ニュース
» 2010年07月20日 16時00分 UPDATE

ドコモのAndroidスマートフォン「LYNX SH-10B」、7月23日に発売

5.0インチの大型ディスプレイとQWERTYキーボードを搭載するドコモのスマートフォン「LYNX SH-10B」が、7月23日に発売される。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモは7月20日、シャープ製のAndroidスマートフォン「LYNX SH-10B」を7月23日に発売することを発表した。

photophoto シャープ製の「LYNX SH-10B」

 LYNX SH-10BはフルワイドVGA表示(480×960ピクセル)の5.0インチ液晶とQWERTYキーボードを搭載しており、タッチパネルやトラックボールを併用することで、スムーズに文字入力やブラウジングができる。QWERTYキーボードには快適な押下感が得られる「パンタグラフキーボード」を採用している。OSはAndroid 1.6だが、ブラウザや写真など一部の機能は、2本指で触れて縮小・拡大ができるピンチイン・アウトの操作が可能。

 「Google検索ウィジェット」や「フォトウィジェット」「辞書ウィジェット」など20種類のウィジェットをプリセットしている。辞書ウィジェットには国語、英和、和英辞典に加え、カタカナ新語、スペリング、英語用法辞典も収録しており、リサーチに役立つ。コミュニケーション機能にもこだわり、シャープオリジナルの「mixiウィジェット」と「Twitterウィジェット」も用意。ブラウザを起動することなく日記やつぶやきの投稿ができる。

 ワンセグやYouTubeプレーヤー、MP3、WMA、WMVファイルの再生が可能なメディアプレーヤー、Blu-ray Discレコーダーで録画した番組を転送して再生できる連携機能など、マルチメディア機能も充実している。カメラはオートフォーカス対応の530万画素CMOSを搭載し、笑顔フォーカスシャッターやシーン自動認識にも対応。簡易ミラーとしても役立つ43万画素のインカメラも搭載している。

 通信機能は無線LANやBluetooth、赤外線(IrSimple/IrSS)に対応。9月にドコモがスマートフォン向けに提供予定のインターネット接続サービス「spモード」にも対応しており、「@docomo.ne.jp」のアドレスを用いたメールが利用可能になる。

photophoto
photophoto
「LYNX SH-10B」の主な仕様
機種名 LYNX SH-10B
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約83×148×17.8ミリ
重さ 約230グラム
連続通話時間 約270分
連続待受時間 約410時間
カメラ 有効約530万画素CMOS(顔検出AF対応)
外部メモリ microSDHC(別売/最大16Gバイト)
メインディスプレイ 約5.0インチフルワイドVGA(480×960ピクセル)NewモバイルASV液晶 6万5536色
サブディスプレイ
ボディカラー Red、White
主な機能 ワンセグ、WORLD WING(3G)、FOMAハイスピード(下り最大7.2Mbps、上り5.7Mbps)、GPS、Bluetooth、無線LAN ほか

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.