コラム
» 2014年03月31日 00時00分 UPDATE

ふぉーんなハナシ:消費税率の変更でアプリの価格はどうなる?

キャリア決済のアプリは8%の税率に変更されますが、App StoreやGoogle Playで購入するアプリはどうなるのでしょう?

[田中聡,ITmedia]

 4月1日から消費税率が8%に変更されることに伴い、さまざまな価格が上昇する。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・アクセス、ウィルコムも、2014年4月1日以降の利用分から、消費税率8%を適用することを案内している。

 気になるのが、スマートフォン向けアプリの価格だ。App StoreやGoogle Playで配信されている有料アプリの価格は、4月1日以降、どうなるのだろうか。AppleとGoogleに確認した。

 まず、現在App StoreとGoogle Playで表記されているアプリの価格は基本的に「税込」となる。iOSアプリの価格はすべて税込だが、Androidアプリについては「ユーザー側に課金する総額を表示していただいているので、提供側が消費税を納める場合は、消費税分がその総額の中に含まれている」(Google)とのこと。ともあれ、表示中の価格にプラスしてユーザーが支払うことはない。

photophoto App StoreやGoogle Playで表示されている価格は、税込(あるいはユーザーが支払う総額)となっている

 4月1日以降の有料アプリの価格については、AppleやGoogleが決めるのではなく、コンテンツ提供者側が決定するので、税込価格が上昇するかはアプリによって異なるようだ。

 実際に値上げされるアプリはあるのだろうか。有料アプリを提供しているナビタイムジャパンとスクウェア・エニックスに聞いてみた。

 ナビタイムジャパンが販売しているナビゲーションアプリ「NAVITIME」の場合、キャリア決済(ドコモのspモードなど)とクレジットカード決済などについては、8%の消費税が適用され、3月31日までの月額315円(税込み)から、4月1日以降は月額324円(税込み)となる。一方、App StoreやGoogle Playで購入したものについては、4月1日以降も価格は変わらず月額400円(税込)のままだという。

 スクウェア・エニックスでは、「ドラゴンクエスト」と「FINAL FANTASY」の買い切りアプリは、4月1日以降も価格の変更はないとのこと(そのほかのタイトルについては未確認)。例えば、初代「ドラゴンクエスト」は300円、「ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君」は2800円のままだ。

 今回調べた2社の有料アプリは、4月1日以降も(App StoreやGoogle Playで購入する場合の)価格は据え置きだが、他社では値上げとなるケースもあり得る。気になる買い切りアプリがあったら、今のうちに購入しておいた方がいいかもしれない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.