ニュース
» 2011年11月04日 19時39分 UPDATE

ドコモ、「Xperia」シリーズ4機種に機能アップデートを提供

ドコモは、ソニー・エリクソン製のXperiaシリーズ4機種のソフトウェアアップデートを11月7日から順次開始する。エリアメールや日本語入力システムのバージョンアップ、スクリーンショット保存に対応した。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモは11月4日、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製Androidスマートフォン「Xperia SO-01B」「Xperia arc SO-01C」「Xperia acro SO-02C」「Xperia ray SO-03C」のソフトウェアアップデートを発表した。11月7日から順次提供を開始する。

 アップデートにより、エリアメール(緊急地震速報)やテザリングへの対応、日本語入力システム「POBox」のバージョンアップ、端末のみでスクリーンショットを保存できる機能などが追加される。また、arcとacroについては、PlayStation Storeで配信する初代プレイステーション用ゲームが遊べるようになる「PlayStation Certified」に対応した。

photo Xperia arc/acroではPOBox Touchが4.3にバージョンアップ。Xperia rayと同じように文字入力画面からスムーズな音声入力が行えるようになる

photophotophoto スクリーンショットの保存機能(写真=左)。電話帳内でお気に入りに登録した人物や発着信履歴をホーム画面にグラフィカルに表示する「お気に入りと通話履歴」ウィジェット(写真=中央、右)

 端末ごとの詳細なアップデート内容と、アップデートの提供開始時期は以下の通り。

Xperia SO-01B

  • エリアメールへの対応
  • アップデートは、端末単体(3G/Wi-Fi接続)、PC接続とも11月7日午後8時以降に提供開始
  • OSがAndroid 1.6の場合は、PC接続でのみアップデート可能

Xperia arc SO-01C

  • エリアメールへの対応
  • テザリングへの対応
  • 「POBox Touch 4.3」へのバージョンアップ
  • カメラの16倍デジタルズーム機能追加(静止画のみ)
  • 画面のスクリーンショット保存
  • 「お気に入りと通話履歴」ウィジェットの追加
  • アプリトレイからアプリをダイレクトにアンインストールする機能
  • PlayStation Certified対応
  • 端末単体(3G/Wi-Fi接続)のアップデートは11月10日午後8時以降、PC接続の場合は11月7日午後8時以降に提供を開始

Xperia acro SO-02C

  • エリアメールへの対応
  • テザリングへの対応
  • 「POBox Touch 4.3」へのバージョンアップ
  • カメラの16倍デジタルズーム機能追加(静止画のみ)
  • 画面のスクリーンショット保存
  • 「お気に入りと通話履歴」ウィジェットの追加
  • アプリトレイからアプリをダイレクトにアンインストールする機能
  • ワンセグ音声のBluetooth転送
  • PlayStation Certified対応
  • 端末単体(3G/Wi-Fi接続)のアップデートは11月15日午後8時以降、PC接続の場合は11月7日午後8時以降に提供を開始

Xperia ray SO-03C

  • 画面のスクリーンショット保存

 なおXperia ray SO-03Cは、すでにPOBox Touch 4.3や16倍デジタルズーム、お気に入りと通話履歴ウィジェット、アプリトレイからのダイレクトアンインストールに対応している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.