ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

「LOHACO」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「LOHACO」に関する情報が集まったページです。

“打倒クレジットカード”を目指すPayPay 2020年中に金融サービス提供へ
「PayPayはキャッシュレスにおける代名詞になりたい」とPayPayの中山一郎社長が意気込みを語る。2020年1月17日時点で、PayPayのユーザー数は2300万人超、加盟店申込数は185万箇所となり、決済回数は単月で1億回を超えた。2020年中に新たな金融サービスを提供する。(2020/1/18)

「ヤフーと連携強化する」「提携解消は考えていない」――アスクル吉岡社長が方針転換 対立からの5カ月に何があったのか
アスクルの吉岡晃社長が、決算会見で「ヤフーとの連携をさらに強化する」「現在は、資本関係の解消は考えていない」と語った。5カ月前に対立していたヤフーと、どのような経緯で関係修復に至ったのだろうか。(2019/12/17)

生理をオープンに――大丸梅田店「生理バッジ」に批判も 担当者に試験導入の理由を聞いた
「生理であることをオープンにすることでポジティブな動きがみられるのではないか」。(2019/11/22)

ヤフーとLINEが「経営統合検討」との報道 「決定している事実はない」とコメント
11月13日の夜、「ヤフーとLINEが経営統合を検討している」という旨の報道が複数あった。翌14日、ソフトバンクとZホールディングス(ヤフーの親会社)とLINEがそれぞれステートメントを発表。「提携に向けた検討」は事実としつつも、「決まったことはない」としている。(2019/11/14)

ヤフー、ソフトバンク、PayPayが11月1日から「いい買物の日」キャンペーン 商品購入でPayPayボーナスなどを付与
ヤフー、ソフトバンク、PayPayは、11月1日から「いい買物の日」キャンペーンを開催。キャンペーンに先駆けて、10月25日からは「毎日合計1000万円相当が当たるPayPayくじ」も開催する。(2019/10/25)

「これが欲しかった」「ぜひ定番化を」の声 エリスの生理用ナプキンにシンプルな限定デザイン登場、狙いを担当者に聞いた
「生理用ナプキンに、シンプルという選択肢を」。(2019/10/17)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(3):
花王・アマゾン・アスクルの事例に学ぶ、デマンドチェーンマネジメントの重要性
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。第3回は、サプライチェーンの川下にあたる流通・小売プロセスでの先進事例を紹介するとともに、「デマンドチェーンマネジメント」の重要性について説明する。(2019/10/15)

メーカーデータとLOHACOデータを連携:
アスクル、新デジタルマーケティングサービス「LOHACO Insight Dive」を開始
メーカーデータとLOHACOデータを連携させてメーカーのデジタルトランスフォーメーションを支援。(2019/9/6)

ヤフーVSアスクル、対立の背景はソフトバンクGの親子上場
突如として表面化した「ロハコ」をめぐるアスクルとヤフーの対立。業績改善を最優先にとりつく島もないヤフー側に過半の議決権を握られたアスクルは、世論を味方につけようと内情を暴露するプレスリリースを連発した。対立は、親子上場という日本の企業が抱える資本関係の問題にまで論点を広げながら泥沼化したが、アスクルのカリスマ社長の退任という異例のトップ交代で第1幕は閉じた。(2019/9/2)

ヤフー、持ち株会社体制移行後の役員人事を発表 アスクルなど子会社への影響は?
ヤフーが持ち株会社体制移行後の役員人事を発表。現体制をベースに、大規模組織でも迅速に意志決定できるような体制にするという。合わせて、持ち株会社「Zホールディングス」のコーポレートロゴも公開した。(2019/8/30)

今日のリサーチ:
電通グループ3社が物販系ECプラットフォーム広告費を推計
2018年実績は1123億円(前年比120.6%)。2019 年予測は1441 億円で前年比128.3%の高成長見通し。(2019/8/9)

ソフトバンク宮内社長、アスクルとの対立問題で「ヤフー支持」明言 「正しさはいずれ分かる」「大義あった」
ソフトバンクの宮内謙社長が、ヤフーとアスクルが経営を巡って対立している問題に言及。「ヤフーの事業を大きくできるのであれば、肯定したい」「半年ほどたったら(正しさは)証明されるだろう」と賛成する姿勢を示した。ヤフーは、アスクルが2日に開いた定時株主総会で、岩田彰一郎前社長らの再任に反対する議決権を行使。計4人を退任させ、物議を醸していた。(2019/8/5)

「ヤフーからの重圧は感じない」「岩田前社長からDNA受け継ぐ」 アスクルの吉岡新社長が強気の姿勢
アスクルの岩田彰一郎前社長の後任として、吉岡晃COOが社長に内部昇格。吉岡新社長は「ヤフーからのプレッシャーは感じない」「岩田前社長のDNAを受け継ぐ」と強気の姿勢を示した。「LOHACO」事業の業績改善にも積極的に取り組むとした。(2019/8/3)

孫社長は「ヤフーの手段に反対」 アスクル騒動に、ソフトバンクGがコメント
ソフトバンクグループが、アスクルとヤフーの対立についてコメント。ヤフーがアスクルの岩田社長の再任に反対したことについて、孫正義社長(兼会長)は「反対の意見を持っている」という。(2019/8/2)

ヤフーの1Qは増収 対立するアスクルの売上増が貢献
ヤフーの19年4〜6月の連結業績は、増収減益。経営権を巡り対立している子会社アスクルの増収などが貢献したが、前年同期にIDCフロンティアの売却益79億円を計上した反動で減益に。(2019/8/2)

「社長が辞めて大丈夫か」「ヤフーはLOHACOを奪うのか」 アスクル株主総会で質問飛び交う
アスクルが定時株主総会を開催し、取締役10人の選任議案を付議。筆頭株主のヤフーと第2位株主のプラスが、岩田彰一郎社長と独立社外取締役3人の再任に反対の議決権を事前に行使したため、株主総会の終了をもって4人は退任した。株主と取締役の質疑では、アスクルの今後について多くの質問が出た。(2019/8/2)

ヤフー、またアスクル批判 騒動の要因は「岩田社長の保身」 第三者に株式を譲る可能性も示唆
ヤフーが、経営などを巡って対立している件で見解を発表。アスクルが株式の売渡請求権の行使を示唆していることについて「岩田社長の保身」と批判した。ただ、株式の譲渡先の候補によっては、交渉に応じる可能性も示唆した。(2019/7/31)

アスクル社外取締役らが声明文、ヤフーの議決権行使を批判 「深く憂慮する」「ガバナンスを蹂躙している」
ヤフーがアスクルの岩田彰一郎社長と独立社外取締役3人の再任に反対する議決権を7月25日に行使した。この件について、アスクルの独立役員会が「深く憂慮する」との声明文を発表した。同会は、23日の記者会見に続き、ヤフーの手法は、上場企業に求められるガバナンスを無視していると再び批判した。(2019/7/29)

アスクル、ヤフーに株式の売り渡し請求か 株主総会の前日に取締役会招集
アスクルは7月26日、ヤフーに対して同社株式の売り渡し請求権を行使するため、8月1日午後に取締役会を招集すると発表した。(2019/7/26)

ヤフーとプラス、アスクル・岩田社長再任に反対する議決権を行使 プラスは「岩田社長の保身」と強く批判
2社の議決権で過半数を占めます。(2019/7/24)

ヤフー、アスクル岩田社長再任に反対の議決権行使 “ヤフー批判”の社外取締役にも
ヤフーが、アスクルの岩田彰一郎社長の再任に反対する議決権を行使。戸田一雄氏ら社外取締役の再任にも反対の議決権を行使した。(2019/7/24)

社長交代が迫るアスクル、社外取締役らがヤフーの「ガバナンス無視」を徹底批判 対立泥沼に
アスクルの社外取締役・社外監査役からなる「独立役員会」が7月23日に記者会見を開催。同社が親会社のヤフーと対立している件についての見解を発表し、ヤフーが上場企業に求められるガバナンスを無視していると批判した。具体的には、指名・報酬委員会や派遣取締役を通さず岩田社長個人に辞任を迫った点などを問題視しているという。(2019/7/23)

ヤフー「LOHACO譲渡の意向を聞いただけ」は「明らかに虚偽」とアスクルが再反論
ヤフーがLOHACOの切り離しと直営化を検討していたとして、具体的な経緯を明らかにしています。(2019/7/23)

アスクル、ヤフーに激しく反論 “LOHACO乗っ取り”画策は「明白」 主張は「明らかに虚偽」
ヤフーがECサイト「LOHACO」事業の“乗っ取り説”を否定したことに対し、アスクルが「ヤフーが主体的にLOHACO事業の移管を画策していることは明白」などと反論。(2019/7/22)

背後にソフトバンクの影も?:
ヤフーの言い分は「明らかに虚偽」 アスクルが「LOHACO問題」で再反論
アスクルが「LOHACO問題」についてヤフーの主張に反論。対立に至るまでの経緯の詳細を公開し、「ヤフーが主体的にLOHACO事業の移管を画策していることは明白だ」と批判している。(2019/7/22)

ヤフーとアスクルの泥仕合 双方の言い分は?
(2019/7/18)

ヤフー、アスクル社長会見に反論 “LOHACO乗っ取り説”など否定 「黒字化に向けて協力する」
ヤフーが、アスクルの岩田彰一郎社長が記者会見を開き、共同運営するECサイト「LOHACO」事業を「このままでは乗っ取られてしまう」と発言した件などについて、反論のコメントを発表した。譲渡を打診したのは事実だが、アスクルの主張を受け入れており、「今後は譲渡を申し入れる方針はない」という。退任を求めている岩田社長の後任人事などについても言及した。(2019/7/18)

アスクルにヤフーが反論 「LOHACOの譲渡を申し入れる方針はない」
「LOHACOはアスクルが運営すべき」とヤフーは主張しています。(2019/7/18)

アスクル岩田社長、怒りと困惑の記者会見 ヤフーの強硬手段は「全てが不可解」
親会社のヤフーと対立しているアスクルが記者会見を開催。ヤフーから退陣を求められている岩田彰一郎社長が登壇し、「全てが不可解」と怒りをあらわにした。岩田社長の退任は避けられない見通しだが、「他に解決の糸口がないか話し合っていきたい」という。(2019/7/18)

ヤフー、アスクルとの提携解消を拒否 アスクルは騒動の経緯を暴露 対立鮮明に
ヤフーと子会社アスクルの対立が鮮明になっている。ヤフーがアスクルに対し、共同で運営するECサイト「LOHACO」の事業譲渡の打診や、岩田彰一郎社長への退陣要求などを行ったため。アスクルはヤフーに資本・業務提携の解消に向けた協議を申し入れたが、ヤフーは「協議は不要」として拒否する考えを示している。(2019/7/17)

アスクル2位株主プラスも岩田社長の再任反対 「ヤフーの考えに賛同」
アスクルの大株主プラスが、アスクルの岩田彰一郎社長に退陣を求める方針を示した。筆頭株主のヤフーとともに、アスクルが8月2日に開く予定の定時株主総会で、岩田社長の再任議案に反対票を投じる予定だ。(2019/7/17)

アスクル、ヤフーとの提携解消申し入れを説明 「提携の精神に反する」 株価は急騰
ヤフーとアスクルの対立は深刻なようです。(2019/7/17)

ヤフーとアスクルでバトル勃発 「業績悪いので社長退任を」「だが断る」 背景にある「LOHACO」問題
赤字が続いているLOHACOが焦点になっています。(2019/7/17)

ヤフー、アスクル岩田社長に退陣要求 「LOHACO」の譲渡巡り関係悪化か
ヤフーが、連結子会社アスクルの岩田彰一郎社長に退陣を求める方針を明らかにした。業績改善などに向け、抜本的な改善が必要と判断したためという。一部報道では、共同で運営するECサイト「LOHACO」事業の譲渡を巡り、関係が悪化したとも報じられている。(2019/7/17)

「Yahoo!マネー」が「PayPay」に統合 9月30日付予定
ヤフーが「Yahoo!マネー」の名称で提供している電子マネー事業をPayPayに9月30日付で承継する予定であることを発表。「Yahoo!マネー残高」を「PayPay残高」に移行する。PayPayアカウントを持っていないユーザーは、9月30日以降に新規作成すれば残高や登録情報を引き継ぎできる予定だ。(2019/6/28)

Yahoo!マネーがPayPayに統合 9月末に
ヤフーは電子マネー「Yahoo!マネー」を9月30日時点で「PayPay」に統合する。Yahoo!マネープラスの残高は、払い出し可能な新しいPayPay残高に移行される。(2019/6/28)

キャンベルから持ち運べるドリンクタイプのスープ「Soup on the Go」発売 レンジで温めも可能
コーヒーの代わりにスープもありかも。(2019/6/8)

