調査リポート
» 2014年02月04日 00時00分 UPDATE

携帯電話の「学割」サービス加入率トップはドコモ――ICT総研調査

ICT総研は、2014年における携帯電話の「学割」サービス利用動向調査を実施。サービス加入率は各キャリアとも高く、トップはドコモ。満足度はKDDIがトップとなった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ICT総研は2月3日、2014年における携帯電話の「学割」サービス利用動向調査の結果を発表した。

 本調査は、携帯電話を利用する学生の子供を持つ親1000人に対するWebアンケートをまとめたもの。実施期間は1月23日から27日までで、学生は小学生/中学生/高校生/大学生/大学院生/短大生・専門学生を指す。

Photo 学割サービスの加入率

 子供がNTTドコモ/KDDI(au)/ソフトバンクモバイルを利用している親は997人で、うち707人が「現在、学割サービスに加入している」と回答。サービス加入率は各社75%〜80%と高く、最高はドコモの利用者で80.3%。次いでauが78.1%、ソフトバンクが75.6%となった。

Photo 学割サービスの満足度
Photo 学生の携帯電話の決定権者、支払者
Photo 子供に携帯電話を利用させるにあたり感じること

 学割サービスの満足度については、トップはauで60.5ポイント、ドコモが58.6ポイント、ソフトバンクが55.9ポイントと続く。また、端末の購入時には学生の意見が重視される一方、料金の支払いは「保護者」が87.9%、「学生本人」は8.4%に留まった。なお、子供が携帯電話を利用する上でいいと感じる点は「子供が外にいても、すぐに連絡が取れる」(63.4%)で、悪いと感じる点は「利用料金がかかりすぎる」(31.5%)、「携帯電話利用時間が長すぎて、勉強時間が十分に取れなくなる」(26.2%)などが挙がった。

Photo 学生・子供の携帯電話利用者数推計

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.