ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ゴールドマン・サックス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ゴールドマン・サックス」に関する情報が集まったページです。

株式取引、手数料無料がトレンド:
ダークプールを活用 STREAMが株取引手数料ゼロを実現できる理由
ネット証券の登場から約20年がたち、スマホファーストを打ち出す証券会社が続々登場。スマホをメインとするSTREAMは、株式売買および信用取引の手数料無料をうたう。従来のネット証券と、新しいスマホ中心の証券会社はどこが違うのか?(2019/4/23)

石川温のスマホ業界新聞:
アップルが「Apple Card」で決済サービスに参入――日本上陸する際、果たして誰がパートナーになるのか
AppleがGoldman Sachs(ゴールマン・サックス)と提携し、iPhoneから申し込めるクレジットカードを米国で発行することになった。日本で発行されるとしたら、提携するクレジットカード会社がサービスの鍵を握りそうだ。(2019/4/12)

「お金」と「仕事」の本当の話をしよう:
「お金に振り回される人」と「お金で幸せになる人」の決定的な違い
事業売却や上場で大金を手にするビジネスパーソンが増えている。しかし、そのお金に振り回される人と幸せになる人がいる。どんな違いがあるのだろうか?(2019/4/12)

口座開設や接客を自動化
「RPA」を業務自動化に生かす大手銀行、導入が進まない地方銀行
銀行業界は、セキュリティ対策や顧客の口座開設プロセスの効率化にRPAツールを使い始めている。大手銀行とFinTech企業を中心にRPAツールの導入が進みつつあるが、地方銀行にとっては依然として障壁がある。(2019/4/7)

Appleが新CMで伝えたい「iPhoneのプライバシー」
Appleの新しいテレビCMはプライバシーに関するもの。彼らが伝えたいメッセージとは?(2019/4/3)

Mostly Harmless:
AIに仕事を奪われないために、私たちにできる唯一のこと
AIの台頭が著しい昨今、AIに仕事を奪われないためにはどんな心構えが必要なのでしょうか。(2019/3/28)

林信行が読み解く Appleが4つのサービスで見せた良質なサービス作りの姿勢
Appleという世界一資金を潤沢にもつ企業が、その資本力を投じることで、もう1度、それぞれのサービスに本来の良さを取り戻そうとする姿勢――これに筆者は“ノブリス・オブリージュ”を感じずにはいられない。(2019/3/27)

Apple Cardの物理カードはチタン製 誰でも持てるリッチなカードに?
どえらいカードが誕生したのかも。(2019/3/26)

物理カードはチタン製:
iPhoneから申し込めるクレジットカード「Apple Card」登場 米国で2019年夏発行開始
AppleがGoldman Sachsと提携したクレジットカードを米国で発行する。iPhoneでの利用に最適化されており、カード番号やサインパネルなどがないチタン製の物理カードも発行される。(2019/3/26)

Apple、クレジットカードを米国で今夏開始 チタン製物理カードも
米Appleは、クレジットカードサービス「Apple Card」(アップルカード)を今夏に米国で開始すると発表した。(2019/3/26)

オリジナル動画の定額サービス「Apple TV+」スタート
Amazon Prime Video、Netflixなどライバルがひしめき合う定額制動画視聴サービスに、Appleが参入する。(2019/3/26)

「お金」と「仕事」の本当の話をしよう:
週100時間以上働くエリートほど出世しない理由
投資銀行やコンサルティングファームで働くエリートは長時間労働をしがちだ。しかし、業務に必死に取り組むエリートほど出世しないという。どういうことなのだろうか。(2019/3/20)

世界を読み解くニュース・サロン:
スーツ姿のビジネスマンが「時代遅れ」になる日
米金融大手ゴールドマン・サックスが社内のドレスコードを緩めると発表した。米国企業では、職場の服装がカジュアル化しつつある。ビジネススーツが「過去の産物」となる日も遠くないかもしれない。(2019/3/14)

禁輸措置は根本的な解決ではない:
Huawei製品の締め出し、サプライチェーンに深刻な影響
ネットワーク機器やスマートフォンを手掛ける中国メーカーHuawei Technologiesは現在、米国および欧州市場から同社製機器が追放されるかもしれないという問題に直面し、論争を引き起こしている。もしHuaweiが、大きな損失を抱えることになれば、同社のサプライチェーンも痛手を負うことになるだろう。(2019/3/7)

「お金」と「仕事」の本当の話をしよう:
退職時にこそ猛烈に仕事をすべき2つの理由
転職市場が活性化しており、何度か退職を経験した人も多いだろう。退職時にこそ猛烈に仕事に取り組むべきだと筆者は主張する。どういうことかというと……。(2019/2/27)

Appleクレカ登場間近か Apple Store提携クレカとどう違う?
Apple、ゴールドマン・サックスと共同で、iPhoneの新機能と連動するクレジットカードの発行を開始か?(2019/2/22)

「教育体制の充実」が人気の決め手:
新卒入社しても「後悔しない」企業、マッキンゼーやゴールドマン・サックスを抑えて1位だったのは……?
新卒で入社した社員が「こんなはずじゃなかった」と後悔せず、前向きに働ける企業は? 転職・就職のためのリサーチサイト「Vorkers」が調査結果を発表。1位だったのは……?(2019/2/20)

「お金」と「仕事」の本当の話をしよう:
外資系証券で6000万円使って分かった接待の極意
顧客と信頼関係を築く手段としてに欠かせない接待。筆者は外資系証券会社に在籍していた際に通算580回の接待をした。合計6000万円近くを使って見えてきた接待の極意とは?(2019/2/4)

人生を切り開く“カギ”とは:
4カ国語を操る聴覚障害者、外資系金融機関で活躍するまでの道のり 「世の中うまく行かないのが普通」
株価情報を示すモニターに囲まれ、パソコンを高速で操作しながらあちこちに電話する社員が忙しく働く世界有数の証券会社「ドイツ証券」(東京都千代田区)。企業コンプライアンスを守る担当として、社内の金融取引や情報漏洩(ろうえい)問題などを厳しく審査する業務にあたるのが、韓国生まれで東京都文京区の金修琳(キム・スーリン)さん(46)だ。(2019/1/28)

“調整”が行われる年:
仮想通貨の未来は明るい? 「19年に淘汰は進むが決して悪いことではない」
仮想通貨の未来は明るい?米仮想通貨投資企業Digital Currency Groupのトラビス・シェア副社長の見解は……(2019/1/9)

顧客ニーズは高まりつつあるが……:
ゴールドマン・サックス、「仮想通貨事業に参入する準備はまだ整っていない」
ゴールドマン・サックスのデジタル資産市場の責任者であるジャスティン・シュミット氏は、ニューヨークで開催されたカンファレンスに登壇。同社がいまだに仮想通貨事業に参入する準備を整えられていないことを明かした。(2018/11/29)

キャリアニュース:
グーグル1位、退職者が「辞めたけど良い会社」と評価した企業
退職者が選んだ「辞めたけど良い会社ランキング2018」をヴォーカーズが発表。退職者から高い評価を得た企業のトップ3はグーグル、P&G、マッキンゼー・アンド・カンパニーだった。(2018/10/10)

好況、不況を繰り返す:
DRAM市場、2018年は好調も2019年以降は低迷か
実績あるメモリ技術は、これまで長い間、好況と不況のサイクルを繰り返してきた。3D(3次元) NAND型フラッシュメモリの価格が下落しても、DRAMはまだ堅調な成長を遂げている。しかし、その状況はどれくらいの間続くのだろうか。(2018/9/26)

居心地が良すぎて退職:
退職者が「辞めたけど、良い会社だった」と感じる企業、2位はP&G 1位は……
退職者からの評価が高い会社は? 就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」が調査を行った結果、2位はP&Gだった。1位は……?(2018/9/18)

人手不足の陰で大量に発生する「人余り」:
「生産性を上げても賃金は上がらない?」 伊藤元重学習院大学教授に聞く“日本経済の処方箋”
経済財政諮問会議のメンバーである伊藤元重学習院大学教授に、働き方改革を進める上での課題と日本経済の処方箋を聞いた。(2018/9/18)

「XS Max」?:
Apple、新型iPhone3機種か 公式サイトから情報漏えいとの報道
Appleは新型「iPhone」3機種を公表する見通しだ。(2018/9/13)

ビットコイン価格は低調なまま:
ゴールドマン・サックスのチャベスCFO、「仮想通貨事業撤退報道は“フェイクニュース”」
ビットコイン価格は9月5日、1000ドル以上も下落した。その一因とされていた米Goldman Sachsの仮想通貨事業撤退報道について、チャベスCFOが口を開いた。(2018/9/7)

もっと段階を踏むべき:
ビットコインが1000ドル下落 「ゴールドマン・サックスが参入中止」報道の影響か
7300ドル台で堅調に推移していたビットコイン価格は9月5日、1日で1000ドル以上も下落した。米Goldman Sachsの仮想通貨トレーディングデスク開設計画撤回に関する報道が要因だったようだ。(2018/9/6)

「ロボット vs. 人間」という戦争は起こらない
ロボットの業務利用は避けられないのに、ロボット導入を物理的に阻害する3つの理由
「ロボットは仕事を奪う」という恐ろしげなニュースの見出しは無視しよう。実際に起こり得る展開とは、人間とロボットが相互成長することだ。だが、ロボットが普及するには3つの物理的制限がある。(2018/8/28)

マスクCEO、「Teslaはやはり上場企業のままに」と非公開化断念を説明
Teslaのイーロン・マスクCEOが、8月初旬にツイートした非公開化のアイデアを取り下げるとTeslaの公式ブログで発表した。多くの話し合いや徹底的な検討の結果、上場企業のままでいる方がいいと判断したとしている。(2018/8/26)

有望市場開拓に向けた課題
飛躍する商用ドローンサービス 農業や建設、通信での利用は?
商用ドローンサービスは、農業、建設、通信といった特定業界を横断する大きな需要があり、サービス事業者には専門知識が求められる。(2018/8/26)

連載 熱きシニアたちの「転機」:
“リーマンショック解雇”を機にフレンチの道へ 元外資金融マンが描く「第3の人生」
定年後を見据えて「攻めの50代」をどう生きるのか。新天地を求めてキャリアチェンジした「熱きシニアたち」の転機(ターニングポイント)に迫る。2回目はリーマンショックで「クビ」を告げられ、一念発起してビストロを開業した元外資金融マンの両角太郎さん(54)。(2018/7/19)

主要仮想通貨も軒並み上昇:
ビットコイン、急騰で約1カ月ぶり7000ドル台回復 要因は?
7月18日未明、ビットコイン価格がわずか1時間で10%近く上昇。約1カ月ぶりに7000ドル台を回復した。(2018/7/18)

「男子クラブ」:
「女性トレーダー求む」、金融業の男社会は変わるか
トレーディングの仕事に就こうとする女性は少ない。業界には「上昇志向の強い男社会」との評価が染み付いている。(2018/6/28)

「穴になる」というコンセプトが酷似 人気沸騰中のゲーム「Hole.io」にインディーゲーム開発者から“アイデアを盗られた”と嘆きの声
「Donut County」と「Hole.io」のコンセプトが酷似している。(2018/6/27)

12月には退任?:
「ビットコインは自分には合わない」 米GSのブランクファインCEOがまた批判
ビットコインに投資はしない、自分には合わない――6月19日に米ニューヨークで開催された経済イベント「Economic Club of New York」に参加した米Goldman Sachsのロイド・ブランクファインCEOが、再びビットコインに対する否定的な見方を示した。(2018/6/20)

後任はソロモンCOO:
米GSのブランクファインCEO、12月に退任 ビットコインには否定的だった……?
米Goldman Sachs(ゴールドマン・サックス)のロイド・ブランクファインCEO(最高経営責任者)が12月に退任し、その後任はデービッド・M・ソロモン社長兼COO(最高執行責任者)が務めると、The New York Timesが5月18日に関係者による情報として報じた。(2018/5/21)

Apple Payクレジットカード準備中? ゴールドマン・サックスと提携で
Appleは英バークレイズとの提携を解消し、ゴールドマン・サックスと手を結び、Apple Payクレジットカードを立ち上げる予定だという。(2018/5/11)

ゴールドマン・サックス、同社との関係装う仮想通貨詐欺に注意喚起
ゴールドマン・サックスとの関係を装う仮想通貨の投資勧誘などが報告されているとし、日本法人が自社サイトで注意喚起。元ゴールドマン・サックスのアナリストを名乗る瀬尾恵子という人物がICOを行うとしているが、この人物が同社に在籍した事実はないという。(2018/5/10)

トランプ政権の元国家経済会議委員長:
「世界的に台頭する仮想通貨はビットコインではない」 GS元社長コーン氏が語る
世界的に台頭する仮想通貨が現れるだろうが、それはビットコインではない――米Goldman Sachsの元社長兼COO(最高執行責任者)、ゲイリー・コーン氏は5月8日、米CNBCのインタビューの中で仮想通貨の未来について自身の見解を語った。(2018/5/9)

太陽光:
被災した高校跡地にメガソーラー、7700世帯分を発電
東日本大震災に伴う津波で被災した、宮城県名取市の高等学校跡地にメガソーラーが完成。年間7700世帯分の使用電力量に相当する発電量を見込んでいる。(2018/5/9)

新しいストーリーが必要:
熱狂冷めたビットコイン市場、大手参入で成熟に向かうか
乱高下を繰り返し、投資家をハラハラさせ通しだったビットコイン市場だが、専門家によれば、成熟が進み、比較的退屈な安定期へと向かっている可能性がある。(2018/5/8)

「Bitcoin Misery Index」は最低水準:
ビットコイン、一時9700ドル台まで回復 今が買い時?
米国の10年物国債利回りが3%まで上昇したことなどを受け4月24日のダウ平均株価は前日比424.56ドル安となった一方で、ビットコインは4月25日の朝方、ここ1カ月で最高水準となる9700ドル台まで一時上昇した。(2018/4/25)

Webはパスワードに依存しない、より安全で便利なものへ:
パスワードに依存しない認証「WebAuthn」をChrome、Firefox、Edgeが実装開始 W3Cが標準化
Google、Mozilla、Microsoftが「WebAuthn」の実装を開始。これによって「FIDO2」の普及が期待され、Webブラウザから指紋認証や顔認証などで簡単にWebサイトへのログインや支払いの承認といった操作が実現されそうだ。(2018/4/18)

なぜ?:
仮想通貨「相対取引」が拡大、Skypeで取引所回避
Skypeを介した仮想通貨の相対取引ビジネスが拡大している。(2018/4/4)

実力主義の企業が人気:
就活控える「東大生」の注目企業、2位はアクセンチュア 1位は……?
19年卒の東大生が、就活で注目している企業は?――Vorkers調べ。(2018/2/20)

軟着陸できるか:
日銀ETF購入の「出口」、市場が描く5つのシナリオ
日銀によるETF(上場投資信託)買いの「出口戦略」について、黒田東彦日銀総裁は慎重な姿勢を示したが、市場では依然思惑がくすぶっている。(2018/1/26)

「LINEで資産運用」実現へ “テーマ投資”のFOLIOと資本・業務提携
テーマを選んで分散投資できるサービス「FOLIO」がLINE上で展開へ。LINEとFOLIOが資本業務提携した。(2018/1/18)

Dropbox、上半期中に株式公開か──Bloomberg報道
クラウドストレージサービスのDropboxが米証券取引委員会に非公開で上場を申請したとBloombergが報じた。今年上半期の公開を目指すという。(2018/1/12)

2017年、開発者、プログラマー向け@IT記事、Facebookシェア数トップ20とは?
2017年も、開発者、プログラマー向けの話題がたくさんありました。本稿では、2017年の大きなトピックを振り返りつつ注目を集めた記事上位20本を紹介します。これを読んで2017年を俯瞰してはいかかでしょうか。(2017/12/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。