ニュース
» 2014年07月17日 13時05分 UPDATE

6.8ミリの薄型ボディに500万画素インカメラを搭載――「STREAM S 302HW」

ワイモバイルがHuawei製のスマートフォン「STREAM S 302HW」を8月1日に発売する。厚さ約6.8ミリ、重さ約110グラムの薄型・軽量ボディが特徴。人物をきれいに撮影できる500万画素のインカメラも搭載している。

[田中聡,ITmedia]

 ワイモバイルが投入するHuawei製の「STREAM S 302HW」は、薄型ボディと高画素なインカメラが光るLTEスマートフォン。8月1日の発売を予定している。

photo Huawei製の「STREAM S 302HW」。カラーバリエーションはホワイト、ピンク、ブラックの3色

 STREAM Sは、Huaweiが2013年にグローバルで発売した「Ascend P6」がベースになっており、厚さ約6.8ミリ、重さ約110グラムのスリムで軽量なボディを実現した。側面にはメタルフレームをあしらい、2つの「C」を重ねたように見える「デュアルC」デザインを採用。カラーバリエーションはホワイト、ピンク、ブラックの3色をラインアップした。

 有効約500万画素CMOSという高画素なインカメラを搭載しているのも特徴の1つ。若返り効果を得られる「ビューティーレベル」機能により、人物の顔をきれいに撮影することができる。メインカメラは有効約800万画素CMOSで、F2.0の明るいレンズや被写体に4センチまで近づけるマクロ撮影機能を特徴としている。

 Huaweiオリジナルの「Emotion UI」も採用しており、別途アプリ一覧画面を用意しないことで、アプリやウィジェットを1つの画面で管理できる。ダイヤル、連絡先、カメラ、ギャラリーなど基本機能を大きなアイコンでシンプルに表示する「シンプルUI」も用意した。

 OSにはAndroid 4.4を採用し、ディスプレイはHD表示(720×1280ピクセル)対応の4.7型液晶を搭載。内蔵ストレージは8Gバイト、システムメモリは2Gバイト。バッテリーは2000mAhのものを内蔵する。プロセッサーはHiSiliconの「KIRIN910」(1.6GHzクアッドコアCPU)を搭載した。防水、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信などの日本でなじみのある機能には対応しない。通信面は1.7GHz帯のLTEと、900MHz/1.7GHz/2.1GHzの3Gをサポートする。AXGPでの通信はできない。

photophoto
photophoto
photophoto
photo 本体に収納できるピンを挿して外部メモリ/SIMスロットのトレイを引き出す
「STREAM S 302HW」の主な仕様
機種名 STREAM S 302HW
メーカー Huawei
OS Android 4.4
プロセッサ HiSilicon KIRIN910/1.6GHzクアッドコア
メインメモリ 2Gバイト
ストレージ 8Gバイト
外部メモリ microSDHC(最大32Gバイト)
ディスプレイ 約4.7型HD TFT液晶
解像度 720×1280ピクセル
連続通話時間 約700分(W-CDMA)、約1000分(GSM)
連続待受時間 約330時間(LTE)、約400時間(3G)/約300時間(GSM)
バッテリー容量 2000mAh
メインカメラ 有効約800万画素CMOS
インカメラ 有効約500万画素CMOS
ボディカラー ホワイト、ピンク、ブラック
サイズ 約66(幅)×133(高さ)×6.8(奥行き)ミリ
重量 約110グラム
発売日予定日 2014年8月1日

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.