ニュース
» 2012年07月09日 15時54分 UPDATE

7.8ミリボディにXiやNOTTVを凝縮させた「MEDIAS X N-07D」、7月13日発売

ドコモのwithシリーズに属するスマートフォン「MEDIAS X N-07D」が、7月13日から販売される。7.8ミリの薄型ボディに多彩な機能とサービスを詰め込んだハイスペックなモデルだ。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモが7月9日、NECカシオモバイルコミュニケーションズ製のスマートフォン「MEDIAS X N-07D」の発売を案内。7月13日から全国一斉発売する。また、7月6日から全国のドコモショップで事前予約を受け付けている。

photo 「MEDIAS X N-07D」。ボディカラーはWhite、Pink、Brownの3色

 MEDIAS Xは、厚さ7.8ミリのボディにXi、NOTTV、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信、防水性能などを凝縮させたモデル。チップセットには、1.5GHzのデュアルコアCPUを搭載したQualcommのSnapdragon S4「MSM8960」を採用。HD表示(720×1280ピクセル)対応の4.3インチ液晶は、342ppiの高解像度を実現している。810万画素カメラには裏面照射型CMOSセンサーを備え、約0.6秒の瞬速起動や撮影間隔約0.3秒の瞬速撮影、HDR撮影も可能だ。

 1800mAhのバッテリーを備えるほか、バッテリー残量15%未満から充電を開始して、約30分で50%までの充電ができる急速充電にも対応。急速充電は同梱の卓上ホルダとACアダプターを使って行える。設定したバッテリー残量になると自動で節電する「ecoモード」も利用可能だ。なお、無接点充電の「おくだけ充電」には対応していない。触感フィードバックを生かし、通常は感じられない押下感を得られる「フィーリングタッチ」も採用し、快適な操作性にも配慮した。ワンセグを見ながら番組に関するツイートが見られる「ついっぷるテレビ」や、専用ソフトをインストールすることで、無線LAN経由で写真・動画・音楽などをPCやAV機器と共有できる「MEDIAS LINK」も利用できる。

「MEDIAS X N-07D」の主な仕様
機種名 MEDIAS X N-07D
OS Android 4.0
CPU MSM8960(1.5GHzデュアルコア)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約67×130×7.8ミリ
重さ 約119グラム
連続通話時間 3G:約370分、GSM:約450分
連続待受時間 3G:約530時間、LTE:約150時間、GSM:約400時間
バッテリー容量 1800mAh
メインカメラ 有効約810万画素CMOS
インカメラ 有効約130万画素CMOS
メモリ ROM:8Gバイト、RAM:1Gバイト
外部メモリ microSDHC(最大32Gバイト)
ディスプレイ 約4.3インチHD(720×1280ピクセル)TFT液晶(1677万色)
ボディカラー White、Pink、Brown
主なサービス・機能 Xi、NOTTV、FOMAハイスピード(下り最大14Mbps/上り最大5.7Mbps)、おサイフケータイ、赤外線通信、Bluetooth(Ver 4.0)、Wi-Fi(IEEE802.11a/b/g/n)、テザリング(10台)、GSM、エリアメール、スマートフォンあんしん遠隔サポート、docomo Palette UI、dマーケット、DLNA/DTCP-IP、Micro SIM、ほか

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.