ニュース
» 2011年08月11日 20時35分 UPDATE

東日本大震災の孤児を支援する「孤児18歳まで携帯料金サポート」

東日本大震災復興支援財団は、東日本大震災で孤児となった被災者が18歳になるまでに使用する携帯電話やPHSの購入代金、月々の利用料金に対する支援「孤児18歳まで携帯料金サポート」を開始した。

[エースラッシュ,ITmedia]

 東日本大震災復興支援財団が8月11日、東日本大震災で孤児となった被災者が18歳になるまでに使用する携帯電話やPHSの購入代金、月々の利用料金に対する支援「孤児18歳まで携帯料金サポート」を開始した。

 このサポートは、NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー電話、ソフトバンクモバイル、イー・アクセス、ウォルト・ディズニー・ジャパン、ウィルコム、ウィルコム沖縄の協力により実現したもの。東日本大震災で孤児となった被災者が18歳になるまで、携帯電話やPHSの購入代金や月々の利用料金を東日本大震災復興支援財団が負担する。

 支援対象となるのは1人につき携帯電話1台まで。携帯電話やPHS会社が提供するパケット定額かこれに類するサービス、フィルタリングサービスかこれに類するサービス、一定額通知サービスかこれに類するサービス、請求書発行サービスかこれに類するサービスのすべてに加入していることが条件となる。なお、月額1万円を超える過度な利用分などは支援の対象外になる。

 申請書の入手や申し込みは東日本大震災復興支援財団のWebサイト(外部リンク)から行える。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.