ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「シガーソケット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「シガーソケット」に関する情報が集まったページです。

デジタル防災を始めよう:
夏の停電対策に大切なこと
暑い夏に停電したら、どうするか。防災対策専門ライターはそうなったときに困らないための準備を提唱する。(2021/8/21)

Go AbekawaのGo Global!〜David_Schwartz編(前):
RippleのCTOがこっそり教える、ソフトウェアの「病みつきポイント」
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はRippleのCTOであるDavid Schwartz(デビッド・シュワルツ)氏にお話を伺う。「世界の仕組み」に興味津々だった少年は、試行錯誤の楽しさに魅了され、コンピュータの世界にはまっていった。(2021/8/10)

PR:春キャンプをもっとゆるく 高出力のポータブル電源「Ace1500」で肉を焼く
キャンプの楽しみは何といってもご飯だ。火の扱いに気をつけなければならないが、そうした心配を減らし、キャンプの楽しみ方を広げてくれるポータブル電源がJackery Japan(ジャクリジャパン)から登場した。(2021/3/25)

アンカー、出力770W/容量21万6000mAhのポータブル電源を発売 最大11台を同時充電
アンカー・ジャパンは、2月24日に超大容量ポータブル電源「Anker PowerHouse II 800」を販売開始。778Wh/21万6000mAhのバッテリーを備え、合計出力最大500WのACポートを2つ採用している。最大11台まで同時充電可能だ。(2021/2/24)

アームが自動開閉するワイヤレス充電式車載ホルダー エレコムから
エレコムは、タッチセンサーでアームが自動開閉するワイヤレス充電式車載ホルダーを発売。コンパクトタイプと長さや向きを調整できるロングアームタイプに加え、それぞれ2ポートのシガーチャージャー付きモデルも提供する。(2021/2/17)

あらゆる自動車でCarPlayが使える格安スマートディスプレイ「Coral Vision」を試す  Clubhouseもハンズフリーで快適トーク
CarPlay非搭載のトヨタ・ヴィッツで試してみた。(2021/2/12)

自動車業界の1週間を振り返る:
「2030年代半ばに新車全て電動車」と聞き、前回の東京モーターショーを思い出す
みなさんこんにちは。金曜日です。1週間おつかれさまでした。12月の金曜日は、あと3回しかありません……。長いような短いような、いろいろあったような、何もなかったような、不思議な1年でしたね。この言い方だと2020年を思い返すべきところですが、私が思い出しているのは2019年の東京モーターショーです。(2020/12/4)

組み込み開発ニュース:
車両のシガーソケットに取り付けるGPSトラッカーを発売
ソラコムは、車両のシガーソケットに取り付けられるGPSトラッカー「RT299」を発売した。定期的に位置情報を送信するほか、ボタン押下やデバイス取り外し時の通知機能も有し、車両管理による業務効率化を支援する。(2020/12/2)

サムライワークス、最安300円からの期間限定セール開始 iPhone 12シリーズ向け製品も
サムライワークスは、10月27日から11月1日までの期間限定セールを開催。iPhone 12シリーズ対応アクセサリーをはじめ、リモートワークやテレワークに活用できるアイテムを最安300円(税別)から取りそろえている。(2020/10/28)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
車の中でAlexaが使える「Echo Auto」、実際に車に設置した【基本編】
Amazonが新たに投入した「Echo Auto」。車の中で同社の音声アシスタント「Alexa」を使うためのデバイスだが、実際の使い勝手はどうなのか試してみた。(2020/10/13)

Amazon、クルマでAlexaが使える「Echo Auto」日本発売 4980円
8つのマイクアレイで運転中でもAlexaがちゃんと聞き取ってくれるという。(2020/9/25)

クルマでAlexaが使える「Amazon Echo Auto」が日本上陸 9月30日に税込み4980円で発売
自動車の車内でAlexaを使えるデバイスが、日本でも発売される。利用には、AlexaアプリをインストールしてあるAndroidスマートフォンまたはiPhoneが必要となる。(2020/9/25)

車内に謎のタバコマーク「これ、何?」 意外なジェネレーションギャップに、ネットのクルマ好きが大騒ぎ
「うそ、だろ」「電源取るためのやつでしょ」「いや本当は、これなんだぞ」。(2020/9/3)

モノづくりスタートアップ開発物語(3):
小型GPUで高精度AIを動かすには? 運転支援デバイス開発に挑む気鋭ベンチャー
モノづくり施設「DMM.make AKIBA」を活用したモノづくりスタートアップの開発秘話をお送りする本連載。第3回はAIを使った運転支援デバイスを開発しているPyreneeを紹介する。「見た目はかっこいい」HUD型のデバイス設計や、実用に耐え得る運転支援用のAI開発に取り組む同社だったが、思わぬ苦労が待ち受ける。(2020/8/26)

マシーナリーともコラムSPECIAL:
PR:バーチャルYouTuber(サイボーグ)がまた「PCとの対談形式」でレビューをしたらなんかいい話になりました
あの伝説のレビュー記事が帰ってきた。(Sponsored by レノボ・ジャパン)(2020/6/26)

江端さんのDIY奮闘記 介護地獄に安らぎを与える“自力救済的IT”の作り方(最終回):
走れ!ラズパイ 〜 迷走する自動車からあなたの親を救い出せ
認知症患者が、自動車を運転したままさまよい続ける、という問題は社会で大きくクローズアップされています。私も、父が存命だったころ、同じような出来事で人生最大級の恐怖を味わったことがあります。そこで今回、「ラズパイ」を自動車に積み込み、迷走する自動車から運転者(認知症患者)を救い出すためのシステムを構築してみました。(2020/3/30)

約4万円で「CarPlay」を簡単に導入 ヘッドアップディスプレイ「HUD-2020」を使ってみた
「ネオトーキョーHUD-2020 ヘッドアップディスプレイ」は、スマホを有線で接続すると、「CarPlay」や「Android Auto」が使えるようになるデバイス。ナビ画面が透明なモニターに映し出され、リモコンを使った音声の操作も可能。据え置き型のカーナビと比べて、どこが便利なのか。実際に試してみた。(2020/1/4)

カローラとiPhoneをつなぐCarPlay機能は実用的? 試してみた
トヨタ・カローラの「TOYOTA SmartDeviceLink」をチェックしてきた。(2019/9/24)

特集・日本を変えるテレワーク:
新島でヨットに暮らして超小型PCでテレワークをした話
話題のテレワーク/リモートワークについて、超小型PCを使った一風変わった体験をお届けする。そこから見えてきたものとは何だろうか。(2019/9/20)

スマホ×バッテリー快適ライフ:
ワイヤレス充電器の選び方 4つのタイプ別に紹介
ワイヤレス充電にすれば、コードを接続する手間が省ける。代表的な規格である「Qi(チー)」に対応したスマホが増えた。一口にワイヤレス充電といっても、対応する充電器はさまざまな種類がある。今回は、Qi対応のワイヤレス充電器をタイプ別に紹介する。(2019/7/10)

メモリレコーダーの基礎知識(1):
「メモリレコーダー」とは
電子回路技術者がよく使うオシロスコープとメモリレコーダーはよく似ているが異なるところがあり、それぞれ用途に適した設計となっている。本連載ではメモリレコーダーの歴史、製品の種類、機種選定での留意点、製品の内部構造、使用上の注意点、利用事例の紹介などメモリレコーダーを理解する上での基礎知識を紹介していく。(2019/6/26)

自販機型の保冷庫「俺の自販機」が楽しそう 350ml缶を10本収納可能
子供も喜びそう。(2019/6/14)

Spotify、車中音楽再生調査用ハードウェア「Car Thing」について説明
Spotifyが、ドライブ中の音楽やポッドキャストの再生状況について調査するためのハードウェア「Car Thing」を米国の一部のユーザーに配布するに当たり、この端末を市販する計画はないと説明した。(2019/5/20)

PR:“3キャリア対応”通信モジュールを提供 IoT/M2M分野でAM Telecomの製品が選ばれる理由
IoTやM2Mのデバイスに必須の通信機能を提供するのが、通信モジュールやテレマティクスモジュールと呼ばれる製品。この市場で信頼性の高い製品を供給しているのがAM Telecomだ。同社の強みや今後の展望について解説する。(2019/4/9)

