ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「難聴」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「難聴」に関する情報が集まったページです。

「全国書店員が選んだおすすめ少女コミック」ランキング発表 1位は聴覚障害のある女子大生の恋を描いた『ゆびさきと恋々』
ゴールデンウィークは少女漫画でときめきたい。(2021/5/4)

ユニ・チャームが「半透明マスク」を新発売 予約開始7時間で完売
4月27日に発売した「unicharm 顔がみえマスク」が早期完売。販売再開に向けて調整中(2021/4/28)

口元が透ける「顔がみえマスク」、ユニ・チャームが発売
ユニ・チャームは、飛沫対策をしながら口元が透けて見える「顔がみえマスク」を発表した。価格は1480円(税込)。(2021/4/27)

透明フィルムで表情が見えるマスク「顔がみえマスク」、ユニ・チャームが発売
(2021/4/27)

【漫画】耳の聞こえない作者が体験した「美容師さんの神対応」 心に残り続けるすてきな接客に「惚れてまう」「私もこうなりたい」
相手の立場に立てるってすてき。(2021/4/25)

新型コロナの影響でBluetooth市場は鈍化 その中でも成長した分野は?
新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、Bluetoothデバイスの年間出荷台数は伸び悩んでいるが、堅調な成長を続けている。特にウェアラブルやスマートホーム分野は非常に好調だという。オーディオ分野ではBluetoothヘッドフォンが成長をけん引している。(2021/4/16)

組み込み開発ニュース:
コロナ禍でBluetooth搭載機器出荷台数が横ばいに、2021年からは再び成長軌道へ
Bluetooth SIGが2025年までのBluetooth搭載機器の年間出荷台数予測をまとめた「Bluetooth市場動向2021」について解説。右肩上がりで成長を続けてきたBluetooth搭載機器の出荷台数が、2020年はコロナ禍の影響により2019年から横ばいの40億台にとどまった。しかし、2021年からは年率10%の成長を見込んでおり、2025年には64億台に達する見込みだ。(2021/4/16)

4000人に調査:
長引くコロナ禍で“自分にぴったりなマスク”のニーズが高まる 消費者の不満は?
コロナ禍の影響が長引きそうだ。「マスク生活」への不満も顕在化してきた。消費者はどんなことに困っているのか?(2021/4/12)

ミック・ジャガー息子が手術を公表「めまいが収まらずベッドから出られない」 8人中7番目の子で現在21歳
ミックは現在77歳。(2021/4/7)

聴覚/発話障害者の電話アクセスを改善――「電話リレーサービス」が7月にスタート 負担金は「1番号当たり年間7円」
総務省が、手話通訳などを介して聴覚や発話が困難な場合でも電話をかかけられる「電話リレーサービス」の周知広報を開始した。交付金や負担金の仕組みを始め、利用方法などの広い認知に向けて情報発信を行う。(2021/4/2)

ソフトバンク、AIで手話をテキスト化するツール 健常者と聴覚障害者のコミュニケーションを円滑化
ソフトバンクと電気通信大学が、AIを活用して手話をテキスト化するツール「SureTalk」を開発。ビデオ通話と組み合わせることで、健常者と聴覚障害者の円滑なコミュニケーションに役立つという。(2021/3/30)

障がい猫になっても存在価値は変わらない 「障がい猫が主役の写真展」開催を目指すクラウドファンディングが支援募集中
うちの子が一番かわいい。(2021/3/28)

おしゃれでかわいい! 補聴器をデコった友達のために作ったお手製イヤリングがステキ
補聴器デコチップもイヤリングもステキ。(2021/3/25)

Innovative Tech:
話した言葉を透明パネルに字幕表示 筑波大、「See-Through Captions」開発
コロナ禍においては自然なコミュニケーション手段になるかもしれない。(2021/3/22)

Google Chromeに自動字幕起こし機能追加 SNSの動画もポッドキャストも英語字幕付きで視聴できる
今のところ英語のみサポート。(2021/3/19)

ハロプロ、メンバーの体調トラブル続きに不安の声 「ストレスが溜まって当たり前」「そろそろ休んだ方が良いのでは」
コロナ禍でもライブツアー敢行。(2021/3/11)

「邦画に日本語字幕を」 難聴の漫画家の切実な願いを描いた話に「めちゃくちゃ共感」「ハッとさせられた」
作者は『夏がとまらない』『大丈夫マン』などで知られる藤岡拓太郎さん。(2021/3/10)

