ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「コンポジットアプリケーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「コンポジットアプリケーション」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「The Next Platform」で読むグローバルITトレンド(6):
GOAIはデータベース、アナリティクス、機械学習を全てGPUに統合しようとしている
GPUベースのソフトウェアを開発する新興ベンダー数社が、データベース、アナリティクス、機械学習を同一のGPUメモリで動かすことで、データ移動をしなくて済むような基盤を生み出すための活動「GOAI」を始めた。この取り組みについて取材した。(2017/8/14)

Oracle、SOA管理ツールのAmberPointを買収
AmberPointの獲得により、「Oracle Fusion Middleware」のSOA機能の強化を図る。(2010/2/9)

日本オラクルが企業ポータルを発表、マッシュアップによるアプリ統合を可能に
日本オラクルは、Oracle Fusion Middlewareの1つとして、企業ポータルソフトウェアの最新版の提供を開始する。(2009/9/7)

COBOL - Getting Started(3):
COBOLのいま、未来そしてクラウド
50年前に事務処理用に開発されたCOBOLは、いまでも多くの企業で使われ続けている。基盤部分が近代化してもCOBOLは生き残るかもしれない(編集部)(2009/7/29)

連携ツールでNotes徹底活用【ポータル編】
Notes内の情報活用を最大化するポータル製品の選び方
Notesは長年利用している企業ほど業務効率が低下している可能性がある。そのため、社内業務で利用する情報を1画面に集約、統合できるポータル製品の導入企業が増えている。(2009/6/17)

要求開発に基づくコンサル、トレーニングを提供:
SAPと豆蔵が協業 「大陸の両端」をSOAがつなげる
(2009/2/12)

「ファイアウォールで止まる」:
Microsoft、SOA俗説の正体を暴く
Microsoftの開発プラットフォームおよびツール担当上級ディレクター、スティーブン・マーティン氏はSOAに関するさまざまな俗説について語った。「SOAは死んでいない、ファイアウォールで止まることもない」と強調した。(2009/2/6)

SAP Tech World 2008 Report:
Googleを凌ぐ急成長のValero、成功のカギは再利用可能なエンタープライズサービス
12月3日、SAP Tech World 2008で米国の大手石油会社、Valeroが、SOAの取り組みを紹介した。「再利用可能なエンタープライズサービスこそが成功のカギだ」と同社は話す。(2008/12/4)

本社、工場、営業拠点を連携させる実現基盤を提供:
「製造業、現場の改善はもう限界」、SAPがSOAで支援へ
(2008/9/2)

LotusDay 2008リポート
Notesユーザーが考える最新Lotus製品のメリット/デメリット
日本アイ・ビー・エム主催のプライベートイベント「LotusDay 2008」が、7月15日、16日に都内で開催された。事前登録者は2000人近くに達し、49社のパートナー企業が出展するなど、Lotusブランドの健在ぶりを示した。(2008/7/31)

トレンドフォーカス:
SOA推進の課題は「ITとビジネス」の間にある深い溝
ビジネス側とIT側双方の理解不足やコミュニケーションエラーが、企業でのSOA導入を遅らせる原因だという。お互いの歩み寄りが今後は必要となる。(2008/4/1)

5分で絶対に分かる:
5分で絶対に分かるBPMS
(2008/3/21)

エンタープライズSOAならIBMに任せろ
IBMビジネスコンサルティングサービスは、SAPが提唱する「エンタープライズSOA」の円滑な導入を支援すべく、同技術に精通したコンサルタントを大幅増員する。(2008/2/12)

Lotusphere 2008 Orlando Report:
企業に押し寄せるWeb2.0の潮流、Lotusなら選り取り見取り?
昨年、Lotus Connectionsを投入し、企業向けのソーシャルソフトウェアという新たなカテゴリーを確立したIBMは、Web2.0の流儀に合わせるべく、Lotusphere 2008でさらなるロードマップを明らかにした。(2008/1/22)

BEAWorld 2007 Shanghai Report:
BEAのチュアングCEO、故郷の地でGenesisを語る
BEAWorld 2007 上海でBEAのチュアングCEOは、ダイナミック・ビジネス・アプリケーションの重要性、そしてそのプラットフォームを構築するためのGenesisについて力説した。(2007/12/12)

MS、「Oslo」を擁してSOA分野の開拓を目指す
Microsoftは、SOAへの参入が遅かったものの、着々と歩みを進めているようだ。(2007/10/31)

SAPPHIRE '07 Miyazakiレポート:
「イノベーションをもっと簡単に」とSAPのカガーマンCEO
「SAPPHIRE '07 Miyazaki」が10月29日、宮崎のシーガイアで開幕し、お昼過ぎに始まった基調講演には、SAPのカガーマンCEOと「オンリーワン経営」で知られるシャープの町田勝彦会長が登場した。(2007/10/30)

未来を見据えるBEAシステムズ
BEAでCTOを務めるロブ・レビー氏は、「革新にフォーカスすることがますます重要になる」と話す。(2007/9/15)

5分で絶対に分かる:
5分で絶対に分かるERP
(2007/8/31)

Eclipse準拠で一皮むけたLotus Notes/Domino最新版
日本IBMは、同社のコラボレーションソフトウェアの最新バージョン「IBM Lotus Notes/Lotus Domino 8」の日本語版を発表した。(2007/7/31)

BEA Industry Analyst and Media Summit 2007 APAC Report:
SOA開発現場のコミュニケーション不足を補うWorkSpace 360°
「BEA Industry Analyst and Media Summit 2007 APAC」は2日目を迎え、午前のセッションにビル・ロス副社長が登場し、SOA開発をより円滑に進めるためのコラボレーション環境についてブリーフィングした。(2007/6/28)

Oracle、最新開発ツールと新アーキテクチャをJavaOneでプレビュー
Oracleは、Javaアプリケーションサーバを含むミドルウェア製品群「Fusion Middleware」で実現する新機能について、Java EEを始めとするテーマで紹介した。(2007/5/14)

SAPPHIRE '07 Atlanta Report:
SAPがMicrosoft、Adobe、Cisco、HPらと協業拡大、エコシステムによる革新をさらに加速
SAPは、「SAPPHIRE '07 Atlanta」で、Microsoft、Adobe Systems、Cisco Systems、およびHPらとの協業拡大を明らかにし、エコシステムによる革新をさらに加速する。(2007/4/24)

Oracle、Xファクター
Project Xの開発をめぐっては、連携フレームワークが登場することでFusion Applicationsが不要になるのでは? との疑問もある。その真相を探ってみると。(2007/4/18)

Oracle、新たな「Project X」でSOA連携レベル上げる
米Oracleに近い筋の情報によると、同社は「Fusion Applications」の普及促進の可能性を見込み、新たなSOA戦略を構築しているという。(2007/4/13)

Lotusphere 2007 Orlando Report:
SNSとWeb 2.0を企業に融合させるLotus Notes/Domino
好調な業績に慢心することなく、常に革新を求めるLotus Notes。Lotusphere 2007では、SNSやWeb 2.0技術の取り込みを図った新製品群を披露し、企業内外を問わないコラボレーション環境を提供しようとしている。(2007/1/23)

内部統制が追い風のSAPジャパン、2007年にはビジネスプロセスの専門家コミュニティーも開設へ
SAPジャパンは第3四半期、好調な業績を記録した。内部統制が明らかな追い風となっている。エンスリン社長は、ビジネスプロセスの専門家づくりに取り組むことも明らかにした。(2006/11/6)

電子ブロックと同じ? 部品やサンプルも提供するSAPのエンタープライズSOA
SAP TechEdを今週後半に控えたSAPジャパンは、「エンタープライズSOA」構想実現のための取り組みについてブリーフィングを行い、単なるSOAと同構想の違いを強調した。(2006/10/4)

動き出したSOAのいま:
【SOA最新動向】ミドルウェア編――SOAを実践するための現実解
SOAをシステムに実装する上で、ミドルウェアの選択が不可欠なのが現状である。各ベンダーはこのレイヤに、どのようにして膨大なサービス機能を用意しているのだろうか。(2006/9/29)

動き出したSOAのいま:
ITベンダーを煽ったSOAの「必然性」――Gartnerアナリスト
「SOAは、エンジニアやビジネスマネジャー、ITマネジャーなど、その概念を受け取る人によって違った意味を持つ」と話すのは、ガートナーリサーチ ソフトウェアグループのイェフィム・ナティス氏だ。(2006/9/19)

PR:エコシステムが加速するエンタープライズSOA
SAPは2003年、エンタープライズSOA構想を発表、翌2004年には「イノベーションによる成長」を掲げて「SAP NetWeaver®」を市場に投入した。Javaをはじめとした標準技術をベースとするオープンなSAP NetWeaverは、「mySAPTM Business Suite」ソリューションや「SAP xAppsTM」コンポジットアプリケーションだけでなく、パートナーソリューションや顧客のカスタムアプリケーションのための技術的な基盤にもなるプラットフォームだ。SAPが構築しようとしているエコシステムは、顧客に大きな価値をもたらそうとしている。(2006/9/14)

PR:成長に向けて一歩踏み出そう、エンタープライズSOAはすでに現実のものに
SAPは2003年、SOA(サービス指向アーキテクチャー)をエンタープライズレベルに引き上げる「エンタープライズSOA」(当時の名称はEnterprise Service Architecture)を発表した。まだ、ドットコムバブルや通信バブルの消失から業界が立ち直れず、経済の先行きに不透明感があり、顧客企業はIT支出を厳しく抑制していたころだった。そのときSAPが披露した5年間のロードマップは、いよいよ完成期を迎えている。コンセプトにとどまらず、その実践の現実性を伝え、これからの企業システムの在り方を提案すべく、SAPジャパンは10月6日に、エンタープライズSOAをテーマに掲げた「SAP BUSINESS SYMPOSIUM '06」を開催する。(2006/9/12)

PR:業務プロセスの容易な組み替えを可能とするSAP NetWeaver®とエンタープライズSOA
IBM WebSphere、BEA WebLogic、Oracle Application Server、あるいは名だたる国産コンピュータベンダーがしのぎを削るJavaアプリケーションサーバ市場にSAPが真っ向から勝負を挑んでいる。企業向けアプリケーションソフトウェアパッケージのリーディングベンダーとして確固たる地位を築いたSAPが、なぜテクノロジープラットフォームとしてSAP NetWeaver®の提供に踏み切ったのか? その背景やSAP NetWeaverの強みを探る。(2006/9/5)

動き出したSOAのいま:
Web 2.0とSOAの遠いようで近い関係
エンタープライズコンピューティングらしいコンセプトであるSOAと、どちらかというとコンシューマー向けの技術や世界観の中で話題にされることの多いWeb 2.0の間には、将来を見据えると少なからぬ関連性がある。(2006/9/4)

動き出したSOAのいま:
SOAは導入も実装も維持も難しいことを肝に命じよう――米Gartnerのアナリスト
SOAによるシステム構築にはどんな効果があるのか、また、デメリットは何か。ビジネス、テクノロジー、プロジェクトの組織編制などにも触れながら、これから1カ月にわたり、さまざまな観点から、「SOAの今」について紹介していく。(2006/9/1)

Case Study
究極の負荷テストに耐えた米電力会社のSOAシステム
電力会社のオースティンエナジーが顧客サービスシステムにSOAを実装した翌日、竜巻による大規模な電力網ダウンが発生した。図らずも実施されたこの「負荷テスト」は、SOA導入の成功を証明することになる。(2006/8/22)

SAP BUSINESS SYMPOSIUM '06レポート:
「ノンコア業務」に投資し過ぎていませんか?
SAPジャパンは「SAP Business Symposium '06」を東京国際フォーラムで開催した。「キャズム」などの執筆で世界的に知られるジェフリー・ムーア氏が登場し、日本企業の今後の戦略に関してヒントを示した。(2006/7/22)

マーケットシェアの奪い合いにしのぎを削るSAPとオラクル
SAPがOracleにマーケットシェアを奪われつつあるという説を否定しようとする同社の姿勢は、少々気になるところだ。ERPやSCM、PLMの領域でしのぎを削る両社の動きを分析する。(2006/7/21)

BEA APAC Press and Analyst Summit Sydney 2006 Report:
ビジネスとITのギャップを埋めるBEAの「超ポータル」戦略
シドニーの「APAC Press and Analyst Summit Sydney 2006」でBEA Systemsは、インフォメーションワーカーの生産性改善にフォーカスし、ビジネスとITのギャップを埋める同社のポータル戦略を紹介した。(2006/7/13)

「EIP市場は伸びない」、IBMが業務連携志向のポータルソフトを発表
日本IBMは7月12日、企業向けポータルサーバの新版「WebSphere Portal V6.0」を発表した。新バージョンでは、SAPアプリケーションやRDBとの連動が容易になっている。(2006/7/12)

企業内コラボの先に見えた“SOA”
IBMはWebSphere Portal V6を発表。内部統制を見据えたITそのものの統制にポータル化が重要なことを強調。13日まで六本木アカデミーヒルズで開催されるイベントで語った。(2006/7/12)

SAPPHIRE '06 Paris Report:
コンプライアンスに新しい視点を与えられるか? SAPがGRC事業部を発足
独SAPは先日、コンプライアンスを専門とした新事業ユニットGRC(Governance, Risk management, and Compliance)を立ち上げた。「SAPPHIRE '06 Paris」において、SAPでGRCを担当するダグ・メリット氏とアミット・チャッテジー氏、米PricewaterhouseCoopersのアンドリュー・ミスキン氏などに、GRCやコンプライアンスの実際について話を聞いた。(2006/6/2)

SAPPHIRE '06 Paris Report
ESA戦略は成熟段階へ、自信をのぞかせるSAP
パリで欧州顧客向けの年次カンファレンス、SAPPHIRE '06 Parisが開幕した。会場には、世界72カ国から約8000人の顧客やパートナーが詰め掛けるなど、ソフトウェア欧州最大手の力を見せ付けた。(2006/5/31)

Sun、「Java Studio Enterprise」をオープンソース化
主要コンポーネントをNetBeans.orgのプロジェクトとしてオープンソース化、「NetBeans Enterprise Pack」としてリリースする。(2006/4/14)

SAPとOracleが歩む異なる道
OracleのFusionとSAPのNetWeaverの取り組みは似ているが、この先両社は異なる道を追求するだろうとForresterは考えている。(2006/4/7)

アイログ、大幅に機能強化したBRMSの最新版を発表
ILOGは、BRMS(ビジネスルール管理システム)ソフトウェアの最新版「ILOG JRules 6」を発表した。(2006/3/27)

MS、Oracle、IBMも本格参入? 注目されるビジネスルール管理システム
現在ビジネスアプリケーション市場で注目されているのがBRMS(ビジネスルール管理システム)だ。市場動向についてForrester Resarchのアナリストおよび、ILOGのハレンCEOに聞いた。(2006/3/27)

Interview:
Fusion構築に向けてSiebelなどの買収製品を検証中――米Oracle
Oracleのアプリケーション戦略においては買収したPeopleSoft、J.D.Edwards、Siebelなどの製品がFusion Applicationにどのように組み込まれていくかに注目が集まる。(2006/3/6)

Lotusphere 2006 Orlando Report:
オープン化と革新が加速、Hannoverで新境地を開くNotes/Domino
Lotus Notes──成熟した製品と見られがちだが、さらに革新のスピードを加速している。オーランドの「Lotusphere 2006」では、「Hannover」の初めてのデモが披露されたほか、Domino次期版の概要も発表された。(2006/1/24)

SOA構築に不可欠なESBの役割――IONAのArtix
米IONA Technologies、マーケティング担当の副社長を務めるラリー・アーストン氏にSOAとESBについて話を聞いた。(2005/12/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。