ニュース
» 2012年08月17日 12時52分 公開

“乗りつぶし”支援のAndroidアプリ「レールチャレンジ」のβテストが開始

エクスピリットが、Android向けアプリ「レールチャレンジ」のβテストを開始した。鉄道の乗車実績をスマートフォンで管理できるほか、完乗率ランキングや「駅ノート」機能の搭載、さらには各種イベントも予定している。

[エースラッシュ,ITmedia]

 エクスピリットは、Android向けアプリ「レールチャレンジ」のβテストを開始した。ダウンロードは無料。

 レールチャレンジは、スマートフォンで鉄道に乗車した実績を管理できる、乗りつぶし支援アプリだ。JRや私鉄の全路線・全駅を網羅しており、どの区間にいつ乗車したのかを記録できる。さらに、どれだけ乗車したかという「完乗率」を自動的に計算し、ひと目で確認ができる。

PhotoPhotoPhoto Android向けアプリ「レールチャレンジ」のβテスト版

 スマートフォン内蔵カメラで撮影した写真を「乗車記録」として事業者・路線・駅ごとに管理し、アルバムのように見返すこともできる。また、レールチャレンジのサーバに記録を送信するとスタッフが公式認定するサービスも実施。記録に基づき、完乗率によるランキング表示機能も備えている。

 このほか、登録メンバーが自由にメッセージを閲覧・書き込みできる「駅ノート」機能を全事業者・全路線・全駅に設置。2012年秋にはiOS版をリリース予定で、今後は鉄道に関する各種イベントも実施するという。

alt

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう