ニュース
» 2014年01月14日 11時25分 UPDATE

調査リポート:2013年のモバイルアプリ利用率は前年から倍増──Flurry調べ

2013年に最も利用が増えたのはLINEやFacebookメッセンジャーなどのメッセージングアプリで、前年の3倍になった。

[ITmedia]

 2013年のモバイルアプリの世界での利用率は前年の2倍以上に増加(115%増)した──。米調査会社のFlurryは1月13日(現地時間)、このような調査結果を発表した。

 この調査は同社が追跡している40万本のアプリのデータに基づいており、ユーザーがアプリを起動して何らかのセッションが記録された場合を“利用した”と定義している。

 アプリをジャンル別にみると、LINE、WhatsApp、WeChat、KakaoTalk、Facebook Messenger、SnapChatなどのメッセージングアプリの伸びが3倍以上(203%増)と最も大きかった。次はEvernoteやQuipなどのプロダクティビティアプリで伸びは149%だった。

 flurry 2013年のジャンル別利用増加率(資料:Flurry)

 2013年通年のセッション数は1兆1260億件で、12月31日の1日だけで47億件のセッションがあり、過去最高だったという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.