レビュー
» 2016年04月18日 20時00分 UPDATE

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:「iPhone SE」カメラの実力は?――「iPhone 5s」「iPhone 6s/6s Plus」と撮り比べてみる (1/4)

iPhone SEは、iPhone 5sと同じ見た目ながらiPhone 6s/6s Plusに近いスペックを有している。アウトカメラも例外ではない。でも、本当に同じように撮れるのだろうか。撮り比べてみよう。

[荻窪圭,ITmedia]

 見た目は「iPhone 5s」のまま中身が「iPhone 6s」相当に進化したという「iPhone SE」。見た目がまったく変わってないところがミソ。あくまでも従来サイズのコンパクトなiPhoneが欲しいという層に向けての特別な廉価モデルであり、主流は6s系の薄くて少し丸みを帯びたボディーの方なんだといわんばかりである。

上がiPhone 5s、下がiPhone SE 上がiPhone 5s、下がiPhone SE。SEのカラーがローズゴールドでなかったら見分けが付かない

 じゃあ、カメラはどうなのだろう、と。ホントに“6s相当”になったのか。5sからどれだけ進歩したのか。

 ここはどんと大盤振る舞いで、iPhone SEと、iPhone 5s、6s、6s Plusのカメラを一気に比較してやれ、というわけで比較してみよう。

iPhone 5s(左)との比較はもちろん…… iPhone 5s(左)との比較はもちろん……
iPhone 6s(中)やiPhone 6s Plus(下)とも比較する Phone 6s(中)やiPhone 6s Plus(下)とも比較する

「5s」と「SE」の“画素数”の違い

 5sとSEの一番の違いはイメージセンサーが一新されたこと。5sでは一世代前の「800万画素」のセンサーが使われていた。SEは、6sや6s Plusと同じ「1200万画素」のセンサーが使われている。単純に画素数が1.5倍に増えたのだ。センサーのサイズはもちろん、レンズの構成も6s/6s Plusと同じなので、画角(つまり写る範囲)は同じ。明るさもF2.2と同じだ。

 では、画素数が1.5倍に増えたらどうなるか。いつものガスタンク写真で比べてみよう。まずはiPhone 5sの800万画素カメラで撮影したガスタンクから。

iPhone 5sで撮影したガスタンク iPhone 5sで撮影したガスタンク

 次は、iPhone SEの1200万画素ガスタンクで撮影したガスタンク。

iPhone SEで撮影したガスタンク iPhone SEで撮影したガスタンク

 微妙にSEの方が発色が爽やかで、青空もより青く出てていい感じだし、青空のざらつきがぐっと抑えられている。

 ではあるけれども、ここで注目したいのは画素数の差。より分かりやすい箇所を100%表示してみた。どちらも100%表示なので、画素数が少ないiPhone 5sの方が小さく表示されている。見比べると分かるが、思ったよりはっきりとした差が出ている。

100%表示で比較 100%表示で比較。左がiPhone 5sで、右がiPhone SE

「SE」と「6s」は本当に“同じ”?

 先述の通り、SEのカメラはiPhone 6sとスペック的には“同じ”だ。5sとSEの撮り比べのついでに、6sとSEもガスタンクで撮り比べてみた。

iPhone 6sで撮影したガスタンク iPhone 6sで撮影したガスタンク

 上のiPhone SEで撮ったガスタンクと見比べてどうだろう? 100%表示でも比べてみよう。

iPhone 6sとも100%表示で比較 100%表示で比較。左がiPhone SEで、右がiPhone 6s

 ここまで見れば、iPhone SEと6sのカメラは“同じ”と思って構わないのが分かる。差があったとしても、本当に少しだけだ。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう