ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「インターンシップ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「悪い仲間と繋がらないように」心配する母に息子が送ったメッセージに12万いいね 「これはこれで心配だわw」「とにかく寂しい安村」
安心かなぁ……。(2024/4/20)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
なぜ、すぐに「辞めます!」という新入社員が増えているのか
「入社前に聞いていた話と全然違う 」――そんな理由で、入社早々に会社を辞める新入社員が話題を集めている。なぜ、すぐに辞める新人が増えているのか。元凶は、どこにあるのだろうか?(2024/4/12)

Go AbekawaのGo Global!〜アゼストの張さんfrom中国(後):
「床で寝る」って日本の人に言ったら、びっくりされた
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回もアゼストでデータの分析や機械学習の研究などに従事する張 志穎(チョウ・シエイ)さんにお話を伺う。業務経験を積み、少しずつ日本での仕事にも慣れてきた張さんが「日本人はすごいな」と思うところとは。(2024/4/2)

「配属ガチャ」対策を進める企業が、一度立ち止まって考えるべきコト
「配属ガチャ」対策を進める企業が増えてきた。希望通りに働けることは良いことだが、配属ガチャ対策を進める企業は、今一度立ち止まって考えるべきコトがあるのではないかと、筆者は考える。(2024/4/1)

地場ゼネコンのDX:
「建設業のICT投資は今が好機」と語る、インフラDX大賞を受賞した地場ゼネコン「金杉建設」が抱く危機感とは
埼玉県に本社を置く地場ゼネコンの金杉建設は、ドローンや3Dスキャナー、ICT建機などのデジタル技術に早期に着目し、2015年から施工現場への積極的な導入と内製化を進めてきた。2023年2月には、その取り組みが評価され、「インフラDX大賞」の国土交通大臣省を受賞。これまでの挑戦とデジタル技術活用にかける思いについて、金杉建設 代表取締役社長 吉川祐介氏に聞いた。(2024/3/28)

ソフトウェアにはどのドメインにも適用できる力がある:
宇宙ビジネスをソフトウェア開発で支える「ドメイン駆動でキャリアをつむぐ男」
本が好き。音楽が好き。でも、ドメインにコミットして複雑な仕組みを整理してソフトウェアに落とし込むことはもっと好き。(2024/4/2)

小寺信良のIT大作戦:
就活の自己アピールにも生成AIの影 “就活ハック”はどこまで許されるのか?
企業の新卒採用者に対する調査によれば、履歴書やエントリーシートだけでは学生の個性やスキルの程度が分かりにくいということが課題になっているという。昨今はプレゼンスライドや自己PRビデオといった、デジタルポートフォリオの提出も好意的に受け止められている。しかし就活にも生成AIが浸透してくる可能性がある。(2024/3/19)

転職の理由、約6割が「企業風土・カルチャーが要因」 ミスマッチを防止するには?
Uniposが調査結果を発表した。転職や就職における、企業風土の影響を調べた。(2024/3/14)

電動化:
シェフラーが米国に新工場、2.3億ドル投資して電動アクスルなど生産
シェフラーは電動アクスルなど自動車の電動化部品を生産する新工場を米国オハイオ州に建設する。(2024/3/7)

株式会社LabBase:
PR:理系学生719人の調査で見えた就職活動動向、人材獲得で押さえたいポイントとは
あらゆる業界で人材難が深刻化する今、学生の応募の動機となる自社への興味を、企業はどのように喚起すればよいのか。2025年卒業予定の理系大学院生を対象とした調査から、就職活動の傾向や、現場社員が知るべきポイントを探る。(2024/3/6)

Go AbekawaのGo Global!〜テッテさんFromミャンマー(後):
私には「日本の文化」がインストールされている
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回もMicoworksでマネジメントをしながらブリッジエンジニアとしても活躍するHtet Htet Lwin Thein(テッテ・ルウィン・ティン)さんにお話を伺う。「私がなりたいものは、私が選ぶ」。大学時代に身に付けたマインドセットの下、今日も彼女はチャレンジを続ける。(2024/3/12)

松尾研究所、テックブログを開設 エンジニアなど募集中
東大の松尾・岩澤研究室とビジョンを共有する企業・株式会社松尾研究所がテックブログを開設した。(2024/2/26)

マイナビが調査:
学生は「インターン」にもタイパを求めるのか? 加速する就活準備の前倒し
25年卒の9割がインターンシップ・仕事体験に参加した経験があるーー。そのような結果が、マイナビ(東京都千代田区)による調査で明らかとなった。就活準備の前倒しが進んでいる中、25年卒の就活の実態とは。(2024/2/24)

大学生のインターンシップ参加率、過去最高85.7% マイナビ調査
大学生のインターンシップ・仕事体験の参加率が過去最高となったことが、就職情報会社マイナビの調査で分かった。(2024/2/23)

製造マネジメントニュース:
マツダが六本木に新拠点、異業種との共創や採用活動に注力
マツダは東京都港区六本木に新たな価値創造に取り組む仲間づくりの場「マツダイノベーションスペース東京」を開設した。(2024/2/19)

7割が女性:
社員16人→200人超に “知名度ゼロ”で新潟に進出したネット広告会社「5年間の成果」
ネット広告事業を手掛けるデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)が新潟市に進出してから5年。新潟オフィスの現在の社員数は200人を超え、うち約7割が女性である。進出の成果を読み解いた。(2024/2/14)

25卒文系に聞いた就職人気企業 「住友商事」「三菱商事」を抑えた1位は?
学生が就職したい企業とは。産経新聞社とワークス・ジャパンが調査を実施した。(2024/2/1)

就活の情報収集いつから始めた? 25年卒730人に聞いた
学生は就職活動の準備やインターンシップについて、どのように考えているのか。学情(東京都千代田区)が調査を実施した。(2024/1/25)

その先にまだ知らないことがたくさんある:
「セキュリティ・ジュニアキャンプ」から見えた、人材育成における“コミュニティー”の存在意義とは
20年にわたって継続してきたセキュリティ・キャンプには、どんな意義があるだろうか。中学生など低年齢層を対象に、若い世代に伸び伸びと学んでもらう場として開催されている「セキュリティ・ジュニアキャンプ」を中心に“コミュニティー”の存在意義を探る。(2024/1/25)

「労働コストの危機は限界点に」:
2024年に人事責任者が取り組むことになる事象トップ9を発表、Gartner
Gartnerは、企業の人事リーダーが2024年以降に組織を適切に配置するために取り組む必要がある事象の予測トップ9を発表した。人事リーダーは2024年、テクノロジーの進歩や従業員の緊張といった、変化するダイナミクスに対処する必要があるという。(2024/1/22)

AIドリームチーム「Sakana.ai」が人材募集 AWS・GCPや日本産HPCインフラの利用経験があるエンジニアなど 設立者は元Googleトップ研究者ら
元米Googleの著名な研究者、リオン・ジョーンズ氏とデビッド・ハー氏らが東京で立ち上げたAI企業Sakana.ai(東京都港区)が、ITエンジニアやビジネスアナリストといった人材の募集を始めた(2024/1/18)

セキュリティニュースアラート:
OffSec、2024年に注意すべき5つのサイバー脅威を発表
OffSecは2024年に注意すべき5つのサイバーセキュリティ脅威を発表した。どのような対策を講じればいいのかもまとめられている。(2024/1/16)

セキュリティニュースアラート:
原因はGoogleドライブの設定ミス エイチームが個人情報漏えいの調査結果を発表
エイチームはGoogleドライブのファイルの一部が外部からアクセス可能な状態にあったことを発表した。1369件の個人情報含むファイルに漏えいの可能性があり、対象者は93万5779人に上るとされている。(2023/12/25)

エイチーム、Googleドライブで設定ミス 約94万人分の情報が「リンクを知っていれば誰でも閲覧できる状態」に
エイチームが、12月7日に発表した個人情報漏えいの可能性について、詳細な調査の結果を公開した。オンラインストレージ「Googleドライブ」の情報公開設定にミスがあり、顧客や取引先、退職者など93万5779人の情報を含むファイル1369件が、リンクを知っていれば誰でも閲覧できる状態だったという。(2023/12/21)

千葉の国立木更津高専にサイバー人材育成拠点、出前授業や企業アドバイザーにも
サイバー攻撃の脅威に対抗し、独立行政法人国立高等専門学校機構はインターネット関連の最先端の技術を磨き、攻撃を防げる人材の育成に乗り出した。(2023/12/18)

Go AbekawaのGo Global!〜Thidar Win(後):
日本語は「西野カナ」が教えてくれた
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回もトリニティのThidar Win(ティダーウィン)さんにご登場いただく。日本に来て困ったことは「日常会話」と「日本の慣習」だった。(2024/1/12)

体系的な知識が「自信」と「キャリアアップ」につながる:
PR:非エンジニアがAWS認定資格を取るべき「2つのワケ」は?
「AWS認定資格はエンジニアのためのもの」という認識は古くなりつつある。「DX」と「SX」によりワールドワイドで社会課題を解決するリーディングカンパニーであるTOPPANホールディングスでは全社的に同資格の取得を推進している。AWS認定資格取得で得られる「全社的なIT知識の底上げ」が個々の従業員のキャリアアップと事業にもたらすメリットとは。(2023/12/25)

ヤマネが実践した、"面接以外"で役立つAI面接の意外な使いどころとは?
ヤマネホールディングスは対話型AI面接サービスSHaiNを活用している。同社は面接以外でこのAI面接ツールを活用しているという。(2023/12/8)

世界トップ級の日本語能力:
NEC責任者に聞く「生成AIの勝機」 マイクロソフトCEOとの会談で下した決断とは?
「生成AIをブームで終わらせたくない」と意気込むNECの吉崎敏文CDO(チーフ・デジタル・オフィサー)に開発方針などを聞いた。(2023/12/7)

早期転職にポジティブな印象:
新卒の4人に1人が「5年以内に退職」 何が嫌で辞めた?
レバレジーズが運営する「ハタラクティブ」による調査によると、直近5年間に新卒として入社した人のうち、26.2%が既に退職していることが明らかとなった。退職を考えるきっかけとなった理由とは。(2023/11/20)

大学1・2年生が選ぶ「就職したい企業」 「地方・国家公務員」を抑えた1位は?
大学1、2年生が就職したいと思う企業について、リスクモンスター(東京都中央区)が調査を実施した。(2023/11/18)

Gartner Insights Pickup(326):
公共機関における生成AI利用の意義と課題
公共機関はAI(人工知能)技術への理解を徐々に深めており、サービス提供の改善に向けて投資を増やしている。だが、「ChatGPT」のようなモデルによる生成AIの台頭に伴う課題が生じており、新たなマインドセットが必要とされている。(2023/11/17)

24卒採用を「終われない」企業が増加 担当者は学生の何に不満?
マイナビ(東京都千代田区)が実施した「マイナビ 2024年卒企業新卒内定状況調査」によると、24年卒の採用充足率は8割を下回り、過去最低となったことが明らかになった。採用業務における課題とは。(2023/11/15)

両足が無く安楽死寸前だった鳥 義足でうれしそうに歩く姿に命の尊さを感じる【海外】
元気になってよかった。(2023/11/13)

就活生が「タイパ悪い」「残念」と感じる、企業の対応とは?
25年卒の学生は「タイパ」(タイムパフォーマンス)をどう捉えているのか。学情(東京都千代田区)が調査を実施した。(2023/11/8)

2025年卒対象:
エンジニア学生が選ぶ「希望の就職先」 1位「ソニーグループ」、2位以下は?
エンジニアでの就職を希望する2025年卒予定の学生はどの企業に対する志望度が高いのだろうか? トップ30のランキングを発表した。(2023/11/7)

ワクワクを原動力に! ものづくりなヒト探訪記(9):
誰もが3Dフードプリンタを使える世界に、パーソナルで新鮮な食体験創造を目指すスタートアップ
本連載では、新しい領域にチャレンジする中小製造業の“いま”を紹介していきます。今回は3Dフードプリンタを用いて新たな食領域を開拓するByte Bitesさんを取材しました。(2023/11/1)

オンラインVS.リアル 満足度が高いインターンの開催形式はどっち?
25年卒学生は、インターンシップやオープン・カンパニーについて、どのような意識を持っているのか、学情(東京都千代田区)が「インターンシップの参加形式」について調査を実施した。(2023/10/30)

就活解禁守って、“オワハラ”しないで……東大、就活めぐり企業に要請 SNSで「大学は就活予備校じゃない」など反響
就活が学業の妨げにならないよう、採用選考活動開始時期より前に採用の内々定を出さないことなどを求めています。(2023/10/26)

建設業界に一石を投じるICTインターンシップ:
千葉の地場ゼネコン「旭建設」が“新卒の離職率ゼロ”にできたワケ
千葉県内で地域密着型の建築工事を展開する「旭建設」が企画している学生向けインターンシップ。学生で参加した直近4年の新入社員は、現時点で離職率ゼロだという。地場ゼネコンが若年層にどのように建設業の魅力を伝え、人材確保につなげているか、ワークスモバイルジャパンなどの建設ICTベンダーも参画する業界では珍しいインターンシップを取材した。(2023/10/26)

25卒学生が「秋冬インターンに求めるもの」とは? 夏季との“明確な違い”
25年卒の夏インターンへの参加率が93%に上ったーー。そのような結果が、ポートの完全子会社である就活会議(東京都新宿区)による「インターンに関するアンケート」で明らかとなった。(2023/10/24)

Go AbekawaのGo Global!〜Paul McMahon(後):
日本人は「なぜこのコードを書いているのか」をおろそかにしがち
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回もTokyoDevを運営する、Paul McMahon(ポール・マクマホン)さんにお話を伺う。多くの企業と国際的なソフトウェアデベロッパーをつないできた同氏が語る「日本企業が海外のソフトウェアデベロッパーを欲しがる理由」とは。(2023/10/17)

Go AbekawaのGo Global!〜Paul McMahon(前):
「最悪のシナリオ」と「最高のシナリオ」に大きな違いがないならリスクがある方を選ぶ
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はTokyoDevのPaul McMahon(ポール・マクマホン)さんにお話を伺う。勉強は決して得意な方ではなかったが、性に合うもの、興味があるものを追いかけることでソフトウェアデベロッパーとしてのスキルをポールさんは身に付けていく。(2023/10/16)

学生同士の「いいね」で採用? 三井住友海上「DAO型採用」、その画期的な仕組み
学生同士や社員からの「いいね」が内定につながる──そんな新たな採用手法を、三井住友海上火災保険が取り入れる。社員と学生の「いいね」の重みには差を付けず、平等に評価し合うというが、果たして“ライバル関係”の学生同士で公正な評価につながるのだろうか。その仕組みとは?(2023/10/18)

今日のリサーチ:
SaaS企業の新卒採用事情――エムエム総研調査
インターンや内定者インターンの受け入れを積極的に行っているSaaS企業が多いようです。(2023/10/17)

“ガクチカ”の代わりに“オタ活”でアピール カヤックが「推しプレゼン採用」
エントリーシートの代わりに“推しへの愛のプレゼン”で応募できます。(2023/10/16)

新社会人が「給与」以外で重視したこと 「福利厚生」超えた1位は?
現在、社会人1〜3年目の若手は、企業に応募する際にどのような項目を重視したのだろうか。総合人材サービスのマンパワーグループ(東京都港区)は男女400人の新社会人を対象に調査を実施。「給与」以外で上位に挙がったのは、どのような項目なのか。(2023/10/13)

働き方の見取り図:
政府の雇用支援、どれも上すべり 賃金アップ、年収の壁解消……真の目的は「現状維持」?
リスキリングの推進に5年で1兆円の予算を注入する、最低賃金1500円を目指す――矢継ぎ早に打ち出される政府の施策は、本当に働き手が効果を実感できるものなのか。(2023/10/11)

株式会社LabBase提供ホワイトペーパー:
PR:インターンで「化学系院生」を引き付ける、人事担当以外にこそ知ってほしい秘訣
優秀な人材を獲得するには、ターゲット層が就活で何を求めているのか、人事担当以外も熟知しておく必要がある。「化学系院生」の就活動向調査から、学生を引き付けるインターン設計など、採用を成功に導く秘訣を探る。(2023/10/3)

25年卒に聞いた:
インターン人気企業ランキング 3位「NTTデータ」、2位「資生堂」、1位は?
楽天グループは、2025年卒業予定の学生を対象に調査した「インターン人気企業ランキング」を発表した。1位に選ばれたのは?(2023/10/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。