イノベーションのレシピ:
汎用性はキーボード入力に匹敵、なぞって伝える三菱電機の「しゃべり描き」
端末画面をなぞった軌跡上に発話内容をテキスト化して表示する三菱電機の「しゃべり描きアプリ」。聴覚障害者など耳の不自由な人とのコミュニケーションをより豊かなものにすることを目指して開発された。同アプリは音声認識エンジニアから音声認識精度やレスポンスの速さを高く評価されるという。どのようにして実現しているのか。(2021/2/25)

PR:Web会議の困りごとはデル・テクノロジーズの「ビデオ会議用モニター」で解決! ワンランク上の環境を手に入れよう!
ここ1年で急速に広まったWeb会議。実際にやってみると、いろいろと困ることがある。その困りごとを解決できる手段の1つとして、デル・テクノロジーズが「コラボレーションシリーズ ビデオ会議用モニター」を発売した。その特徴をチェックしていこう。(2021/2/24)

175R・SHOGO、元妻・今井絵理子の長男と新年ショット 2020年にプロレスデビューした16歳
デビュー戦も観戦。(2021/1/12)

耳が聞こえない人はどうやって赤ちゃんの夜泣きに対応している? 疑問に答える漫画が参考になる
みんなの子育てにも応用できそう。(2020/12/18)

今井絵理子、難聴息子のレスラーデビューに「どんなときでも見守っています」 元夫の「175R」SHOGOも勇姿に花束贈呈
デビューの場には母の姿もありました。(2020/12/8)

1日限定「爆音コンビニ」オープン 聴覚障害者が抱える「マスクで口の動きを読み取れない」問題を仮想体験
マスクが広まったことで困っている人たちがいる。(2020/11/17)

イノベーションのレシピ:
音源を自動で文章化するAIレコーダー、ソースネクストの新製品を記者も体験
ソースネクストは2020年11月10日、AI通訳機「POCKETALK」の音声認識エンジンを活用した自動文字起こしボイスレコーダー「AutoMemo(オートメモ)」の予約受付を開始すると発表した。製品発売日は同年12月4日。AIがクラウド上で音源を自動的にテキスト化する。文字起こしの手間を省力化可能だ。(2020/11/13)

アクセシビリティ機能の現状と課題
「Zoom」に聴覚障害者向け機能が追加、当事者が使ってみた感想は
「Zoom」は聴覚障害者向けに、ユーザーが手話通訳者を表示したままプレゼンテーションを見られる機能を追加した。当事者はこのアクセシビリティ機能をどう評価するのか。アクセシビリティ推進団体に聞いた。(2020/10/28)

今井絵理子、プロレスラー目指す息子の16歳バースデーに笑顔の“親子ショット” 「あなたを産んで あなたと出会えて 母は幸せです」
息子はプロレスラーを目指して修行中です。(2020/10/19)

今井絵理子の息子、鍛えあげた肉体披露 ろう学校卒業で“プロレスラー”になるため修行中
夢をかなえてほしい。(2020/10/16)

Google、特定の物音だけを拾って通知する「音検知通知」機能 「音声文字変換」アプリに追加
米Googleは、Androidアプリ「音声文字変換」向けに、周囲の特定の物音を検知してスマートフォンに通知する新機能を公開した。(2020/10/9)

Go AbekawaのGo Global!〜Yonatan Wexler編(後):
得意なものを見つけること、そしてそれを好きになること――人に誇れる仕事こそが原動力
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。コンピュータの可能性に魅了され、やがて人間の認知にまで好奇心を広げたYonatan Wexler(ヨナタン・ウェクスラー)氏。同氏が開発したデバイスは人類にどんな未来を見せるのか。(2020/10/1)

知っておきたい「聴覚障害者がコロナ禍で困っていること」の漫画 レジで戸惑っている人がいたら……?
マスクで口の動きが分からない……。(2020/9/27)

「コロナで仕事ない」留学生(?)が手作りお菓子を路上販売する事案が全国で発生中 許可なき路上販売品は危険
実際に購入した人、断った人を取材しました。(2020/9/26)

聴覚障害者などに配慮:
ユニ・チャームが「半透明マスク」の開発に着手 2021年中の発売目指す
ユニ・チャームは、半透明な素材を使ったマスクの販売を目指して開発を行っている。口の動きで言葉を読み取る聴覚障害者と接する人や、店舗従業員などの利用を想定している。2021年中の商品化を目指す。(2020/9/1)

新しいコミュニケーション:
利用者の一部は筆談ツールとして使用していた ポケトークの「筆談型」を販売
ソースネクストは、AIボイス筆談機「ポケトークmimi」を9月4日から販売すると発表した。メーカー希望小売価格は2万9800円(税別)。従来の製品を筆談のツールとして利用しているとの声があり開発を進めた。マスクを着用しながらでも難聴者とスムーズに会話できるとしている。(2020/8/31)

