ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「第一生命保険」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

半導体生産・開発能力確保へ 米中韓中心に各国が支援でしのぎ削る
半導体関連の投資が拡大する背景には、主要国による大規模な補助金がある。経済安全保障の観点から、半導体の国内生産能力を強化するために各国がしのぎを削っている。(2024/5/13)

ヤマダデンキ、JR東、高島屋も……各社が急速に「銀行サービス」を開始したワケ
百貨店の高島屋や航空会社のJAL、プロ野球の北海道日本ハムファイターズなど、金融業界以外の企業が次々と銀行サービスに参入し話題を呼んでいる。さらにこの4月には、JR東日本も「JRE BANK」の名称で銀行サービスを開始すると発表した。なぜ今、銀行以外の企業が金融サービスに注目するのか。(2024/5/13)

「虎ノ門アルセアタワー」概要の一部を発表、どんなところ?
日鉄興和不動産などの6社は東京都港区の「虎ノ門アルセアタワー」について、ワーカーサポート施設の概要が決定したことを発表した。(2024/5/9)

異業種の参入:
なぜ、JR東は「銀行化」するのか? 運賃4割引きなど、破格の特典も懐が痛まないワケ
JR東日本は5月から銀行事業、「JRE BANK」をスタートさせる。破格の特典が目立つが、銀行事業参入による狙いは何か。(2024/4/30)

交通安全ワッペンにピカチュウがいる……! 小学1年生に配布されたワッペンに「かわいい」の声
(2024/4/8)

働き方の「今」を知る:
続く賃上げ 「初任給バブル」に隠されたカラクリとは
 昨今の深刻な人手不足を背景に、多くの企業で賃上げの動きが出ている。その動きは初任給にも波及し、大企業だけでなく勢いのあるベンチャー企業などでも初任給アップの動きが活性化している。一方で、歓迎ムードで語られる「賃上げ」といえども、単に「月額基本給が上がる」ケースだけではないことに注意が必要だ。それはどういうことかというと……。(2024/3/28)

産業創出という打ち出の小槌 :
半導体に沸く熊本、高賃金の黒船襲来 給料を上げるには?
JR豊肥線の原水駅(熊本県菊陽町)は、ひなびた無人駅だ。ここから2キロほど離れた丘陵地に半導体受託生産の世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)の第1工場ができた。周囲には田んぼとキャベツやニンジンの畑が広がっている。(2024/3/9)

「日の丸半導体」復活の切り札なるか 専門家「日本が勝負する“最後の機会”」
日本の半導体戦略が加速している。政府は半導体受託生産の世界最大手「台湾積体電路製造(TSMC)」や国内半導体メーカー「ラピダス」などに巨額投資を行う。(2024/2/28)

株価一時最高値も「好景気」実感できず、なぜ?
22日午前の東京株式市場で日経平均株価が平成元(1989)年12月の史上最高値(終値ベース)を一時、更新した。だが、バブル景気に沸いた34年前のような好景気の実感はない。(2024/2/22)

お腹いっぱいになる「倍ナポ」(倍のナポリタン)、プロントの一部で提供開始
麺が通常の2倍。(2024/2/15)

施工:
木造ハイブリッド構造の賃貸マンションを開発、第一生命グループ初
第一生命グループの相互住宅は、神奈川県横浜市に木造ハイブリッド構造の賃貸マンション「フレンシア青葉台」を新設した。柱などの構造体の一部の他、内装/外装の仕上げ材の一部に木材を採用し、合計約27.2立方メートルを木質化した。CO2固定量は約15.3トン。(2024/2/13)

材料技術:
爆発するリチウムイオン電池を見抜く検査装置を開発した神戸大・木村教授に聞く
製造したリチウムイオン電池が爆発するかを見抜ける検査装置「電流経路可視化装置」と「蓄電池非破壊電流密度分布映像化装置」を開発した木村建次郎氏に、両装置の開発背景や機能、導入実績、今後の展開などについて聞いた。(2024/2/8)

労働市場の今とミライ:
「初任給バブル」の裏にある各社の思惑 給料を上げられない企業はどうなる?
ここ数年、大卒の「初任給」が高騰している。各社、どういった狙いから賃上げに踏み切っているのか? また、賃上げする体力がない企業はどうなってしまうのか?(2024/2/1)

信頼性・安心感がある生命保険会社 3位「第一生命」、2位「県民共済」、1位は?
生命保険の加入率は約75%に上ったことが、マイボイスコム(東京都千代田区)による調査で明らかとなった。信頼性・安心感があると思う生命保険会社とは。(2024/1/20)

後編:
小売のECやグローバル展開で考えるべきテーマとは? 2024年の重点課題総ざらい
テクノロジーの浸透が進む小売業界で、2024年に目を向けるべき課題、取るべき施策は何か。ECや出店、グローバル展開などのテーマに絞って、小売業界に精通する筆者がポイントを解説していく。(2023/12/29)

太陽光:
「ペロブスカイト太陽電池」の開発動向、日本の投資戦略やコスト目標の見通しは?
次世代の太陽電池として普及が期待されている「ペロブスカイト太陽電池」。その開発動向や市場創出に向けた日本政府の投資戦略などを紹介する。(2023/12/13)

導入事例:
高層ビルにメガソーラー発電所? 積水化学の次世代太陽電池を設置へ
東京電力ホールディングスなど6社は2023年11月15日、内幸町一丁目の再開発で建設予定の高層ビルに、積水化学工業が開発中の「フィルム型ペロブスカイト太陽電池」によるメガソーラー発電機能を実装する。(2023/11/16)

人材・プロセス・意識も変えるアジャイル
第一フロンティア生命保険がクラウド/アジャイル化の課題を乗り越えられた秘訣
インフラを変えるだけでなく、メンバーの意識、価値観から変える……。第一フロンティア生命保険のインフラ刷新プロジェクトはどのように進められたのか。アジャイル開発をどう適用させたのか。成果を得るまでの軌跡を対談で振り返る。(2023/11/16)

「署名をUSBメモリで渡す」の是非 “FAX縛り”の取材に見た、国政DXの遅れ
国や企業などに要望を伝えるための署名活動が変化してきている。最近は、署名データをUSBメモリに格納して渡す例も出てきたが、情報漏えいなどのセキュリティリスクも指摘されている。大量の署名を安全に受け渡すにはどうすればいいのか考える。(2023/10/24)

大学生が選ぶ「新卒採用力」ランキング 3位「大和証券」、2位「日本生命」、1位は?
ダイヤモンド・ヒューマンリソースは、2024年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生817人を対象に「新卒採用力ランキング調査」を実施した。(2023/9/29)

ロジスティクス:
第一生命と丸紅、佐賀県鳥栖市の物流施設開発に100億円を投資
第一生命と丸紅は、佐賀県鳥栖市でecoプロパティーズが計画している物流施設の新設に、約100億円を投じることを決めた。(2023/9/20)

“スマートな働き方”への一歩 第一生命が会計システムをS/4HANAに移行
第一生命はメインフレームとSAP ERPで構築された会計システムを「SAP S/4HANA」に統合した。これにより、複雑なシステム構成を簡素化し、ペーパーレス化とテレワーク推進を実現しているという。(2023/8/8)

経済の「雑学」:
きっかけは社内報⁉ 第一生命が「川柳コンクール」を始めたワケ
「また値上げ 節約生活 もう音上げ」。こちらは第一生命保険が主催する「サラっと一句!わたしの川柳コンクール」で、今年1位に選ばれた川柳です。このコンクールは前回まで「第一生命サラリーマン川柳コンクール」と呼ばれていました。(2023/8/6)

「サラリーマン川柳」改め「わたしの川柳」 1位は「また値上げ 節約生活 もう音上げ」
第一生命保険は5月25日、「2022年サラっと一句!わたしの川柳コンクール」のベスト10を発表した。同コンクールは今回から「第一生命サラリーマン川柳コンクール」に名称を変更。1位は得票数2754票を獲得した「また値上げ 節約生活 もう音上げ」だった。(2023/5/30)

NEWS
第一生命が「Teams」に加えて「Zoom」を採用 使い分けの成果は?
国内大手保険会社の第一生命保険が同社のコミュニケーションインフラとして、従来のTeamsに加えてZoomも採用した。Teamsに障害が発生した際のバックアップとしての役割だけでなく、定量的・定性的な成果が出ている。(2023/4/12)

プロジェクト:
第一生命と清水建設の1000m3の木材を使用する木造ハイブリッド構造賃貸オフィスビルが、サステナブル建築物先導事業に採択
第一生命保険は、清水建設の技術協力のもとで計画している木造ハイブリッド構造の賃貸オフィスビルが、国土交通省の木造先導型「サステナブル建築物等先導事業」に、保険業界では初めて採択された。ビルの想定規模は、地上12階地下2階建てで、高さは約56メートル、延べ床面積は約1万6000平方メートルとなる見通し。(2023/3/28)

「大人になったらなりたいもの」をアンケート:
小中高・男子「会社員になりたい」多数 会社員としてやってみたい仕事は?
第一生命保険は、全国の小学生(3〜6年生)・中学生・高校生を対象に「第34回 大人になったらなりたいもの」についてのアンケート調査を実施した。男子の「大人になったらなりたいもの」は、小中高生全てで3年連続「会社員」が1位となった。(2023/3/28)

「小遣いも 『家族割だ』と 値引きされ」──「サラ川」優秀100句発表 値上げ、育休ネタなど
第一生命保険は1月26日、「サラっと一句!わたしの川柳コ ンクール」ベスト100の結果を発表した。(2023/1/31)

信頼性・安心感があると思う生命保険会社 3位「第一生命」、2位「県民共済」、1位は?
マイボイスコムは、「生命保険会社のイメージ」に関する調査を行った。信頼性や安心感があると思う生命保険会社1位は?(2023/1/17)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
ついに来た! 「科学技術・ものづくり」がトップになった日
筆者を狂喜乱舞させたランキングの中身とは。(2023/1/16)

第一生命、銀行サービス開始 住信SBI銀と楽天銀行のプラットフォームを利用
第一生命保険は1月11日、資産形成をサポートするサービス「資産形成プラス」および、銀行サービスの提供を開始した。銀行サービスは住信SBIネット銀行および楽天銀行が提供する銀行機能をBaaS(バンキング・アズ・ア・サービス)として利用する。(2023/1/11)

薬局向けSaaSのカケハシが76億円調達 新規事業の立ち上げを積極化
薬局向けの業務支援サービスを提供するカケハシが76億円を調達。資金は新規事業立ち上げに向け、ITエンジニアの採用や新サービスの開発などに充てるという。(2023/1/11)

プロジェクト:
栃木県宇都宮市で中層木造のオフィスビルが竣工、銀行業界で初の取り組み
第一生命保険や東邦銀行、清水建設の3社は、栃木県宇都宮市で開発を進めていた中層木造のオフィスビル「TDテラス宇都宮」が2022年9月に竣工したことを公表した。第一生命保険と東邦銀行の調べによれば、中層木造オフィスの開発は、生命保険と銀行の業界で初の取り組みだという。また、今後、木質化が期待される都市型オフィスや商業施設に普及可能な計画として、林野庁補助事業「CLT活用建築物等実証事業」の採択を受けており、建築業界の技術革新と木材産業の活性化にも貢献する取り組みとなっている。(2022/10/28)

松井証券が銀行サービス提供へ 住信SBIネット銀のNEOBANKを利用
住信SBIネット銀行と松井証券は10月7日、住信SBIネット銀行が提供する「NEOBANK」サービスを用い、松井証券が銀行サービスを提供する検討することで合意したと発表した。松井証券は、証券サービスと連携し自社ブランドでの銀行サービスの提供を目指す。(2022/10/7)

目指す方向性とは:
「巨大で成長している市場」だけど油断は禁物 ヘルスケアビジネスで勝ち残る8つのポイント
ヘルスケア市場に参入する企業が相次いでいる。一方で思うように結果を出せない企業もある。成功するためのポイントとは?(2022/9/29)

会社を大きくするということ:
プロダンスリーグ「D.LEAGUE」を生み出したフルキャスト創業者 忘れられない“3つの決断”
2021年1月に日本発のプロダンスリーグ「D.LEAGUE(Dリーグ)」が誕生した。若者の取り込みに成功し、かつ女性の取り込みにも成功したDリーグの戦略は、若者との接点に悩む企業にも参考になるはずだ。(2022/9/5)

フルキャストHD創業者:
EXILE HIROが後押し プロダンスリーグ「D.LEAGUE」トップが描く展望と戦略
2021年1月に日本発のプロダンスリーグ「D.LEAGUE(Dリーグ)」が誕生した。若者の取り込みに成功し、かつ女性の取り込みにも成功したDリーグの戦略は、若者との接点に悩む企業にも参考になるはずだ。いかにしてダンスという新しいムーブメントを作ろうとしているのかを追った。(2022/9/4)

JFMA調査研究部会のFM探訪記(7):
JFMAの「SDGsタスクフォース(その2)」 世界的な建築家など第一線論客によるシンポジウムや座談会
本連載では、日本ファシリティマネジメント協会(JFMA) 専務理事 成田一郎氏が「JFMA調査研究部会のFM探訪記」と題し、JFMA傘下で、マネジメントや施設事例、BIM×FMなどの固有技術をテーマにした合計18の研究部会から成る「調査研究部会」での研究内容を順に紹介していく。第7回は、SDGsタスクフォースのさまざまな活動について説明する。(2022/7/29)

リノベ:
東京都でPandemic Readyを初適用した大規模リノベーション工事に着手、清水建設
清水建設は、東京都千代田区のオフィス「第一生命日比谷ファースト(旧:DNタワー21)」で大規模リノベーション工事を進めている。今回の工事は、第一生命保険がDNタワー21を単独所有にしたことを機に実施するもので、清水建設が設計・施工を受注し、順天堂大学 大学院医学研究科感染制御科学 堀賢教授と共同開発した感染リスク評価手法(Pandemic Ready)を初適用する。(2022/6/27)

2022年版「女性が活躍する会社」ランキング 3位「アフラック生命保険」、2位「りそなHD」、1位は?
「日経WOMAN」を発行する日経BPと、日本経済新聞社グループの「日経ウーマノミクス・プロジェクト」が、2022年版「女性が活躍する会社BEST100」を発表した。(2022/5/31)

「サラリーマン川柳」が名称変更を発表 大賞は「8時だよ!! 昔は集合 今閉店」
今回もさまざまな川柳が集まりました。(2022/5/27)

サラリーマン川柳、1位は「8時だよ!! 昔は集合 今閉店」
第一生命保険は5月27日、第35回「第一生命サラリーマン川柳コンクール」のベスト10を発表した。(2022/5/27)

「人物重視」の新卒採用も激変?:
今話題の「リスキリング」が、学歴社会を終焉に向かわせると思えるワケ
コロナ禍がさまざまなビジネスへ大きな影響を与える中、人材活用にも変化の波が及んでいる。中でも話題のキーワードが「リスキリング」であり、これまで暗黙の了解でもあった「学歴偏重」の採用を変革する可能性がある。(2022/5/26)

ヤマト配送員の親切な姿がTwitterで称賛 背景に「地域社会から信頼される企業」
ヤマト運輸の配送員が、車いすに乗る人をサポートした動画がTwitter上で称賛されている。(2022/4/28)

床面積約110万平方メートル:
日比谷公園と街をつなげる“都心最大級”の再開発 帝国ホテルやNTTなどがプロジェクト始動
「内幸町一丁目街区」の開発を推進する事業者10社が、同街区の事業構想である「TOKYO CROSS PARK 構想」と、掲げる5つのテーマを発表した。(2022/3/28)

第一生命保険調べ:
「大人になったらなりたいもの」 小学生女子は「パティシエ」、男子のトップは?
第一生命保険が、全国の小・中・高校生を対象にした第33回「大人になったらなりたいもの」のアンケート結果を発表した。(2022/3/16)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「転職は裏切り」と考えるザンネンな企業が、知るべき真実
「お前はどこに行っても通用しない」「転職は裏切りだ」──会社を去ろうとする若手社員に、そんな言葉を投げかける企業がいまだに存在する。そうした時代遅れな企業が知らない「新入社員の3割が辞めてしまう理由」や、「成長企業できる企業の退職者との向き合い方」とは?(2022/2/10)

第一生命発表:
「在宅で トイレも含めて 55歩」 サラリーマン川柳、優秀100句を発表
「第35回 サラリーマン川柳コンクール」の優秀作品100句が発表された。(2022/1/27)

7割強が医療保険に加入 加入先2位は「アフラック」、1位は?
マイボイスコムの「医療保険の加入」に関する調査で、医療保険の加入者は7割強で、医療保険に単独で加入している人が最も多いことが分かった。加入している医療保険会社3位は「日本生命」、2位は「アフラック」だった。1位は? その他、医療保険を選ぶときに重視していることなどを聞いた。(2022/1/25)

約1万人に聞いた:
信頼性・安心感があると思う生命保険会社 「第一生命」や「県民共済」を上回った1位は?
マイボイスコムの「生命保険会社のイメージ」に関する調査で、生命保険の加入率は76.4%だと分かった。信頼性・安心感があると思う生命保険会社を聞いた。(2022/1/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。