ニュース
» 2013年10月02日 20時51分 UPDATE

ドコモ、大規模災害時に通信混雑を緩和する技術を研究――3社2大学と共同で

ドコモ、NEC、富士通、NECソフトウェア、東北大学、東京大学が、大規模災害時に通信混雑を解消するための実証実験を行っている。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモは10月2日、同社とNEC、富士通、NECソフトウェア、東北大学、東京大学との共同研究にて、大規模災害時における通信混雑緩和技術の実証実験を開始したことを発表した。東日本大震災で発生したような大規模通信混雑時に、震災影響の少ない場所にある通信設備を活用し、モバイル通信の混雑を軽減するための技術研究を目的としている。

 実験では、東北大学と横須賀リサーチパークにあるテスト環境にて、音声通話、メール通信、動画配信などで通信混雑状況を擬似的に発生させる。その環境下で両拠点に設置されている通信設備を仮想化して連携、処理能力を増強させることで、通信混雑をどれほど緩和できるかを検証する。あわせて、大規模災害時に、災害時に役立つサービスやアプリを通常時と同じように利用できるよう、通信量の低減を図る技術についても検証する。

 今回の実験に関する検討結果は、CEATEC JAPAN 2013と同会場で電子情報通信学会が開催するIEICE東京支部シンポジウムにて10月3日に発表される。

photo 実証実験の構成と各社、各大学の役割

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.