ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「Bloomberg」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Bloomberg」に関する情報が集まったページです。

湯之上隆のナノフォーカス(70):
驚異的な成長で装置メーカートップに躍り出たASML 背景にEUVと中国の「爆買い」
現在、EUV(極端紫外線)露光装置の唯一のサプライヤーであるオランダASMLの売上高が「絶好調」だ。本稿では、ASMLの過去3年間の売上高を分析し、ASMLの成長の変曲点を特定する。さらに、今後のASMLの成長を展望する。(2024/2/20)

イーロン・マスク氏の「最新のチャレンジ」は成功するか? Xの次なる不安要素
X(旧Twitter)が年内にP2P決済機能の提供を始める予定だと発表した。イーロン・マスク氏は障壁はないとしているが、送金に関連するライセンスの取得には不安が残る。(2024/2/19)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
1台3億8000万ドル、重量は150トン――明かされる高NA EUV露光装置のスケール
写真や数値で示されるその規模に圧倒されました。(2024/2/15)

Gartner Insights Pickup(336):
生成AIの可能性を開花させるには――ボトムアップイノベーションが不可欠
生成AIに注目が集まる中、企業の経営幹部は「このテクノロジーによってどうすれば実際に価値を生み出せるか」を理解しようと躍起になっている。まだ不明確な生成AIのリスクプロファイルを評価しながら、その基盤となっているテクノロジーを基礎から学んでいるところだ。(2024/2/2)

X、児童の性的搾取対策でフルタイムのコンテンツモデレータ募集中
Xは、児童の性的搾取(CSE)対策の一環として、Trust and Safety CoEの設立を発表した。同社CEOも召喚されている米連邦議会によるCSEに関する公聴会の数日前のことだ。(2024/1/29)

「女性は管理職になる意欲がない」という企業が、新卒採用から見直したほうが良いワケ
(2024/1/24)

Marketing Dive:
Amazonが広告付き動画配信の本格化に向けてDisneyから大物を召喚、これからアマプラに何が起きる?
ジェレミー・ヘルファンド氏がDisneyからAmazonへ移籍した。同氏はDisneyでHuluやDisney+などのストリーミング広告の構築に携わった経歴を持つ。(2024/1/19)

Payments Dive:
Appleの“相棒探し”、難航のうわさは本当か 「大きすぎる」のがアダに?
BIG4(旧GAFA)の一つであるAppleの“相棒探し”が難航しているといううわさを「Payments Dive」がつかんだ。新しい提携先として数社の名前が挙がっているがベストな“相棒”は見つけるのが難しいようだ。(2024/1/17)

中国EVに“逆風” 日本を抜き新車輸出で世界首位の見通しも
中国の2023年の自動車輸出台数が、日本を抜き、初めて世界首位となる見通しだとして話題だ。原動力となっているのが電気自動車(EV)だが、中国国内では出荷台数の伸び悩みや新興メーカーの淘汰がみられ、欧米ではガソリン車回帰やEV補助金見直しの動きもある。国内外で中国EVに対する逆風も強まっているようだ。(2024/1/15)

iPadの新製品は3月発表か iPad Airが2モデルになってラインアップの整理も?
Appleは2010年のiPad発表以来、毎年1機種は新しいiPadを発表していましたが、2023年は初めて1機種も発表されない年となりました。iPad AirとiPad Proは2024年3月の発表になりそうです。新しいラインアップには、12.9型のiPad Airが追加される可能性があります。(2024/1/8)

Microsoftが「Azure AI」に新機能投入【後編】
NVIDIA、OpenAIとコラボするMicrosoft「Azure強化」の中身とは
Microsoftは2023年11月、AI技術に関する新サービスや新機能を相次いで発表した。同社がNVIDIAとの連携を強化して取り組もうとする「Microsoft Azure」のサービス強化などのアップデート情報を取り上げる。(2024/1/4)

EDA業界で再び「地殻変動」の兆し?:
SynopsysがAnsys買収を計画か、海外メディア報道
SynopsysがAnsysを買収するというニュースが業界をにぎわせている。買収が実現すれば、2024年のエレクトロニクス設計業界における重要な出来事となるだろう。また、EDA業界やIC設計全般にも大きな影響を与える可能性がある。(2023/12/28)

「スキャンダルは想像以上に広範囲」海外メディア断罪 ダイハツ不正問題
ダイハツ工業の品質不正問題は外国メディアも連日取り上げるなど、海外にも大きな波紋を広げている。(2023/12/22)

