ニュース
» 2012年11月26日 14時53分 UPDATE

ドコモ、「MEDIAS X N-07D」「ELUGA V P-06D」のアップデート開始

ドコモは11月26日から、「MEDIAS X N-07D」と「ELUGA V P-06D」向けのソフトウェア更新を提供している。N-07Dはアップデートすることで、G-SHOCK連携に対応する。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモは11月26日、スマートフォン「MEDIAS X N-07D」と「ELUGA V P-06D」の不具合修正や機能改善のためのソフトウェアアップデートを開始した。

photophoto 「MEDIAS X N-07D」(左)と「ELUGA V P-06D」(右)

 アップデート内容は以下のとおり。

MEDIAS X N-07D

  • G-SHOCK連携機能に対応する。N-07Dの音声着信やメール(SMS/Gmail/Eメール/spモードメール)受信などをG-SHOCKで通知できるほか、N-07Dの置き忘れ防止や、G-SHOCKの時刻の自動補正などができる。対応G-SHOCKは「GB-6900」「GB-6900AA」「GB-5600AA」。
  • カメラの撮影モードをクイックショットモードに設定して撮影すると、まれにエラーが発生して撮影できない場合がある不具合が解消される。

ELUGA V P-06D

  • 通話中、まれに受話口から聞こえる相手の声に雑音が混入する場合がある不具合が解消される。

 N-07Dの新しいソフトウェアは自動でダウンロードされ、あらかじめ設定した時間(初期状態は午前2時〜5時)に書き換えられる。「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」から手動での更新も可能。更新時間は約6分。

 P-06Dは自動更新には対応しておらず、「設定」→「端末情報」→「機能バージョンアップ」→「サーバからの更新」→「ソフトウェア更新」から手動で更新する必要がある。またパナソニックのWebサイト(外部リンク)から更新ファイルをダウンロードしてmicroSDの「Download」フォルダに保存後、P-06Dの「設定」→「端末情報」→「機能バージョンアップ」→「microSDカードから更新」からも更新できる。更新時間は約55分。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.