ニュース
» 2018年03月06日 16時09分 公開

スマホでバーコードを読み込んで公共料金などを支払い 「LINE Pay 請求書支払い」

LINE Payは、請求書上に印刷されたバーコードをスマートフォンで読み込むだけで支払いができる「LINE Pay 請求書支払い」を開始。まずは東京電力エナジーパートナーに対応し、電算システム、SMBCファイナンスサービス、三菱UFJファクターも順次行う。

[エースラッシュ,ITmedia]

 LINE Payは、請求書上に印刷されたバーコードをスマートフォンで読み込むだけで支払える「LINE Pay 請求書支払い」を3月6日に開始した。

 まず「LINE」アプリ内から「LINE Pay」の利用規約に同意してアカウントを開設。事前に銀行口座やコンビニなどで残高のチャージを行い、請求書上のバーコードを「LINE Pay」のコードリーダーで読み込んでパスワードを入力すると、電気料金や水道料金といった公共料金や通信販売などの支払いができる。

 3月6日時点では東京電力エナジーパートナーに対応し、4月上旬から電算システム、5月以降にSMBCファイナンスサービス、三菱UFJファクターへと順次対応していく予定。

Photo LINE Pay 請求書支払い

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう