ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「インターンシップ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ヤフー“完全オンライン”の就業型インターン 検索サジェスト機能改善など91コース
ヤフーが、完全オンライン形式のインターン募集開始。最長3カ月のエンジニア向け長期コースなど91コースを用意。(2022/5/20)

SNS世代の就活:
就活が「マッチングアプリ化」している? 就職人気企業ランキングに見るコロナ禍中のトレンド
就職人気企業ランキングの上位に共通することはあるのだろうか。調査担当者は「コロナ」「スマートフォンの普及」が影響していると話す。ランキング結果から見る就活の今を取材した。(2022/5/20)

弁護士・佐藤みのり「レッドカードなハラスメント」:
中小企業も義務化された「パワハラ防止法」、対応に抜け漏れがないかチェック
2022年4月1日よりいわゆる「パワハラ防止法」が中小企業にも適用されました。あなたの会社の対応に抜け漏れがないか、ぜひチェックしてみましょう。法の適用に伴って中小企業が対応しなければいけないことや、取り組んだ方が良いことについて解説します。(2022/5/19)

熱意を伝えられるか:
23卒就活生が感じる不安 「最終面接だけ対面で、うまく話せず」
学情が、2023年3月卒業・修了予定の大学生・大学院生を対象に、「就職活動への不安」についての調査を実施した。(2022/5/18)

学生の顔写真や評価など、個人情報約5800人分漏えいの可能性でエイチームが謝罪 「リンクを知っている全員が閲覧可能」状態に
エイチームの新卒採用イベントに参加した人などの個人情報5857人分が、外部から閲覧可能になっていた。最長で6年以上前から閲覧が可能な状態だったという。原因は同社による、米Googleの個人向けクラウドサービスの設定ミス。(2022/5/16)

プロが指南 就活の極意 評判がよい就活アプリ
就職活動でアプリを使用するのは当たり前の時代。求人情報や選考情報の入手、それらを整理するツールは非常に便利で、効率的に進めている学生ほどアプリを有効活用している。(2022/5/13)

デザインの力:
将来のデザインを担う若手を支援する「グッドデザイン・ニューホープ賞」新設
日本デザイン振興会は、新たなデザイン賞「グッドデザイン・ニューホープ賞」を新設し、2022年5月11日から第1回の受付を開始した。将来のデザイン分野を担う世代の活動を支援することを目的とし、在学中の学生や修了直後の若手人材によるデザインを対象とする。(2022/5/12)

地元就職希望は6割超え:
「地元で働きたい」人を増やすには? 就活生から「給料」「結婚したい人がいる」の声
23卒の就活生が地元(Uターン含む)就職を希望する割合は62.6%だった。地元就職を希望する理由は「家族と過ごしたい」「貯金したい」など。就活生が考える地元就職希望者を増やすためのアイデアも紹介。(2022/5/12)

建設業の人材動向レポート(42):
技能実習以外の「特定技能1号」などが増加傾向、建設業の“外国人労働者”を調査
本連載では、ヒューマンリソシアが運営する「建設HR」が独自に調査した建設業における人材や市場動向について、さまざまな観点で毎月レポートを発表している。今回は、建設業における海外人材(外国人労働者)の動向をリサーチしている。(2022/5/2)

23年卒学生が内定を得た業界 「建設・住宅・不動産」「調査・コンサルタント」を抜いた1位は?
ディスコは、23年3月卒業予定の大学4年生(理系は大学院修士課程2年生含む)に、「4月1日時点での就職活動に関する調査」を行った。学生が内定を得ている業界で最も多かったのは「情報処理・ソフトウェア」だった。(2022/4/22)

対談企画「CFOの意思」:
「上場時に、うちの株を全部売ってほしい」──“IPO革命”は、なぜ実現できた? ラクスル永見CFOに聞く
ラクスル上場前にベンチャーキャピタル(VC)に株を売却してもらう、上場に海外投資家も巻き込む──などの革命的な手法は、どのようにして編み出したのか? ラクスル永見CFOとグロース・キャピタル嶺井CEOの対談の模様をお届けする。(2022/4/22)

BIM:
全国の建築士事務所を網羅したBIMポータルサイト「BIM GATE」開設、日事連
日本建築士事務所協会連合会は、全国のBIMに取り組む設計事務所を網羅したBIMのポータルサイトを開設した。(2022/4/13)

就活に有効だと思える「ガクチカ」 2位は「インターンでの経験」、1位は?
大学生向けSNS「Dtto(ディット)」を運営するDttoは、長期インターンシップ求人サイト「ユアターン」を運営する東晶貿易と共同で「長期インターンシップと就職活動」に関するアンケート調査を実施した。就活に有効だと思えるガクチカは?(2022/4/8)

Go AbekawaのGo Global!〜Monika Weissmann(前):
全部知りたい、全部やりたい 欲張りモニカは大好きを1つに絞り切れない
ITが好き、言語も好き、広告もブランディングも好き。だから、1つのキャリアではなく、スキルに集中することにした。(2022/3/22)

変化する学生生活:
「コロナ禍の学生はガクチカがない」はホント? マイナビ編集長が語る就活の今
「コロナ禍の学生はガクチカがない」は本当なのか。今の学生はどんな学生生活を送り、就活とどう向き合っているのだろうか。マイナビの高橋誠人編集長に、コロナ禍における就活生の現状を聞いた。(2022/3/31)

事業承継:
東急建設、事業承継支援などの企業訪問実績が100社超に
東急建設は、事業承継などを支援するコンサルティング活動を進めている。企業訪問実績が2022年3月で100社、2022年6月には130社に達する見込みとなっている。(2022/3/30)

Go AbekawaのGo Global!〜Mr.Ben編(前):
少年が夜中に両親のPCを借りてやっていたこと、それは……
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はセキュリティエンジニアのBen(ベン)氏にお話を伺う。ニュージーランドの小さな町で生まれた少年がセキュリティに興味を持ったきっかけとは何だったのか。(2022/4/4)

SNS時代の最先端オタク像 『邦キチ!映子さん』の「池ちゃん」が映画ファンをざわつかせる理由
池ちゃんは俺だ……俺だったんだ!(2022/3/26)

ここがおかしい:
外国人留学生の会社選びの決め手、2位「職場環境」、1位は?
外国人留学生就職情報サイト「リュウカツ」を運営するオリジネーターは、日本で就職活動中または日本の企業で働いている・働いていた外国人留学生に対し、「日本での就職活動に関するアンケート」を実施。その結果……。(2022/3/16)

北海道から宇宙へ:
山崎直子さんに聞く日本のスペースポートの展望 アジアの宇宙輸送のハブを目指す
日本各地のスペースポートは、将来的にはアジアにおける宇宙旅行も含めた宇宙輸送のハブになることを目指す。この動きをバックアップするのが一般社団法人Space Port Japanだ。山崎直子代表理事に日本のスペースポートへの期待や課題を聞いた。(2022/3/16)

「omochi」で学んだこと:
「検索しない若者」のための求人サービス パーソルグループが挑んだユーザー視点の新規事業創造とは?
8種類のかわいいキャラクターを使った診断で自分に合ったアルバイトを探せるユニークな求人サービス「omochi」。若い世代のインサイトを起点にしたサービス創造の背景について、事業責任者に聞いた。(2022/3/11)

「IT・ソフトウェア」が人気:
就活生に人気の企業ランキング、文系1位は「伊藤忠」、理系は?
ワークス・ジャパンは産業経済新聞社と合同で、2023年3月卒業・修了予定の大学生、大学院生を対象に就職希望先企業調査を実施した。文系総合の1位は伊藤忠商事、理系総合の1位は……?(2022/3/8)

デコボコ人生インタビュー(後編):
「1100万円の損失」「誰も使わなかったシステム」――失敗続きだった社長を支えた“根拠のないポジティブさ”
飲食業や製造業など、世の中には無数の「現場」が存在する。現場の生産性向上を手助けするサービス「カミナシ」を立ち上げた男がいる。事業を軌道に乗せるまでの紆余曲折に迫る。今回は後編。(2022/3/8)

「人生のピークは慶應合格」「会社では三軍扱い」――社長の息子が味わった挫折と、起業までのデコボコ人生
飲食業や製造業など、世の中には無数の「現場」が存在する。現場の生産性向上を手助けするサービス「カミナシ」を立ち上げた男がいる。事業を軌道に乗せるまでの紆余曲折とは? 今回は前編。(2022/3/7)

研究“謝罪するロボットの台数が増えると効果が高まる”が興味深すぎて人気に 「クレーマーが納得するまで無限に増えてほしい」
今日もまたペッパーくんが頭を下げている。(2022/3/3)

オフィス探訪(point0後編):
仮眠室やシャワー室も実験会場 ワークスペース「point 0 marunouchi」で分かったこと
コロナ禍で、ビジネスパーソンの働き方は大きく変わり、今やテレワークが当たり前の世界になった。そのなかでも、point0社が運営する「point 0 marunouchi」は、各企業が常に実証実験を行っている新しいコワーキングスペースだ。(2022/3/2)

目標となる先輩がいる、助け合えるチームがある:
PR:技術を爆速で習得中のミサトさんの「人生が一番面白く転がる選択」
日頃はEC業界のエンジニアとして八面六臂(ろっぴ)の活躍をし、クリスマスには子どもに夢を届けるサンタさんになる。将来、誰かの家族のような存在になれるために、憧れの先輩のような存在になるために、ミサトさんのほがらかなチャレンジは続く――。(2022/2/21)

新卒採用の現在:
「なんとなく内定辞退」をどう防ぐ? 面接官に求められる“もう1つの役割”とは
「ウチは選考・内定辞退が多く、求める人材を、目標人数通りに採用できていない」──とある中小企業では、実は面接官が「人材の見極め」のみに注力。果たすべき“もう1つの役割”に気づけていなかった。(2022/2/22)

Go AbekawaのGo Global!〜具 彰昡編(前):
オーディションに落ちたあの日、僕は夢を失った
アニメの声優に憧れて来日した韓国の青年。だが夢は破れ、天災で就職もままならず、コンビニやネットカフェでアルバイトをする日々が続く――。(2022/2/22)

「過去に見たことがないスピードで成長」1年でARR20億円のSaaS、成長の要因を聞く
「SaaSとして過去に見たことがないスピードで成長をしている 」。 P.A.I.(パーソナル人工知能)開発を行うオルツ社が提供する会議議事録の自動文字起こしツール「AI GIJIROKU(AI議事録)」の売上成長を見た投資家は、製品の爆発的な拡販スピードに驚きを隠せなかった。(2022/2/16)

学情が調査:
「内々定」を得ている企業 学生の志望度はどの程度?
学情は、2023年3月卒業(修了)予定で既に内々定を得ている大学生・大学院生を対象に、「内々定を得ている企業の志望度」を調査した。1社からのみ内々定を得ている学生の半数以上が、第一志望・第二志望以外と回答した。(2022/2/10)

やってみないと分からない:
就活生に贈る「自分に合ったIT企業の選び方」
「そもそもIT業界って何なの?」「どんな企業を選べばいいの?」「学生の間にどんなことをやっておけばいいの?」――複雑怪奇なIT“業界”を解説する本連載。今回は、IT業界を目指す就活生に向けた「IT企業の選び方」を指南します。(2022/2/7)

コロナでの学級閉鎖に「有給あげます」 子育て支援でfreeeが新制度
freeeが、子供の通う学校などで新型コロナによる学級閉鎖があった従業員に、有給休暇を付与する新制度を開始。従業員は最大で5日間の休暇を取得できる。(2022/2/4)

ちょっと珍しいインキュベーター:
オープンイノベーションで“置き去り”になる中小企業を徹底支援
企業や組織の枠を超えて製品や技術の開発を行うオープンイノベーションに向けた取り組みが増加している。そうした中、製造業の中小企業のインキュベーター/アクセラレーターLanding Pad Tokyo(以下、LPT)でディレクターを務めるボンド智江子氏は、「オープンイノベーションでは、中小企業の存在が置き去りになっているのではないか」と指摘する。(2022/2/4)

学情調べ:
地方企業のインターンシップ、学生の65.4%が「オンラインがあれば参加したい」 希望する仕事は?
学情が、2023年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に「地方企業のインターンシップ」について調査を実施。65.4%が「オンラインで参加できる機会があれば参加したい」と回答した。(2022/1/31)

ソニーを支える人事制度【後編】:
「アニメ好き」がまさかの大活躍 毎年200人超が異動・兼業する、ソニーの公募制度がすごい
ソニーの社内公募制度では、毎年およそ200〜300人が異動や兼業をしている。「自分のキャリアは自分で築く」という意識が根付いているという背景には、どんな制度があるのか。人事担当者に話を聞いた。(2022/1/31)

IBMが地域DXセンター設立 働く場所を問わず開発プロジェクトに参画可能に
日本IBMは、「イノベーション開発センター」を協力会社や顧客と共創する「IBM地域DXセンター」に改め、体制や人員を拡充する。(2022/1/24)

在宅勤務が減少:
会社の満足度と何歳まで働きたいかの関係 新卒者に聞く
マイナビは、2021年3月の新卒者を対象に「新入社員の実態調査」を実施し、その結果を発表した。入社前と入社後の満足度の変化を分析したところ……。(2022/1/18)

プロジェクト:
リモート講義に対応するインターネット環境を完備した学生レジデンスが都内で着工
NTT都市開発は、2023年1月の竣工に向け、東京都世田谷区で計画を進めている学生向けの賃貸マンション「ウエリスアイビー世田谷仙川」が着工したことを公表した。(2022/1/18)

企業選びで重視するポイント:
学生が働きたい業界 3位「銀行」、2位「情報処理・ソフトウェア」、1位は?
3月の就職活動本番を2カ月後に控えた1月、2023年卒学生の準備状況はどの程度進んでいるだろうか。就職情報会社のディスコが、就職意識や準備状況についての調査結果を発表した。(2022/1/15)

パナ不正アクセス、被害サーバに採用応募者の個人情報や取引先の情報などを保存していたと判明
パナソニックが受けたファイルサーバへの不正アクセス事案について、攻撃を受けたサーバに、採用応募者の個人情報や取引先から得た業務上の情報が保存されていたことが分かった。情報の流出については「確証を得る事実は見つかっていない」としている。(2022/1/7)

コロナ禍で入学した大学生の8割が「後悔」 アルバイト、遊びを抑えた1位は?
IDEATECHは、首都圏在住の大学1年生に「2021年の後悔と2022年の意気込み」を聞いた。21年に後悔することがあった学生は82.0%に上った。コロナ禍に入学した学生は何に後悔したのか?(2022/1/7)

新卒採用の現在:
内定辞退予防にも 企業の「採用サイト」作成で押さえるべき3つのポイント
最近、選考辞退や内定辞退が増えて困っている──人材コンサルタントとして、そんな採用担当者の方の声をよく聞きます。その原因はいくつか考えられますが、多くの企業が見落としがちなのが、採用サイトや口コミサイトです。(2021/12/21)

「学歴不問」は「実力不問」ではない:
そんなに学歴フィルターは「悪」なのか マイナビ「大東亜」騒動で見落としがちな視点
マイナビの失態で話題になった「学歴フィルター」。なんだかんだいって存在する「必要悪」ともいえる存在だが、筆者は今回の騒動で見落とされている視点があると指摘する。(2021/12/20)

文系女子1位は「東京海上日動火災保険」:
2023年卒の「就職先人気企業ランキング」 文理・男女別で発表
ダイヤモンド・ヒューマンリソースは、2023年3月卒業予定の大学生・大学院生を対象に「就職先人気企業ランキング調査」を実施した。文理・男女別でランキング化。それぞれの特性が見えてきた。(2021/12/10)

企業側の本音:
「大東亜以下」メール誤送信でマイナビ炎上 露呈した「学歴フィルター」の実態
就職情報大手「マイナビ」が学生向けに送ったとされるメールがネット上で拡散、騒ぎになっている。企業が難関大学の学生に優先的に情報発信したり、採用選考で大学によってふるいにかける「学歴フィルター」の存在が露呈したというのだが、実態はどうなのか。(2021/12/9)

「嫌なら勉強していい偏差値の大学に」 マイナビ“学歴フィルター”問題にひろゆき氏が持論 背景にある課題とは?
就職支援サービス「マイナビ」の運営事務局が、学歴フィルター“疑惑”のメールを就職活動中の学生に送信していた問題で、ひろゆきこと西村博之さんが、自身の公式Twitterアカウントに「嫌なら勉強して良い偏差値の大学に入ればよい」との持論を投稿した。(2021/12/8)

首都圏在住の1.6万人に誤送信:
学歴フィルター“疑惑”のメール誤送信、マイナビが「学歴による選別」を否定 「大東亜以下➈」の意味も明らかに
就職支援サービス「マイナビ」の運営事務局が、学歴フィルター“疑惑”のメールを就職活動中の学生に送信していた問題で、運営元のマイナビが12月7日、「不要な誤解を与えた」として謝罪した。(2021/12/7)

学歴フィルター? 「大東亜以下」マイナビのメールが物議 運営元は「事実関係を確認中」
マイナビから来たメールに、「大東亜以下」という“学歴フィルター”がかかっていたとするツイートが物議を呼んでいる。マイナビ側からの回答がないため、詳細は確認中だが、該当ツイートは1万リツイートを記録している。(2021/12/6)

Go AbekawaのGo Global!〜Maverick Tayag編(後):
「成長するために頑張ること」と「強過ぎるプレッシャーの中で仕事をすること」は違う
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。前回に引き続き三通のMaverick Tayag(マーベリック・タヤッグ)氏にお話を伺う。祖母の後押しもあり、日本で働き始めたタヤッグ氏。同氏が日本のエンジニアに対して思うこととは。(2021/11/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。