ニュース
» 2018年03月27日 10時55分 公開

Microsoft、iPadとAndroidタブレットでブラウザ「Edge」利用可能に

MicrosoftがWebブラウザ「Edge」をiPadとAndroidタブレットに対応させた。iOS/Android版Edgeは昨年11月末にリリースされた。例えばiPadで開いたWebページの続きをWindows PCで見たいときなどに便利だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは3月26日(現地時間)、iOSおよびAndroid向けに提供しているWebブラウザアプリ「Microsoft Edge」を米Appleのタブレット「iPad」シリーズとAndroidタブレットでも利用できるようにしたと発表した。

 edge 1 iPad(左)とAndroidタブレット(右)上のEdge

 同社は昨年11月30日にiOSとAndroid向けEdgeをリリースした。現在、日本語でも利用できるようになっている。

 edge 2 日本のApp Storeからもダウンロードできる

 同じMicrosoftアカウントでログインして使っていれば、例えばiPadのEdgeで開いたWebサイトのタブをそのままPCのEdgeでもすぐに開ける。同様の機能は米GoogleのChromeブラウザにもあるが、Windows搭載PCとiPadを使っているユーザーにとっては便利な機能だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう