ニュース
» 2013年01月22日 11時01分 UPDATE

NEXTシリーズ:3000mAhの大容量バッテリーを搭載した5インチフルHDスマホ――「Optimus G Pro L-04E」

ドコモの2012年秋モデルとして登場した「Optimus G」が、ディスプレイとバッテリーを強化して“Pro”仕様に進化。プロセッサーもさらに高速化され、「ながら操作」機能がさらに便利になった。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモの2013年春モデルとして発表されたLGエレクトロニクス製の「Optimus G Pro L-04E」は、3000mAhという屈指の大容量バッテリー(内蔵式)を搭載したNEXTシリーズのスマートフォン。4月上旬の発売を予定している。

photo 「Optimus G Pro L-04E」。ボディカラーはPlatinum WhiteとIndigo Blackの2色

 ディスプレイには、5インチ フルHD(1080×1920ピクセル)表示のIPS液晶「G2 Touch Hybrid」を搭載した。大画面かつ高解像度のディスプレイでPC向けWebサイトはもちろん、マルチメディアコンテンツも快適に視聴できる。またこのディスプレイにはガラス面とタッチセンサーを一体化する技術が使われており、これまでにない超高感度のタッチパネル操作が行えるという。

 プロセッサーには1.7GHz駆動のクアッドコアCPUのAPQ8064を採用。省電力性も高く、大容量バッテリーと急速充電を組み合わせることで、これまでのスマホにあったバッテリーに関する不満を解消する。また処理能力もさらにアップし、前モデルの「Optimus G L-01E」で実現した複数のアプリを同時に起動できる「Qスライド」も進化。Webブラウザを見ながらカレンダーを参照したり、動画を見ながらネット検索が可能だ。またスマホをAV家電のリモコンにできる機能も搭載した。

 メインカメラには有効約1320万画素CMOSを、インカメラには240万画素CMOSを搭載した。国内で初めてメインカメラとインカメラで同時に録画する機能や、動画撮影時にズームすると、マイクの集音エリアもズームする機能を用意している。

 ドコモのLTEサービス「Xi」に対応し、下り最大100Mbpsの高速通信が可能。NOTTVやワンセグ、赤外線通信にも対応し、おサイフケータイはFeliCaとNFCの双方をサポートする。ボディカラーはPlatinum WhiteとIndigo Blackの2色を用意した。

「Optimus G Pro L-04E」の主な仕様
機種名 Optimus G Pro L-04E
OS Android 4.1
CPU Snapdragon S4 APQ8064(1.7GHzクアッドコア)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約70×139×10(最厚部10.1)ミリ
重さ 約160グラム
連続通話時間 3G:未定、GSM:未定
連続待受時間 LTE:未定、3G:未定、GSM:未定
バッテリー容量 3000mAh(取り外し不可)
メインカメラ 有効約1320万画素CMOS
インカメラ 有効約240万画素CMOS
メモリ ROM:32Gバイト、RAM:2Gバイト
外部メモリ microSDXC(最大64Gバイト)
ディスプレイ 約5インチ フルHD(1080×1920ピクセル)表示 ISP液晶
ボディカラー Platinum White、Indigo Black
主なサービス・機能 Xi(下り100Mbps/上り37.5Mbps)、FOMAハイスピード(下り14Mbps/上り5.7Mbps)、Bluetooth 4.0、Wi-Fi(IEEE802.11a/b/g/n)、Wi-Fiテザリング(8台)、おサイフケータイ(FeliCa/NFC)、NOTTV、ワンセグ、spモード、DLNA、GSM、エリアメール、ほか
発売予定日 4月上旬

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.