5万7600mAhの小型ポータブル電源「Anker PowerHouse 200」発売 約2.7kgへ軽量化
アンカー・ジャパンは、3月15日に小型ポータブル電源「Anker PowerHouse 200」を発売。約2.7kgという軽量設計に57600mAhの大容量バッテリーを搭載し、4種類の充電ポートを利用できる。持ち手には伸縮しにくい太めのラバーバンドを採用し、パススルー充電も可能となっている。(2019/3/15)

製造業IoT:
4年目を迎えるIoTビジネス共創ラボ、会員拡大に加え採用事例も積み上げ
日本マイクロソフトは、東京都内で開催したパートナーイベント「IoT in Action Tokyo」に合わせて、クラウドプラットフォーム「Azure」を活用したIoTの普及とビジネス拡大を目的とする「IoTビジネス共創ラボ」の取り組みについて説明した。(2019/2/1)

SBI損害保険/SB C&S/Bosch:
後付けeCall用デバイスでデータ収集、テレマティクスサービス開発の実証実験に
SBI損害保険とSB C&Sは、SBIグループ関係者を対象に、自動緊急通報サービス(自動eCall)対応デバイスで収集した運転行動データを分析し、ドライバーの安全なカーライフをサポートする各種テレマティクスサービスの提供に向けた実証実験を、2019年2月から開始する。(2019/2/1)

立ちどまるよふりむくよ:
復活! 初代ウォークマン 動かないカセットプレーヤーで音楽を聴く方法
カセットテープって知ってます?(2018/12/21)

アンカー・ジャパン、窒化ガリウム搭載製品を紹介
ニューヨークで発表された製品群の日本での展開が明らかに。(2018/11/30)

防災対策で人気の“持ち運べる電源”にも新モデル  “モバブ”だけじゃない、Ankerの注目ガジェットをNYで見てきた
中国Ankerが年内に発売する新製品をメディア向けイベント「Anker on Board」で披露した。ポータブルスマートスピーカーや、PowerHouseの小型モデル、モバイルプロジェクター、ホームセキュリティなど盛りだくさん。(2018/10/26)

オウルテック、USB PDにも対応した車載USB充電器
オウルテックは、シガーソケット装着タイプの車載USB充電器「OWL-CCU1CPD-BK」を発売する。(2018/10/24)

Amazon、「Echo」ファミリー拡大で「Echo Dot」などの更新および電子レンジ他の新製品
Amazonが、Alexa関連の多数の新製品を発表した。「Echo Show」が10インチになり、Alexa対応の電子レンジや壁掛け時計、Wi-Fi対応のプラグなどが米国で発売される。(2018/9/21)

未来の物流に変革をもたらす3Dプリンタ最前線
3Dプリンタが製造現場や物流を変革しつつある。3Dプリンタを用いた「HP Jet Fusion 3D 4200 プリンティングソリューション」を展開する日本HPとSOLIZE Productsに最新状況を聞いた。(2018/9/14)

IFA 2018:
これが世界の最新ガジェット! IFAに集まったスタートアップの面白デバイスまとめ
「IFA 2018」の併催イベントとして2017年に始まった「IFA NEXT」は、スマート家電やIoT、ロボティクスなど、さまざまな“ものづくり系”スタートアップが世界中から集まる場所だ。会場で見つけたユニークなガジェットたちを紹介しよう。(2018/9/11)

北海道の停電 地元コンビニ「セイコーマート」が車から電力供給して営業 広報「コードを常備している」
地震で北海道全土が停電する中、道内のローカルコンビニ「セイコーマート」が“車から電気を供給”して営業。マニュアル対応なのか取材しました。(2018/9/7)

スマホを2台同時充電できるカーチャージャー2種 Quick Charge 3.0対応
サンワサプライは、7月30日にシガーソケット対応の車載充電器2種を発売。2台同時に充電できるQuick Charge 3.0対応のカーチャージャーと、2ポート合計最大出力4.8Aまで対応のカーチャージャーを用意する。(2018/7/30)