「聴覚障害者の方にも笑っていただけるように」 サンド伊達、ライブDVDに字幕表示する優しさが感動の嵐呼ぶ
人気の高さもうなずけます。(2020/6/30)

手話・指さし・筆談で接客「スターバックス サイニングストア」国立に日本初出店 聴覚障害者が輝ける空間に
聴覚に障害のあるスタッフが聴者とともに接客します。(2020/6/24)

Twitterの音声ツイート機能、自動書き起こしなど検討 視聴覚障害者向けに改善へ
Twitterが、音声ツイート機能を聴覚障害者に配慮した仕様に改善する。音声ツイートの内容を手動か自動で文字に起こす方法などを検討しているという。(2020/6/19)

「ハローページ」2021年で終了へ スマホの普及で部数が大きく減少
個人情報保護に関する社会的意識の高まりも。(2020/6/18)

しゃべった内容、リアルタイムで字幕化して映像に合成 ビデオ会議が便利になるシステムに注目集まる
耳が聞こえにくい人とのコミュニケーションが向上しそうです。(2020/5/23)

外出自粛で聴取者は増えた? 「ラジスマ」の手応えはどう? radiko青木社長に聞く
試験サービスの開始から10年経過したIPサイマルラジオ「radiko(ラジコ)」。災害時はもちろん、最近の「外出自粛」の際によく使われているという。サービスの近況を、運営会社であるradikoの青木貴博社長に聞いた。(2020/5/19)

スマホと連携するスマート補聴器 位置情報や移動速度で音質を自動調整 BTイヤフォン機能も
Bluetoothによるスマホや周辺機器との連携、状況に応じた音質の自動変更、遠隔サポートによる音質調整などに対応する。(2020/4/22)

口の動きが見える透明マスク、21歳大学生が聴覚障害者のため開発し無料配布
口の動きが見えるとコミュニケーションが取りやすくなります。(2020/4/10)

ベンツを無免許運転!? 豪ヴィクトリア警察が公表した「カワイイ無罪」事案が話題に、やさしい対応に称賛集まる
歩道を爆走していたところ職務質問。(2020/3/12)

障害という「未解決の領域」に挑む:
PR:寝たきりでも働ける“分身ロボットカフェ”主催者、吉藤健太朗に聞く「テクノロジーで描く孤独のない未来」
(2020/2/3)

教えて! キラキラ先輩:
テクノロジーは、障がい者の“遠慮”を取り除けますか?
聴覚障がい者は誰かにタイピングサポートしてもらわないと会議に参加できないし、発言もちゅうちょしてしまう――そんな同僚の忖度(そんたく)を解消するために、アクセンチュアのエンジニアたちが立ち上がった。(2020/2/3)

「耳掃除は本当に必要?」 日本耳鼻咽喉科学会が女性の耳を5カ月検証した動画を公開し不要論を説くも「データが少なすぎ」「人それぞれ」の声
なにごともやり過ぎないのが一番。(2020/1/28)

AirPod Proでも話題の「アクティブ・ノイズキャンセリング」、効き過ぎるとストレスに その仕組みと製品を選ぶ時の注意点
アップル「AirPods Pro」のヒットで注目された「アクティブ・ノイズキャンセリング」機能。その仕組みと対応するイヤフォンを選ぶ際の注意点をまとめました。(2019/12/22)

オリジナルの映像配信サービス「Apple TV+」開始 月額600円、端末購入で1年間無料
Appleは11月1日、月額600円の映像サブスクリプションサービス「Apple TV+」を開始した。オリジナルのテレビ番組や映画などが配信される。9月11日以降にiPhone、iPad、Apple TV、Mac、iPod touchを購入したユーザーは1年間無料でサービスを利用できる。(2019/11/1)

Googleのリアルタイム字幕機能「Live Caption」、Pixel 4に搭載 Pixel 3以降にも年内に
間もなく日本でも発売される「Pixel 4」に、動画にリアルタイムで字幕をつける「Live Caption」機能が搭載される。まずは英語のみ。年内にはPixel 3以降のPixelシリーズでも使えるようになる見込み。(2019/10/17)

顔面偏差値が高すぎる転校生→猫を追いかけ無表情で崖から落ちる ドジっ子すぎるギャップが腹筋に来る漫画
転校生×イケメン×天然ドジっ子=最強!(2019/10/2)

聴覚障害者に対する楽天カードの対応がすばらしいと話題に LINEビデオ通話で手話通訳者がサポート
楽天カード以外のクレジットカード会社も同様のサポートを設けています。(2019/9/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。