ヤフー、8月から期間固定Tポイントを「PayPayボーナス/ボーナスミニ」へ変更
ヤフーは、8月からヤフー関連サービス上のキャンペーンなどで付与している期間固定Tポイントを「PayPayボーナス」「PayPayボーナスミニ」へ変更する。また、PayPayは6月3日に「Yahoo!ショッピング」などヤフー関連サービスでのオンライン決済時に付与する「PayPayボーナス」を0.5%から1%に引き上げる。(2019/6/3)

ヤフーの特典ポイント、「期間固定Tポイント」から「PayPayボーナス」に変更
「Yahoo!ショッピング」や「LOHACO」などヤフー関連サービスのキャンペーンなどで付与している「期間固定Tポイント」が8月から、モバイル決済「PayPay」の電子マネーに変わる。(2019/6/3)

PayPay、6月3日からヤフオク!とYahoo!ショッピングに対応
ヤフーは、6月3日から「Yahoo!ショッピング」と「ヤフオク!」の支払いに、モバイル決済サービス「PayPay」が利用できるようになると発表した。ヤフオク!の売上金をPayPayにチャージすることも可能になる。(2019/5/22)

PayPay、6月3日からヤフー関連サービスのオンライン決済に順次導入 「ヤフオク!」の売上金チャージにも対応
6月3日から順次、「PayPay」がヤフー関連サービスのオンライン決済に対応する。オンライン決済時には「PayPayボーナス」が付与され、PayPay残高・Tポイント・Yahoo!ウォレットに登録しているクレジットカードなどと組み合わせて支払うこともできる。同日からは「ヤフオク!」の売上金を「PayPay」にチャージできるようにもなる。(2019/5/21)

PayPayがYahoo!関連サービスのオンライン決済やヤフオク!売上金チャージに対応
Yahoo!関連の支払いにPayPayが対応します。(2019/5/21)

「走行距離変わらず、収入増に」 AI活用のタクシー配車サービス「DiDi」、東京に進出 年内には全国13都市へ
大阪で展開していたタクシー配車サービス「DiDi」が、東京都と京都府に進出する。これまでの実績は?(2019/4/24)

日清、完全栄養食「All-in」シリーズ始動 パスタ1食で1日に必要な栄養素の1/3が摂れる
麺とソースがセットのカップタイプで1食600円。3月27日に発売。(2019/3/26)

コード決済どれを選ぶ? 主要5サービスを総まとめ
2018年にはスマホ決済、特にコード決済が大きな注目を集めた。一方、どのサービスを使うべきか分からないという人も多いだろう。そこで今回は「楽天ペイ」「LINE Pay」「d払い」「PayPay」「Origami Pay」のメジャーな5サービスの違いを解説する。(2019/1/14)

「PayPay」オンライン決済に対応 「Yahoo!ショッピング」や「LOHACO」で利用可能に
QRコードを使ってスマートフォン決済できるサービス「PayPay」がオンライン決済にも対応へ。「Yahoo!ショッピング」「ヤフオク!」では来年2月から、「LOHACO」では同年4月から、PayPayによる決済に対応する。(2018/11/30)

絶望する前に:
iPhoneの画面が割れた! 修理前にチェックしたい3つのこと
(2018/11/30)

Y!mobileの「パケットマイレージ」がリニューアル パートナー募集も
ソフトバンクは、Y!mobile向け「パケットマイレージ」をリニューアルしてマイルがたまる対象サービスを大幅拡大。これに合わせ、コンテンツパートナーの募集も行う。(2018/10/16)

再配達率2%を実現 アスクルの「効率的な配送」の仕組みとは
日本全国の再配達率は15%にもなるが、これを大きく下回り、再配達2%を実現しているサービスがある。アスクル個人向け通販「LOHACO」の時間帯指定配送サービスだ。どのようにして再配達2%は実現されたのだろうか。(2018/8/3)

新端末で「シニア層」獲得も:
ワイモバが格安SIM市場“首位固め” 「スマホプラン」データ容量を倍増へ
「Y!mobile」が9月から「スマホプラン」を刷新。料金を据え置いたままデータ容量を2倍にする。「パケットマイレージ」の対象サービスも増やす。新端末を投入し、「シニア層」の獲得も図っていく。(2018/8/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。