ニュース
» 2015年09月14日 20時00分 UPDATE

最短はドコモの発売日当日(条件あり):「iPhone 6s/6s Plus」「iPad mini 4」のSIMロック解除はどうやるの? キャリア別に確認しよう

まもなく発売の「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」「iPad mini 4」のキャリア販売分は、いずれもSIMロック解除に対応する。キャリア別に、ロック解除方法を確認しよう。

[井上翔,ITmedia]

 9月24日に発売を迎える「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」。「iPad mini 4」のWi-Fi+Cellularモデルは、Appleのオンラインショップでは「2〜4営業日で出荷」となっており、キャリアからも9月下旬に発売される予定だ。

 日本のキャリアを通して販売されるiPhone・iPadには、購入したキャリアのSIMカード(UIMカード/USIMカード)と組み合わせないと通信ができない「SIMロック」がかけられている。もちろん、先に挙げた3機種も例外ではない。

 しかし、この3機種は「2015年5月以降に発売する端末」に該当するので、SIMロック解除が可能なはずなのだ。

 筆者が9月14日までに3機種を取り扱うNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの広報担当者に問い合わせたところ、3社とも、3機種のSIMロック解除に応じる旨の回答を寄せた。

 そこで、改めて3社のSIMロック解除方法をまとめた。読者の皆様の参考になれば幸いだ。

NTTドコモの場合

 NTTドコモでは、機種購入から6カ月が経過するとSIMロック解除に応じてもらえる。ただし、iPhone・iPadを購入する回線契約において、過去にSIMロック解除手続きをしたことがあれば、最新手続き日から6カ月経過した日からSIMロック解除が可能となる。つまり、最短で購入当日からSIMロック解除ができるのだ。

 手続きは、「My docomo」(Web)、「ドコモインフォメーションセンター」(電話)とドコモショップ(店頭)で行える。手数料は、Webでは無料、電話・店頭では3000円(税別)となる。

 Web手続きの流れは、Android端末の場合とほぼ同様だが、「一部手順が異なるので、手続き画面に表示される案内をよく確認してほしい」(ドコモ広報部)とのことだ。

photo ドコモでは「My docomo」から手続きすると無料でロック解除可能

auの場合

 auでは、機種購入から180日が経過するとSIMロック解除に応じてもらえる。

 手続きは、「auお客さまサポート」(Web)またはauショップ(店頭)で受け付ける。手数料は、Webでは無料、店頭では3000円(税別)となる。

 Web手続きの流れは、「Android端末とほぼ同様になる予定」(KDDI広報部)だ。

photo auでは「auお客さまサポート」から手続きすると無料でロック解除可能

ソフトバンクの場合

 ソフトバンクでは、機種購入から180日が経過するとSIMロック解除に応じてもらえる。

 手続きは、「My SoftBank」(Web)またはソフトバンクショップショップ(店頭)で受け付ける。手数料は、Webでは無料、店頭では3000円(税別)となる。

 Web手続きの流れは、「Android端末とおおむね同じ予定」(ソフトバンク広報室)だ。

photo ソフトバンクでは「My SoftBank」から手続きすると無料でロック解除可能

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.