ニュース
» 2015年03月20日 12時00分 UPDATE

石川温のスマホ業界新聞:VAIOと日本通信が「VAIO Phone」を正式に発表 ━━2社の幹部がメディアからの素朴な疑問に答える (1/2)

VAIOと日本通信が「VAIO Phone」を発表し、ネットでもさまざまな声が挙がっている。両社のキーマンにVAIO Phone投入の背景を聞いた。

[石川温]
「石川温のスマホ業界新聞」

 3月12日、日本通信とVAIOは「VAIO Phone」を発表した。記者会見終了後、VAIO・花里隆志氏、日本通信・福田尚久氏の囲みが行われた。

この記事について

この記事は、毎週土曜日に配信されているメールマガジン「石川温のスマホ業界新聞」から、一部を転載したものです。今回の記事は2015年3月14日に配信されたものです。メールマガジン購読(月額525円)の申し込みはこちらから。


「石川温のスマホ業界新聞」バックナンバー

━━ 初年度の販売目標は。

福田氏 それは設けていないが、かなり台数を追いたいと思っています。

━━ 具体的な数字は。

福田氏 具体的な数字は控えております。

━━ 十万単位とか。

福田氏 そういう単位を狙いたいですね。数万ではなく、このモデルだけかどうかは別にして、年間で見ると、2桁万台の市場規模はあるだろうと。

━━ 初期ロットはどれくらいか。

福田氏 (言及は)難しい。初期の出荷は毎日のようにしている。難しいですね。

━━ 当初の発表からずいぶん遅れたが、ODMのコントロールが難しかったのか。

福田氏 設計へのこだわりを含め、いろいろなところをずっとチェックしてきた。その辺は当初に予定していたよりかは長くかかった。その分、良い製品に仕上がった。

(★ やっぱり、話が始まって半年で製品を出すというのは無理があるのでは)

━━ 発売日を言うのは難しいのか。

福田氏 私どもの言い方の問題ですが、販売店さんの事情がある。出荷開始日は言えるのですが、発売日をどうするというのは、各社さんで違うので、販売店からの発表をお待ちいただきたい。ただ、予約注文をされるというのは聞いております。お客様にお届けし始めるのが20日から。

━━ デザインの監修は外観が中心だったが、操作系などに展開する予定はあるか。

花里氏 今後の予定は具体的に話せる段階ではない。今回は持った感じやデザインだとか、ハードとしてのパッケージ面を我々でやっていまして、中身はすごくシンプルにした。

(★ シンプルというか、何も手を加えていないというか。中身を壁紙一枚でVAIOを名乗るのもどうかと思う)

━━ 今後、追加でVAIOらしくする、ということはあるのか。

福田氏 私のほうからいいますと、このなかにオートセットアップ機能というものをいれておりまして、実は私どもの「マイページ」という通信のポータルがあるんです。そこで例えばあることを申し込むと、そこから先は自動的にアプリをインストールして、自動的にセットアップするという仕掛けが入っている。それによって、各販売パートナー、ソリューションでのパートナーの方々が、これを素材としてプラットフォームとして、いろんなアプリをプリインストールできる状態に作っている。

━━ ということは、パートナーによって、売り方やバンドルされるサービスなどが変わるのか。

福田氏 変わってきます。従来の携帯電話のビジネスでいうと、どこのショップでも同じ製品が同じように売っている。何十万台規模で生産されているというものになっているが、今や、使い方は1人1人違う。もちろん、ここにいらっしゃる方のように自分ですべて設定できる方もいる。

 たとえば企業で1000人の方にあるアプリを一斉にインストールしたい、というようなニーズがある。あるいは、私が父親のスマートフォンにセットアップしてあげるとか、というのを可能にできる仕組みを入れている。そういった意味でのソリューションを提供することがひとつ重要なコンセプトで、このなかに組み込んでいる状態。変な言い方だが「後からプリインストールができる」という仕組みにしている。そこがマスプロダクションとして、最初に全部メーカーでつくって、ドコモなどがこういうアプリでやりますというのではない。これでヘルスケアサービスを目指している大手の方もいるのですが、そうしたアプリもあるのです。

 それをいちいち、別モデルを用意してインストールしてやらなくても、最初から、端末には自動的にアプリを追加できるという仕組みを入れてある。

(★ このあたりの取り組みは、MVNOとして素晴らしいと思う。ただ、それがユーザーの求めるVAIOスマホなのか、といえば違う気がする。なので次の質問をしてみた)

━━ 日本通信がやりたいことと、ユーザーが求めるVAIOスマホに対するイメージにズレがあるのでは。

花里氏 VAIOとしては今、福田氏が語った内容に共感して協業を行っている。VAIOユーザーが求める、たとえば、昔で言えば「VAIO P」のような、ああいったものとわかった上で、最初の協業としてこういった形が良いのではないか、というのが我々のまず一つ目の答え。

