トップ10
» 2017年12月04日 17時10分 公開

Mobile Weekly Top10:iPhone Xの「頭」が気になる?/AIスマホが日本上陸

iPhone Xといえば、画面上部の「切り欠き」が特徴的です。何かを表示すると目立ってしまう切り欠きを隠す壁紙を作るアプリが、地味に注目を集めています。

[井上翔,ITmedia]

 今回のITmedia Mobile Weekly Top10は、2017年11月27日から12月3日までのアクセスランキングを集計しました。

この部分が気になる……? この部分が気になる……?

 ランキングの1位に輝いたのは、「『iPhone X』の“切り欠き”を隠す壁紙を作ってみた」でした。

 iPhone Xの画面上部には、インカメラの他にFace IDやAnimoji(アニ文字)などで用いる「True Depthカメラ」があります。同機種の有機ELディスプレイは、これらが収納されている部分を切り欠いています。

 形状を加工しやすい有機ELディスプレイの特性を生かし、外観上の個性も演出する「切り欠き」ですが、実際に使っていると「美しくない」と感じないこともありません。しかし、切り欠きの左右の表示を「真っ黒」にしてしまえば切り欠きは目立たなくなります。この記事では、切り欠きを目立たなくする壁紙の作成を支援するアプリを紹介しています。

 Essential Phone PH-1AQUOS R Compactのように、Androidスマートフォンでもインカメラ周辺を切り欠いたディスプレイを搭載する機種がちらほら出てきています。時代の流れとともに、「切り欠き」は当たり前になっていくのでしょうか……?

日本でも発売された「Mate 10 Pro」 日本でも発売された「Mate 10 Pro」

 5位には、「Huawei、AIチップを搭載した『HUAWEI Mate 10 Pro』を12月1日発売 防水にも対応」がランクインしました。

 Mate 10 Proが採用する「Kirin 970」プロセッサには、CPUやGPUとは別にAI(人工知能)の処理に使える「NPU(Neural Processing Unit」と呼ばれる回路が搭載されています。一般的に、現在のAI(人工知能)はクラウド(オンラインサーバ)処理が主流ですが、Mate 10 Proではローカル(本体単体)でもある程度AI処理を行えます。

 実際にMate 10 ProでNPUに最適化されたアプリを使うと「今までは一体何だったのだろう……?」と思うくらいに処理が高速です。Leica(ライカ)とコラボしたカメラ機能でも、1つしかないインカメラでのボケ撮影や高速なシーン選別などでNPUが活用されています。

 とある家電量販店では発売日に完売してしまったというMate 10 Pro。携帯販売ランキングに出てくることはあるのでしょうか。2週間後の販売ランキングには注目です。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう