ニュース
» 2016年03月04日 10時00分 UPDATE

石川温のスマホ業界新聞:日本メーカーのWindows 10 MobileがMWCに勢揃い――マイクロソフトがグーグルに学ぶべきこと

スペイン・バルセロナで開催された「Mobile World Congress 2016」のMicrosoftブースでは、日本メーカーのWindows 10 Mobileスマートフォンが勢ぞろいした。メーカーの頑張りの反面、日本マイクロソフトはWindows 10 Mobileに対して“本気”とはいえない。

[ITmedia]
「石川温のスマホ業界新聞」

 今回のMWCにおいて、マイクロソフトは特に新製品発表会などは行わず、静観の構えを見せていた。しかし、Windows 10 Mobileの展示コーナーでは、フリーテル、VAIO、トリニティ、マウス・コンピューターといった「日本発」のWindows 10 Mobileデバイスが多数展示され、ちょっと異様な光景であった。

この記事について

この記事は、毎週土曜日に配信されているメールマガジン「石川温のスマホ業界新聞」から、一部を転載したものです。今回の記事は2016年2月27日に配信されたものです。メールマガジン購読(月額540円)の申し込みはこちらから。


「石川温のスマホ業界新聞」バックナンバー

 そもそも、海外市場においては、マイクロソフト自身が「Lumia」ブランドでWindows 10 Mobile端末を発売。同社にとって主力商品であり、参入メーカーも少ないことから、ユーザーは「Windowsスマホが欲しいならLumiaシリーズから選ぶ」というのが一般的だ。

 しかし、日本では、まだWindowsスマホの市場が立ち上がっていないにも関わらず、10社近いメーカーが参入し、早くも玉石混淆のレッドオーシャンと化している。

 一方で、立ち上がったばかりのプラットフォームであるために、バグなどの修正に追われている日々でもある。このあたりは、端末メーカーが必死になって、マイクロソフトにレポートを送っている状態だ。特に日本語関連は、法人導入においても不可欠であるため、早急な対策が求められる。

 端から見ていると、端末メーカーの人たちは、Windows 10 Mobileを何とかまともなものにしようと、孤軍奮闘している感が強い。日本マイクロソフトも耳を傾け、対応しているようだが、どうしても「御用聞き」的な立場となっているような気がしてならない。

 今回のMWCにおいて、グーグルでAndroidビジネスを統括するヒロシ・ロックハイマー氏に話を聞く機会を得た。

 グループインタビューだったのだが、そのなかで「なぜ、グーグルはNexusスマホを手がけるのか」という質問が飛んだ。ヒロシ・ロックハイマー氏は「ユーザーはプラットフォームを買うのではなく、端末を買う。良い端末を作るためにグーグルは自分たちで手がけて学ぶ必要があった。緊急発信やデータローミングがどうやって作動するかも、ハードウェアを作ることで学んでいった」というのだ。

 少なくとも、マイクロソフトもLumiaであれ、長らく噂が出ているSurface Phoneを手がけることで、ハードとプラットフォームの相性を学んでいるのだろう。しかし、日本語環境や日本のユーザーが求めることについて、マイクロソフト自身が親身になって学べているかはかなり疑問だ。

 日本市場でWindows 10 Mobileというプラットフォームを成功させるには、日本マイクロソフトが、自分たちで自社ブランドの端末を売り、ユーザーの声を聞き、どこに不満があるのか改善していくべきではないか。

 いまの日本マイクロソフトは、Windows 10 Mobileに対して何となく「他人事」な印象を受ける。ここは本腰を入れて、自社で端末を売り、プロモーションをするなど、Windows 10 Mobileに本気で取り組んでもらいたいものだ。そうすることで、Windows 10 Mobileに参入する端末メーカーにも追い風になるのではないだろうか。

© DWANGO Co., Ltd.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう