ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「HP Integrity」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「HP Integrity」に関する情報が集まったページです。

HP、無停止サーバにx86モデルを投入
ミッションクリティカル用途向けの「HP Integrity」にシリーズに、新しい無停止サーバプラットフォームとラックマウント型サーバを追加する。(2015/1/27)

Project Odyssey発表から3年:
日本HPが発表したx86 CPU採用のSuperdome Xとは
日本HPは、ミッションクリティカルサーバー「Superdome」シリーズの新製品、「HP Integrity Superdome X」を国内発表した。Itaniumに代えてx86を搭載するとともに、HP-UXに加えて汎用Linuxでもミッションクリティカルな運用ができるようにしている。(2014/12/10)

ビッグデータ分析対応のノンストップサーバ新モデル、日本HPが発売
「HP Integrity NonStop」サーバのエントリー新モデルとリアルタイム複合イベント処理の新ソフトウェアを発表した。(2014/5/13)

無停止型サーバソリューションの新モデルを発表 日本HP
日本HPは、無停止型サーバソリューションの新ハイエンドモデル「HP Integrity NonStop BladeSystem NB56000c」を発表した。(2013/10/1)

製品動向:
データベース性能最大化を目指したHPブレードサーバ「NB56000c」 移行アセスメントも実施
 日本ヒューレット・パッカードはデータベースの処理性能最大化を目指した無停止サーバのハイエンドモデル「HP Integrity NonStop BladeSystem NB56000c(以下、NB56000c)」を発表した。同時に「NonStop SQL移行推進プログラム」を開始、他社データベースサーバから同製品への移行促進を図る。(2013/10/1)

日本HP、Integrityサーバで利用するJava基盤ソフトを発表
無停止サーバで利用可能な新製品「NonStop Application Server for Java」と、新製品の拡販を推進する「HP NonStopプレミアムパートナー・プログラム」を新たに提供する(2013/5/28)

HP-UXサーバをより長く使えるシステムに、日本HPが新製品と施策を展開
日本HPがItanium 9500プロセッサ搭載の「HP Integrity」サーバ新製品を発表。HP-UXを採用する国内4社とコンソーシアムを結成した。(2012/11/28)

日本HP、無停止サーバのエントリーモデルを発売
「HP Integrity NonStop」の新製品として、高信頼性を確保しつつ低価格化を図ったエントリーモデルを投入する。(2012/9/27)

日本HPら、Itanium 9300番台搭載サーバ群を発表――「Itaniumのロードマップは力強く推進」とインテル吉田社長
日本HPはミッションクリティカルシステム「HP Integrity」製品群について、Itanium 9300番台を搭載する形で刷新。インテル吉田社長は「Itaniumのロードマップは力強く推進」とした。(2010/4/27)

NEWS
日本HP、無停止サーバのエントリーモデルをリリース
日本HPが無停止サーバソリューション「HP Integrity NonStopサーバー」のエントリーモデルを発表。低価格設定と値引きキャンペーンで、無停止サーバの新たなユーザー層開拓を図る。(2009/3/27)

マルチベンダの統合でITコスト30%削減:
「ITコスト削減に寄与」、HPがIntegrityサーバへの移行支援策
(2009/2/24)

NEWS
日本HP、最大4プロセッサ搭載可能なIntegrityブレードサーバ最新機種
デュアルコアItanium 9100番台を最大4プロセッサ8コアまで搭載可能なHP-UX対応「HP Integrity BL870cサーバブレード」を発売し、高信頼UNIXをブレードサーバで積極展開する。(2008/2/25)

NEWS
日本HP、HP Integrityサーバ製品に新デュアルコア Itanium プロセッサを搭載
フロントサイドバスの高速化、DBSによる省電力機能の強化が図られた新デュアルコア Itanium プロセッサの搭載により、パフォーマンスの向上、消費電力の削減が可能に(2007/11/9)

日本HP、「Itanium9100番台」をサーバ製品に搭載
Itaniumの拡大を推進する企業連合「Itanium Solution Alliance」の一員である日本HPは、最新のItaniumプロセッサを搭載したサーバ製品「HP Integrity」シリーズを発表した。(2007/11/9)

新たに生じる厳しい要件に対しNonStopサーバが果たす役割とは
次世代EDI規格への移行に乗り遅れるな
現在、流通業界などを中心として、次世代EDI標準への対応が大きな流れとなっている。次世代EDIにおいて強く求められる要件は、24時間365日の稼働とリアルタイム処理だ。このEDIの分野で、HP Integrity NonStopサーバは重要な役割を果たす。(2007/10/30)

止まらない、という絶対価値:
PR:「丸井のエポスカード」を支える高信頼システムの秘密とは?
カード事業を支えるシステムは、ミッションクリティカルな分野の代表格である。24時間365日の稼働とリアルタイム処理が求められ、たとえサーバを更新する際にも基本的には停止が許されない。「エポス(EPOS)カード」を提供するマルイグループでは、その要件を満たすため、HP Integrity NonStopサーバをシステムの中核や関連機能部分に採用している。(2007/10/25)

TIBCO+HP協業の第2段階「iProcess Suite」+「HP Integrityサーバ」
最先端ミドルウェアとオープン系最強マシンでSOA/BPMに最適なIT基盤を
日本ティブコソフトウェア(TIBCO)と日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は協業を拡大させる。新技術「サービス仮想化」を含む日本TIBCOのSOA/BPMフレームワークと高信頼で拡張性の高い日本HPのHP Integrityサーバをマッチングし、SOA/BPM最適基盤を誕生させた。(2007/7/31)

止まらない、という絶対価値:
PR:もはや「待ったなし」の次世代EDIを実現するシステムとは
今後のEDIに求められる要件は、24時間365日の稼働と、リアルタイム処理だ。特に流通業界などでは、次世代EDI標準への対応が大きな流れとなっている。HP Integrity NonStopサーバは、このEDIの分野でも重要な役割を果たす存在だ。(2007/7/5)

止まらない、止めなくていいという絶対価値:
PR:四半世紀もの間「止めない」運用に取り組んだ経験者が語る「匠を育てるプラットフォーム」
HP Integrity NonStopサーバは、多くのクレジットカードの24時間取引を支えてきた。その歴史は実に25年近くにも及ぶ。日本総研ソリューションズ執行役員CTOの森陽一氏は、「約四半世紀の間、NonStopサーバと共に無停止サービスを実現するシステム課題に取り組んだからこそ、自身の技術者としての成長があった」と話す。(2007/6/22)

止まらない、という絶対価値:
PR:事業を継続し、企業価値を高めるシステムとは
止まらないシステムを実現するHP Integrity NonStopサーバ。そこに込められているのは、「事業継続性を向上させることが企業価値を高めることにつながる」というHPのメッセージだ。(2007/5/30)

ミッションクリティカル領域のブレードサーバは、何が違うのか
4月18日、日本HPはブレードサーバ新製品「HP Integrity BL860c Server Blade」に関して、セミナーでその詳細を紹介した。(2007/4/23)

HyperionとHP Integrityでリアルタイム管理会計の世界へ:
PR:激化する市場競争 デンセイ・ラムダが挑むリアルタイム管理会計
標準電源装置などを開発・製造・販売をしているデンセイ・ラムダは、BIツールをCPMとして活用する企業だ。競争の激しい市場環境の中では、リアルタイムの管理会計が求められる。同社がそのプラットフォームとして選択したのは、64ビットに対応した「Hyperion System 9」の多次元データベース「Essbase Analytics」と「HP Integrityサーバ」だった。(2007/4/9)

日本HP、データベースに適したUNIX対応ブレードサーバを発表
日本HPは、HP BladeSystemの新製品「HP Integrity BL860c Server Blade」を4月1日より出荷開始する(2007/3/13)

日本HP、Integrityサーバのエントリーモデルを発売
日本HPは、ItaniumベースのUNIXサーバへの移行に対応したエントリーサーバを発売した。導入費用を抑えるキャンペーン価格で提供する。(2007/1/24)

Cognos 8 BI×HP Integrityサーバ
PR:エンタープライズBIを実現する最適解
全社規模でBIシステム基盤を構築するエンタープライズBIが注目されている。そこでは、データウェアハウスやデータマートを対象とするだけでなく、標準プラットフォームとしてリアルタイム性や変化への柔軟な対応も求められる。Cognos 8 BIとHP Integrityサーバは、そのための最適解となるはずだ。(2006/9/28)

“過去”からの脱却――エンタープライズ・サーバー選択の新常識
PR:HP Integrityサーバの新たな胎動――新エントリーサーバの実力
HP Integrityサーバのラインアップにデュアルコア インテル® Itanium® 2 プロセッサ9000番台を搭載したモデルが追加された。比類なき実力を備えた新エントリーサーバの特徴とHP Integrityサーバが持つ価値を再確認してみよう。(2006/9/26)

“過去”からの脱却――エンタープライズ・サーバー選択の新常識
PR:エッジ技術が今とその先をつなぐ、SOAで時代を先導するBEAシステムズ
無線ICタグ、非接触型ICカードなどのRFID技術、これらがサプライチェーン、マーケティングなどにもたらす革新性が注目されている。BEAシステムズは、“Edge-to-Enterprise”のコンセプトの下、差別化された事業戦略を実現する最良のIT基盤を提案している。最新のデュアルコア インテル® Itanium® 2 プロセッサを搭載したHP Integrityサーバとのコンビネーションによる同社のソリューションをひもといてみよう。(2006/9/25)

BEA WebLogic Server、HP Integrityで世界最速を記録
Javaアプリケーションサーバベンダーが競う実行パフォーマンス。米BEAはIBMを抜いて首位に立った。(2006/9/14)

元麻布春男のマシンレビュー:
HP Integrityサーバシリーズの新ラインアップからItaniumの未来を読む
x86プロセッサの高性能化により、性能面でのアドバンテージが少なくなってしまい、将来を疑問視されることもあるItaniumだが、2006年4月にHPが発売した機種を見る限り、メリットや性能以外の部分ではアドバンテージがあると見える。今回は、HPがIntegrityシリーズのラインアップから、Itaniumの現状と将来を見てみよう。(2006/7/19)

ホワイトペーパー:
【事例】大幅パフォーマンス向上、72時間から2時間へ!
HP Integrityサーバを導入し、顧客データ分析のパフォーマンスが飛躍的に向上したAmerican Healthways社の事例を紹介する。(2006/7/12)

データ統合が高める企業の競争力:
PR:Informatica+HP Integrityサーバが加速させる大規模データ統合
情報を企業の競争力に変えるには、全社規模でデータを統合する必要がある。さまざまなシステムにデータが断片化して存在しているようでは、高まるコンプライアンスの要求を満たせないだけでなく、企業の成長を妨げる要因となる。Informatica®とHP Integrityサーバは、企業のデータ統合を加速させる。(2006/6/22)

“過去”からの脱却――エンタープライズ・サーバー選択の新常識
PR:ビジネス変革の切り札--TIBCOのリアルタイムソリューション
日本版SOX法の施行を前に、BPMの略語で知られるビジネスプロセス管理ソリューションが注目されている。その先駆者であるTIBCO Softwareでは、インテル® Itanium® 2プロセッサを搭載するHP Integrityサーバの突出した機能性をプラットフォームとするリアルタイムソリューションへと歩を進めた。同社の最新のビジネス統合ソリューションについて聞いた。(2006/6/6)

“過去”からの脱却――エンタープライズ・サーバー選択の新常識
PR:HP Integrityサーバが加速させる企業内知識継承
これまで本連載では日本ヒューレット・パッカードとインテルの協業で生まれたHP Integrityサーバの特徴を紹介してきた。今回は、HP Integrityサーバの機能を十二分に生かすことができるソリューションの1つを紹介する。2007年問題や人材の流動化の課題に応えるソリューションとして3月に知識継承ソフトウェア「KnowledgeMeister Succeed」をリリースした、東芝ソリューションに話を聞いた。(2006/5/25)

“過去”からの脱却――エンタープライズ・サーバー選択の新常識
PR:ついに登場した新チップセット「HP sx2000」、その魅力を探る
日本HPがこのたび発表したハイエンドセルベースサーバ向けチップセット「HP sx2000」は、HP Integrityサーバを新たな次元へと導くであろうことに疑いの余地はない。ここでは、標準技術とイノベーションが融合した結果に誕生したHP sx2000の強化点を紹介する。(2006/4/27)

日本HP、新チップセット「HP sx2000」搭載のIntegrityサーバを投入
日本HPは、独自開発の新チップセット「HP sx2000」を初採用したItanium 2搭載「HP Integrity」サーバ3機種の販売・出荷を開始した。(2006/4/18)

Oracle、Itanium搭載HPサーバのサポート拡大
Oracleは、Itaniumを搭載したHP Integrityサーバのサポートを拡大し、Oracle E-Business Suiteを対応させる。(2006/3/3)

“過去”からの脱却――エンタープライズ・サーバー選択の新常識
PR:“場当たり”的なサーバ選びから脱却せよ!――HP Integrityサーバの実力
日本ヒューレット・パッカードは、現在、3つのサーバ製品群を持つ。このうち、インテル® Itanium® 2プロセッサを搭載した「HP Integrityサーバシリーズ」は、なぜエンタープライズサーバ領域で高い支持を得ているのか? その理由と、同製品の今後について聞く。(2006/3/1)

日本HPとNRI、基幹業務システム構築サービスを共同提供
日本HPとNRIは、無停止型サーバ「HP Integrity NonStop」とNRIの「オブジェクトワークス」を組み合わせた基幹業務システム構築サービスの提供を開始した。(2006/1/25)

“過去”からの脱却──エンタープライズ・サーバー選択の新常識
PR:インテル® Itanium® 2 プロセッサ×HP Integrity特別対談
1994年、Hewlett-Packard(HP)とIntelが共同で開発を始めたアーキテクチャ「EPIC」(Explicitly Parallel Instruction Computing:明示的並列命令コンピューティング技術)をベースとしたインテル® Itanium® プロセッサも世代を追って性能と完成度が高まり、今やItanium® 2 プロセッサ搭載システムの出荷金額は、RISC搭載システムのそれを凌駕する。2006年には、Itanium® プロセッサ ファミリでは初めてとなるデュアルコアプロセッサも登場し、HPの「3 OS戦略」や「仮想化技術」などがその性能をさらに引き出す。日本HPでエンタープライズ事業を統括する松本芳武執行役員とインテルでマーケティングを統括する阿部剛士本部長に話を聞いた。(2006/1/18)

「小規模サーバでも仮想化を」、日本HPが仮想化製品群を強化
日本HPは、ソフトウェアパーティショニングを実現する「HP Integrity Virtual Machines(VSM)」をはじめとする新製品をリリースし、仮想化技を強化した。(2005/11/29)

「NonStopはやめません!」、HPがItanium2搭載サーバ発表
日本HPは、Itanium2プロセッサを搭載し、三重化構成によって信頼性の向上を図ったノンストップサーバ「HP Integrity NonStopサーバ NS16000」を発表した。(2005/5/31)

「メインフレームとオープンシステムのいいとこ取り」──日本HP、Superdome上でLinuxをサポート
日本HP、「HP Integrity Superdome」上でLinuxをサポートするとともに、ミッションクリティカルシステムの構築体制を強化したことを明らかにした。(2005/4/5)

Integrityサーバ新モデルを投入したHP、関連売り上げは10億ドル突破
HPが「Integrity」サーバのミッドレンジおよびハイエンドモデルを発表した。SQL Serverユーザーの声に応え、Windowsサーバでは初めて従量課金モデルを用意する。(2005/1/18)

日本HP、Itanium 2搭載サーバ6製品を発表
日本HPは、最新Itanium 2プロセッサを搭載した「HP Integrity」サーバ6製品を発表した。(2004/11/9)

日本HPが64ビットコンピューティング環境の最前線を説く
日本HPは、9月15日にテクノロジーセミナー「HP Integrity Technology Forum 2004 Autumun」を開催する。同セミナーでは、64ビットコンピューティング環境に関する最新情報が集約されるため、情報を整理するのに最適だ。(2004/9/8)

UNIX USER9月号「unixuser.jpサーバー構築記」より転載:
名前解決の設定確認――第2回 HP-UXのセキュア設定(その1)
編集部のWebサイトwww.unixuser.jpは現在HP Integrity rx1600&HP-UX 11iv2で運用している。前回に引き続き、インストール直後のセキュリティ設定を中心に紹介していこう。(2004/8/9)

UNIX USER8月号「unixuser.jpサーバー構築記」より転載:
インストール直後の環境整備――第1回 IA64とHP-UX(その3)
前回までで、IA-64のHP Integrity rx1600にHP-UX11iv2をインストールした。今回は、インストール直後の環境の整備を行う。XアプリをSSH経由で表示させる方法についても紹介していく。(2004/7/14)

UNIX USER8月号「unixuser.jpサーバー構築記」より転載:
HP-UX 11iv2のインストール――第1回 IA64とHP-UX(その2)
編集部のWebサイトとして「www.unixuser.jp」を運営しているが、2004年7月からIA-64のHP Integrity rx1600にHP-UX11iv2を導入して運用することになった。64ビット化が旬ないま、具体的な作業内容を基に、今回から数回にわたって安定稼働している64ビットOS環境の構築ポイントを解説していく。(2004/7/12)

UNIX USER8月号「unixuser.jpサーバー構築記」より転載:
より身近な64ビット時代へ――第1回 IA64とHP-UX(その1)
編集部のWebサイトとして「www.unixuser.jp」を運営しているが、2004年7月からIA-64のHP Integrity rx1600にHP-UX11iv2を導入して運用することになった。64ビット化が旬ないま、具体的な作業内容を基に、今回から数回にわたって安定稼働している64ビットOS環境の構築ポイントを解説していく。(2004/7/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。