ニュース
» 2013年01月29日 17時32分 UPDATE

京セラ、防水・防塵・耐衝撃仕様のLTEスマホ「Torque」を米Sprintに供給

米Kyocera Communicationsが、Sprint向けのLTE対応スマホ「Torque」(トルク)を発表した。MILスペック準拠のタフネス仕様ボディに、スマートソニックレシーバーなど京セラ独自の機能を盛り込んでいる。

[平賀洋一,ITmedia]

 京セラの米国法人であるKyocera Communicationsは1月28日(現地時間)、LTE対応のAndroidスマートフォン「Torque E6710」(トルク)を発表した。米Sprint Nextelがこの春の発売を予定している。

photo 「Torque E6710」

 Torqueは、米国防総省の物資調達規格MILスペック(MILITARY STANDARD 810G)に準拠した耐衝撃性と、防水(IPX7)/防塵(IP6X)性能を備えたタフネススマートフォン。ディスプレイは4インチのワイドVGA(480×800ピクセル)表示IPS液晶で、タッチパネル表面には強化ガラスを採用した。ディスプレイが振動して音を伝える京セラ独自の「スマートソニックレシーバー」も使われており、騒音が激しい場所でも相手の声が聞き取りやすくなっている。

 搭載するプロセッサーはデュアルコアCPUのSnapdragon MSM8960(1.2GHz駆動)、メモリはROMが4Gバイト、RAMが1Gバイト。また外部メモリとして32GバイトまでのmicroSDが利用できる。OSはAndroid 4.0を採用した。バッテリーは容量2500mAhと大容量なものを備えている。

 そのほか、5メガピクセルのメインカメラと1.3メガピクセルのインカメラを備え、パノラマ撮影やHDR撮影が行える。さらに、京セラの省エネ技術「Eco Mode」やバックグラウンドでのデータ通信をブロックしてパケット量を抑える「MaxiMZR」も備えた。またNFCによるモバイル決済や、Sprintのプッシュ・トゥ・トークサービス「Sprint Direct Connect」にも対応している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.