ニュース
» 2012年10月26日 17時32分 UPDATE

“モトローラ”で大喜利も:4G対応の「Motorola RAZR M」発売 記念イベントにしずる・ハイキングウォーキングが登場

東京・渋谷のヤマダ電機 LABI渋谷で行われた「Motorola RAZR M 201M」発売記念イベントに、しずる・ハイキングウォーキングが登場。製品の魅力を“モトローラ”大喜利などでアピールした。

[平賀洋一,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは10月26日、Motorola Mobility製のAndroidスマートフォン「RAZR M 201M」を発売した。東京・渋谷のヤマダ電機 LABI渋谷では、お笑い芸人のしずる(池田一真さん、村上純さん)とハイキングウォーキング(鈴木Q太郎さん、松田洋昌さん)の2組が登場しての、RAZR M発売記念イベントが開催された。

photophoto 「RAZR M 201M」発売記念イベントに登場したしずるとハイキングウォーキングの2組

 ファッションの街、渋谷でのイベントということもあり、4人はRAZR Mを意識したというMotorolaカラーのスーツで登場。しずる池田さんをのぞく3人はすでにスマートフォンを使っているそうで、ハイキン松田さんは「(仕事の)現場に行くときによく迷うので、地図のアプリをいつも使ってます。RAZR Mは地図がサクサク動くので、遅刻がなくなりますね。まぁ今日は5分遅刻しましたけど、ほかのケータイなら仕事自体に間に合いませんからね……」と、今の機種との違いを自虐的に紹介していた。

 地図アプリのサクサク感にも役立っているのが、下り最大76MbpsのSoftBank 4G(AXGP)に対応している点。これについてはハイキンQ太郎さんが「(陸上の)ボルトよりも速い!!」と例えたが、会場の反応はいまひとつで「皆さん、Q太郎がボケてますからね」(松田さん)とフォローされる一幕もあった。そのQ太郎さんが驚いたというのが、ディスプレイの大きさと端末の小ささのバランス。「画面がちょーデカということ。みんな持つとすぐ分かると思いますが、画面がちょーデカ! 持ちやすいのに画面が大きい」(Q太郎さん)とちょっと興奮気味に説明していた。また、「新幹線の新大阪〜品川間でずっと使っていたが、バッテリーが減らない。なんか長持ちバッテリーみたい」と、大容量バッテリーと省電力性能の高さも実感していたようだ。

 なお、現在RAZR Mを購入すると、先着1万人にMotorola純正のモバイルバッテリーをプレゼントするキャンペーンも実施中だ。RAZR Mのバッテリーは容量約2000mAhで約520時間(3G時)の連続待受を実現しているが、このバッテリーは容量4000mAhで、約2回分の満充電が可能。コンセントで充電しなくても、さらに長期間のスマホ利用をサポートする。

photophoto 4人の衣装は、RAZR Mを意識したというMotorolaカラーのスーツ(写真=左)。パノラマモードで会場を撮影(写真=右)

 折りたたみ型ケータイ(一応タッチパネル搭載機種)を使っているというしずる池田さんは、「スマートフォンってもっと難しいと思ってましたが、RAZR Mは以外に簡単に使えますね」とスマホ初体験の印象をコメント。一方で「ロック解除の方法に顔認証(フェイスアンロック)ってのがあって、自分の顔でセキュリティ対策ができるのがすごい」と、Android 4.0で搭載された新機能にいちはやく反応していた。

 またRAZR Mのカメラアプリは簡単にパノラマ写真が撮影できるため、しずる村上さんがステージ上から会場を端から端までを撮影。その出来栄えをステージの4人が確認し、「(来場の)皆さんはもう悪いことできませんよ! 後でTwitterに流しますからね」と予告していた。それだけ良く撮れている――ということらしい。村上さんは「つぶやき過ぎでフォロワーが減った」というほどのTwitterのヘビーユーザーで、RAZR Mのサクサクとした操作感が気に入った様子。「これでもっとつぶやいて、もっとフォロワーを減らしますよ」と、これまた自虐的にRAZR Mの活用を宣言した。

photophoto あいうえお作文用に「モ」「ト」「ロー」「ラ」のパネルを配るも、なぜかレトロな並びに……

 イベントでは4人に「モ」「ト」「ロー」「ラ」のパネルを持ってもらい、あいうえお作文を作ってもらう大喜利も行われた。立ち位置の関係で「ラ」「ロー」「ト」「モ」と逆になるハプニングがあったほか、事前の打ち合わせを無視したアドリブの結果、

  • 「モ」 Motorola RAZR Mを持って:松田さん
  • 「ト」 とっても長持ち充電、すばらしいMotorola RAZR M!:Q太郎さん
  • 「ロー」 労働にお疲れの方々にも使いやすく優しいモトローラ:村上さん
  • 「ラ」 ランランララ、ランランラン、ラララランランラーン(ナウシカのメロディで)RAZR M〜:池田さん

 という、RAZR Mの魅力がよく分かるような、分からないような味わいの作文ができあがった。その後4人は、“Motorola RAZR M サポーター”として店頭タッチ・アンド・トライの接客を担当。ファンを中心とした来場者に直接RAZR Mの魅力を説明し、なかにはその場で機種変更を決断する来場者も見受けられた。

yo_mtev07.jpgyo_mtev06.jpg 「ケータイのカメラやめて下さい!」と突然怒りだしたしずる池田さんに、「別にお前撮ってるわけじゃないよ!」と村上さん(写真=左)。その隣で記念撮影するハイキングウォーキングの2人(写真=右)

photophoto イベント後の接客タイムでは、ガラケーユーザーという池田さんにアドバイスを求める声が多かったようだ。成約第1号もしずるが獲得(写真=左)。

photophoto はじめは遠巻きに見られていたハイキングウォーキングの商品説明(写真=左)。2人ともスマホユーザーだけに、細かい使い勝手を相談する来場者の姿もあった(写真=右)

 また10月27日・28日の両日には、ヤマダ電機 LABI渋谷にほど近い渋谷109の店頭スペースでRAZR Mの体験イベントも実施される。RAZR Mの実機を試せるのはもちろん、RAZR Mの巨大オブジェの展示と記念撮影、イベント体験後に近隣のソフトバンクショップを訪れるとノベルティがもらえるキャンペーンなども実施する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.