寿司を買ってしまったのだろうか。(2017/4/18)

“いま”が分かるビジネス塾:
AIが働かないと私たちは貧しくなる
人口減少による著しい人手不足が今後も加速していく可能性が高い日本。このままでは、あらゆる業界で過労問題が発生するだろう。「AIが仕事を奪う」という心配をしている場合ではない。AIに働いてもらわなければ経済(社会)が回らなくなるという事態になりかねないのだ。(2017/4/13)

米・ウェンディーズ公式「1800万RTされたら1年間ナゲット無料にする」 世界中の協力で180万RTをゲットした男性に注目
企業の公式Twitterたちも挑戦を応援しています。(2017/4/9)

外食チェーン初:
すき家、「牛&こんにゃく麺」の低糖質な新メニュー
「すき家」は4月5日から、低糖質をコンセプトにした新商品「ロカボ牛麺」と「ロカボ牛ビビン麺」を販売する。糖質を看板商品「牛丼 並盛」の約5分の1に抑えたという。(2017/3/28)

「すき家」で客が共有トングを丼に入れたまま食事 動画で中継も 「特定・警察に通報済み」
「すき家」店舗で、客が卓上のしょうが用トングを自分の丼に入れたまま食事をする「不適切行為」を行い、その様子を動画でネット公開していたとゼンショーが発表。撮影者は特定済みという。(2016/12/16)

今度は「しょうがトングで牛丼混ぜ男」がネットで炎上 すき家「撮影者を特定し、警察に通報・相談しています」
ネット上では「不衛生だ」など批判が殺到していました。(2016/12/16)

人手不足解消で業績絶好調!:
“ワンオペ”で叩かれた「すき家」のいま
2014年に人手不足によって国内1985店のうち1250店で深夜営業を休止した「すき家」。あれから約2年半。休止していた店舗の約9割が深夜営業を再開した。同社はどのようにして、深刻だった人手不足問題を解決したのだろうか。(2016/12/6)

お値段は強気の1080円 すき家で厳選素材を使用した「黒毛和牛弁当」が限定発売
17日から。(2016/11/16)

これでもう迷わない:
Apple Payを体験! タクシーや買い物での利用法を写真で解説
(2016/10/27)

Apple Pay利用可能店舗で「Apple Pay」対応掲示開始
一部のコンビニで、Apple Pay対応の掲示が開始された。Apple Pay関連リンクもまとめた。(2016/10/24)

ゼンショー、群馬県のスーパー「フジマート」買収 小売り事業を拡大
ゼンショーホールディングスはフジタコーポレーションを11月21日に買収する。(2016/10/18)

「艦これ」フレーム切手セットが登場 C90と郵便局ネットショップで販売
「このすば」や「FGO」のフレーム切手セットも。(2016/8/4)

外食で痩せる!:肉なしでも満足 吉野家の「ベジ丼」
(2016/6/6)

外食で痩せる!:すき家 豆腐の入った「牛丼ライト」
(2016/6/4)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜいま松屋フーズは“とんかつ”に力を入れるのか
松屋フーズの低価格とんかつ業態「松のや」の出店が加速している――。牛めし業態「松屋」に続く第2の柱として、同社はいま“とんかつ”に力をいれているようだ。その理由とは?(2016/6/2)

サントリー、ファーストキッチンをウェンディーズに売却へ
サントリーがファーストキッチンの全株式をウェンディーズ・ジャパンに売却する方針という。(2016/5/23)

「艦これ」タイアップ開始で“すき家に行列”各地で発生 忙しさに店員の深海棲艦化が危ぶまれる
すき家の母港拡張が望まれます。(2016/3/9)

「艦これ」×すき家コラボで新画像公開 艦娘とほっぽちゃんがほほ笑む優しい世界に和む
どんぶりオイテケ……。ポスターオイテケ……。(2016/3/4)

「艦これ」×すき家がコラボ オリジナル丼やポスターをプレゼント
提督の補給所は決まったな……!(2016/2/26)

スピン経済の歩き方:
「ガソリンが下落すれば、回転ずし屋の客が増える」は本当か
「ガソリン下落 回転ずしが恩恵」というニュースがあった。ガソリン価格が大幅に値下がりしたことで、駐車場付の郊外型回転ずしチェーン店へマイカーで出掛けるファミリー層などが増えているという。「風が吹けば、桶屋が儲かる」といった話だが、本当にそうなのか。(2016/2/9)

定食牛丼チェーンが攻めてきた! 2016年鍋定食の特徴まとめ
冬に人気、定食屋や牛丼屋の「鍋定食」メニュー。各チェーン店では、2016年もさまざまな鍋定食を提供しています。(2016/1/22)

ランチ代高騰! 牛丼値上げや昼マック廃止の影響は?
2014年から続いた牛丼チェーン店の値上げで、ビジネスパーソンたちのランチ代が厳しい状況にあった中、このたび「昼マック廃止」のニュースは大打撃! 今後のランチについて考えてみます。(2015/11/15)

牛丼チェーンの隠れた名物! 意外とイケる「市販品」
吉野家、松屋、すき家と、おなじみの各牛丼チェーン店で市販されている、知る人ぞ知る隠れたおいしい商品があります。(2015/11/12)

すき家、牛丼60円引きの「秋の肉祭り」を延長! 10月22日まで
並盛り290円!(2015/10/7)

すき家、牛丼値下げ期間を延長 並盛り290円
すき家が期間限定の牛丼値下げキャンペーンを10月22日まで延長する。(2015/10/7)

なか卯が「天然いくら丼」発売 初の海鮮
なか卯が新商品「天然いくら丼」を10月14日に発売する。(2015/10/2)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。