ニュース
» 2014年11月05日 10時58分 UPDATE

SIM通:iPhone 6/6 Plusは格安SIMがお得? 2年利用での総額比較

iPhone 6/6 Plusや、キャリアのSIMで使うのと、MVNOが提供している格安SIMで使うのと、どちらがお得なのでしょうか? 2年間のトータルコストを検証してみました。

[SIM通]
SIM通

 2014年9月19日より販売開始したiPhone 6とiPhone 6 Plus。NTTドコモやKDDI(au)といった大手キャリアと同時に、格安SIMの利用できるSIMフリー版も販売開始されたことで話題となりました。

photo

 各キャリアのiPhone 6とiPhone 6 Plusの実質価格はMNPで0円から(iPhone 6の場合)となっていますが、実際には月額料金がやや高めな設定となるようです。逆にSIMフリー版では月々の料金がおトクな格安SIMが利用できるかわりに、本体代金は割引なしとなります。

 そこで、2年間(24ヵ月)使った場合の料金を比較してみましょう。いったいどちらがおトクなのでしょうか。

 まずは、各キャリア版iPhone 6、iPhone 6 Plusの料金です。

photo

 まず、iPhone 6もiPhone 6 Plusも各キャリアとも同じ価格となっています。iPhone 6が2年契約で実質負担額0円、iPhone 6 Plusが2年契約で実質負担額12,960円(月々540円)です。

 それらに料金プラン、ISP(インターネット接続サービス)、データ定額制プラン(2GB)を加えると、iPhone 6は2年間で約17万円、iPhone 6 Plusは2年間で約18万円の負担となります。

 対して、格安SIM運用のSIMフリーiPhoneはどうでしょう。今回は格安SIM大手の「OCN モバイル ONE」と「IIJ mio(みおふぉん)」で検証してみましょう。

photo

 キャリア版も格安SIM版も、条件としては2Gバイト利用できるデータ通信プランに加え、通話できる料金プランという組み合わせです。

 格安SIMも同様の条件で比較していますが、音声通話(070/080/090番号)を提供していない「OCN モバイル ONE」は、050番号で通話できる「050 Plus」を加えています。

ちなみに、「050 Plus」は通常月額324円ですが、「OCN モバイル ONE」とセットにすることで月額162円にて利用することができます。

 結果としては、最初に本体料金がかかってしまうものの、SIMフリー版iPhoneと格安SIM運用のほうが安いという結果となりました。「OCN モバイル ONE」では価格差6万円以上あります。これはスゴイですね!

 また、「通話はLINEなどの無料通話アプリを使うから電話番号いらないかな」という人も居ると思いますし、自宅でインターネット契約しているから、2Gバイトも使わないよという人も居るかもしれません。

 そこで、格安SIM契約で最も手頃な料金プランにて24ヵ月使った際の料金も参考として計算してみましょう。

photo

 するとどうでしょう。

 iPhone 6では、どちらも2年間利用で10万円を割り込みました。iPhone 6 Plusでも10万円台〜11万円台前半で利用することができ、キャリア版との差額はますます広がって7万円ほどとなっています。そう、iPhone 6をもう1台購入できそうな差ですね。

 しかしながら、通話ができない、プランによってはモバイルデータ量をいっそう気にする必要があるという条件がありますので、やや上級者向けなのかなと思います。

 続いて、「もし通話をしたら?」という比較をしてみましょう。

 キャリア版iPhoneでは各社とも通話し放題の契約が入っています。原則どこに通話しても国内通話は無料になるというもの。

 格安SIM契約でも、通話はできますがさすがに「通話無料」というわけにはいきません。一般的に070/080/090番号契約での通話は30秒あたり21.6円という料金設定がありますし、050番号を利用する「OCN モバイル ONE+050 Plus」では3分あたり8.64円(固定電話向けの場合)となります。

 そこで今回、「もし固定電話へ毎月30分通話したらどうなるのか」ということで計算してみました。

photo

 「OCN モバイル ONE + 050 Plus」方が安いという結果がでました。キャリアの話し放題プランは定額話し放題ですが、30分程度の利用しかないのであれば、2年間総額でも6万円もの差があります。これは3分あたり8.64円という激安な通話料金のためと言えるでしょう。

 今回、ケータイキャリア3社と格安SIM2社でiPhone 6とiPhone 6 Plusを購入したとして24ヶ月間の料金比較をしてみましたが、ほぼ全ての面で格安SIMのほうが安いという結果となりました。

 最後に、キャリアと格安SIMのメリット・デメリットを検証してみましょう。

キャリア版iPhone

■メリット

  • 実質的に本体代金がかからない(iPhone 6 16GB 新規・MNP時)
  • キャリア独自の補償サービス(有料)がある
  • 国内通話無料プランを契約できる
  • 契約しているキャリアショップにて操作相談を受けられる
  • キャリアメールが使える
  • SMSの基本料金が無料(1通あたりの送信料は別途かかる)
  • 海外向けの定額プランも用意されている

■デメリット

  • トータルでは割高となる
  • 2年契約が必要となる

SIMフリー版iPhone

■メリット

  • トータルで割安
  • 毎月30分通話してもキャリア版と比較しても割安
  • 契約縛り期間が無い、または短い※

(※)IIJの音声通話付きSIMの場合、利用開始の翌月から12ヶ月間

■デメリット

  • 通話料金が別途かかる
  • 万が一のときの保証がApple ストア(またはオンライン)のみ
  • 本体購入費の割引がなく、実費でかかる

 手頃な料金でiPhoneを持ちたい場合にはSIMフリー版に格安SIMを入れて使うのが結果として最もおトクと言えそうです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

※文中料金は全て税込

>>関連リンク

iPhone 6/6 Plusでdocomoの格安MVNO SIMを使う!

SIMフリースマホ入手でおさえておきたい「OCN モバイルONE」とは?

Copyright:(C) 2016 NTT Resonant Inc. All Rights Reserved.