ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「Giga Pocket」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Giga Pocket」に関する情報が集まったページです。

2013年PC夏モデル:
BRAVIA画質の大画面“テレパソ”がマルチタッチ対応モデルを拡充――「VAIO L」
3基のTVチューナーや高画質化エンジン「X-Realty」を内蔵し、「BRAVIA画質」をうたう24型ワイド液晶一体型PC「VAIO L」シリーズは、バリュークラスにも10点マルチタッチ対応モデルを追加した。(2013/5/7)

2013年PC春モデル:
「BRAVIA」な一体型で最新Officeが使える!──「VAIO L」
ソニーは、1月29日に液晶一体型PC「VAIO L」の新製品を発表した。「最高画質のVAIOテレパソ」のコンセプトはそのままに、すべてのモデルでOffice 2013が利用できる。(2013/1/29)

いよいよ12月8日発売:
ソニーが挑んだ家庭用PCの再創造――「VAIO Tap 20」特大レビュー
「VAIO Tap 20」は「テーブルトップPC」を名乗る新スタイルのPCだ。Windows 8の採用とともに、家庭向けPCで一体どのような新世界を見せてくれるのだろうか。(2012/12/5)

2012年PC秋冬モデル:
タッチ対応モデルが増えた“BRAVIA”な液晶一体型PC──「VAIO L」
ソニーは、10月1日に液晶一体型PC「VAIO L」の新製品を発表した。すべてのモデルでWindows 8を導入し、ミドルレンジモデルでもタッチパネルを搭載した。(2012/10/1)

2012年PC秋冬モデル:
新シリーズの“Duo 11”と“Tap 20”でWindows 8を推進――ソニー「VAIO」秋冬モデル
ソニーは「VAIO」の2012年秋冬モデルを10月26日より順次発売する。全モデルにWindows 8を搭載し、新たなPCの利用スタイルを提案する新シリーズの「VAIO Duo 11」と「VAIO Duo 20」がラインアップに加わった。(2012/10/1)

Zとは違う最強がココに:
BRAVIAを吸収してテレパソの完全体となったか?――「VAIO L」を今こそ見直す
VAIOノートからテレビチューナー搭載機が姿を消した今、PCならではの高度なテレビ機能を存分に味わいたいならば、この「VAIO L」が筆頭候補に挙げられる。(2012/9/24)

2012年PC春モデル:
ソニー、21.5型ボードPC「VAIO J」に下位モデルを追加
ソニーが「ボードPC」と呼ぶ液晶一体型PCに新モデルが登場。21.5型フルHD液晶搭載の「VAIO J」に下位モデルが加わった。(2012/2/21)

PCの地デジ移行はしましたか?:
「VAIO L」2011年夏モデルを試す(後編)――強力無比なテレビ機能と独特のタッチ操作にハマる
「PCのテレビ機能なんてオマケでしょ?」と思っているなら、あまりにもったいない。VAIO Lのテレビ&レコーダー機能は“PCだからできること”を徹底追求しているのだ。(2011/7/1)

“全部入り”PCの最前線:
「VAIO L」2011年夏モデルを試す(前編)――PS3もBRAVIAもつながる3D機能とは?
「とりあえず、一番いいのを頼む」という人は「VAIO L」のハイエンドモデルはどうだろう? これ1台で強力なテレビ&レコーダー機能、タッチ操作、そして高品位な3D立体視までカバーできる。(2011/6/29)

2011年PC夏モデル:
第2世代Coreに完全移行、テレビなしモデルも用意した16型クラスノート――「VAIO F」
16型クラスのAVノートPC「VAIO F」シリーズは店頭向けに3機種を用意。下位2機種はフルモデルチェンジし、テレビチューナーがないハイスペック機も発売される。(2011/6/7)

2011年PC夏モデル:
“スグつくTV”とPS3連携の3D対応、24型大型画面の高性能地デジPC──「VAIO L」
ソニーの「VAIO L」は、大画面+薄型ボディ+テレビ機能“ほぼ全部入り”を特徴とする高性能志向の液晶一体型デスクトップPCだ。PC起動なしに地デジがすぐ起動する「スグつくTV」機能を備える。(2011/6/7)

2011年PC夏モデル:
ソニーが「VAIO」夏モデルを発表――13.3型モバイル上位機、3D対応の液晶一体型、新デザインノートが登場
ソニーは「VAIO」の2011年夏モデルを6月11日より順次発売する。13.3型モバイルノート「VAIO S」の上位機をはじめ、3D立体視対応の液晶一体型や新デザインのノートなど、計7シリーズをモデルチェンジした。(2011/6/7)

2つのテレビ機能+新感覚のタッチ操作が楽しい:
新型「VAIO L」徹底検証――“テレパソ”の弱点を克服した24型ボードPC
PC、テレビ、レコーダーを1台で実現できる“テレパソ”は機能が豊富な半面、各機能が中途半端になりがちだ。ソニーの新型「VAIO L」は、この問題に正面から挑んできた。(2011/4/19)

2DのBlu-rayも地デジも3D変換:
「VAIO F(3D)」徹底検証(前編)――さすがに“4倍速フルHDの3D映像”は格が違った
「PCの3D立体視はイマイチ……」と思っている人は少なくないかもしれない。しかし、VAIO初の3D立体視対応モデルには、その不名誉な印象を覆すだけの実力が確かにある。(2011/3/23)

2011年PC春モデル:
すべてが新しくなった24型フルHD液晶一体型PC――「VAIO L」
ソニーのPC春モデル第2弾として投入される24型ワイドの液晶一体型PC「VAIO L」は、内部アーキテクチャをSandy Bridge世代に移行するとともに、ボディデザインも刷新したフルモデルチェンジだ。(2011/3/8)

2011年PC春モデル:
ソニーが「VAIO」春モデル第2弾を発表――3D立体視、新モバイル、集光ボディ、新テレパソ
ソニーは「VAIO」の2011年春モデル第2弾を3月19日より順次発売する。3機種のノートPCと1機種の液晶一体型PCを用意し、いずれもボディとアーキテクチャを一新した。(2011/3/8)

Core i搭載PC×フルHD液晶テレビ×BDレコーダー:
ソニーの“テレパソ”はどこまで進化したか?――「VAIO J」徹底検証
テレビ視聴・録画機能を備えたPC、いわゆる“テレパソ”は自室用などにセカンドテレビ兼PCが欲しいといったニーズに最適だ。特に「VAIO J」は強力な機能を備える。(2010/7/24)

2010年PC夏モデル:
21.5型フルHD液晶×マルチタッチ対応の新型ボートPC――「VAIO J」
液晶一体型デスクトップPC「VAIO J」が初のフルモデルチェンジを果たした。モデル数を増やし、タッチパネルや3波ダブルチューナーも採用する。(2010/6/8)

2010年PC夏モデル:
ソニー、Office 2010搭載の「VAIO」夏モデルを発表――ボードPC、カラバリ、テレビ機能に注力
ソニーは「VAIO」の2010年夏モデルを6月19日より順次発売する。目玉はフルモデルチェンジしたボートPCの「VAIO J」、カラバリの拡充、そしてテレビ機能の進化だ。(2010/6/8)

写真も動画もこれ1台:
フラッグシップノートは“Z”だけじゃない――「VAIO F」実力診断
多彩なラインアップを誇るVAIOノートのフラッグシップモデルといえば、高級モバイルの「VAIO Z」が思い浮かぶが、据え置き型で頂点に立つ「VAIO F」も見どころ満載だ。(2010/4/6)

2010年PC春モデル:
Core i3/i5/i7と広色域16.4型フルHD液晶を備えたハイグレードノート――「VAIO F」
AV機能重視のノートPC「VAIO F」は、ダブル地デジチューナーやダビング10対応のテレビ機能を継承したうえで、クリエイティブ用途までカバーする仕様強化がなされた。(2010/1/18)

Windows 7世代の最強テレパソか!?:
VAIO秋冬モデル“もう1つの目玉機種”――新生「VAIO L」を攻略する(後編)
強力な3波デジタルテレビ&HDレコーダー機能、独創的なコンテンツ再生ソフト、マルチタッチ機能まで備えた新生「VAIO L」。レビュー後半はその真価に迫る。(2009/12/17)

マルチタッチ×フルHD液晶×BD×3波ダブルチューナー:
VAIO秋冬モデル“もう1つの目玉機種”――新生「VAIO L」を攻略する(前編)
極薄軽量ノート「VAIO X」がよく目立つVAIO秋冬モデルだが、もう1つの要注目機種がマルチタッチ対応の液晶一体型PC「VAIO L」だ。その実力やいかに!?(2009/12/14)

2009年PC秋冬モデル:
ウワサの「VAIO X」など、ソニーがWindows 7搭載PCを一挙発表
Windows 7を搭載したソニーの2009年PC秋冬モデルが10月22日に一斉発売される。目玉となるモデルは、ティーザー広告が話題を集めた薄型軽量ノートPC「VAIO X」だ。(2009/10/8)

2009年PC夏モデル:
約1.3キロの軽量ノートPC、フルセグチューナーも内蔵可能に──「VAIO type T」
重量約1.3キロの軽量モバイルノートPC「VAIO type T」の2009年夏モデルは、VAIOオーナーメードモデルに内蔵地デジ+ワンセグチューナーや256Gバイト×2のSSD RAID+BD搭載オプションが加わった。(2009/5/26)

速くてキレイな特大ノート:
「VAIO type A」の写真特化モデルを検証する
人気ミニノートPC「VAIO type P」の対極に位置するのが、18.4型ワイド液晶搭載ノートPC「VAIO type A」だ。写真特化モデルの圧倒的な性能に迫る。(2009/3/19)

2009年PC春モデル:
長時間録画が可能になったテレビのとなりの“丸いVAIO”――テレビサイドPC「TP1」
ソニーのテレビサイドPC「TP1」がVAIO AVCトランスコーダーを内蔵。1Tバイトへ倍増したHDDに地デジ放送の長時間録画可能になった。(2009/1/6)

2009年PC春モデル:
一足先に64ビット化を推し進めるソニー「VAIO」春モデルを発表
VAIOの2009年春モデルは、新シリーズの投入を見送る一方でOSに64ビット版Windows Vista Home Premium(SP1)の導入と、既存モデルのスペックアップが中心となる。(2009/1/6)

大画面の広色域フルHD液晶を装備:
極上AVノート「VAIO type A ビデオエディション」を味わう
年末年始の特番も、旅行先で撮影したHD映像の編集もこれ1台でカバー。今年1年頑張ったご褒美にソニーのAVノート「VAIO type A ビデオエディション」はいかが?(2008/12/26)

「VAIO type J」ショートレビュー:
WSXGA+液晶搭載のお手ごろVAIOは使えるか?
VAIOの新しいボードPC「VAIO type J」は、低価格帯ながら1680×1050ドット表示の20.1型ワイド液晶が光る製品。実機を速攻でチェックしてみた。(2008/9/10)

2008年PC秋冬モデル:
Adobe RGBカバー率100%の18.4型ワイドノート――「VAIO type A」
クリエイティブ用途向けの「VAIO type A」は、VAIOノート史上最大の18.4型ワイド液晶を搭載。type Rと同様、動画用と写真用で2つのモデルを発売する。(2008/9/9)

2008年PC秋冬モデル:
大画面化しフルHDにも対応した“ITA PC”――「VAIO type L」
ボードPCとして名をはせるソニーの「VAIO type L」がラインアップを一新。1920×1200ドット表示の大画面モデルが登場した。(2008/9/9)

2008年PC秋冬モデル:
25.5型ワイド液晶を一体化したクリエイティブPC――「VAIO type R」
ソニーのハイエンドデスクトップPC「VAIO type R」は、セパレート型から液晶一体型にボディを変更。動画編集用と写真編集用で2つのモデルを用意する。(2008/9/9)

2008年PC秋冬モデル:
ソニー、低価格の大画面液晶一体型や動画/写真編集マシンなどVAIO新モデルを発表
VAIOの秋冬モデルはハイエンドと売れ筋の液晶一体型、ノートPCに新機種が登場。どれもフルモデルチェンジか新シリーズと力が入ったラインアップだ。(2008/9/9)

BD記録にも一工夫:
“黒くて円いVAIO”はリビングPCの新境地を開くか?――「VGX-TP1DQ/B」徹底検証(後編)
新型TP1の目玉といえるのが地デジ録画の解析機能。情報番組で紹介したショップやCMに出演しているタレントを自動的にデータベース化してくれる優れモノだ。(2008/8/8)

地デジ機能を大幅強化:
“黒くて円いVAIO”はリビングPCの新境地を開くか?――「VGX-TP1DQ/B」徹底検証(前編)
PC市場には廉価機があふれ、BDレコーダーも価格がこなれてきた。そんな中でリビングPCはどこに価値を見いだすのか? ソニーの回答、それが新型TP1だ。(2008/8/6)

本田雅一のTV Style:
復調の兆しが見え始めた? デジタル放送対応PC(3)
PCでデジタル放送を扱うメリットは、なんといっても“インテリジェンス”にある。ソニーのリビングPC「VAIO TP1」に搭載された「Giga Pocket Digital」を例に解説しよう。(2008/8/1)

1600×900表示で画面も広大:
16:9液晶×ダブル地デジ×BDドライブの美しき調和――「VAIO type F(FW)」を楽しみ尽くす
「VAIO type F(FW)」は、外観、液晶、キーボード、基本性能、テレビ機能のすべてが一新された。ソニー本気のAVノートはこれまでとドコが違うのか?(2008/8/1)

本田雅一のTV Style:
復調の兆しが見え始めた? デジタル放送対応PC(2)
ソニーの「VAIO TP1」と富士通「FMV-TEO」は、どちらもデジタルテレビに接続する“リビングPC”だ。しかし、実際に使ってみると、製品コンセプトの差が大きく感じられた。(2008/7/25)

本田雅一のTV Style:
復調の兆しが見え始めた? デジタル放送対応PC
Windows Vistaのデジタル放送対応が遅れたことなどで低迷を続けていた“テレパソ”。しかし、今年の夏モデルは今までと少し違う。(2008/7/19)

松下奈緒がCM曲をピアノ生演奏:
Intelligent、Quality、Designで1兆円事業化へ――ソニー「VAIO」発表会
PCの夏商戦も終盤に差しかかったところで、ソニーはVAIOの新モデルを大々的に発表。会場には、新CMに出演する森泉さんと松下奈緒さんも駆けつけた。(2008/7/17)

2008年PC夏モデル:
Centrino 2搭載の新デザインノートがめじろ押し――ソニー「VAIO」真夏モデル
ソニーはCentrino 2の発表に合わせて、VAIOの新作を投入した。“SSD RAID”採用のハイエンドモバイル機など、登場した4タイプすべてが新デザインだ。(2008/7/16)

2008年PC夏モデル:
16:9の16.4型液晶と地デジチューナー搭載のAVノートに変身――「VAIO type F(FW)」
ソニーのVAIO type Fシリーズがフルモデルチェンジを果たし、16:9のワイド液晶ディスプレイ搭載AVノートPCに生まれ変わった。(2008/7/16)

自社開発のテレビ機能で差異化:
ソニー、地デジWチューナーとBDドライブを搭載した“黒くて円いVAIO”
斬新な円形ボディで注目を集めた「TP1」シリーズがモデルチェンジ。テレビ機能を刷新しつつ、ダビング10にも対応した。ブラックのボディも特徴だ。(2008/6/25)

大画面高画質への変換が可能になった「Image Converter 3」最新版
ソニースタイル・ジャパンは動画変換ソフト「Image Converter 3」の最新版「Image Converter 3 ver.3.1」を発売する。高画質/大画面への変換モードが用意された。(2007/6/21)

記念モデルも先行展示中:
銀座ソニービルに歴代VAIOが勢ぞろい
7月1日まで、銀座のソニービルで「VAIO 10周年記念イベント」が開催される。初代VAIOノート505を皮切りに、歴代のVAIOシリーズが展示中だ。(2007/5/18)

レビュー:
高まった完成度、動画も楽しめる高音質ウォークマン――「NW-A805」
ウォークマンにもとうとう動画対応モデルが登場した。小型ながらも高精細な液晶は動画鑑賞にも十分に堪えうるが、本質としては、よりオーディオプレーヤーとしての完成度を高めた製品と言える。(2007/3/9)

レビュー
液晶beautiful“face”のDLNA対応を試す
東芝の液晶テレビ「“beautiful face”LZ150シリーズ」がDLNAへの対応を開始した。32V型の「32LZ150」を各種PC用サーバソフトに接続し、動画などの再生状況をチェックしてみた。(2005/7/12)

レビュー
新「AVeL リンクプレーヤー」のDLNA/DRM対応機能を試す
ネットワークメディアプレーヤー「AVeL リンクプレーヤー」がバージョンアップし、DLNA準拠の各種PC用サーバソフトとの連携や、DRMコンテンツの再生が可能になった。どこまで思い通りの動作をしてくれるか、早速試してみた。(2005/6/29)

2005年度版DVDオーサリングソフト主要4本の使い勝手を比較する(前編)
“PC録画派”はもちろん家庭用レコーダーで録画するユーザーも、とっておきの保存版DVDを作成する場合には、PCでじっくりこだわって編集・作成をしておきたい。今回はDVDオーサリングソフト主要4本について、そもそも基本機能から注目機能について、その手順別にその使い勝手を比較してみた。(2005/5/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。