ニュース
» 2016年07月11日 18時30分 UPDATE

格安SIM Q&A(番外編):ソフトバンクやY!mobileのSIMカードをAndroidとiPhoneで使い回せますか?

ソフトバンクは機種ごとにSIMカードが異なるので使い回せないと聞きました。本当でしょうか? 同じ会社のY!mobileはどうなんでしょう?

[井上翔,ITmedia]

質問1

 ソフトバンクの「Xperia Z5」を使っています。最近iPhoneにも興味があるのでSIMロックフリーの「iPhone SE」を買うつもりで、Xperia Z5に挿してあるSIMカードを使えたらそのまま使いたいです。

 しかし、どこかで「ソフトバンクでは機種ごとにSIMカードが異なるので他機種に挿しても通話しかできない」と小耳に挟みました。同じSIMカードをXperia Z5とiPhone SEで使う方法はありませんか?

iPhoneにAndroid用SIMカードを入れても大丈夫……? iPhoneにAndroid用SIMカードを入れても大丈夫……?

回答1

photo

ありません。現在の回線でどうしても使いたいのであれば契約変更(SIMカードの交換)が必須です。
(ITmedia Mobile編集部 井上)


 SIMロックフリースマホを家電量販店で見かける機会が増えたせいか、「AndroidからiPhoneにSIMカードを差し替えても使えるか?」「iPhoneからAndroidにSIMカードを差し替えて使えるか?」「同じSIMカードをAndroidとiPhoneで使い回せるか?」という旨の質問が増えています。今までのQ&Aでは、NTTドコモとau(KDDIと沖縄セルラー電話)における対応状況をお答えしてきました。

 同様の質問はソフトバンクユーザーやY!mobileユーザーからも寄せられていていますので、この記事でまとめて回答します。

 1人目の質問者はソフトバンクのXperia Z5(Android)ユーザーで、SIMロックフリーのiPhone SEで同じSIMカードを使いたい、という希望を持っています。

 質問者が使っているXperia Z5は「スマートフォン NFC nano USIMカード(2)」というSIMカードを採用しています。このSIMカードはNFC nano USIMカードを採用しているソフトバンクのAndroidスマホ間では使い回し可能ですが、iPhone、NFC nano USIMカード非対応のソフトバンクAndroidスマホやSIMロックフリー端末とは使い回せません

 一方、質問者が利用を希望しているiPhone SEでは「nano USIMカードA(C2)」というSIMカードが必要となります。このSIMカードはソフトバンクのSIMロックがかかったiPhone、SIMロックフリーのiPhone(いずれも「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」以降)とは使い回せますが、その他の端末とは使い回せません

 要するに、ドコモやauとは異なりソフトバンクは機種の種類ごとにSIMカード(契約)を完全に分けているため、異なる種類の端末では使い回せないのです。スマホの機種の種類は大ざっぱに分けると以下の4つがあります。

  • iPhone(SIMロックフリーのものを含む)
  • NFC対応Androidスマホ
  • NFC非対応Androidスマホ
  • SIMロックフリー端末(iPhoneを除く)

 現在の回線(電話番号)を異なる種類の端末で使う場合は、その都度契約変更とSIMカードの交換が必要となります。手数料は3000円(税別)です。

 SIMカードを使い回したいという質問者のお力になれず、申し訳ありません……。なお、SIMカードの使い回しについては「SIMフリーの「iPhone SE」に大手キャリアのSIMを挿したらどうなる……?」という記事にもまとめていますので、合わせてお読みください。

iPhone用のSIMカード iPhone用のNano SIMカードはiPhone 5以降のiPhone間で使い回せるが、iPhone 6/6 Plus以降用とそれ以前用での使い回しは保証されない

質問2

 現在、Y!mobileの「Nexus 5」をスマホプランで使っています。ちょっとボロボロになってきたので、SIMロックフリーの「iPhone 6s」あたりを買おうと思っていますが、SIMカードを使い回すことはできますか?

 あと、iPhone 6sとは別に安いSIMロックフリーのAndroidスマホも買う予定です。こちらでもSIMカードは使い回せますか?

Y!mobileのSIMカード Y!mobileのSIMカードは使い回せる……?

回答2

photo

SIMカードを「4G音声<nano> USIM card」に交換すればSIMロックフリーのiPhoneやNano SIMカードに対応するAndroidスマホで使えます。ただし、iPhoneでの利用には若干の注意点があります。
(ITmedia Mobile編集部 井上)


 2人目の質問者は、ソフトバンクのもう1つの通信サービスブランド「Y!mobile」ユーザーです。1人目と同様にAndroidスマホで使っているSIMカードをSIMロックフリーのiPhoneで使い回そうとしています。それだけではなく、新たにAndroidスマホも購入してSIMカードの融通を模索しています。

 結論から言うと、スマホプラン(またはシェアプラン)契約でNano SIMカード(4G音声<nano> USIM card)を使えばSIMロックフリーのAndroidスマホやiPhoneとの間でSIMカードを使い回すことができます

 質問者が使っているNexus 5ではMicro SIMを使っているので、iPhoneと使い回す場合はY!mobileショップでSIMカードのサイズ交換をする必要があります。交換手数料は3000円(税別)です。別途購入するAndroidスマホは、Nano SIMに対応したものを選びましょう。APN(接続先情報)が設定されていない場合は、「他社が販売する携帯電話をワイモバイルで利用する」を参考に設定してください。このWebページではAndroidスマホ、SIMロックフリーiPhoneやWindows 10 Mobileスマホの動作確認状況も公開されています。

 ただし、Y!mobileでSIMロックフリーのiPhoneを利用する場合、以下のことに気を付けて下さい。

  • 別途APNプロファイルのインストールが必要(参考リンク
  • テザリングは不可(参考記事
  • 「VoLTEオプション」が有効なSIMカード(契約)であってもVoLTEを有効にできない

このコーナーについて

「格安SIM Q&A」では、読者の皆様から格安SIMにまつわる質問を受け付けています。「そもそも格安SIMとは?」という初歩的な質問から、「あのサービスの使い勝手はどうなのか」という突っ込んだ質問まで、何でもOKです。編集部で可能な限りお答えします。皆さんのご質問をお待ちしています!


基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう