ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「エバンジェリスト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「エバンジェリスト」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

セキュリティエキスパートが語る:
PR:全ての通信を信頼しない「ゼロトラストセキュリティ」、何から手を付ければいいのか
ゼロトラストセキュリティへの取り組みを、無理なく確実に進めるためには、何から手を付ければいいのか。2人のセキュリティエキスパートに、企業が取るべき具体的なアクションを教えてもらった。(2020/9/14)

Computer Weekly製品ガイド
アプリケーションモダナイゼーションの障壁を克服するには
クラウドネイティブと誰もが口にするものの、ほとんどの企業は何もない所からやり直せるほど幸運ではない。レガシーアプリケーションをどうすれば前進させられるかを検討する。(2020/9/2)

契約書のライフサイクルを意識せよ:
PR:「電子署名の導入」だけでは、契約業務プロセスはうまくいかない 解決策は?
(2020/9/1)

PR:企業内の動画活用を成功させるコツは“人選”から? 映像制作のプロに聞いた
(2020/9/1)

PR:「ただデータを集めるだけ」では使えない――リアルタイムで経営から現場まで役立つデータ分析へ、企業が今すぐ解決すべき2つの課題
データ量が増加し、クラウドやIoTにデータが分散する時代、分析に必要なデータを集約するだけで現場が息切れしていないだろうか。せっかくデータを分析しても経営陣に知見が伝わらずに終わってしまうケースもある。集めたデータを無駄にせず、リアルタイムに経営戦略に生かすには何が必要なのか。第一線で日本企業のデータ活用を見てきた専門家に聞いた。(2020/7/14)

セキュリティ処理で遅延が起こる?:
PR:企業のクラウド移行でゼットスケーラーが選ばれる理由とは
いつでもどこでも働ける環境を実現するためにクラウドに注目が集まる一方、企業のクラウド移行は進んでいない――ゼットスケーラーは、企業のクラウド移行が進まない理由や企業がクラウド移行を成功させるために必要な3要素を語った。(2020/7/2)

なぜ人は不正を働いてしまうのか?:
PR:テレワークありきのwithコロナ時代、「人の脆弱性」を鍛える方法とは
COVID-19収束後、日本は在宅勤務が当たり前の時代になるかもしれない。それは同時にセキュリティ対策の在り方も見つめ直しが求められる。あるエバンジェリストは「人は弱い。でも鍛えれば強くなれる」と指摘する。(2020/7/1)

PR:オートメーション・エニウェアのRPAはなぜ支持されるのか? その裏側にあるパートナー企業の工夫と努力
(2020/6/29)

使い慣れた端末とアプリから快適でセキュアなテレワークを:
PR:テレワークはBYODで成功する 生産性とセキュリティを両立させる仕組みとは
感染症対策とビジネスの継続を両立させる手段としてテレワークが急速に普及している。しかし急な変化に追い付けず、デバイスやアプリの調達などに苦心する企業も多い。今ある道具を有効・安全に活用して生産性の高いテレワーク環境を整備するためにはどうすればよいのか。(2020/6/22)

既存製品のクラウド化も進める:
UiPathが新製品3種を発表 業務フロー可視化の「UiPath Process Mining」など
UiPathはRPAの効率化を図る新製品3種を発表した。自動化する業務を調査する製品や、業務効率改善のための協働を促す製品を販売し、既存製品のクラウド化も進める。(2020/6/1)

成功するサブスクリプションビジネス【後編】:
「バンダイチャンネル」が実践する解約防止術
サブスクリプションビジネス成功の第一歩はユーザーの解約防止にあり。その実践事例を「バンダイチャンネル」の担当者に聞いた。(2020/5/25)

Weekly Memo:
アフターコロナの経営に必須 マネジメント視点でみた「在宅勤務」の生かし方とは
新型コロナウイルスの感染対策で、テレワークによる在宅勤務が広がっている。企業としてはこの動きを経営に生かしていきたいところだ。在宅勤務をマネジメントの視点で考察してみたい。(2020/5/25)

成功するサブスクリプションビジネス【前編】:
サブスクの難題「カジュアルな解約」を防ぐためにできること
サブスクリプションビジネスが浸透し利用者の行動にも変化が見られます。新たな課題として浮上したのが「何となく」の解約行為。これにどう対処すればいいのか。エキスパートが解説します。(2020/5/18)

おしえて、キラキラお兄さん:
エンジニアに学歴は必要ですか?
僕は「自由」なわけじゃない、「自分勝手」なだけだ――HAL9000に憧れてIBMに入社し、同社初の“ドクター未満”で研究所所員となった米持幸寿さんは、自身のキャリアを振り返って、こう評す。人に恵まれ、運に恵まれ、何より努力を重ね、やりたいことを実現してきた米持さんの挫折と、過去の自分への恨みを晴らした出来事とは。(2020/5/18)

「データカタログ」とは何か【後編】
「データカタログツール」とは? 主要機能とベンダーを紹介
データ分析担当者は、分析に利用するデータの入手に苦労することがしばしばある。そうした課題に対処する手段が「データカタログ」ツールだ。その主要機能とベンダーを取り上げる。(2020/5/13)

アメリカで白熱する「お尻洗浄器」市場、なぜ?
日本では「ウォシュレット」は「クリネックス」と同じくらいごく当たり前のものになっている。しかしアメリカでは、「お尻洗浄器=温水洗浄便座」を見ることは家庭でも公共のトイレでもごくまれだ。しかし……(2020/5/7)

急なテレワーク対応があっても諦めない:
PR:IT予算が“カツカツ”でもあわてない 塩漬けサーバの危機を救う方法
限られた人員と予算で既存環境をケアしながらも、新規要望への対応に追われる中堅・中小企業のIT部門。サーバのリプレースは急務だが、喫緊の課題であるテレワーク環境の整備などでそれどころではない。両方を解決するアイデアはあるか。(2020/4/14)

インターネプコン ジャパン2020:
5Gで加速する、NTTドコモの共創ビジネスとIoTへの取り組み
エレクトロニクス製造および実装技術の展示会である「インターネプコン ジャパン2020」(2020年1月15〜17日、東京ビッグサイト)の特別講演に、NTTドコモ 5G・IoTソリューション推進室 ソリューション営業推進 担当部長で、エバンジェリストを務める有田浩之氏が登壇。「5G時代のビジネス協創に向けた取り組み」をテーマに、5Gがもたらす産業への影響とNTTドコモの取り組みについて紹介した。(2020/3/19)

5Gビジネスの神髄に迫る:
NTTドコモが300の実証から見いだした、5Gビジネスでも「高速大容量」が重要な理由
5Gに対する漠然とした期待は非常に高いものの、ビジネスへの具体的な活用はあまり見えていないという企業は多いだろう。そうした5Gが抱える大きな課題に、積極的に立ち向かっているのがドコモだ。同社は5Gをビジネスに生かす上で、重要なポイントはどこにあると見ているのだろうか。(2020/3/17)

ITmediaエンタープライズ セキュリティセミナーレポート:
システム統合は「やめる努力」から――日清食品グループが泥臭く取り組むセキュリティ強化策
日清食品ホールディングスのCIOが語る、古い体質だったIT部門を脱却し、セキュリティ強化の観点からシステムや人材、組織を変えていった。その方法とは。(2020/3/13)

バイナリコードによる静的解析が安全な世界を創造:
PR:セキュア開発に一石を投じるVeracodeの強み
セキュリティを意識したセキュア開発は、アプリケーション開発において押さえておくべき重要な考え方の一つだろう。そんなアプリケーション開発において、バイナリコードをクラウド上で静的に解析できるソリューションを提供しているのが、米国マサチューセッツ州に本社を構えるVeracode社(以下、Veracode)だ。欧米でアプリケーションセキュリティをリードする同社が開発したバイナリコード静的解析とは一体どのようなものなのか、その特長について紹介しながら、グローバル市場の動向や日本における戦略などについて、来日した同社CEOのSam King(サム・キング)氏に詳しく伺った。(2020/3/11)

「業界特化テンプレートでAI導入が加速」:
AIがより「知的」に? インフォアが「2020年の企業のAI活用に関する予測」を発表
インフォアジャパンは、「2020年の企業のAI活用に関する予測」を発表した。企業内で従業員と双方向コミュニケーションをとるなど、AIがより「知的」になり、業界に特化したテンプレートによってAIの導入と利用が活発化するという。(2020/2/18)

製造マネジメント インタビュー:
製造業が「DX」を推進するための3つのステージ、そのポイントとは?
製造業のデジタル変革(DX)への取り組みが広がりを見せる中、実際に成果を生み出している企業は一部だ。日本の製造業がDXに取り組む中での課題は何なのだろうか。製造業のDXに幅広く携わり、インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(IVI)のエバンジェリストを務める他2019年12月には著書「デジタルファースト・ソサエティ」を出版した東芝 デジタルイノベーションテクノロジーセンター 参事の福本勲氏に話を聞いた。(2020/2/14)

国内クラウドベンダーの生存戦略:
「Cloudn」を終了するNTTコムは、外資が席巻する国内クラウド市場でどう生き残る? 今後の戦略を聞く
AWSやAzure、GCPが国内クラウド市場を席巻し、国内クラウドベンダーは厳しい状況に置かれている。そんな中で生き残るために、各社はどんな戦略を採ればいいのだろうか。新連載「国内クラウドベンダーの生存戦略」の第1回目では、「Cloudn」の2020年末での終了を決めたNTTコミュニケーションズにフォーカスする。(2020/2/10)

快適さと失業リスクは表裏一体?
「AI」「自動化」に9割の若者が歓喜し、6割の若者が恐怖する理由
1990年代以降に生まれた「ジェネレーションZ」世代にとって、人工知能(AI)技術と自動化技術は仕事を助ける手段だが、不安の声もある。それはなぜなのか。(2020/2/8)

ドローンは悪者か? 災害時に全面飛行禁止……巨大な実験場・日本
生活になじみつつあるドローンだが、産業活用においてはまだ課題が多い。その課題とは。また日本においてどうすればドローンが発達するのだろうか。(2020/1/14)

ランサムウェアを正しく理解し、効果的に護るための現実解(3):
2020年ランサムウェアの最新動向――Emotetから始まる攻撃、クラウド、IoTも
ランサムウェアを正しく理解し、有効な対策を紹介する本連載。今回は、「2020年ランサムウェアの最新動向」と題して事例と今後注意が必要な点などをお届けしたい。(2020/1/20)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
PR:Emotet、DarkHotel――注意喚起や従来の手法では感染を防ぎきれない。脅威に挑むセキュリティのスペシャリストたち
Webやメールを通して組織を狙うサイバー攻撃が巧妙さを増している。一見安全に見えるリンク先にマルウェアを紛れ込ませるといった手口は、ユーザーの“注意”や従来型のメールセキュリティでは防ぎきれないという。そんな脅威と戦うセキュリティ専門家に、新たに注目すべき対策を聞いた。(2020/1/27)

データ対応力の磨き方:
セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめた「Tableau Blueprint」について。(2019/12/5)

PR:「誰でも使えるAI」で社会が変わる マイクロソフトが「AIの民主化」で実現する世界
(2019/11/25)

データが変えるミュージアムのユーザー体験【後編】
稼げるミュージアムは芸術や科学だけでなく「データ」を理解する
博物館や美術館(ミュージアム)の運営にデータ分析は重要な鍵になる。大規模ミュージアムではデータに関心を示すが、そうでないミュージアムも多く、情報格差が広がっている。(2019/11/11)

半径300メートルのIT:
「知っている」を「できる」に、できるを「やっているに」――辻伸弘氏インタビュー
ロンドンオリンピックで話題になった「サイバー攻撃2億件」というニュースを覚えていますか。リオデジャネイロや平昌で同種の発表がなかったのはなぜでしょう? 一時期盛り上がった「アノニマス」は、今どうなっているのでしょうか。(2019/11/5)

Weekly Memo:
「NTT Comのパブリッククラウドサービス終了」をどう捉えるか、これまでの変遷から読み解く
NTTコミュニケーションズが2012年から提供してきたパブリッククラウドサービスを2020年末で終了すると発表した。この動きをどう捉えるか。これまでの同社のクラウド事業における変遷から読み解いてみたい。(2019/10/28)

スポーツ紙の記者がAIベンチャーに転職 “素人”が半年でAIモデルを量産するまで
スポーツ紙の記者からAIベンチャーの営業に――AI企業グリッドに転職した宮崎さんに、異業種からAIの仕事に就くことで味わった苦労などを聞いた。(2019/10/25)

特集:マイクロサービス入門(2):
マイクロサービスが注目される理由 導入検討に向けて気を付けるべきポイント
特集「マイクロサービス入門」第2回目は、マイクロサービスが注目される背景と、企業がこれからマイクロサービスの導入を検討するに当たって、考えておくべきポイントをオイシックス・ラ・大地で技術顧問を務める寺田佳央氏が解説します。(2019/10/18)

小型スマートグラス「NrealLight」、日本の開発者にキットを無償貸し出し 日本投入に意欲
MR対応スマートグラス「NrealLight」を開発する中国Nrealは、日本で同端末向けのアプリを作る開発者の獲得に注力する考え。(2019/10/7)

Twilioが日本法人を設立、コミュニケーションのワンストップ化を支援
代表執行役員社長の今野氏は、「クラウドコミュニケーションプラットフォームのリーダーとして、日本のデジタルトランスフォーメーションの推進と加速に貢献する」と抱負を語った。(2019/9/2)

ホウレンソウは、もう古い?:
効率化しすぎてギスギスした職場に「ザッソウ」が効く理由
効率化を進めすぎた結果、一緒に働く人たちに対して関心を持つことができなくなったチームはもろく弱いものです。もはやチームとはいえない、ただの集団といってもいいでしょう。(2019/10/10)

「ホウレンソウ」は、もう古い? 結果を出すチームの習慣「ザッソウ」とは
「会話する時間もなくて、チームがギスギスしてきた」「成果ばかり気になって、助け合いができなくなった」「アイデアが出なくなり、新しいことに挑戦していない」――。こんな時こそ「ザッソウ」の出番!(2019/10/3)

悩めるマネジャー必見:
なぜ今、「ガチガチの管理」が機能しなくなったのか――「管理をやめた成長企業」の社長に直撃
変化の時代にガチガチの管理をしても成果は上がらない――。そう話すのが、書籍「管理ゼロで成果はあがる」の著者、倉貫義人氏だ。その理由は?(2019/8/22)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」:
中小企業が「優秀なスタッフを採用する秘訣」とは 「管理ゼロ経営」で注目の社長に聞いてみた
「報酬は“つらさの代償”なのか」「性悪説はなぜコスパが悪いのか」「なぜ“どうせうちの会社は”という感情が生まれるのか」――。管理ゼロで会社をまわす、ソニックガーデン社長の倉貫義人氏を直撃!(2019/8/20)

チャレンジするマーケター:
オートメーション・エニウェア・ジャパン長橋明子氏が実現したい「カスタマーマーケティング」とは
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇する気鋭のマーケターへのインタビューをお届けする。(2019/7/29)

チャレンジするマーケター:
元AWS小島英揮氏が語るマーケティングの原点は「選ばれたい人から選ばれているか」
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇する気鋭のマーケターへのインタビューをお届けする。(2019/7/30)

チャレンジするマーケター:
40歳から始めるスタートアップでの挑戦、ヤプリ島袋孝一氏がプロマーケターとして大切にしていること
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇する気鋭のマーケターへのインタビューをお届けする。(2019/7/22)

電子ブックレット(BUILT):
民泊最大手“Airbnb”でなぜクラウド型スマートロックが採用されたか?
ウェブサイトに掲載した特集記事を、印刷しても読みやすいPDF形式に再編集しお届けする「電子ブックレット」。今回は、「民泊最大手“Airbnb”でなぜクラウド型スマートロックが採用されたか?」を紹介します。(2019/7/19)

歴史ある企業はなぜ変わったのか:
ANAを変えた、見えない課題を発掘する「魔法のワークショップ」とは
歴史ある大企業にイノベーションを起こす――。この難題をやってのけたのが、ANAでイノベーション推進部の部長を務める野村泰一氏だ。インタビューの後編では、ANAの役員たちも驚いたという課題発掘ワークショップについて聞いた。(2019/6/28)

時間が迫る「2025年の崖」:
PR:学生数1300人、管理者3人――神戸高専が取り組んだネットワーク管理の脱属人化
仮想化とソフトウェアによる変革がネットワークの世界まで広がり始めている。しかし、ネットワーク管理はまだ手付かずで属人化していることもある。神戸市立工業高等専門学校の事例から解決策を探る。(2019/6/26)

IoT基礎解説:
いまさら聞けないeSIM入門
セルラー通信の進化や利用シーンの拡大に応じてさまざまなSIMが登場している。本稿では、SIMの中でも、最近話題となっている「eSIM」について、その概要や利点だけでなく、実際に製品に組み込むために必要な知識を紹介する。(2019/6/26)

ANAの改革推進トップに聞く “変われなかった現場”でイノベーションが起きたわけ
国内外の厳しい競争にさらされている航空業界。勝ち残っていくためには、働き方にイノベーションを起こし、顧客本位のサービス開発ができる体制を整えることが不可欠だ。ANAの改革をけん引する野村氏はどうやって現場にイノベーションマインドを根付かせたのか。(2019/6/24)

PR:AIの真の利活用を促進するには「失敗を許容する文化」を根付かせるべき
AIは一般的な業務システムのように実装すれば次の日からすぐ成果が出るようなものではない。トライ&エラーを繰り返すことにより精度が上がっていく。これをやらずに短期間での成果を求められると、期待外れに終わることが多い。ではどうすれば成功に導けるのか。(2019/6/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。