ニュース
» 2015年07月09日 12時52分 UPDATE

ランチタイムは下り1Mbps未満も:IIJmioの通信品質、いまだ改善ならず?――設備増強は「誤算があった」が「継続していく」

格安SIMサービス「IIJmio」の通信速度が遅くなったという声が最近よく聞かれる。特にランチタイムでは1Mbpsを割ることもある。5月下旬に予定通り設備増強は完了したというが……。

[田中聡,ITmedia]

 IIJ(インターネットイニシアティブ)が提供している格安SIMサービス「IIJmio」の通信速度が遅い――といった声が、最近よく聞かれるようになった。といっても24時間すべてで遅いわけではなく、12〜13時や夕方〜夜間の一部時間帯などに限られる。

 筆者もIIJmioのデータSIMを使用していて、速いときは下り50Mbps程度の実測値を記録するが、遅いときは1〜2Mbps程度で、さらにひどいと1Mbpsに満たないこともある。

 下の写真はIIJmioのデータSIMを挿入した「Ascend Mate7」を使い、7月9日12時30分頃に、ITmedia Mobile編集部(東京都港区)にて「RBB TODAY SPEED TEST」で測定した結果。3回計測したが、いずれも下りで1Mbpsを切る結果になってしまった。

photo
photophoto ちなみに、その30分前の12時頃に測ったときは下りで20Mbps程度出た。30分でここまで変わってしまうのか……とも思うが、ランチタイムのピークを迎えたということなのだろう(写真=左)。筆者の自宅も平日14時頃は下り50Mbpsほどを記録したが、12時30分頃には1Mbps未満という状況だった……(写真=右)

 契約数が増えることはMVNOにとっては喜ばしいことだが、それに伴うトラフィック増加への対応は、IIJに限らず苦労しているところは多い。IIJではこうした事態に対処すべく、当初よりも多く予算を取って、5月下旬までに大規模な設備投資(帯域幅の拡大)を追加で行うことを明かしている(→IIJmioの通信速度が遅くなっている?――堂前氏「前倒しで設備投資をします」)。

 では現状はどうなっているのだろうか。6月29日の記者向け勉強会でネットワークサービス部 モバイルサービス課 担当課長の佐々木太志氏に確認したところ、「設備増強はすべてスケジュール通り完了したが、誤算があった」と明かす。「(設備増強で)品質が上がってくるだろうと思ったが、お客さんの利用増に対応できていないという結果になった。6月以降も『IIJmioは通信品質悪いね』という声が散見している」(佐々木氏)

 もちろん、6月以降も設備増強は継続している。「5月下旬の増強で終わりではない。お客様にご説明はしていないが、6〜7月も(設備増強は)継続的に行っている。お客様に設備増強をつぶさにご説明するのもおかしな話で、本来は我々の責任でやっていくところなので、継続してやっていきたい」(佐々木氏)

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.