ニュース
» 2011年08月10日 12時00分 UPDATE

高級感×コンパクトサイズ:幅53ミリ、アルミボディのAndroid――ドコモから「Xperia ray SO-03C」発売

ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズが、コンパクトサイズのAndroidスマートフォン「Xpeira ray」をNTTドコモからリリースすると発表。国内ではSO-03Cという型番で8月27日に発売になる。

[園部修,ITmedia]

 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズが8月10日、NTTドコモからAndroid 2.3搭載スマートフォン「Xperia ray」を8月27日から販売すると発表した。8月12日から全国のドコモショップで予約を受け付ける。

PhotoPhoto Xperia ray SO-03C。ボディカラーはGold、White、Pinkの3色

 Xperia rayは、これまでのXperiaシリーズで人気を博したハイスペックを、幅約53ミリ、厚さ約9.4ミリのコンパクトなボディに凝縮したスマートフォン。6月22日にグローバル市場向けの製品がすでに発表されており、日本市場ではドコモから「Xperia ray SO-03C」としてリリースされる。グローバルモデルではBlack、Gold、White、Pinkの4色のカラーが用意されているが、日本市場にはGold、White、Pinkの3色を導入する。

 改めてスペックをおさらいすると、CPUはQualcomm Snapdragon MSM8255 1GHzで、OSはAndroid 2.3を採用。下り最大14Mbps、上り最大5.7MbpsのFOMAハイスピードに対応する。ディスプレイは3.3インチと小さいが、解像度はフルワイドVGA(480×854ピクセル)となっており、Xperia arcなどと変わらない。カメラは有効約810万画素のCMOS(Exmor R for mobile)を搭載し、HD動画の撮影にも対応。高輝度・高コントラスト表示が可能な「Reality Display」、動画コンテンツを鮮やかに表示する「モバイルブラビアエンジン」などの機能も備える。コンパクトなボディながら、バッテリーは3.7V 1500mAhで、上位モデルと比較しても遜色ない。

 Xperia arcやXperia acroなどと異なるのは、VGAサイズの写真を撮れるインカメラを搭載した点。日本語入力システムは「POBox Touch 4.3」となる。また新たにテザリング機能を提供する。ワンセグ、FeliCa、赤外線通信など日本向けの機能には非対応だ。またHDMI端子は非搭載となっている。

Photo Pinkは赤みが強い鮮やかな色を採用

PhotoPhoto Xperia rayとXperia arcを並べたところ。大幅な小型化を果たしたことが分かる

「Xperia ray SO-03C」の主な仕様
機種名 Xperia ray SO-03C
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約53×111×9.4ミリ
重さ 約100グラム
OS Android 2.3
連続通話時間 GSM:380分、3G:360分
連続待受時間 GSM:290時間、3G:400時間
アウトカメラ 有効約810万画素CMOS AF/顔認識、手ブレ補正対応
インカメラ 有効約32万画素CMOS
外部メモリ microSDHC(最大32Gバイト)
メインディスプレイ 約3.3インチフルワイドVGA(480×854ピクセル)TFT液晶、1677万7216色
サブディスプレイ
主な機能 無線LAN、Bluetooth、DLNA、GPS、PlayNow、Timescape、FMラジオ、TrackID、Microsoft Exchange ActiveSync、YouTube、Google Maps、WisePilot turn-by-turn navigation ほか
ボディカラー Gold、White、Pink

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.