今から買うなら有機EL!? 細かな部分が改良されたポータブルPC「Steam Deck OLED」でAAAタイトルは快適に遊べる? 試して分かったこと
Valveが手がけるポータブルゲーミングPC「Steam Deck」に、さまざまな改良がなされた「Steam Deck OELD」が追加された。従来モデルとの違いは感じられるのか、実際のゲームタイトルを使って確かめてみた。(2023/12/15)

強制労働は本当にないのか? 米IPO目指す「SHEIN」に集まる疑いと批判
中国発のファッションECサイト「SHEIN」(シーイン)が米ニューヨークで新規株式公開(IPO)を目指そうとしている。米議員からは「販売商品と強制労働の関連がないと証明されない限り、上場を認めるべきでない」との声が再び高まっている。SHEINに集まる厳しい批判とは?(2023/11/30)

OpenAIの新取締役3人のプロフィール
OpenAIが発表した“初期段階”の取締役会のメンバー、アダム・ディアンジェロ氏、会長になるブレット・テイラー氏、ラリー・サマーズ氏のプロフィールを簡単に紹介する。(2023/11/24)

「iPhone SE(第4世代)」はiPhone 14ベースに? USB Type-C対応で2025年以降発売か
もともとは、2024年にリリースとのうわさがあった「iPhone SE(第4世代)」。出るのか出ないのか、はっきりしない状態が続いています。そんな中、米テックメディアのMacRumorsが、iPhone SE(第4世代)はiPhone 14と同一のサイズになると報じています。(2023/11/22)

サム・アルトマン氏の「次のステップ」とは──AI系新企業立ち上げを計画中との報道
OpenAIが解任し、その後復帰を要請中のサム・アルトマン氏は、数カ月前から新たなAI企業立ち上げを計画していたと複数のメディアが報じた。解任翌日には、社長を辞任したグレッグ・ブロックマン氏と新企業について検討していたという。(2023/11/20)

OpenAIの取締役会、アルトマン氏とCEO復帰を協議中との報道
OpenAIの取締役会は、事実上解任したサム・アルトマンCEOと復帰を協議中と報じられた。アルトマン氏はOpenAIの来客用ネックストラップを持つ自撮りに「これを持つのは最初で最後」と添えてポストした。(2023/11/20)

CFO Dive:
Teslaが需要拡大に失敗、Xには新たな課金形態が追加? 在宅勤務者はマリー・アントワネットだ
2023年第3四半期の決算によると、Teslaの営業利益が52%減ったと明らかになった。また、Xは特定の新規ユーザーに新たなサブスクモデルを適用するかもしれない。(2023/11/17)

5G対応かも不明、異例だらけのスマホ「HUAWEI Mate 60 Pro」レビュー 力業で制裁を回避した驚異のモデル
iPhoneやPixelといった新型スマートフォンが発売される中、中国ではHuaweiの最新スマートフォン「HUAWEI Mate 60」シリーズが話題だ。発表会もなく、突如発売されたこのスマートフォンはスペックの多くが謎めいた形で販売された。香港で「HUAWEI Mate 60 Pro」の実機を入手したので、レビューしていく。(2023/11/16)

X(Twitter)のサブスクに2つの新料金プラン導入へ 「より高額で広告なし」のプランも
より低価格で広告が減らないプランも用意されます。(2023/10/21)

CFO Dive:
テレワーク求人の減少は“オトナの事情”? 再検討されるオフィス勤務の価値
米国での調査によると、技術職の求人広告に占めるテレワークの割合は、パンデミック後にピークを迎えた2022年8月の24%から、2023年5月には18.6%に減少した。(2023/10/12)

X(Twitter)、3段階の有料プランを導入か 米報道
Xが「Basic」「Standard」「Plus」の3つの有料プランをテストすると伝えられています。(2023/10/6)

大山聡の業界スコープ(70):
IPOか? 米国資本傘下か? キオクシアの今後を考える
世界半導体市場は、メモリの予想以上の低迷が主要因で、前年を下回るマイナス成長がかれこれ1年以上も続いている。今回は、メモリメーカーで唯一の日系企業であるキオクシアの今後の見通しについて考えてみたい。(2023/10/5)

湯之上隆のナノフォーカス(66):
本当は半導体売上高で第1位? AIチップ急成長で快進撃が止まらないNVIDIA
NVIDIAの快進撃が止まらない。背景にあるのは、AI(人工知能)半導体のニーズの高まりだ。本稿では、半導体売上高ランキングにおけるNVIDIAの“本当の順位”を探る。(2023/10/4)

「iPhone 15」シリーズの「予想より熱くなる」問題、「iOS 17.1」で解消するとApple
「iPhone 15」シリーズが過熱する問題は、ハードウェアではなくソフトウェアの問題だとAppleがコメント。「iOS 17.1」でバグを修正し、アプリによる過負荷問題は開発者と協力して対処するとしている。(2023/10/1)

Windowsフロントライン:
なぜパノス・パネイ氏最高製品責任者が退任に? WindowsとSurfaceの転換期を予感させる、9月のMicrosoftイベントに注目
2023年秋の米Microsoftイベント、とある情報源によれば「AI」にフォーカスを当てることも分かっており、単純なハードウェアのお披露目イベントというよりは、MicrosoftのWindowsを絡めたコンシューマー戦略全般に関するものになりそうだ。(2023/9/20)

Microsoftのパノス・パネイCPOが退社 Amazon入りのうわさも
MicrosoftのSurfaceやWindowsの発表イベントで活躍してきたパノス・パネイCPO(最高製品責任者)が退社を表明した。21日のイベントには登壇しないようだ。(2023/9/19)

「AirPods Pro」のロスレスオーディオ対応、同じ第2世代でも「USB-Cモデルのみ」に
米Appleが9月12日(現地時間)に開催したスペシャルイベントの中で、アクティブノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレスイヤフォン「AirPods Pro」の充電ケースをUSB-Cに対応させたモデル「MagSafe充電ケース(USB-C)付きAirPods Pro(第2世代)」を発表。3万9800円で9月22日から発売するという。その発表の中に、ロスレスオーディオにアップデートしたという記述がある。ただし、その接続先はApple Vision Proのみという注釈付きだ。(2023/9/15)

7nmプロセスSoCに続くサプライズ:
SK hynix製メモリも搭載、Huaweiの5Gスマホが業界に波紋
TechInsightsによると、Huaweiの新型5Gスマートフォン「Mate 60 Pro」にはSMIC製の7nm SoCのほか、韓国SK hynixの12GBのLPDDR5メモリと512GBのNAND型フラッシュメモリも搭載されていたという。(2023/9/13)

情報筋が指摘:
ArmのIPO、ソフトバンクの目標は「楽観的過ぎ」
業界観測者が米国EE Timesに語ったところによると、ソフトバンクグループがArm株式の売却によって得る資金は、当初期待されていたより少なくなるようだ。その理由の一つとして挙げられるのが、Armが直面し続けるいくつかの不確実要素だ。(2023/9/12)

SMICの7nmプロセスで製造:
米制裁下のHuaweiが開発、初の中国製5Gチップを分析
米国TechInsightは、HuaweiがSMICの7nmプロセスによって、初の中国製5Gスマートフォン向けSoCを開発したと分析している。同社のレポートおよび関連報道が明らかにした詳細や、同社の今後について考察する。(2023/9/7)

X(旧Twitter)、ポリシー改定でユーザーの「生体情報」と「学歴や職歴」収集へ
X(旧Twitter)はプライバシーポリシーを改定し、「ユーザーが当社に提供する情報」に「生体情報」と「求人への応募/求人に関するおすすめ」という項目を追加することがわかった。(2023/9/1)

次期iPhoneはどうなる?:
「iPhone 15(仮)」のデザインは変化なし? iPhone 14シリーズから値上げは確実か
9月13日(日本時間)のイベントでの発表が予想される「iPhone 15(仮)」シリーズについて予想する。デザインは大きく変わらないが、新色は追加されるか。2022年よりも円安が大幅に進んでおり、日本では値上げとなる可能性が高い。(2023/8/31)

OpenAIのクローラーをNew York Timesなどのペイウォールメディアがブロック開始
The New York Timesや日経新聞など、ペイウォールを設置する複数のメディアが、生成AIのトレーニング用にコンテンツを収集するクローラーをブロックし始めている。(2023/8/26)

露呈する5Gビジネスの現実【前編】
「5G」は結局、無駄だったのか? 投資が成功しない2つの問題
「5G」を使ったビジネスの収益性に疑問が投げ掛けられている。さまざまな用途に活用できる可能性のある5Gの何が問題なのか。現状を整理する。(2023/8/21)

