ニュース
» 2009年04月07日 11時59分 UPDATE

au design projectの発展系:ケータイを通じて“暮らし”もデザイン――KDDIの新ブランド「iida」

携帯電話と周辺機器を通じて、利用者の暮らしもデザイン――。KDDIが、au design projectの発展系となる新ブランド「iida」(イーダ)を立ち上げた。第1弾として金属で上質感を表現した携帯電話「G9」を発表。前衛芸術家の草間彌生氏がデザインした“アートとしてのケータイ”もリリースする。

[ITmedia]

 携帯電話と周辺機器を通じて、利用者の暮らしもデザイン――。KDDIが、au design projectの発展系となる新ブランド「iida」(イーダ)を立ち上げ、4月下旬から、新モデルをリリースすると発表した。

PhotoPhoto 新ブランドiidaのロゴ。iidaというブランド名は、「innovation」「imagination」「design」「art」の頭文字を取って付けられた。左はロゴの前で新製品の説明をするKDDI取締役執行役員常務 コンシューマ商品統括本部長の高橋誠氏、右はKDDI代表取締役社長兼会長の小野寺正氏

 KDDIはこれまで、デザインにこだわった携帯電話のブランドとして「au design project」を展開してきたが、昨今のユーザーニーズが“機能やスペック”から“デザインや生活スタイルとのマッチング”にシフトしてきたことを受け、新ブランドiidaの立ち上げを決めたという。iidaでは携帯電話や周辺アイテムを通じて、利用者の“暮らし”をデザインする商品を継続的に提供する計画だ。

 iidaの第1弾端末として登場するのは、プロダクトデザイナーの岩崎一郎氏がデザインした「G9」。合わせてワンセグや携帯電話で撮影した画像/動画を大画面に映し出せる超小型プロジェクター「Mobile pico projector」も限定3000台で発売する。

Photo 岩崎一郎氏がデザインを手がけた「G9」
Photo 携帯とつないで使うコンパクトなモバイルプロジェクター「Mobile pico projector」

 以降、前衛芸術家の草間彌生氏が手がけるアートとしての携帯電話「ドッツ・オブセッション、水玉で幸福いっぱい」「私の犬のリンリン」「宇宙へ行くときのハンドバッグ」や、何気ない心地よさをテーマとした携帯電話「misora」をリリースする予定。また、インテリアのアクセントとしても使える5種類のACアダプターもラインアップした。

sa_ida11.jpgPhoto 草間彌生モデル。左が「私の犬のリンリン」、右が「ドッツ・オブセッション、水玉で幸福いっぱい」

Photo 草間彌生モデルの「宇宙へ行くときのハンドバッグ」
Photo インテリアのアクセントになるACアダプター
Photo 使いやすさを追求した「misora」

 iidaブランドの新製品は、4月8日から東京・原宿のKDDIデザイニングスタジオで展示する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.