ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「熊谷正寿」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「熊谷正寿」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「経営を仕組みに落とす」
GMO熊谷代表が実践した「テレワークを通常業務にする方法」とは
コロナ禍の影響でテレワークは当たり前の選択肢になった。だが、ただテレワークができるだけでは通常業務を無理なくこなすのは難しい。GMOの熊谷氏に「テレワークを通常業務にする方法」を聞いた。(2021/5/6)

「経営を仕組みに落とす」
GMO熊谷代表が実践した「テレワークを通常業務にする方法」とは
コロナ禍の影響でテレワークは当たり前の選択肢になった。だが、ただテレワークができるだけでは通常業務を無理なくこなすのは難しい。GMOの熊谷氏に「テレワークを通常業務にする方法」を聞いた。(2021/2/1)

早期テレワーク実施のGMO代表に聞く
“最速テレワーク”実施のGMO熊谷代表が語る、コロナ後中小企業に必要なIT活用
新型コロナ禍でテレワークやオフィス不要論が注目を集めている。2020年1月、いち早く大規模なテレワーク態勢に移行したGMOインターネットのグループ代表、熊谷正寿氏が語る、コロナ後の働き方、オフィスの在り方、中小企業のIT活用とは。(2020/11/2)

早期テレワーク実施のGMO代表に聞く:
PR:“最速テレワーク”実施のGMO熊谷代表が語る、コロナ後中小企業に必要なIT活用
新型コロナ禍でテレワークやオフィス不要論が注目を集めている。2020年1月、いち早く大規模なテレワーク態勢に移行したGMOインターネットのグループ代表、熊谷正寿氏が語る、コロナ後の働き方、オフィスの在り方、中小企業のIT活用とは。(2020/10/8)

早期テレワーク実施のGMO代表に聞く
“最速テレワーク”実施のGMO熊谷代表が語る、コロナ後中小企業に必要なIT活用
新型コロナ禍でテレワークやオフィス不要論が注目を集めている。2020年1月、いち早く大規模なテレワーク態勢に移行したGMOインターネットのグループ代表、熊谷正寿氏が語る、コロナ後の働き方、オフィスの在り方、中小企業のIT活用とは。(2020/9/30)

渋谷の一等地:
在宅勤務が進んでも、月3億円の家賃でも「オフィスは必要」 GMO熊谷社長の哲学
オフィスは武器だ──。テレワークの普及でオフィス需要の低迷のみならず、場合によっては不要論すら叫ばれるなか、GMOインターネットグループの熊谷正寿会長兼社長は必要性を説く。その理由は。(2020/7/8)

電子化を阻んでいた要因は?:
GMO「脱はんこ」即断の背景 そのとき、社内で何が起きていたのか
GMOインターネットグループの熊谷正寿社長兼会長が4月15日にSNSで「脱はんこ」を宣言。直ちにグループ各企業の幹部に押印の実態調整を命じ、翌々日の17日には「印鑑レス」「ペーパーレス」を発表した。スピード対応の裏側は。(2020/6/10)

押印のための出社は「不要不急の外出」に当たらない? はんこ文化の実態調査
COVID-19対策の緊急事態宣言を受けてテレワークに踏み切る動きが広がっている。だが「押印」のためだけに出社せざるを得ないという従業員もいるようだ。E-STAMPが実態を調査した。(2020/4/27)

GMOが“はんこ”廃止 竹本IT担当大臣の発言に即対応
GMOインターネットグループは、ユーザーの各種手続きで、はんこを不要にした。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、はんこをなくすことで出社が必要な場面を減らし、テレワークを推進したい考え。(2020/4/17)

GMO、印鑑を廃止へ IT担当大臣(はんこ議連会長)の「しょせんは民間の話」コメント受け社長が即断
「決めました。GMOは印鑑を廃止します」。(2020/4/17)

はんこ出社、「しょせんは民・民の話」──物議を醸したIT担当相の発言全文
IT担当大臣ではんこ議連の会長も務める竹本直一氏の発言が物議を呼んでいる。竹本大臣は記者会見で、「(はんこがテレワークで問題になるのは)民間同士の話。役所でそういう問題は起きない」と話した。(2020/4/16)

“いま”が分かるビジネス塾:
新型コロナ対策で露呈 「社員から確実に見放される企業」とは?
各社で大きく分かれる新型コロナ対策。対処ができなければ「従業員に見放される」可能性も。危機にこそ組織の本質が問われる。(2020/4/2)

初めての挑戦:
「来場者18人」「所要時間37分」 GMOインターネットが株主総会で新型コロナ対策を実施した結果
GMOインターネットが株主総会を実施した。新型コロナの感染リスクを抑えるためさまざまな工夫をした。来場した株主は18人にとどまり、その他の株主はインターネットで視聴した。(2020/4/1)

新型コロナで突然のテレワーク、3週間たって記者が感じたこと
新型コロナウイルス感染拡大を受け、多くの企業がテレワークに取り組んでいる。実は記者もその一人。テレワークを始めてから3週間がたち、メリットとデメリットの両方が見えてきた。(2020/3/12)

「在宅勤務開始から3週間、業績への影響ほぼない」GMO熊谷社長 「そもそもオフィスは必要か?」
「在宅勤務開始から3週間。何が凄いかと言うと、業績に影響がほぼ無い」――新型肺炎の国内感染拡大に備え、在宅勤務を進めてきたGMOインターネットグループの熊谷正寿社長がツイート。(2020/2/19)

製造マネジメントニュース:
マイニングASICビジネスは先行き見えず……GMOが特損240億円で撤退
マイニングASICの存在が岐路に立たされている。独自のマイニングASICを開発したGMOインターネットは、仮想通貨マイニング事業で約355億円の特別損失を計上した。マイニングASIC開発で最大手の中国Bitmainも上場手続きが難航していると報じられており、マイニングASICを開発する企業の経営は難しい舵取りを迫られている。(2018/12/26)

「若手のアイデア理解できなかった」 DeNA南場会長らIT大手4社、渋谷ビットバレーで業界背負う未来の人材に語る
渋谷にIT企業が集まる「ビットバレー」を再興させる──。2019年に大手IT企業のオフィス移転を控える東京・渋谷で、4社のトップが若手エンジニアにエールを送った。(2018/9/11)

全ての銀行サービスのAPI公開:
GMOあおぞらネット銀行が開業 ECの仮想通貨決済サービスも検討
あおぞら銀行とGMOインターネットグループが共同出資で設立した「GMOあおぞらネット銀行」が7月17日に開業した。(2018/7/17)

投資額は「100億に近い数十億円」:
7nmで独自ASIC……GMOが半導体開発に乗り出す理由
GMOインターネットは2018年6月5日、東京都内で記者会見を開催し、7nmプロセスを用いて独自開発したマイニング専用ASICを搭載するマイニングマシン「GMO miner B2」を紹介した。(2018/6/6)

「世界トップ性能」GMOのマイニングマシン、約22万円で発売 7ナノメートルプロセス実現
GMOインターネットは、同社が開発したビットコイン向けマイニングコンピュータ「GMO miner B2」と専用電源ユニットのセットを1999ドル(税込約22万円、送料別)で発売すると発表した。初回出荷は10月末の見込み。電力性能・計算性能で「世界トップの性能を実現した」という。(2018/6/5)

100億円投じて開発:
マイニングマシン「GMOマイナーB2」、電源ユニット込みで1999ドル
GMOインターネットは6月5日、7ナノメートルプロセス技術による専用半導体(ASIC)を搭載した仮想通貨マイニングコンピューター(マイニングマシン)「GMOマイナーB2」の性能などの詳細を発表した。(2018/6/5)

GMOの勝算は:
国内企業が続々参入「仮想通貨マイニング」とは?
GMOインターネット、DMM.comなど国内企業が続々参入を発表している「仮想通貨マイニング」。どういった仕組みで収益を得られるのか。課題とその解決法とは?(2017/9/14)

「独自チップでないと勝てない」「投資額は100億円」――GMOインターネットのビットコイン採掘参入、会長の意気込み
ビットコインの採掘(マイニング)事業へ参入を表明したGMOインターネット。同社の熊谷正寿会長がその意図を語った。(2017/9/14)

“氷水”ついに出版界にも――幻冬舎社長もチャレンジ
筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者を支援するためのチャリティー企画として始まったアイスバケツチャレンジ。見城氏からは、次のチャレンジャーとして、小山薫堂氏や歌手の郷ひろみの名前が挙がった。(2014/8/21)

「頭から氷水」動画、日本にも広がり 孫社長や山中教授も 難病患者支援のソーシャル運動
頭から氷水をかぶる動画を公開するALSチャリティー運動「Ice Bucket Challenge」の波が日本でも急速に拡大。孫正義ソフトバンク社長や京大の山中伸弥教授などが挑戦している。(2014/8/20)

「.tokyo」運用開始 都道府県ドメイン初 「東京の魅力を世界に」
全国の都道府県で初となる地理的名称トップレベルドメイン(gTLD)「.tokyo」の運用が始まった。(2014/4/7)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/12/11)

paperboy&co.、脆弱性報告専用のメール窓口開設
paperboy&co.が、同社サービスの脆弱性情報受け付け専用メール窓口をオープンした。(2013/11/19)

スマホでスケジュールしている人の落とし穴
手書きだからこそ夢が実現できるという熊谷氏の著書『一冊の手帳で夢は必ずかなう』を紹介します。(2013/11/5)

ロリポップ改ざん問題でツイート炎上のGMO熊谷社長、「強気すぎた」と謝罪
「ロリポップ」の改ざん問題をめぐるツイートが炎上したGMO熊谷社長が「発言が強気すぎた」と謝罪。まとめサイトで発言の一部だけを切り取ってまとめられたことなどが炎上につながったと説明している。(2013/9/9)

今後は文具の総合企業に:
なぜ「NOLTY」なのか――手帳の王者が「能率手帳」の名を捨てたわけ
「能率手帳」は日本の手帳の代名詞ともいえる歴史あるブランド。この手帳を手がけるJMAMが由緒あるブランドを捨て、新ブランドの「NOLTY」を立ち上げたのはなぜか。その理由を探った。(2013/5/28)

新経済サミット2013:
「エンジニア1人で世界を変えられる時代、日本からイノベーションを起こすには」 伊藤穰一氏、Rubyまつもと氏など議論
ネット時代は、エンジニア1人で世界を変えられる時代でもある。日本から破壊的イノベーションを起こすには何が必要か。日本を代表するエンジニアやWeb企業のトップが語り合った。(2013/4/19)

GMO、「ネット選挙」解禁に向けたなりすまし防止サービスを発表
電子証明書で候補者や議員、政党のWebサイトやメールが正規のものであることを証明する。Webサイト向けのツールは全政党に寄付するという。(2013/2/27)

GMOインターネット、2012年12月期通期決算説明会ライブ配信
GMOインターネットが2012年12月期通期決算説明会をライブ配信する。スピーカーは熊谷正寿GMOインターネットグループ代表。配信は2月6日17時30分〜。(2013/2/4)

夏野剛さんの「夏野政経塾」 ゲストはGMO熊谷正寿社長
夏野剛さんのニコニコ生放送番組「夏野政経塾」にGMOインターネットの熊谷正寿社長が登場。配信は1月11日20時0分〜。(2013/1/7)

手帳2013:
美崎栄一郎の『「結果を出す人」のビジネス手帳2013』にいい意味で裏切られた
『iPadバカ』や『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』などの著者である美崎栄一郎氏が手帳を作った。その名も『「結果を出す人」のビジネス手帳2013』。結果を出す人が出した手帳は果たしてどんな内容なのか。(2012/10/2)

文具書評:
辛酸なめ子も使ってる! ISOT文具大賞「EDIT」初の公式本
ISOT 2012で文具大賞に選ばれたマークスの手帳「EDIT」に、専用ガイドブックが登場した。使い方の提案はもちろん、EDITがどのように作られ、どんな価値観の人々に使われているのかが分かる。いわば手帳のプロフィールのような一冊だ。(2012/9/19)

IT業界の幹部がプレゼン! 「IVSサマーワークショップ2012」にGMO熊谷社長ら登場
IT業界の経営幹部を対象にしたカンファレンス「Infinity Ventures Summit」のメンバーが大学生向けにプレゼンする「IVSサマーワークショップ2012」をライブ配信。パネルディスカッション「起業家としての成長」(GMOインターネット熊谷正寿社長、MOVIDA JAPAN孫泰蔵社長、グリー山岸広太郎副社長)、「ビッグ・ベンチャーを目指せ!」(ライフネット生命保険岩瀬大輔副社長、ディー・エヌ・エー川田尚吾顧問)を届ける。配信は7月14日10時0分〜。(2012/7/9)

スマホ時代の手帳再入門:
スマホ普及時代の今、手帳が選ばれる理由
Googleカレンダーやスマートフォンの便利さが認知浸透されるようになって久しい。にもかかわらず手帳に注目が集まっている。このアナログツールがどうしてビジネスマンから熱い視線を浴びているのか。手帳とは何かをもう一度考えてみたい。(2012/4/17)

キープレーヤーが勢ぞろい――Android Bazaar and Conferenceのセッション概要が公開に
7月17日に開催される「Android Bazaar and Conference 2011 Summer」のセッション概要が公開された。ドコモやKDDI、端末メーカー、国内主要SNS企業などのキープレーヤーが講演する。(2011/7/6)

「ライバルはFacebook」:
「世界一目指して作りました」 GMO、24時間無料の社食を公開 託児所も
GMOグループが「世界一」を目指して作った社食と社員専用託児所を公開。社食は24時間利用でき、メニューが全て無料。託児所に預けた子どもと一緒にランチ――もOKだ。(2011/6/16)

GMO、アクロディアとアプリマーケットの合弁会社設立
GMOインターネットが、アクロディアとの合弁会社GMOゲームセンターを設立する予定であることを発表した。スマートフォンゲームプラットフォーム事業の拡大が目的。(2011/3/31)

夏野剛さん、GMOインターネット熊谷社長がほろ酔いトーク 「ニコニコワイン講座」
夏野剛さんと漫画「神の雫」原作者の亜樹直さんがワインの素晴らしさを伝える番組「ニコニコワイン講座」。GMOインターネット熊谷正寿社長をゲストに迎え、ほろ酔いトークを繰り広げる。「酔った勢いで、思わず口を滑らし爆弾発言が飛び出すかも!?」。配信は2月21日20時0分〜。(2011/2/18)

仕事耕具:
熊谷社長が使っていない「月間スケジュール」を追加――「夢手帳☆熊谷式」2011
GMOインターネットは、毎日のやりたいことや人生の目標を書き込める「夢手帳☆熊谷式(ユメテチョウクマガイスタイル)」2011年版3種類を発売した。新たに「月間スケジュール」「2ミリ方眼メモ」のシートを追加している。(2010/10/18)

参院選、ベンチャー経営者も政治の世界へ挑戦 ITスキルや経営経験で改革目指す
11日投票の参院選では、IT関連などのベンチャー企業経営を経験した候補者が目立っている。企業経営を通じて身に付けたノウハウと規律を政治の世界に持ち込み、変革にチャレンジしている。(2010/7/7)

仕事耕具:
夢手帳☆熊谷式2010、特設サイトで無料リフィル配布も
GMOインターネットは、「夢手帳☆熊谷式」の2010年版を発売した。2010年版では、やりたいことリスト/夢・人生ピラミッド/未来年表の3つのリフィルを、特設サイトで配布する。(2009/10/1)

GMO、新gTLDでレジストリ参入 申請代行新会社を設立、「.shop」運用へ
新会社「GMOドメインレジストリ」は、自由化されたgTLDの申請・運用を代行。新gTLDとして「.shop」を申請する。(2009/7/28)

仕事耕具:
夢手帳☆熊谷式の2009年版、ポスト・イットなどの新リフィル追加
GMOインターネットは、「夢手帳☆熊谷式」の2009年版を発売した。「思考整理シート」「<ポストイット>オリジナルバイブル手帳サイズ」といった2種類のリフィルを追加している。(2008/10/3)

映像・音楽配信を許諾不要に 「ネット権」創設、有識者が提言
過去に上映された映画などを許諾不要でネット配信できるようにする「ネット権」の創設などを柱とする特別法の制定を有識者団体が提言。煩雑を極める権利処理をネット限定で簡素化し、ネット上でのコンテンツ流通を活性化するのが狙いだ。(2008/3/17)

日本のインターネット企業 変革の旗手たち:
真なるインターネットのフェーズへ
GMOインターネットグループは、ISP事業を基にレンタルサーバ、ドメイン登録事業などのネットインフラ事業に続き、ネットメディア事業へと拡大を続けている。その背景にあるものは、インターネットそのものの需要動向にあった。(2008/1/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。