ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「インフォメーション・オンデマンド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「インフォメーション・オンデマンド」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

IBM Information On Demand 2013 Report:
ガン研究に従事するIBM Watson、医師免許獲得に向けて猛勉強中?
コンタクトセンターを中心とする企業のカスタマーサポート分野でも、その活躍の場を広げつつあるコンピューティングシステム「IBM Watson」。カンファレンス2日目の基調講演では、既に実用段階に入っている医療領域での進ちょく状況も紹介された。(2013/11/6)

IBM Information On Demand 2013 Report:
世界をビッグデータで変えられるのか?
1万人を超える参加者がラスベガスに集結。米IBMの年次カンファレンス「IBM Information On Demand 2013」が開幕した。(2013/11/5)

「ワトソン」の知性を実務アプリケーションへ:
米IBMがビッグデータ分析基盤サービスを拡充、コグニティブコンピューティングの研究成果も搭載
米IBMは、センサ情報などの大量データを基に人間のように意思決定するコグニティブコンピューティングの研究成果を、実製品やサービスに取り込んでいくと発表した。SoftLayer環境も想定する。(2013/11/5)

Database Watch(2013年4月版):
「データ」をめぐって聞こえてきた2つの新しいメッセージ
今回はデータプラットフォームについて、直近で製品発表のあった2社のトレンドをウォッチ。いずれも“データ”の扱い方について、新しいメッセージを示すものとなりました。(2013/5/10)

Databaseテクノロジレポート:
IBMのCTO自らが語る「データ活用時代に必要なDBアーキテクチャ」とは?
生活の半分は技術ディスカッション、残りはラボ。IBMの技術フェローがデザインした「データ活用時代」のDBアーキテクチャと技術を深掘りしてみた。(2013/4/26)

Database Expertイベントレポート:
ビッグデータインフラのパズルを埋めるラインアップと「5つのシナリオ」
近いうちに多くの企業がビッグデータ活用企業になる――その時あなたの会社はどうする? 今年の「Information On Demand Conference Japan 2013」はビッグデータ活用をより手軽に、身近にするための情報が多数見られたようだ。(2013/4/19)

はっきりした目的を持ってデータ活用に取り組め
ビッグデータ活用に成功している企業とそうでない企業の差異はどこにあるのか。日本IBMのビッグデータ&DWH製品営業部トップに話を聞いた。(2013/3/12)

【記者の7つ道具】深夜に味わう味噌汁
週末の箸休め的コラム「記者の7つ道具」。今回は、ITmedia エンタープライズ編集部の伏見学が出張時のマストアイテムを紹介する。(2011/12/10)

著者とアスレチックスGMが語った「マネーボール」への情熱
ベースボールの変革者として後世に名を残したアスレチックスのビリー・ビーンGM。「マネーボール」の著者であるマイケル・ルイス氏とともに、スポーツにおけるデータ解析の可能性を語った。(2011/11/11)

IBM Information On Demand 2011 Report:
Watsonは医師にとってカーナビのようなもの
いよいよ米IBMのスーパーコンピュータ「Watson」の商用向けサービスがスタートする。(2011/11/1)

IBM Information On Demand 2011 Report:
ペタバイト超データの高速解析が世界の風力発電を支える
デンマークの電力会社であるVestasは、風力タービンの設置場所に関して最良の判断をすべく、地球上のあらゆるデータをかき集め、正真正銘の「ビッグデータ」を解析している。(2011/10/27)

IBM Information On Demand 2011 Report:
ビッグデータ対応は今に始まったことではない IBMのソフト&ハード統括責任者
これまでもIBMでは顧客の情報活用を支援するためにさまざまな製品やサービスを提供してきた。「ビッグデータ」に対する市場のニーズの高まりを受けて基盤を整備した。(2011/10/26)

IBM Information On Demand 2011 Report:
金融危機を読みきったビジネスアナリティクス
「ビッグデータ」の中核となるべき製品群をラインアップする、IBMソフトウェアブランドの年次カンファレンスが開幕した。(2011/10/25)

“新たな常識”の誕生、日本はどう変わるべきか――日経ビジネス・山川編集長
今までは考えられなかったことが新しい常識になる。震災後に日本ではこうした動きが活発化しているという。(2011/7/28)

「予測」の視点を加えたビジネス分析 IBM
IBMが発表したビジネス分析ソフトの最新版は、同社が昨年買収したSPSSの技術が盛り込まれている。(2010/11/17)

IBM Information On Demand 2010:
企業は「忍耐力」を持ってビジネス分析に取り組め
米IBMの年次カンファレンス「Information On Demand 2010」の2日目に行われたゼネラルセッションでは、ユーザー企業が自社の取り組みや情報活用の勘所を語った。(2010/10/27)

IBM Information on Demand 2010 Report:
ボーイングなどで導入、IBMがビジネス分析ツールの最新版を発表
米IBMがビジネス分析製品「Cognos」の最新版をリリースした。(2010/10/26)

IBM Information on Demand 2010 Report:
洞察力――進化を遂げる企業の情報活用
ラスベガスで開催中の「Information on Demand 2010」では、従来型の「情報の見える化」や「情報管理」にとどまらない新たな情報活用の羅針盤が示された。(2010/10/26)

IBM Information On Demand 2009 Report:
「Smarter Planetで世界を変えていく」とIBMミルズ上級副社長
米IBMのスティーブ・ミルズ氏は同社の「Smarter Planet」と呼ぶ取り組みを紹介し、データの分析や洞察で社会問題を解決していくと意気込んだ。(2009/10/30)

IBM Information On Demand 2009 Report:
ユーザー、アナリスト、メディアが認めたIBMとSPSSの統合
米IBMは10月に米SPSSの買収を完了させ、統合を進めている。SPSSの主力技術「予測分析」という新たな情報活用戦略をIBMにもたらす。この統合のシナジー効果について、双方の担当者に話を聞いた。(2009/10/28)

IBM Information On Demand 2009 Report:
予測分析でIBMが見る情報活用の近未来
企業の情報活用をテーマにした「IBM Information On Demand 2009」の基調講演が、米国時間の10月26日にラスベガスで行われた。同イベントでは「情報分析が求められている」というメッセージが繰り返された。(2009/10/27)

IOD戦略強化:
IBM、予測分析のSPSSを12億ドルで買収
IBMが「インフォメーション・オンデマンド」戦略強化を目的にデータマイニングソフトのSPSSを買収する。(2009/7/29)

IOD戦略の一環:
IBM、データ関係管理ソフトのExerosを買収
Exerosの技術を新コンサルティング部門「Business Analytics and Optimization Services」で活用する意向だ。(2009/5/7)

SUSE Linux Enterprise Server 11が中心:
Novellの新データセンター構想「Service-Driven Data Center」
HP、Sun、Cisco、IBMといった大手がそれぞれにテーマを掲げた戦略を推進している中、Novellが打ち出したテーマは「Service-Driven Data Center」だ。同社が最近発表した「SUSE Linux Enterprise Server 11」OSがその中心となる。(2009/4/15)

社内システム向けコネクタを発表:
クラウド上でもデータ管理は必須、インフォマティカ新製品
(2008/11/19)

Information On Demand Autumn Forum 2008:
ルイ・ヴィトンも採用したIBMの情報活用戦略、中核をなす「InfoSphere」が日本で旗揚げ
情報が持つビジネスの価値を解き放ち、誰もがそれを活用できるようにする――IBMは情報活用戦略「Information On Demand」を2006年から大々的に打ち出している。その中核をなす情報統合ソリューション「InfoSphere」が日本でも発表された。(2008/11/19)

日本IBM、テストデータ生成や結果検証ができる「Optim」製品群を発表
企業内のデータを包括的に管理するソフトウェア製品群「Optim」を日本IBMが発表した。今回発表したのは、テストデータの生成や管理、マスキング、アーカイブができる3製品だ。(2008/11/6)

コグノス、BIツール新版を12月に発売 「Lotusよりも大きな買収だった」とIBM
コグノスはBIツールとビジネス分析ソフトウェアを12月初旬に発売すると発表した。日本IBMの三浦浩執行役員は「Lotusよりも大きな買収だった」とコグノスとのシナジー効果を語る。(2008/11/4)

“データ”の“ベース”を見据えるIBM
IBMソフトウェア部門のスティーブ・ミルズ上級副社長は、IBMのインフォメーション・オンデマンド戦略、クラウドコンピューティング、SaaS、データを保存場所に置いたままでのデータ分析などについて語った。(2008/11/4)

BIソフト最新版「Cognos 8 v4」と「Cognos TM1」をリリース:
コグノス、メモリ上動作で処理スピードを大幅向上させた分析ソフト
(2008/10/31)

IBM Information on Demand 2008 Report:
情報を活用しない意思決定ではダメ――CEOへの提言
「IBM Information on Demand 2008」に登場した、米IBMのソフトウェアグループでジェネラルマネジャーを務めるロバート・レブランク氏は、「CEOは情報から価値を引き出すことに注力すべきだ」と呼びかける。(2008/10/31)

IBM Information on Demand 2008 Report:
ソフトウェアで具体的な電力の浪費をつかめ――IBMの環境活動
「電力削減」を掲げつつもなかなか実行に移せない企業は多い。IBMは自社のソフトウェアを使って、会社のどこで電力を浪費しているかを具体的に把握している。数値ベースでの電力消費をつかむことが、グリーンITで明確な効果を出すはじめの一歩になるかもしれない。(2008/10/31)

IBM Information on Demand 2008 Report:
ビジネス最適化を導くIOD、日本の中小企業に商機見いだす
BIツールや産業別サービスの提供などを通じて企業の情報活用を推し進めるのが、IBMの戦略「Information on Demand」だ。同戦略が生み出す「ビジネス最適化」について、アンブッシュ・ゴヤールGMに聞いた。(2008/10/30)

IBM Information on Demand 2008 Report:
情報からビジネスの価値を引き出すInformation on Demand、BIで新たな局面へ
米IBMの情報活用戦略「Information on Demand」が加速を続けている。ラスベガスで開催した「IBM Information on Demand 2008」では情報からビジネスの価値を引き出し、有効に活用することの重要性が強調された。(2008/10/29)

IBM、インフォメーション・オンデマンド戦略を強化――包括的なサービスを提供
IBMは業界別に、包括的な企業向け情報管理サービスを提供する。(2008/9/4)

BIソリューションセンターを開設:
IBM、Cognosを組み込んだビジネス展開を国内で本格化
(2008/7/7)

BI特集:
現場レベルで誰でもPDCAを回す――これからのBIに求められるもの
IBMとコグノスの統合は、ビジネスインテリジェンス活用のトレンドに大きな影響力を持つことになる。あらゆる階層のユーザーに使いやすさを提供することと、バックエンドでの強固な情報統合が両立されるからだ。(2008/6/12)

BI特集:
あらゆるユーザーに寄り添う機能――『Cognos 8』が活躍する利用シーン
いわゆる社内情報の利用の仕方は、責任範囲によってそれぞれ違ってくる。経営層から現場ユーザーまで、それぞれが利用したい機能を把握することが導入のポイントとなりそうだ。(2008/6/11)

BI特集:
エンド・ツー・エンドで活用できる環境を――コグノス買収後のIBMのBI
IBMのBI戦略を見てみると、ユーザー企業が求めるニーズが透けて見えてくる。それは低コストで他のシステムと自由に連携するエンド・ツー・エンドのBI環境だ。(2008/6/10)

日本IBM、「インフォメーション・オンデマンド」専門技術支援チームを発足
日本IBMは、「インフォメーション・オンデマンド」に関する専門的な技術支援を行うチームを設立する。(2008/5/9)

日本IBM、情報活用の専門機関を設立 FileNetやCognosの支援も
日本IBMは企業の情報活用を支援する専門機関を神奈川県に設立した。140名の技術者が支援に参加し、買収したFileNetやCognosの製品も扱う。(2008/5/8)

米IBM、金融サービス業界向けの新しいフレームワークを発表
米IBMは、金融サービス業界向けのフレームワーク「IBM Banking Framework for Customer Care and Insight」を発表した。(2008/4/11)

IBMがCognos戦略を発表
IBMは「Information on Demand(IOD)」戦略の下、CognosのBI機能を組み込んだ製品を提供する。(2008/2/7)

マイクロストラテジーの戦略:
競合は軒並み買収、BIベンダ独立系の強みは?
(2008/1/8)

情報統合の難しさとその価値
情報活用の必要性は多くの企業で認識されている。しかし、アプリケーションで分散管理されているために、その実現が困難になっている。情報統合を実現させる方策はあるのか?(2007/12/6)

IBM、BI大手のCognosを50億ドルで買収
OracleのHyperion買収、SAPのBusiness Objects買収に続き、IBMもBIベンダーを買収する。(2007/11/13)

IBM、企業向けコンテンツ管理製品を強化
10月19日まで開催された「Information on Demand 2007」でIBMは、企業向けコンテンツ管理製品群「IBM Content Management 8.4」の機能強化を発表した。(2007/10/19)

IBM Information on Demand 2007 Report:
「Info 2.0」でもIBMとジャストシステムは協業強化へ
ラスベガスのIBM Information on Demand 2007カンファレンスで、IBMがジャストシステムのセッションに同席し、Info 2.0とxfyの連携をデモした。両社はその絆を一層深めているようだ。(2007/10/17)

IBM Information on Demand 2007 Report:
NYPDが情報活用で犯罪捜査を迅速化
「IBM Information on Demand 2007」は2日目を迎え、午前のジェネラルセッションでは、IBMの情報管理ソリューションを活用するミシュラン、ニューヨーク市警、および米社会保障局の事例が紹介された。(2007/10/17)

IBM Information on Demand 2007 Report:
加速するIBMのInformation on Demand戦略
ラスベガスの「Information on Demand 2007」でIBMは、情報を解き放ち、顧客に真のビジネス価値をもたらすInformation on Demand戦略をさらに加速すべく、一連の製品群を発表した。(2007/10/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。