現行の規制はいずれ破綻する?:
対中規制の強化には「新たな同盟が必要」 米元当局者
米国EE Timesがインタビューを行った米国の元当局者は、半導体分野における対中規制を強化するためには、より多くの国々が「新たな同盟を設立する必要がある」と主張する。同氏は、現在の規制のままではいずれ効力を失うと述べる。(2023/8/15)

次期iPhoneはどうなる?:
「iPhone 15(仮)」の発表・発売日はいつ? ラインアップはiPhone 14から変化なし?
2023年も次期iPhoneについて予想する季節となりました。既にネット上では、今回発表されるであろう「iPhone 15(仮)」についてさまざまなうわさが飛び交っています。スペシャルイベントの日程とiPhone 15(仮)のラインアップについてまとめてみました。(2023/8/14)

EU基金からの資金提供を受け:
スペイン初のチップ工場が誕生か、光半導体企業が計画
スペインの光半導体メーカーKDPOFが、スペインでは初となる商用チップの製造施設を建設する予定だという。本稿の後半では、半導体やハイテク関連の投資を公表している主な国/地域の投資額をまとめている。(2023/8/10)

Apple対Epic訴訟、最高裁での係争中は「反ステアリング規則」は有効との決定
2020年から続くEpic GamesとAppleの訴訟で、Epicが最高裁での係争中はAppleの「反ステアリング規則」を違法とする控訴裁の決定を有効にするよう求めたが、棄却された。(2023/8/10)

わずか2カ月で本番実装も:
生成AIで金融業界はどう変わるか AWSの金融向けサービスの全貌
業界を問わず、さまざまな企業が生成AIの活用を模索している。本稿は金融業界にフォーカスし、AWSが提供するAIサービスについて解説する。(2023/8/9)

Social Media Today:
打倒「SHEIN」? アプリ内EC実現を本気で目指すTikTokは何をするのか
TikTokがEコマースに本腰を入れようとしている。その戦略はどのようなものなのか。(2023/8/2)

「Apple GPT」が出る日も近い? BloombergがAppleの生成AI競争参入を報道
MicrosoftやGoogleが生成AIの開発を進める中、Bloombergから、Appleもこれに参入を予定しているという報道が出た。既にApple GPTというチャットサービスが社内で開発されているようだ。(2023/7/25)

企業の“生成AI活用”のトレンドは? 他社モデル活用と独自モデル開発、東大発ベンチャー・ELYZAが解説
国内外問わず、さまざまな企業で言語生成AIの利用が急速に進んでいる。東大発ベンチャー・ELYZAは、他社製のAIモデルを活用する動きと、独自の大規模言語モデルを開発する動きの2つがトレンドになっていると指摘。それぞれの特徴について解説した。(2023/7/19)

AIに真剣に向き合うときが来た?【前編】
「ChatGPT」を恐れてはいけない? ある発言であらわになった評価の分け目
AI技術はビジネスにさまざまなメリットをもたらす半面、リスクを内包する。例えば、「ChatGPT」への言及が理由で株価が急落した企業がある。何が問題だったのか。(2023/7/19)

Microsoft、「GPT-4」を米政府向けAzureで提供
Microsoftは米政府向けクラウドサービス「Azure Government」で「OpenAI Service」へのアクセスの可能にした。「GPT-4」などの生成AIを利用可能になる。ペンタゴンやNASAがGPT-4を利用可能になる見込み。(2023/6/8)

アップル「WWDC23」で発表されそうなものまとめ イベントはきょう深夜2時から
米Appleの年次開発者会議「WWDC23」が、6月6日午前2時(日本時間)から開催される。WWDC 2023で発表される可能性があるものをまとめて紹介する。(2023/6/5)

「WWDC23」でAppleは何を発表する? VR/ARヘッドセットは確実か iOS 17はサイドローディングに対応?
米Appleは6月5日〜9日(現地時間)、年次開発者会議「WWDC23」を開催します。新しいiOSや15型のMacBook Air、そしてApple初のARヘッドセットなど、いくつかの情報やうわさなど出てきています。WWDC23で何が発表され何が発表されないのか、これまでのリーク情報やうわさなどからいくつか予想してみました。(2023/6/4)

Metaの唐突な「Quest 3」発表で高まるAppleのWWDCへの期待
Metaは6月1日、新VRヘッドセット「Quest 3」を発表した。これまで同社は新モデルを秋開催のイベントで発表してきた。今回の発表はAppleがヘッドセットを発表するとうわさされるWWDCの直前のことだった。(2023/6/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。