ニュース
» 2018年08月01日 10時45分 公開

Apple、世界スマートフォン出荷ランキングで2010年第2四半期以来初の3位転落──IDC調べ

IDCの4〜6月期の世界スマートフォン市場調査結果によると、メーカー別シェアでHuaweiが初めて2位になり、Appleは2010年第2四半期以来初めて3位に転落した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米調査会社IDCが7月31日(現地時間)に発表した第2四半期(4〜6月)の世界におけるメーカー別スマートフォン出荷に関する調査結果によると、これまで米Appleが守ってきた2位の座を中国Huaweiが奪った。Huaweiが2位になるのはこれが初であり、Appleが3位に転落するのは2010年第2四半期以来だ。

 トップは変わらず韓国Samsung Electronicsで、中国Xiaomiが中国OPPOを抜いて4位になった。

【訂正:2018年8月2日10時16分 初出時に「中国Xiaomiが中国OPPOを抜いて3位になった」としていましたが、正しくは「4位」です。おわびして訂正致します。】

 idc 1 第2四半期のメーカー別世界スマートフォン出荷トップ4(単位:百万台、資料:IDC)

 スマートフォンの総出荷台数は前年同期比1.8%減の3億4200万台だった。これで3四半期連続の減少を記録した。

 Appleは例年、秋にiPhoneの新モデルを発売し、第3、第4四半期にシェアを伸ばすので、トップ4社はまた入れ替わる可能性があるとIDCは語った。

 超ハイエンド端末(700ドル以上の端末)の競争は主にApple、Samung、Huaweiの3社の戦いになっており、これは短期的には変わらないとIDCは予測する。

 Huaweiは中国でのシェアは過去最高の27%で首位だった。日本でも販売しているハイエンドの「P20」および「P20 Pro」が好調だった。

 idc 2 「HUAWEI P20 Pro HW-01K」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう