ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「オフィス(事務所)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オフィス(事務所)」に関する情報が集まったページです。

登録有形文化財「堀ビル」がシェアオフィスで2021年4月開業
堀商店、竹中工務店、グッドルームは、東京都港区新橋に立地する国の登録有形文化財「堀ビル」の保存活用事業に着手する。今後は改修工事を進め、シェアオフィスとして2021年4月の開業を目指す。(2021/1/20)

導入事例:
東京建物らオフィスの個別空調をAIで自動化、温度ムラの解消と約5割のエネ削減
東京建物、TOKAIコミュニケーションズ、内田洋行は、オフィスの個別空調をAIで自動化する実証実験を行った。その結果、夏期の温度ムラ解消と秋期には約5割の消費エネルギー削減を達成した。(2021/1/20)

オフィス空調をAIで一括管理 消費電力を約半分に 東京建物など3社が実験
東京建物など3社が、39台の空調機をAIで一括管理し、オフィスの室温を自動調節する実験を行った。その結果、消費電力を約半分に減らす効果が得られたという。(2021/1/19)

クルマを移動式オフィスに 日産がキャラバンのコンセプトモデルを発表
日産自動車が業務用車種「NV350キャラバン」のコンセプトモデル「NV350 CARAVAN OFFICE POD CONCEPT」を発表。車内のスペースをオフィス空間に転用する。(2021/1/18)

総務のための「オフィス」再考:
オフィスの「換気」方法 コロナ対策、換気回数は? 知っておきたい4種類の換気
コロナ禍で、オフィス内の換気はどのように工夫すべきでしょうか。換気回数とその方法、知っておきたい4種類の換気方法、換気能力に限外があるビルでの対処法などをまとめました。(2021/1/14)

協働ロボット:
次世代型協働ロボット用駆動装置メーカー、日本市場に進出へ
SENSODRIVEが、日本メーカーと連携を図るため、日本市場に進出する。日本のロボットメーカー向けの営業やサポートの体制整備を始めており、将来的には日本オフィスの開設も検討する。(2021/1/13)

総務のための「オフィス」再考:
オフィスのコロナ対策 “なるべく工事ナシ”でソーシャルディスタンスを確保する方法
新型コロナ対策で、総務に求められる「オフィス変革」。ソーシャルディスタンスの確保、レイアウト変更など、現状に役立つ考え方を整理しました。(2021/1/6)

軽トラックでワーケーション ドコモやダイハツ工業が実証実験
NTTドコモやダイハツ工業が、軽トラックに搭載可能なワーケーション用オフィスの実証実験を開始。スキー・スノーボード愛好家をターゲットに、貸し出しサービスを行う。(2020/12/25)

軽トラの荷台がオフィスに 通信環境も完備 ドコモらと妙高市が“雪山ワーケーション車両”の実験
荷台を簡易オフィスにした軽トラックを貸し出す実証実験を、NTTドコモらが新潟県妙高市で行う。荷台にはソファとモニターを搭載し、通信環境も用意。ワーケーションの場としてスキー・スノーボード愛好家などに提供する。(2020/12/25)

軽トラで「ワーケーション」 ダイハツやドコモが妙高で実証実験
新潟県妙高市、ダイハツ工業、NTTドコモ、青山社中は、軽トラックに搭載できるワーケーション用オフィスの実証実験を、2021年1月12日から妙高市で開始する。一般利用者に向けて、軽トラックの貸し出しサービスも行う。(2020/12/25)

新幹線がオフィスに JR東「リモートワーク推奨車両」2月に運行実験
新幹線車内にリモートワークできる環境を整えた「新幹線オフィス」の実証実験が東北新幹線の一部の列車2月にスタート。通話もできる「リモートワーク推奨車両」を1両設定。その列車の乗車券・特急券があれば、追加料金なしで自由に利用できる。(2020/12/23)

オフィスはコミュニケーション空間に:
KDDI、本社オフィスの座席を4割削減 テレワーク活用が加速、スペース最適化へ
KDDIは、本社オフィスの座席数を、在籍社員数に対して4割削減する。2021年1月以降、全フロアをフリーアドレス化する。テレワークと出社を組み合わせた働き方に最適なワークプレイスを構築する。(2020/12/23)

KDDI、本社オフィスの座席数を4割削減 空きスペースにグループ企業など集約
KDDIが、2021年1月以降に本社オフィスの座席数を4割削減する。テレワークを本格導入した結果、社員の出社が減ったためという。空いたスペースにはグループ会社や都内に分散している拠点を集約する。(2020/12/23)

出社率は20%:
面積を40%削減、座席数は75%減 ぐるなび流「たくましい社員」に使ってもらえる本社オフィス
ぐるなびが11月、新しい本社オフィスの運用を始めた。本社オフィスの面積を40%減らし、オープンスペースにブース状の小部屋を用意するなど、レイアウトを大きく変えた。(2020/12/22)

PR:オフィスの最適化に超小型PC「ASUS Mini PC PN62」という新たな選択肢
これまでは出社して全員集合というのが当たり前であったが、新型コロナウイルスの影響でオフィスの状況がガラリと変わりつつある。在宅ワーク、シェアオフィスやサテライトオフィスといったテレワーク時はノートPCが当たり前の中で、実はお勧めの超小型PCという新たな選択肢を取り上げる。(2020/12/21)

JR東日本、長野エリアでシェアオフィス事業を展開 長野駅/軽井沢駅の2拠点
東日本旅客鉄道(JR東日本)が、家具付きセットアップオフィスを提供する新ブランド「STATION OFFICE」を発表。長野と軽井沢でセットアップオフィスの営業を開始する。(2020/12/17)

「総務」から会社を変える:
法整備、オフィスの在り方、DX……「総務」の視点で振り返る2020年
『月刊総務』編集長の豊田健一氏による、総務とDXを巡る連載。2020年最終回となる今回は、総務の視点から今年1年のニュースや変化を振り返る。(2020/12/16)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
トレーラーハウスも登場、“働く場所”をどう選ぶ? シェアオフィスのカタチを探る三井不動産の戦略
三井不動産は法人向けシェアオフィス「ワークスタイリング」の新サービスとして、個室特化型の施設を展開する。コロナ禍によって、個室の利用が3倍に増えたからだ。新サービスの狙いと、トレンドの変化に対応し続けるワークスタイリングの戦略を聞いた。(2020/12/11)

PR:テレワークやフリーアドレスのオフィスで大活躍! デルの「ドッキングステーション」「変換アダプター」をお勧めする理由
ノートPCでデスクワークをする際にキーボードやマウス、ディスプレイなどを一気につなぐのは意外と骨が折れる。外出先で画面を映し出すために、複数の変換アダプターを持ち歩くと、カバンの肥やしになってしまう。デル・テクノロジーズのドッキングステーションや変換アダプターなら、これらの問題を解決できる。特にお勧めする製品を紹介していこう。(2020/12/9)

就職で上京、孤独で泣き出す新人も:
「私、何もできていない」──在宅勤務で新入社員の不安が大爆発、解決したのは“全国をつなぐバーチャルオフィス”
コロナ禍をきっかけに在宅勤務が広がる一方で、多くの企業が課題に感じるのがコミュニケーション不足だ。エン・ジャパンでも特に営業担当の若手社員を中心に、慣れない在宅勤務で不安を感じるケースが多かったという。それを解決したのが“バーチャルオフィス”だ。活用することで情報交換が活発になり営業成績もアップしたというバーチャルオフィスの導入秘話を聞いた。(2020/12/10)

郵便物、押印はどうした?:
オフィス解約、総務も全員“フルリモート”に急転換 「持たない」決断した企業が絞った知恵
コロナ禍で、テレワークの拡充など働き方やオフィスの在り方を見直す企業は多い。しかし、オフィスそのものを廃止し、全社員をフルリモート勤務に移行する企業は珍しいのではないか。「オフィスを持たない企業」としてwithコロナの時代を生き抜く決断をしたWebメディア企業CINRAに取材した。(2020/12/8)

オフィス半減のIT企業、執務室とはんこに“感謝の祈祷” 地元の宮司さん呼ぶ
ソフトフェア開発などを手掛けるアステリアは、テレワーク移行と“脱はんこ”を進めている。同社はこのほど、本社オフィスのフロア面積を半減することを決定。宮司を招き、不要になった執務室とはんこに“感謝の祈祷”をささげる神事を行った。(2020/12/4)

ニューノーマル時代のデータの守り方
どこで分かれる? 災害やサイバー攻撃で「データを喪失するか、復旧できるか」
突然やってくる自然災害や感染症による都市やオフィスの機能停滞、そこを狙うサイバー攻撃による被害を未然に防ぐことは困難だ。事業継続計画(BCP)の重要性を見直し、「いかに早く、いかに小さな被害で復旧できるか」に注力するときだ。(2020/12/8)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
FAX廃止、受付電話廃止、代表電話は外注 なぜマネーフォワードは総務部を解体したのか?
コロナ禍は一過性の出来事にとどまらず、企業の組織体系自体にも影響を与えてきている。リモートワークの定常化、オフィスの縮小などをよく聞くが、組織自体を変え、総務部を解体した企業がある。フィンテック企業のマネーフォワード(東京都港区)だ。(2020/11/27)

リスクをいかに回避するか
テレワーク解除後に直面する安全性、生産性、プライバシーのバランス
テレワークを解除して従業員をオフィスに呼び戻す際は、安全性、生産性、プライバシーのバランスが重要になる。3つ全てがリスク要因となり、バランスが崩れると困難を引き起こすことになる。(2020/11/27)

オフィスの空室率ジワリ上昇 テレワーク普及で需要の減退確実、マンション転換で価格下落圧力
テレワークの普及でオフィスの空室率がジワリと上がっている。オフィスの賃貸契約は、借り主側から解除する場合は6カ月前の通知とするケースが一般的で、今後は空室率がさらに上昇すると予測できる。(2020/11/26)

“働き方の後戻り”はあまりにももったいない:
PR:最新PCとWindows 10、クラウドの組み合わせでテレワークにまつわる不安は解消できる
ここにきて、オフィスに出社して仕事をする従来型の働き方に戻す企業が増えてきた。一方で、テレワークによる生産性の高い働き方を一度経験した従業員からは継続の要望も出ている。そして、それが可能な環境も十分に整っている。(2020/11/18)

JR東日本、「成田エクスプレス」をシェアオフィスに 駅停車中の車内・座席を時間貸し
うぉぉ〜! これはお仕事いろいろはかどるぞぉぉ。11月27日と28日、両国駅幻の3番線で15分100円から。(2020/11/19)

あいおいニッセイ同和損害保険、DX・RPA導入の最中でコロナ禍に……テレワーク増で本社オフィス使用面積半減へ
2016年からDXやRPAの導入を進めていたあいおいニッセイ同和損害保険は、新型コロナウイルス感染症をきっかけにテレワークを推進し、本社オフィスの使用面積の半減をにらんだ、場所にとらわれない新たな働き方を定着させることを目指す。(2020/11/16)

オフィスの「トイレ引きこもり」問題をIoTで解決? 「トイレは広告設置に最適」
トイレの滞在時間を表示することで、長時間居座っている人へ出るよう促せる、タブレット型の広告ソリューションを手掛けるスタートアップ、バカンを取材した。(2020/11/13)

他部署とも交流できる:
アバター100人が出勤できる OPSION、大規模仮想オフィスの提供開始
クラウドオフィス「RISA」を運営するOPSIONは、100人規模で利用できる仮想オフィスのサービスを開始すると発表した。(2020/11/10)

ツクルバ:
45%縮小したオフィス、「会話」や「チームワーク」に特化したリニューアルとは
不動産仲介サイトを運営するツクルバ(東京都目黒区)は11月9日、オフィスの床面積を45%縮小し、コミュニケーションが生まれやすいレイアウトに変更したと発表した。新型コロナウイルス対策として在宅勤務を推奨している中、何気ない会話からアイデアが生まれたり、チームワークを築いたりする機会を補う場所としてオフィスを活用する狙いだ。(2020/11/10)

「導入予定なし」も2割:
緊急事態宣言から半年、テレワークを継続している企業の割合は? 出社日は「決めていない」が5割
アデコが実施した調査によると、緊急事態宣言下でテレワークを実施した企業の8割が半年後も継続していることが分かった。出社日は「決めていない」が半数。一方、テレワークに伴う制度の整備やオフィスの見直しはなかなか進んでいない。(2020/11/9)

テレワークで増大するセキュリティリスク
「社員はパスワードを何個でも覚えられる」と勘違いしていないか? 現実的な対策は
テレワークを実施する企業では、従業員がオフィスの外でさまざまなデバイスやクラウドサービスを使って業務に当たることが当たり前になりつつある。IT部門がユーザーの働き方を強制せずに、セキュリティも確保する方法とは。(2020/11/6)

残業中のビルをサイコロに……! 深夜に光るオフィスの窓を表現したデザインが秀逸だけどつらい
社畜サイコロというパワーワード。(2020/11/8)

オフィスのWi-Fi環境やビデオ会議をもっと快適に:
PR:中堅・中小企業に最適化されたCatalyst 1000は「検討する価値のあるスイッチ」
COVID-19を受けてオフィスの在り方が問われている今、有線LANスイッチの役割はどう変わるのか。有線LANスイッチを買い替えたい人は、製品をどう選べばいいのか。(2020/10/29)

ベンチャーで広がる「都心離れ」 テレワーク契機、移転支援サービス相次ぐ
新型コロナの影響でテレワークの導入が進む中、コスト削減のためにオフィスの移転や縮小に動くベンチャー企業が増えている。東京都心ではオフィスの空室率が上昇。賃料も6年8カ月ぶりに下落するなど影響が出ている。(2020/11/2)

コロナで方針転換:
高級椅子442脚を社員へ譲渡、朝礼も廃止──“こだわりのオフィス”を4割縮小、コロプラの決断
スマートフォンゲーム「白猫プロジェクト」などを開発・運営するコロプラは、定価で10万円以上するオフィスチェア400脚以上を社員に譲渡した。緊急事態宣言後すぐに決定した、オフィスの40%縮小がきっかけだ。もともとオフィスに強いこだわりを持っていたコロプラがオフィス縮小を決断したのには、どのような経緯があるのか。(2020/11/2)

早期テレワーク実施のGMO代表に聞く
“最速テレワーク”実施のGMO熊谷代表が語る、コロナ後中小企業に必要なIT活用
新型コロナ禍でテレワークやオフィス不要論が注目を集めている。2020年1月、いち早く大規模なテレワーク態勢に移行したGMOインターネットのグループ代表、熊谷正寿氏が語る、コロナ後の働き方、オフィスの在り方、中小企業のIT活用とは。(2020/11/2)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
「洋服の青山」が自前でつくったシェアオフィス スーツ店が“仕事場”を提供する意味
「洋服の青山」を展開する青山商事がシェアオフィス事業に参入、1号店をオープンした。“仕事着”だけでなく、新たな“仕事場”を提供していくという。新規事業立ち上げの狙いと、自社で一から開発した施設の特徴について聞いた。(2020/10/29)

テレワーク導入でオフィス移転 コロナにめど立てば都市部回帰も
新型コロナウイルスの感染拡大を機にテレワークの導入が相次ぐ中、ベンチャー企業などがオフィスの移転や縮小に動き出している。2023年には都心でオフィスビルの再開発が完成する予定で、感染拡大が落ち着けばオフィス需要が回復するとの見方もある。(2020/10/28)

CEATEC2020:
テレワーク環境を変革した“夢のシステム”は、なぜ2週間で完成したのか 天才プログラマーが語る理由
自宅のパソコンからオフィスのパソコンを簡単・安全に使える、無償のシンクライアント型VPN「シン・テレワークシステム」。NTT東日本の登大遊さんは、このシステムをわずか2週間で開発した。テレワークの導入を検討している経営者やIT部門にとって夢のようなシステムを2週間で開発した背景について、「CEATEC 2020」の講演で語った。(2020/10/22)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
「広場=にぎわい」は古い? 神田のオフィスビルで生まれた新しい空間の仕掛け
東京・神田で開業したオフィスビル「KANDA SQUARE(神田スクエア)」。仕事もできる開放的なパブリックスペースが特長の一つだ。設計した日建設計の提案は、アフターコロナの働く場を考える上でも参考になる。今後のオフィスの在り方について聞いた。(2020/10/19)

コクヨが密にならない1on1対面ミーティングポッドを販売 換気と飛沫対策をした部屋内個室タイプ
オフィスに一台。(2020/10/14)

POSシステムなどと連携:
アプリで管理する“IoTカメラ”、ソフトバンクが開発 不正なレジ操作の発見や混雑度の可視化に
ソフトバンクは10月14日、専用アプリで管理をするIoTカメラ「スマートAIカメラ」の提供を始めた。カメラには動体検知センサーを搭載している。外部のシステムと連動することで、店舗やオフィスの不正なレジ操作の発見、温度や湿度の管理、混雑度の可視化など、多様な用途に使える。(2020/10/14)

【特集】人材採用、育成のDX:
人材採用や育成「リモートだからできない」の常識は変わるか
企業の働き方が大きく変化する中、人材採用や育成の仕組みはかつてない変化を迫られている。「オフィスで働く」前提が崩れる中、その人の能力やパフォーマンスを把握し、公平かつ安全にデータを生かし、育成につなげるにはどうすればいいのか。(2020/10/14)

在宅前提のセキュリティを考える【前編】
自宅=仕事場の「BYOH」に必要なセキュリティ対策は?
在宅勤務などのテレワークやクラウドサービスが浸透した今、従業員が自宅で働き、オフィスの外に業務アプリケーションやデータが存在することは珍しくなくなった。そうした状況で必要なセキュリティ対策とは何か。(2020/10/14)

宿泊者は無料で利用できる:
スキー場のゴンドラがオフィスに 星野リゾートがプライベートオフィスを提供
星野リゾートは、リゾートホテル「リゾナーレ八ヶ岳」で、ゴンドラを再利用したテレワーク用のプライベートオフィスの提供を11月10日から開始する。床面積は約2畳で、暖房機能やWi-Fiを完備。室内にはコンセント付きのデスクや、腰の高さのソファを配置する。また、テレビ会議用マイク・スピーカー、外付けディスプレイなどの貸し出しも行う。(2020/10/12)

「笑顔測定器」をオフィスに設置 メンタルヘルス向上に パーソルHDが新施策
パーソルホールディングス(HD)が、オフィスに社員の笑顔を測定する「笑顔測定器」を設置。測定をきっかけに社員の笑顔を増やし、メンタルヘルスの向上につなげる。(2020/10/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。