アプリ連携&ソニー製CMOSセンサー搭載で1万円切り Ankerの新型ドラレコ「Roav DashCam C1」を試す
スマートフォン周辺機器でおなじみのAnkerから、ドライブレコーダーの新製品が登場。その実力を試した。(2018/5/25)

KODAWARI、スマホのワイヤレス充電に対応したカーマウント「CAMO Wireless Charging Car Mount」
KODAWARIは、車内のエアコン吹き出し口に設置して使用するワイヤレス充電に対応したカーマウント「CAMO Wireless Charging Car Mount」を発売。Qualcomm Quick Charge 3.0規格に対応したシガーソケットであれば9V出力で1.5倍の高速充電が可能だ。(2018/4/3)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
名車の引退を惜しむ スズキ・ジムニー
スズキ・ジムニーが引退した。直接の理由は道路運送車両法改正による「横滑り防止装置」の義務付けだ。現代の名車としてのジムニーを多くの人に知ってもらいたいと今回筆をとった。(2018/4/2)

後部座席でタブレットを楽しみたい人に USB&シガソケ付き車載ホルダー
サンコーは、ヘッドレストに取り付けられる車載用ホルダーを発売。約200cmのケーブルが付いたシガーソケットと、2口のUSBポートを搭載している。ホルダー部分は可変式で角度も調整可能だ。(2018/2/21)

CES 2018:
「Alexa」搭載カーチャージャー、Ankerが50ドルで発売へ
AmazonのAIアシスタント「Alexa」をBMWやトヨタの新車を買わなくても車で使えるカーチャージャー「ROAV VIVA」をAnkerが発表した。2月に米国で49.99ドルで発売する。(2018/1/10)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
スマートスピーカーを車に置いたら便利なのか 「Amazon Echo Dot」の場合
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はAmazonの「Echo Dot」が車載用途で使えるかを徹底検証する。(2017/12/13)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
スマートスピーカーを車に置いたら便利なのか 「Google Home Mini」の場合
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は「Google Home Mini」が車載用途で使えるかを徹底検証する。(2017/12/12)

360度カメラとカーチャージャーも:
4100mAhバッテリー+デュアルカメラ搭載の「ZenFone 4 Max」、12月8日発売
ASUSが「ZenFone 4 Max(ZC520KL)」を12月8日に発売する。4100mAhバッテリーを搭載しており、他のスマートフォンやタブレットに給電ができる。360度カメラとカーチャージャーも発売する。(2017/12/5)

ET2017:
IoTを支えるDigi、広い無線規格と開発短期化に強み
Digi International(ディジ インターナショナル)は、「Embedded Technology 2017(ET2017)/IoT Technology 2017」で、業界最小RFモジュール「Xbee Micro」などの組み込み製品や搭載事例の紹介を行った。(2017/11/28)

ドリンクホルダーに設置できるタンブラーデザインのUSBシガーチャージャーが登場
ミスターカードはコーヒータンブラーのようなデザインを採用し、車のドリンクホルダーに設置できるUSBシガーチャージャー「DEMITASSE CAR CHARGER」を発売。USBポートを2つ用意し、シガーソケット分配器で12Vアクセサリーを増設できる。(2017/9/28)

後部座席からの充電もOKな延長ポート付き車載USB充電器
ドスパラは、車内で利用可能なシガーソケット給電タイプのUSB充電器「DN-915056」の取り扱いを開始した。(2017/9/14)

急速充電対応のケーブル一体型車載シガー充電器
ドスパラは、シガーソケット用のケーブル一体型充電器「DN-914812」の取り扱いを開始した。LightningモデルとUSB Type-Cモデルの2タイプを用意する。(2017/9/5)

PAPAGO、ルームミラー型のフルHD対応ドライブレコーダー「GoSafe 372V2」
PAPAGO JAPANは、ルームミラー一体型筐体を採用するドライブレコーダー「GoSafe 372V2」を発表した。(2017/4/19)

エレコム、超広角で撮れるフルHD対応ドライブレコーダー
エレコムは、前方180°の視界を録画可能なドライブレコーダー「LVR-SDR220F」を発表した。(2017/3/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。