特集
» 2009年12月25日 19時30分 UPDATE

プリンタ09-10年モデル徹底検証:最終回 プリンタ2009年末モデルはどれが“買い”なのか? (1/5)

4回にわたってお届けする個人向けインクジェット複合機の2009年末モデル特集もいよいよ最終回。最後はこれまで紹介した注目機種を横並びで比較し、違いを明らかにする。

[榊信康(撮影:矢野渉),ITmedia]

2009年末の有力プリンタ7台を横並びでチェック


 本特集では、キヤノン、エプソン、日本ヒューレット・パッカード(HP)が発売した個人向けインクジェット複合機の2009年末モデルから注目の7台を集め、メーカーごとに性能、機能、使い勝手を調べてきた。取り上げた7台とは、キヤノンの「PIXUS MP990」「PIXUS MP640」「PIXUS MP560」、エプソンの「EP-902A」「EP-802A」「EP-702A」、日本HPの「HP Photosmart Premium C309G」だ。

 第4回(最終回)では、これら7モデルの違いを横並びで比較し、特徴を明らかにしたうえで、2009年末のおすすめモデルを選出したい。

本特集で比較・検証する複合機7モデル
製品名 メーカー 液晶モニタ インク構成 スキャナ(センサー) 量販店実売価格
PIXUS MP990 キヤノン 3.8型 染料5色(シアン、マゼンタ、イエロー、グレー、ブラック)+顔料1色(ブラック) 4800×9600dpi(CCD) 3万5000円前後
PIXUS MP640 キヤノン 3.0型 染料4色(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)+顔料1色(ブラック) 4800×9600dpi(CIS) 2万5000円前後
PIXUS MP560 キヤノン 2.0型 染料4色(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)+顔料1色(ブラック) 2400×4800dpi(CIS) 2万円前後
EP-902A エプソン 3.5型(7.8型タッチパネル) 染料6色(シアン、ライトシアン、マゼンタ、ライトマゼンタ、イエロー、ブラック) 4800×4800dpi(CIS) 3万5000円前後
EP-802A エプソン 2.5型 染料6色(シアン、ライトシアン、マゼンタ、ライトマゼンタ、イエロー、ブラック) 2400×4800dpi(CIS) 2万5000円前後
EP-702A エプソン 2.5型 染料6色(シアン、ライトシアン、マゼンタ、ライトマゼンタ、イエロー、ブラック) 1200×2400dpi(CIS) 2万2000円前後
HP Photosmart Premium C309G 日本HP 3.45型タッチパネル 染料4色(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)+顔料1色(ブラック) 4800×4800dpi(CIS) 2万1000円前後

省スペース性/静音性

 まずは7モデルの設置性だが、未使用時と使用時の本体サイズ、そして重量を下表にまとめた。昨今は複合機の小型化が進んでおり、極端に大きな製品は見られないが、多少の違いはある。

 未使用時のフットプリントについては、ボックス型ボディを採用したキヤノンとエプソンの各モデルが小さく、トレイが前面に突き出した日本HPのC309Gが最も大きい。この中では、MP640のフットプリントが最も小さくなっている。高さはEP-802Aが最も低く、薄型のデザインは設置時の圧迫感が少ない。ただし、奥行きは意外にある。

 一方、使用時の本体サイズはC309Gが優秀だ。ボックス型ボディのモデルは使用時にトレイがかなり飛び出すので、専有面積が結構広がる点は覚えておきたい。また、EP-902AとEP-802Aは、オプションの自動両面印刷ユニットを装着すると、奥行きが70ミリ程度増すので、増設を考えている人は設置場所の確認が必要だ。

 省スペース性とともに使用時に気になる静音性は、MP990、MP640、MP560が優秀といえる。これらは印刷時の動作音を抑える「サイレントモード」を備えており、印刷速度は若干落ちるものの、夜間の作業などで有用だ(サイレントモードはタイマー設定も可能)。そのほかの機種は、特に高速なモードで動作音や振動が大きくなる傾向にある。MP990、MP640、MP560も高速モードではそれなりに騒音が発生するが、静かに作業したい場合にサイレントモードを使えるのは大きい。

本体サイズと重量
製品名 未使用時の本体サイズ(幅×奥行き×高さ) 使用時の本体サイズ(幅×奥行き×高さ) 重量
MP990 470×385×199ミリ 470×655×320ミリ 約10.7キロ
MP640 450×368×176ミリ 450×638×290ミリ 約8.8キロ
MP560 453×368×160ミリ 453×638×290ミリ 約8.1キロ
EP-902A 466×385×198ミリ 466×585×198ミリ 約10.5キロ
EP-802A 446×385×150ミリ 466×585×150ミリ 約9キロ
EP-702A 450×386×195ミリ 450×606×275ミリ 約8.4キロ
C309G 452×473×199ミリ 452×577×199ミリ 約7.5キロ

tm_0912print4_01.jpg MP990:本体サイズは470(幅)×385(奥行き)×199(高さ)ミリ、重量は約10.7キロ。インク数が多く、CCDスキャナを内蔵するため、ボディはほかのPIXUS複合機より少し大きい
tm_0912print4_02.jpg MP640:本体サイズは450(幅)×368(奥行き)×176(高さ)ミリ、重量は約8.8キロ。全体的にコンパクトなボディで、自動両面印刷ユニットを標準搭載していながら、奥行きを368ミリに抑えているのがポイントだ
tm_0912print4_03.jpg MP560:本体サイズは453(幅)×368(奥行き)×160(高さ)ミリ、重量は約8.1キロ。MP640に比べて、横幅と奥行きはほぼ同じだが、高さが抑えられており、机上での圧迫感が少ない

tm_0912print4_04.jpg EP-902A:本体サイズは466(幅)×385(奥行き)×198(高さ)ミリで、重量は約10.5キロだ。前面の排紙トレイを引き出すと、奥行きは 200ミリ程度延びる。天面にADFを搭載していても、高さは200ミリを切る薄型に仕上がっている。後部トレイはないが、背面に電源やUSBなどのコネクタがあるため、壁面にギリギリまで寄せて設置することはできない
tm_0912print4_05.jpg EP-802A:本体サイズは446(幅)×385(奥行き)×150(高さ)ミリで、重量は約9キロだ。前面の排紙トレイを引き出すと、奥行きが200ミリ程度延びる。高さは150ミリと非常に薄い。横幅も446ミリと短く、省スペース性は高い。EP-902Aと同様、背面に3ピンの電源やUSBのコネクタが出っ張るのは惜しい
tm_0912print4_06.jpg EP-702A:本体サイズは450(幅)×386(奥行き)×195(高さ)ミリ、重量は約8.4キロだ。後部給紙トレイと前面排紙トレイを採用するため、使用時には前後に専有面積が広がる。USBコネクタは本体内部にあってケーブルだけを後方に引き出す仕様で、電源コネクタは背面のくぼんだ位置に横向きで配置されているため、未使用時は壁面にかなり寄せて置ける

tm_0912print4_07.jpg C309G:本体サイズは452×473×199ミリ、重量は約7.5キロ。排紙トレイを最大まで引き出すと、奥行きは577ミリになる。電源やUSBのコネクタは背面に並んでいるが、自動両面印刷ユニットが飛び出しているため、ケーブル接続時に背後の壁面などと干渉することはない。電源はACアダプタを利用する

インタフェース/メモリカードスロット

 7モデルが搭載するインタフェースを下表にまとめた。無線LANを標準搭載しないのはEP-702Aだけで、プリンタでも無線LANの採用が進んでいるのが分かる。有線LANを標準装備しないのは、MP560とEP-702Aだ。BluetoothはC309Gが唯一内蔵しているが、代わりにケータイからのワイヤレスプリントに有用な赤外線ポートは内蔵していない。

 メモリカードスロットの構成はメーカーによって少し異なる。いずれもSDメモリーカード(SDHC対応)とメモリースティックPRO用のスロットは備えているが、MP990、MP640、MP560はxDピクチャーカードスロットがなく、C309Gはコンパクトフラッシュスロットがない点に注意したい。その代わり、MP990、MP640、MP560、C309Gはアダプタなしでメモリースティックデュオを装着可能だ。

 別途アダプタを用意することで、小型メディアなどに対応できるケースも多いが、スロットが本体に最初から搭載されていたほうがスマートなのはいうまでもない。

インタフェース
製品名 USB 2.0 有線LAN 無線LAN Bluetooth PictBridge 赤外線 メモリカードリーダー
MP990 100BASE-TX IEEE802.11b/g △(オプション) CF、SD、MS、MS Duo
MP640 100BASE-TX IEEE802.11b/g △(オプション) CF、SD、MS、MS Duo
MP560 IEEE802.11b/g △(オプション) CF、SD、MS、MS Duo
EP-902A 100BASE-TX IEEE802.11b/g △(オプション) CF、SD、MS、xD
EP-802A 100BASE-TX IEEE802.11b/g △(オプション) CF、SD、MS、xD
EP-702A △(オプション) △(オプション) △(オプション) CF、SD、MS、xD
C309G 100BASE-TX IEEE802.11b/g/n SD、MS、MS Duo、xD

給紙、排紙、自動両面印刷の各機構

 使い勝手に影響を与える給紙と排紙の機構もまとめた。EP-702A以外は2系統の給紙機構を備えており、MP990、MP640、MP560は後部トレイと前面カセットを組み合わせた給紙機構、EP-902AとEP-802Aは2段式前面カセット、C309Gは2段式前面トレイを採用する。2系統給紙に対応することで、A4普通紙と写真用紙などを同時にセットできるため、利便性は大きく向上するだろう。

 EP-902Aだけが搭載するADFにも注目だ。動作音がかなり大きいのは惜しいが、複数枚の書類をまとめてコピーしたり、スキャンするのに重宝する。ADF自体が薄型に仕上がっており、事務機器のような武骨さがないのもうれしい。

 自動両面機構については、MP990、MP640、MP560、C309Gが標準装備、EP-902AとEP-802Aがオプション扱い、EP-702Aは非対応だ。自動両面印刷をサポートすることで、いちいち用紙をひっくり返すことなく、用紙の節約になる両面印刷が手軽に行える。対応する年賀状ソフトを使えば、通信面とあて名面を一度に印刷できるのもポイントだ。

給排紙機構
製品名 給紙機構 排紙機構 給紙容量 自動両面印刷
MP990 後部トレイ、前面カセット 前面トレイ 前面カセット150枚、後部トレイ150枚(はがき40枚)
MP640 後部トレイ、前面カセット 前面トレイ 前面カセット150枚、後部トレイ150枚(はがき40枚)
MP560 後部トレイ、前面カセット 前面トレイ 前面カセット150枚、後部トレイ150枚(はがき40枚)
EP-902A 2段式前面カセット、ADF 前面トレイ 前面カセット下段120枚(はがき50枚)、上段20枚、ADF30枚 △(オプション)
EP-802A 2段式前面カセット 前面トレイ 前面カセット下段120枚(はがき50枚)、上段20枚 △(オプション)
EP-702A 後部トレイ 前面トレイ 120枚(はがき50枚)
C309G 2段式前面トレイ 前面トレイ 前面トレイ 下段125枚、上段20枚

tm_0912print4_08.jpg MP990:前面と後部の2系統給紙に対応。前面カセットはA4、A5、B5、レターサイズの普通紙専用、後部トレイにはさまざまな用紙をセットできる。自動両面印刷機能も持つ
tm_0912print4_09.jpg MP640:前面カセットと後部トレイによる2系統給紙機構と自動両面印刷機能はMP990と同様だ。前面カセットは未使用時に本体内に完全に収納できる
tm_0912print4_10.jpg MP560:上位機と同様、前面カセットと後部トレイによる2系統給紙機構を用意。自動両面印刷機能も備えている

tm_0912print4_11.jpg EP-902A:2段式の給紙カセットを前面下部に用意。上段にL判、2L判、KG、ハイビジョン、下段にA4、はがき、ユーザー定義サイズの用紙をセットする。オプションで自動両面印刷にも対応する
tm_0912print4_12.jpg EP-802A:前面下部に2段式の給紙カセットを配置。どちらも本体に完全に収納できる。オプションで自動両面印刷にも対応する
tm_0912print4_13.jpg EP-702A:給紙機構はシンプルな後部トレイの1系統となっている。自動両面印刷ユニットには対応していない

tm_0912print4_14.jpg C309G:2段式の給紙トレイを備えた前面給排紙機構は健在。自動両面印刷機能も標準装備だ

 次のページでは主な付加機能、付属ソフト、操作パネルの使い勝手を比較する。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.