(★ もしかしたら、VAIOとしてはスマホではなく、VAIO Pのようなデータ通信分野で協業したかったのに、結果としてなぜかVAIOスマホが出て来た、という展開になってしまったのかな)

━━ 今回、デザインがVAIOで製造が日本通信だが、ハードに長けたVAIOが製造を担当し、日本通信が企画を担当する役割分担はなかったのか。

花里氏 最初に関取(社長)がお話ししたと思うが、通信のデバイスに関するノウハウが新しい会社だけに、さほどない。そこを最初からできるとも思っていない。むしろ、協業のほうがいいというのが今回の形。

(★ 役割分担は理解できるが、デザイン面でVAIOはちゃんと仕事をしていたのか、という疑問も沸く)

━━ 製造はどこでやっているんですか。

花里氏 海外でございます。

━━ VAIOからデザインのライセンスを日本通信が受けて、製造するという形か。

福田氏 VAIO側のエンジニアリングの方も出ていただいて、一緒に開発してきた。そこはVAIOが主にデザイン、日本通信が主に製造面。たとえば製造といってもJATEやTELECを通したりするのは日本通信がやっている。日本通信は過去に、ファーウェイやZTEといったメーカーの端末を最初にSIMフリーとして日本に提供した。ですから、製品を作って、日本に入れるというのは過去もやってきている。

(★ 日本通信がここまでやる必要があるのか。というか、VAIOもメーカーなら、それくらいは自分でやったほうが、ノウハウを蓄積するという上で重要なのではないか)

━━ 5万1000円という価格で販売するが、それよりもパッケージ売りが重要なのか。

福田氏 お客様の選択肢によるが、数で言うと、圧倒的に分割払いで、月々2980円をお支払いするかたが多いと思います。ただ、すでにいろんなものをお持ちの方も多いので、一括で購入したいというご希望も強いですから、これも用意している。

━━ 今後、SIMフリー市場が広がると、5万円というのは、ソニーのXperiaと競合になるのではないか。

花里氏 価格設定は私どもというよりも日本通信。そもそもこの組み方のなかで、ソニーと競合になると最初から思っていない。もしそう思っていたら、ソニーのほうで承諾はしないだろう。そこはすみ分けられているだろう。ソニーも意識していないのではないか。

(★ ユーザーは「ソニー」としてVAIOとXperiaを比較するのではないか。このままでは、防水性能もありデザインも優れたSIMフリーXperiaを選ぶのは間違いない)

━━ 中身もゼロからVAIOスマホを開発して、それらと競合することはないのか。

花里氏 今のところ、そこまでは考えていないですね。まずはしっかりとこうしたかたちを始めて、むしろ、スマホで競合するよりかは、様々なデバイスで、IoTの世界までを含めた可能性を考えたいと思っている。

(★ スマホにさほど興味がないなら、初めからやらない方がいい。中途半端に終わるだけ)

━━ ビジネス向けも意識していたりするのか。

福田氏 MVNOとしてやってきて、法人からのニーズがすごくある。法人ニーズの場合、なかなかスマートフォンがなかった。どこだからわからないメーカーのものは買えないし、そうかといってドコモ契約しているやつを解約して、MVNOと契約するということもやらない。そういった意味で、スマートフォンでいいものがなかった。さらにどうやってアプリケーションをインストールするのかといった細かいところも含めて、法人のニーズは高い。今回の製品はコンシューマーはもちろんだが、法人でも使っていただけるデザインにした。

━━ 法人とコンシューマー、どちらが多いイメージか。

福田氏 スタートはコンシューマーが多いだろうが、じわじわと法人のニーズは高まっている。MVNOが何百社にもなってきているが、法人関係では穴があいている状況。

━━ 三田社長がプレミアムといいつつ、:福田氏 はど真ん中のストライクゾーンとした。高級なのか、普及機なのか。

福田氏 僕は花里さんが「ミニマル」といっていたが、その感じだと思っている。余分なものはそぎ落とし、必要な機能はしっかりと備える。持ちやすい、そういったことも含めて、トータルコストで考えても贅肉はない。

 私どもは今回、5万1000円という価格についても、一括価格を出すことに躊躇はした。そこは2980円、3980円という月々払いのほうが、メインになるだろう。そのへんのことも含めて、980円、1980円のSIMというのは、現在の市場では圧倒的にお安くなっている。トータルコストで見ると、必要最低限、高品質にきちっとカバーしている。

(★ トータルコストという考え方はMNOの2年縛りに近い)

       1|2 次のページへ

(C)niwango,inc. All rights reserved.