調査リポート
» 2018年10月11日 21時05分 公開

スマホ利用者の27%が「やめたい」 理由は「面倒」「料金が高い」――携帯市場の調査から

携帯市場が10〜70代の男女1000人を対象としたスマートフォンの利用実態アンケートの結果を発表した。全体の27%がスマートフォンをやめたいと思ったことがあると回答。その理由は「SNSや操作が面倒」「料金が高い」が多かった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 携帯市場は10月10日、10〜70代の男女1000人を対象としたスマートフォンの利用実態アンケートの結果を発表した。調査にはクロス・マーケティングのアンケートパネル「QiQUMO(キクモ)」を利用している。

 これまでに「スマートフォンの利用をやめたいと考えたことがある」と答えたのは、全体の27%。理由の上位は「SNSや操作が面倒」「料金が高い」がほぼ同率となり、次いで「無駄な時間」となる。7位の「疲れた」を合わせると、辞めたいと思う理由の1位は「利用が面倒」「疲れる」と推測できる。

Photo
Photo

 1日の利用時間を聞いたところ、1位は「30分以内」、2位が「1時間から3時間」、3位が「3時間から5時間」となり、3時間以内と答えたユーザーが全体の7割となった。

Photo

 スマートフォンが便利だと思う点を複数回答で聞いたところ、1位は「インターネット」、2位は「LINEなどのSNS」、3位は「タッチパネル操作」。「モバイル決済」は38件の「その他」のうち3件となった。

Photo

 一方、スマートフォンがわずらわしいと感じる点を複数回答で聞いたところ、1位は「バッテリーの消耗」、2位は「画面が割れる」、3位は「インターネットのしすぎ」となり、最近のiPhoneの傾向で見られる「重い」「サイズが大きい」は5位と6位になっている。

Photo

 同社では、11月16日にスマートフォンを辞めたくなる「面倒」に共感するフィーチャーフォン利用者とその真逆であるiPhoneユーザー、両方を使う2台持ちユーザーによる「スマホ疲れを癒す座談会」を開催。受付はガラケー商品開発研究所のWebサイトで行っている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう