ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「求人サイト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「求人サイト」に関する情報が集まったページです。

2023卒の男女別就職人気ランキング 男性1位は「伊藤忠商事」、女性1位は?
学情は、2023年卒の学生に「就職人気企業ランキング」を調査した。男性部門の1位は「伊藤忠商事」、女性部門は「集英社」だった。「食品」業界はコロナ前から人気が高く、今回も男女ともに支持を集めた。(2022/1/18)

ITmedia Security Week 2021冬:
リクルートのセキュリティオペレーションセンターが大切にする“永続性”と“再現性”とは
組織として継続可能なセキュリティ対策に大切なことは何か。リクルートSOC/Recruit-CSIRTがITmedia Security Week 2021冬で講演した。(2022/1/18)

就職人気から占う今後のIT業界:
23年卒に聞く「希望の就職先」、漫画・アニメ人気で出版業界が躍進 上位だったIT企業は?
就職情報サイトを運営する学情が2023年卒業予定の大学生・大学院生を対象に就職したい企業を調査。漫画・アニメ人気で出版業界が躍進する中、どのIT企業が上位にランクインしたのか。(2022/1/17)

アイデムが調査:
正社員を希望する理由 「社会保険に加入できるから」を抑えて1位になったのは?
総合人材情報サービスのアイデムは「仕事探しに関するアンケート調査」を実施した。正社員雇用を希望する理由を尋ねた結果は?(2022/1/6)

20代のビジネスパーソンに聞く:
冬のボーナス「増えた」は15.7% 20代の7割が「賞与額で転職を検討」
20代専門の転職サイト「Re就活」を運営する学情が「冬の賞与」に関する調査を実施した。(2022/1/6)

大阪府、IT業務民営化検討 2023年度にも新会社設立
大阪府が庁内のIT関連業務を民営化させるため、民間企業と共同出資する新たな事業会社の立ち上げを検討している。“縦割り行政”を新会社が打破し、システムの調達から開発、運用までを統合。民間に比べて遅れているデジタル改革を加速させるのが狙いだ。(2022/1/5)

関連求人数は3.3倍に:
採用担当者が「職務経歴書の検索で注目したワード」 2位は「Webアプリ」、1位は?
ビズリーチは、企業の採用担当者が職務経歴書を検索する際に使用したワードで、昨年と比較し検索数が上昇したものを「2021レジュメ検索トレンド」として発表した。(2021/12/27)

学情調べ:
学生に聞いた「目指したい役職」 3位は「課長」、2位と1位は?
学情は、2023年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生に、「仕事観(新卒で入社した企業で勤めたい年数・目指したい役職)」を聞いた。新卒で入社した企業で「定年まで働きたい」と回答した学生は38.3%だった。(2021/12/27)

2021年のニュース振り返り:
米国が直面する「大退職時代」――若手人材を中心に、日本企業にも到来しそうなワケ
今、米国では多くの労働者が退職し、新たなキャリアを歩み始める「大退職時代」を迎えている。2021年のニュースを振り返るに、この波は日本にも到来しそうだ。特に、若手人材を中心に……(2021/12/27)

学情調べ:
企業選びで学生が重視すること 3位は「福利厚生の充実」、2位と1位は?
学情は、23年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生に、「就職活動における企業のビジョン・パーパス」を調査した。企業のビジョンやパーパスを「重視する」と回答した学生は、合わせて78.4%に上った。では、企業選びで重視することは?(2021/12/24)

月800万通のメールを削減
ディップの事例に学ぶSlack コネクト活用術 社内外コラボレーションの新たな形
求人情報サイト運営のディップは「Slack コネクト」を導入し、社内外のチームメンバーが集まって意見交換をするための場をオンラインに移行。導入までの道のりは。そして、どれだけの成果が得られたのか。(2022/1/11)

働き方の価値観に変化:
新型コロナ後の企業選びの軸は? トップは「希望の働き方ができるか」
エン・ジャパンは「新型コロナ後の企業選びの軸」についてアンケートを実施。その結果、38%が「変化があった」と回答した。企業選びの軸で重視するようになったことトップ3は……。(2021/12/22)

400人強に調査:
入社式は「リアル」と「オンライン」どちらを希望? 2022年入社に聞いた結果
就職情報サイトを運営する学情(東京都千代田区)は12月20日、「入社式・新入社員研修」に関するアンケート結果調査の結果を発表した。オンラインとリアルのどちらを希望しているのか。(2021/12/20)

ビズリーチ調べ:
年収1000万円以上の人が新しく挑戦したこと 3位は「資格取得」、2位と1位は?
転職サイトを運営するビズリーチ(東京都渋谷区)は、「ビズリーチ」会員を対象に、「職務経歴書の更新とキャリア観に関するアンケート」を実施した。年収1000万円以上の人が新たに挑戦したことは?(2021/12/17)

調査で判明:
女性に聞いた「事務職」のリアル 4位は「給与が低い」、トップ3は?
キャリアデザインセンターは、「女の転職type」会員を対象に「事務職」について調査を行った。事務職になってみたいという興味が「すごくある」と答えた割合は40.7%だった。(2021/12/16)

キャリアニュース:
「テレワークで給与減額」の場合、テレワーク希望者が約4分の1に
学情が「テレワークと給与」に関するアンケート調査の結果を発表した。テレワーク制度を「利用したい」と83.0%が回答したが、「給与が最大25%などの幅で減額される」という条件がついた場合は、テレワーク希望者が約4分の1になった。(2021/12/16)

10大セキュリティ事件2021 2位は東京五輪へのサイバー攻撃、1位は?
マカフィーが「2021年の10大セキュリティ事件」を発表。1位には、加盟店の名称など2000万件以上の情報が流出した可能性がある、電子決済サービス企業が利用するクラウドサービスへの不正アクセスがランクインした。(2021/12/14)

意識調査:
第一志望でない企業から「志望度は何番目?」と質問されたらどうするのか 2022年卒の学生に聞いた
学情は、2022年卒の学生を対象に「就職の意識調査」を行った。第一志望でない企業から志望度は何番目か質問された時に、35.5%の学生は「第一志望と回答しない」と回答するという。(2021/12/13)

500人に聞いた:
ボーナスで無駄遣いしたこと 女性の1位は「服・ファッションアイテム」、男性の1位は?
ビズヒッツは、ボーナスをもらったことがある男女に「ボーナスで無駄遣いしたことに関する意識調査」を行った。今までで最も無駄だったボーナスの使い道を聞いたところ、女性の1位は「服/ファッションアイテム」、男性の1位は「ギャンブル/宝くじ」だった。(2021/12/11)

3日以内に転職した人も:
入社後1カ月以内に退職したワケ 「仕事内容」や「社風」を抑えた圧倒的1位は?
ビズヒッツは、入社後1カ月以内に転職した経験のある人に「転職理由に関する意識調査」を実施。入社後すぐに転職した理由1位は「人間関係の不満」(133人)だった。(2021/12/9)

キャリアニュース:
リスキリングを約5割が実施、新たに身に付けたいITスキルは「データ解析」
「ビズリーチ」が、スキルを学び直す「リスキリング」に関する調査の結果を発表した。ビジネスパーソンの54.8%がリスキリングに「取り組んでいる」と回答した。「新たに身に付けたいITスキル」は「データ解析・分析」が最も多かった。(2021/12/9)

マイナビ、学生への「大東亜以下」メール謝罪 「件名に誤りがあった」
「不要な誤解を与える様なメールをお送りして大変申し訳ございません」と謝罪しています。(2021/12/8)

200人強に聞いた:
フリーターからの就職に役立った資格 1位は「簿記」、2位以下は?
ビズヒッツは、フリーターから資格を生かして就職した人に「就職活動で役立った資格に関する意識調査」を行った。フリーターからの就職に役立った資格1位は「簿記」だった。(2021/12/6)

約200人に聞いた:
介護職から異職種への転職理由 「収入アップのため」を抑えて1位になったのは?
求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、介護職から転職した経験のある191人を対象として、転職理由に関する意識調査を実施した。転職理由の1位になったのは?(2021/12/4)

202人に聞いた:
看護師が転職した理由 3位は「夜勤がツライ」、2位と1位は?
求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、転職経験のある看護師202人を対象に「転職理由に関する意識調査」を実施した。転職理由の上位にきたのは?(2021/12/3)

500人弱に聞いた:
働く女性、通勤服の悩み 3位は「温度調整が難しい」、1位と2位は?
ビズヒッツは、オフィスワークをしている女性に「通勤服の悩みに関する意識調査」を行った。女性の通勤服の悩みを聞いたところ、1位は「コーデがマンネリ」(122人)だった。(2021/11/30)

400人強に聞いた:
工場勤務から他職種に転職した理由 2位は「体力的にツライ」、1位は?
ビズヒッツは、工場勤務から他職種に転職した経験のある人に「工場勤務から他職種に転職した理由に関する意識調査」を行った。転職の理由1位は「仕事内容への不満」だった。(2021/11/29)

501人に聞いた:
「あったらうれしい福利厚生」ランキング 3位「旅行・レジャーの優待」、2位「特別休暇」、1位は?
求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、働く男女501人を対象に「あったらうれしい福利厚生に関する意識調査」を実施した。1位になったのは?(2021/11/26)

約400人に聞いた:
「転職を考えたきっかけ」ランキング 3位「仕事内容の不満」、2位「収入の不満」、1位は?
求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、転職を考えたことがある男女405人を対象に調査を実施した。その結果は?(2021/11/25)

500人に聞いた:
出張時にあるといいもの 2位は「ネックピロー」、1位は?
ビズヒッツは、出張経験のある男女を対象に「出張時のおすすめグッズに関する意識調査」を行った。出張時のおすすめグッズの1位は「アイマスク」(53人)だった。(2021/11/24)

20代の転職経験者の85.5%が「再度転職したい」 入社前に確認せず後悔したことは?
学情は、3年以内に転職を経験している20代に「今後の転職意向と転職を振り返り感じていること」について調査した。より希望に合致する企業があれば再度転職したいと答えた人は、85.5%に上った。なぜそのような回答が多いのか? 入社前に後悔したことを聞いたところ……(2021/11/24)

「中途入社はつらいと思うとき」 2位は「期待が大きい」、1位は?
ビズヒッツは、中途入社の経験がある男女に「中途採用はつらいと思うとき」に関する意識調査を実施した。3位は「先輩・上司が年下」、2位は「期待が大きい」となった。1位は?(2021/11/22)

600人弱が回答:
20代に聞いたコロナ禍の転職・就職活動への影響 最も意識するようになったのは?
コロナ禍で学生の転職・就職活動に起きた変化とは? 学情が20代に調査した。社会人経験3年以上や、社会人経験3年以内で異なる結果となった。(2021/11/20)

就職面接での逆質問、7割以上が「したことがある」と回答 何を聞いた?
ビズヒッツは、就職・転職時に面接を受けたことがある人に「面接での逆質問に関する意識調査」を実施した。73.6%が、面接で逆質問をしたことがあることが分かった。何を聞いたのだろうか? また、逆質問をしなかった人にもその理由を尋ねた。(2021/11/19)

雑談は大切:
会話できない職場は「ストレス」64% 心理的安全性を感じられる職場の特徴は?
「職場でコミュニケーションが取れている」と回答したのは6割――転職サイト「エン転職」を運営するエン・ジャパンが、9〜10月に同サイトのユーザー8948人を対象に実施したアンケート調査で、こうした結果が判明した。(2021/11/19)

「500万円以上」との声も:
20代の転職理由「年収アップ」「やりがいのある仕事」が最多 希望する年収は?
20代専門の転職サイト「Re就活」を運営する学情が、20代の仕事観や転職意識についてアンケート調査を実施した(2021/11/18)

500人に聞いた:
年収が1000万円あったらお金をかけたいこと 2位は「旅行/レジャー」、1位は?
ビズヒッツは、働く男女に「年収1000万円あったらお金をかけたいことに関する意識調査」を実施した。年収が1000万円あったらお金をかけたいこと1位は「家の購入・リフォーム・ローン返済」だった。(2021/11/18)

500人に聞いた:
自分の会社の好きなところ 2位は「休日のとりやすさ」、1位は?
ビズヒッツは、働く男女に「自分の会社の好きなところに関する意識調査」を行った。自分の会社の好きなところで1位だったのは「人間関係・雰囲気がいい」(194人)だった。(2021/11/17)

ビズヒッツ調べ:
仕事でやりがちなミス 「思い込みで作業」「見落とし」を抑え1位となったのは?
ビジネスパーソンはどのようなミスが多いのだろうか。ビズヒッツが全国の働く男女500人を対象に調査を実施した。(2021/11/16)

638人に聞いた:
「求人情報の内容を半分以上信じていない」女性が37.3% 信じない理由3位は「少し盛っていると思う」
キャリアデザインセンターは、女性会員を対象に「求人情報の見方」についてアンケートを行った。求人情報に書いてある内容を半分以上信じていない人は37.3%と、3人に1人いることが分かった。(2021/11/15)

大人になって始めた習い事 「英会話」や「料理」を抑えて1位となったのは?
求人情報サイトを運営するビズヒッツは、働く男女500人を対象に「大人になってから始めた習い事に関する意識調査」を実施した。(2021/11/11)

女性に聞いた「男性が育休を取るメリット」 5位は「日本の風潮を是正する」、トップ4は?
キャリアデザインセンターは、「女の転職type」の女性会員を対象に「男性の育休」についてアンケートを行った。男性が育休を取るメリットの1位は「子育ての喜び・大変さを知る」だった。(2021/11/9)

社会貢献したい:
「官公庁の仕事に興味がある」68.5% 仕事をしたい省庁1位は?
ビズリーチは、サイト会員を対象に「官公庁への転職意欲」に関するアンケートを実施。その結果、68.5%が「官公庁の仕事に興味がある」と回答した。最も興味がある省庁は……。(2021/11/9)

学情が調査:
採用担当者に聞く中途採用の動向 約半数が「拡大する予定」と回答
学情は、企業の採用担当者に「中途採用」に関するアンケートを行った。中途採用の計画について、50.7%が「拡大する予定」「どちらかと言うと拡大する予定」と答えた。その他、中途採用で実施したいフォローなどを聞いた。(2021/11/8)

不満1位は:
日本で働く外国人の早期離職率は28%、理由は?
ヒューマングローバルタレントは、エイムソウルとリフト(東京都と共同調査した「日本で働く外国籍人材の離職とモチベーションダウンに関する調査」の結果を発表。調査によると……。(2021/11/7)

学情が調査:
コロナ禍で仕事のモチベーションに「変化があった」 20代社会人の6割が回答
20代の社会人を対象に「コロナ禍での仕事への向き合い方」を調査した。57.1%がコロナ禍で仕事へのモチベーションに変化があったと答えた。その理由とは?(2021/11/4)

採用担当者が考えるWeb面接のデメリット 3位「通信トラブル」、2位「職場の雰囲気を伝えにくい」、1位は?
転職サイト「doda」を運営するパーソルキャリアは、8月〜9月に求職者、採用担当者を対象に実施したアンケートの調査結果を発表。採用面接は「Web面接」よりも「対面面接」を希望する求職者が多いことが分かった。(2021/10/29)

男女別の違いも:
新しい職場への不安 「自分のスキル」「社風」を抑えた1位は?
アイデムは、求人サイト利用者を対象に「仕事探しに関する調査」を実施した。新しい職場で働く際に不安なことで1位となったのは?(2021/10/29)

働きがいは:
中途社員の満足度が高い企業 2位「イッセイ ミヤケ」、1位は?
就職・転職サイト「OpenWork」を運営するオープンワークは、「新卒入社VS中途入社:それぞれの満足企業ランキング」を発表した。新卒入社、中途入社の満足度評価で差分が大きかった企業は……。(2021/10/28)

880人に聞いた:
女性がこれから取りたい資格 2位は「TOEIC/TOEFL」、1位は?
キャリアデザインセンターは、女性を対象に「資格」についての調査を行った。今後取りたい資格は何か、新型コロナウイルスの拡大が資格取得の意向度に影響したかなどを聞いた。(2021/10/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。