レビュー
» 2010年11月11日 17時45分 UPDATE

もはやNetbookとはほど遠い!?:「Eee PC VX6」実力診断――ランボルギーニの世界観を表現したミニノート (1/5)

“元祖Netbook”こと、初代Eee PCの登場からはや3年。ランボルーニとコラボした高級志向のモデルが出るまでに進化したのは感慨深い。こんなに大きくなっちゃって。

[鈴木雅暢(撮影:矢野渉),ITmedia]

今度のランボルギーニモデルは予想外のEee PC

tm_1011vx6_01.jpg 一目見て、ほかのEee PCと違ったデザインであることが分かる

 「ASUS-AUTOMOBILI LAMBORGHINI Eee PC VX6」は、ASUSTeK Computer(ASUS)のミニノートブランドである「Eee PC」シリーズに加わった最新モデルだ。その名が示す通り、イタリアの自動車メーカーであるランボルギーニとコラボレーションしたプレミアムモデルに位置付けられる。

 これまでにもASUSはランボルギーニとコラボレーションしたハイパフォーマンスなノートPCをいくつか国内販売してきたが、Eee PCシリーズとして投入するのは今回が初めてだ。主に低価格帯をカバーするEee PCシリーズと、自動車メーカーの中でも高級志向のランボルギーニという組み合わせはちょっと意外かもしれない。

 しかし実際の製品を見てみると、なるほどよくできている。ランボルギーニのスポーツカーを連想させるボディデザインを採用するとともに、中身はデュアルコアのAtom D525や第2世代NVIDIA ION(ION 2)、1366×768ドット表示の12.1型ワイド液晶ディスプレイ、USB 3.0といったEee PCシリーズ随一のハイスペックを搭載しており、“特別なミニノート”であることが、見た目からも中身からも伝ってくるのだ。


コラボレーションモデルならではの印象的なデザイン

 Eee PC VX6の大きな特徴の1つが、個性的なボディデザインだ。ランボルギーニとのコラボレーションモデルということで、天面にランボルギーニのエンブレムをあしらっているほか、カウンタックやディアブロ、ムルシエラゴといったランボルギーニのスポーツカーを連想させるような意匠を随所に取り入れている。

 シャープなラインで立体的に構成した天面、手前側を絞り込みつつ、エアインテークを連想させる排気口を備えた底面、V12エンジンをモチーフにしたというインタフェース回り、インパネ(インストルメント・パネル)のようなタッチパッドの形状、キーボード奥にある電源ボタンやヒンジ周辺の直線的なフォルムに至るまで、デザインは徹底されている。ランボルギーニ車の快適なシートをイメージしたというソフトタッチコーティングを施したマットブラックのパームレストの質感も印象的だ。

 ボディのサイズは297(幅)×204(奥行き)×23〜38(高さ)ミリ。ジャストA4サイズで、重量も約1.5キロとEee PCシリーズとしては大型だ。ちなみに、実測での重量は1.558キロと公称値よりもわずかに重かった。

tm_1011vx6_02.jpgtm_1011vx6_03.jpgtm_1011vx6_04.jpg

tm_1011vx6_05.jpgtm_1011vx6_06.jpgtm_1011vx6_07.jpg ランボルギーニを思わせるシャープなデザインに猛牛のエンブレム、底面の通気口、タッチパッド、パームレスト、電源回りやヒンジに至るまで、デザインへのこだわりが徹底されている。今回入手したのはグロッシーホワイトのモデルだが、カラーバリエーションとしてグロッシーブラックも選べる

 独特の仕様はソフトウェア面にも見られ、起動時にはスタートアップ画面にランボルギーニの猛牛エンブレムを表示しつつ、エギゾーストノート(エンジンの排気音)を奏でる演出も施されている。BIOSセットアップからは、このエギゾーストノートのミュートや音量調整(10段階)も可能だ。さらに、エギゾーストノートをフィーチャーしつつ、ランボルギーニのスポーツカーやEee PC VX6をCGで描いたオリジナルのスクリーンセーバーも用意されている。

tm_1011vx6_08.jpgtm_1011vx6_09.jpgtm_1011vx6_10.jpg

tm_1011vx6_11.jpgtm_1011vx6_12.jpgtm_1011vx6_13.jpg オリジナルの壁紙は6種類が用意されている。どれもモノトーン中心のシックな壁紙で、ボディのデザインに映えるが、個人的には少し抽象的すぎるようにも感じた。どうせなら、もっとストレートにランボルギーニの名車をフィーチャーした図鑑的なものがあってもよかったのではないだろうか

tm_1011vx6_14.jpgtm_1011vx6_15.jpgtm_1011vx6_16.jpg オリジナルのスクリーンセーバーは、映画の予告編のようなゴージャス感が漂う。アニメーションの開始直後には、エンブレムの表示とともにエギゾーストノートが鳴り響くという演出がされている。その内容はASUSの製品情報ページから720pのHD映像で視聴できる

スペックの強化はバッテリー駆動時間に多少影響

tm_1011vx6_17.jpg 厚みのある背面部にリチウムイオンバッテリーを装着。付属のACアダプタは小型軽量だ

 背面に搭載するリチウムイオンバッテリーは56ワットアワー(10.95ボルト/5200mAh)で、公称のバッテリー駆動時間は約5時間とされている。デュアルコアのAtomやION 2、画面の大型化といった影響により、長時間駆動のモデルが多いEee PCシリーズとしてはバッテリーライフがそれほど長くない。

 ちなみに、シングルコアのAtom N475(1.83GHz)とIntel NM10 Expressチップセット、10.1型ワイド液晶を搭載する同社製Netbook「Eee PC 1018P」は、Eee PC VX6より容量が小さい44ワットアワー(7.4ボルト/6000mAh)のリチウムイオンバッテリーを採用しているが、公称駆動時間は約6時間をうたう。

 付属のACアダプタはサイズが35(幅)×88(奥行き)×26(高さ)ミリ、ケーブル込みの重量が209グラムと、ほかのEee PCシリーズ同様に小型軽量だ(いずれも実測値)。電源ケーブルが海外仕様の太い3ピンタイプではなく、国内で主流の細い2ピンタイプなのも携帯時にはありがたい。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう