ニュース
» 2017年05月31日 18時50分 UPDATE

COMPUTEX TAIPEI 2017:eSIM採用で世界中でいつでもつながる――「Always Connect PC」普及に向けてMicrosoftがIntelやQualcommと協業

eSIMを使った「Always Connected PC」を普及させるべく、MicrosoftがIntelやQualcommと協業する。賛同する通信事業者のデータプランを契約可能で、複数のPCメーカーから対応PCが発売される予定だ。

[井上翔,ITmedia]

 Microsoftは5月31日(台湾時間)、「COMPUTEX TAIPEI 2017」に合わせて開催した「Microsoft Forum」において、LTE通信モジュールとeSIMを内蔵し、いつでもネットワーク接続が可能な「Always Connected PC(常時接続PC)」の実現に向けてIntelやQualcommと協業することを発表した。

Always Connected PC実現に向けて協業 Always Connected PC実現に向けて協業

 オンラインで契約情報を書き込めるeSIMの特徴を活用して、Always Connected PCは利用する現地のパートナー通信事業者とオンラインで契約できるようにする見通し。フォーラムのスライドでは、日本の通信事業者として唯一KDDIの社名が掲載されていた。

Always Connected PCのパートナー通信事業者 Always Connected PCのパートナー通信事業者。現時点で日本から参加するのはKDDIだけのようだ

 また、Always Connected PCを提供するメーカーとして、HP、ASUS、Dell、Xiaomi(小米)、LenovoやHuaweiと並んで日本のVAIOも紹介された。

 なお、これらのメーカーのうち、HP、Lenovo、ASUSについてはQualcommの「Snapdragon 835」を搭載するAlways Connected PCも発売する。Snapdragon対応のPC向けWindows 10デバイスは、2016年12月にその存在が公表されたが、そのメーカー名は今回初めて明らかにされた。

日本メーカーではVAIOがAlways Connected PCに参入する予定 日本メーカーではVAIOがAlways Connected PCに参入する予定
HP、Lenovo、ASUSはSnapdragon 835搭載のAlways Connected PCを発売予定 HP、Lenovo、ASUSはSnapdragon 835搭載のAlways Connected PCを発売予定

取材協力:TAITRA

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう