ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「不当表示」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「不当表示」に関する情報が集まったページです。

マクドナルド「東京ローストビーフ」問題で消費者庁が課徴金納付命令
CMでブロック肉を表示していたが実際の商品は成型肉でした。(2019/5/24)

“加圧シャツ”不当表示でヒロミに批判も 「ヒロミプロデュース」で問われるタレントの責任とは
「加圧で痩せる」は根拠がないとして、消費者庁から3月22日に処分を受けていました。(2019/3/26)

モバイルバッテリーがPSEマーク必須に マークがあれば安心なのか
2月1日からモバイルバッテリーへのPSEマーク表示が義務化された。マークのある製品なら安心して使えるのだろうか。表示に必要な試験や検査について、モバイルバッテリーブランド「Anker」と「Cheero」に聞いてみた。(2019/2/12)

「艦これAC」の類似ゲーム訴訟、「アビス・ホライズン」側の運営撤退で決着か 「アビホラ」は別会社で存続?
夜戦突入……? ※追記あり(2019/1/12)

「DMCA本来の目的から逸脱した利用を行ってしまった」――「侍エンジニア塾」運営会社、DMCA悪用で謝罪も「悪評隠し」については否定
DMCA申請を行った目的はあくまで「著作権侵害」への対処だったと説明しています。(2018/10/27)

消費者庁、ジャパネットたかたに措置命令 価格不当表示で
消費者庁がジャパネットたかたに措置命令。カタログなどで、エアコンやテレビの値引き前の価格を不当に高く表示し、販売価格がより割安であるかのように消費者に誤認させていた。(2018/10/18)

「星のドラゴンクエスト」ガチャ集団訴訟はなぜプレイヤー側敗訴となったのか 裁判所の判断は「不当表示なし」
「★5そうびは、上記のそうびの他にも排出される場合があります」という一文の解釈が争点に。(2018/9/25)

「星のドラゴンクエスト」ガチャ不当表示を巡る返金訴訟で原告側が敗訴 原告側は控訴の意向
ガチャの表示を巡る国内初の集団訴訟案件として注目を集めていました。(2018/9/19)

「常識的に考えて溶ける訳ないでしょ」 “焼き鳥とビールが水になる”痩せサプリ、販売会社が効能ないと認める
編集部でサプリを購入し、焼き鳥が水になるのか実験してみました。(2018/7/2)

「痩せる」不当表示で販売会社に課徴金2000万円 アフィリエイトサイトの悪質表示も広告主の責任に
アフィリエイトの健全化が期待されます。(2018/6/20)

業界が注目した「KOFガチャ返金訴訟」が和解で決着 原告への返金は認められず疑問残る結果に
なんともスッキリしない結果に……。(2018/4/16)

消費者庁、プラスワン・マーケティングに課徴金 「FREETEL」運営時、「業界最速」など不当表示
「FREETEL」ブランドで事業展開していたプラスワン・マーケティングに消費者庁が課徴金納付命令。当時、Webサイトに「業界最速」などと根拠のない表示を行っていたことが、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとしている。(2018/3/26)

スクエニ「星のドラゴンクエスト」ガチャ不当表示で集団訴訟に 1人で90万円以上課金したユーザーも
8人分で合計300万円超の返金を求めています。(2018/1/26)

ソフトバンクが「おとり広告」で措置命令 2016年の「いい買物の日」を巡って
ソフトバンクが2016年11月に実施した「いい買物の日」のWebサイトに関して、消費者庁が同社に対して景品表示法に基づく措置命令を発出。Apple Watchのセールに関する表記を、いわゆる「おとり広告」と判断した。(2017/7/27)

消費者庁、景品表示法違反でガンホーとグリーに措置命令 「パズドラ」などで不当表示
どちらも再発防止や従業員への周知徹底などが命じられています。(2017/7/19)

週刊ダイヤモンド報道の京山“産地偽装米” 農林水産省が立入検査を実施し偽装の事実を確認できなかったと発表
京山も自主的に詳細な調査報告書を掲載。(2017/6/28)

スピン経済の歩き方:
提訴がダメなら「くら寿司」はどうすればよかったか
ネット掲示板に「何が無添なのか書かれていない」などと書き込みをした人物の個人情報開示をめぐる訴訟に敗れた「くらコーポレション」に対して、厳しい言葉が投げかけられている。では、どうすればよかったのか。(2017/4/25)

PB商品に「希望小売価格」:
ABCマートに措置命令 折り込み広告に不当表示
エービーシー・マートの折り込み広告に、あたかもメーカー希望小売価格から値下げしているかのような不当表示があったとして、消費者庁が措置命令を出した。(2017/3/29)

不当な広告を表示:
GMOインターネットに措置命令 “今なら無料”を半年継続
“今なら無料”と称したキャンペーンを実際は半年間継続していたとして、GMOインターネットに措置命令。(2017/3/22)

水素のダイエット効果をうたった3社に消費者庁が措置命令 合理的な根拠がないため景品表示法に違反
対象となった商品は、「ビガーブライトEX」、「水素たっぷりのおいしい水」、「ナチュラ水素」。(2017/3/3)

JA京都がダイヤモンド社を提訴 国産コシヒカリの産地偽装疑惑に反発
米卸の京山も提訴しており、総額4400万円の損害賠償を請求。(2017/2/17)

米卸の京山が週刊ダイヤモンドを刑事告訴へ 産地偽装記事で
「10粒中6粒が中国産」とする記事。(2017/2/13)

アディーレ法律事務所に措置命令 「今だけ」“期間限定”キャンペーン、実際にはほぼ常時
弁護士法人が法律違反。「今だけの期間限定」などと展開していたキャンペーンが実際には約5年の間事実上継続して実施していたとして、アディーレ法律事務所に消費者庁が措置命令。(2016/2/16)

ライザップの「30日間全額返金保証」表示に待った NPO法人が「広告の文言とは明らかに矛盾する」と指摘
記載の削除を申し入れた。(2015/5/19)

「遺伝子」とは何か
遺伝子は、ヒトの体の部品を作るための重要な情報を記録している領域であり、ヒトの個性を生み出す設計図でもあります。遺伝子を正確に知ることは自分の個性を知ること、自分自身を知ることにつながります。(2015/5/1)

竹書房、懸賞の当選者数を水増し 消費者庁が措置命令
実際の当選者は1人なのに10人と記載していたケースや、当選者数を記載していながら景品の提供がなかったケースもあった。(2015/3/14)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「他店価格よりも高ければお知らせください」は一石二鳥のワザ?
家電量販店には「地域最大級」「他店価格よりも高ければお知らせください」「オープン価格」など、分かるようで分からないような言葉が存在する。こうした曖昧な表現はなぜ生まれて定着したのだろうか。(2015/1/29)

窪田順生の時事日想:
なぜ日本人はウイスキーを「水割り」で飲むのか?
ドラマ『マッサン』効果でウイスキー市場が盛り上がっている。各社の売り上げが伸びている一方で、気になることも。それは「水割り」。海外の人たちは「ストレート」や「ロック」で飲んでいるのに、なぜ日本人の多くは水割りを好むのか。その理由は……。(2015/1/27)

新法令・通達解説:
不当な表示に課徴金を――不当表示防止法改正
不当表示を行った事業者に対して課徴金を課せられるようにする「不当景品類及び不当表示防止法の一部を改正する法律」が平成26年(2014年)11月に成立した。その詳細と、あわせてその他の新法令を、26年(2014年)12月4日までに公布されたものから紹介する。(2015/1/14)

“元値”をシステムでチェック、通報窓口設置……楽天市場が進める「不当表示」対策
楽天は、不当な価格表示の撲滅に向け、「楽天市場」に価格チェックシステムを導入するなど対策を進めている。(2014/9/4)

ご一緒に“おでん”いかがですか:
コンビニが、何度も「おにぎり100円セール」を行うワケ
「おにぎり100円セール」――。コンビニの店頭にこんなポスターを見たことがある人も多いだろうが、何度もセールを行うことでどういった狙いがあるのだろうか。単に売上増を狙うだけでなく……。(2014/7/3)

「楽天市場」の不当な二重価格表示、社員18人が店舗に指示
「楽天市場」の不当表示問題で楽天は、社員18人が28店舗に対して不当表示を提案したとする調査結果を発表した。(2014/4/25)

KDDIとソフトバンクが「電話番号偽装」問題にコメント――ソフトバンクは非通知対応も検討
LINE電話の登場で再燃した「電話番号偽装」問題。KDDIとソフトバンクがその対策についてコメントを寄せた。(2014/3/31)

ふぉーんなハナシ:
LINE電話で発信者番号が通知されない理由をドコモに聞いてみた
Android版「LINE電話」アプリが提供されましたが、相手がドコモ端末だと発信者番号が通知されません。その理由をドコモに聞いてみました。(2014/3/25)

ビジネスニュース 業界動向:
偽装部品ゼロへ、DARPAの開発プログラムが始動
偽装チップの問題が深刻化している。安価な半導体チップだけでなく、高価なチップにも不正品が紛れ込んでいるという。米国防高等研究計画局(DARPA)は、偽装品を見つけ出すべく、100μm角の超小型部品の開発プログラムを発表した。(2014/3/11)

「DQMスーパーライト」ガチャを一時停止し仕様変更 有料アイテム返還
ガチャを引いた回数に応じて、有料アイテムをプレゼントする。(2014/2/6)

「DQMスーパーライト」ガチャ表示にユーザー怒り → 返金祭りへ発展か スクエニ「現在確認中です」 ※追記
「実際に返金してもらった」との報告もありますが真偽は不明。(2014/2/5)

発想をカタチにする技術:
30歳過ぎまでさえなかった、「あまちゃん」ディレクターの仕事術
NHKで「サラリーマンNEO」や「あまちゃん」を担当したディレクターが、企画やアイデアの作り方、特に、新しいアイデアをいかに多くの人に受け入れてもらうか、そのコツをまとめました。(2014/1/23)

通常価格なのに「ズバリ半額!」 「Yahoo!ショッピング」でも不当な価格表示横行か  ヤフーが対策へ
11月の「楽天日本一セール」で不当な価格表示が疑われて大きな問題になったが、「Yahoo!ショッピング」でも不当表示が疑われる商品が見つかり、ヤフーが対策に乗り出している。(2013/12/10)

Mobile Weekly Top10:
偽装表示だらけの“自称”iPad 2
先週のトップ10で首位になったのは、中国で手に入れたという“自称”iPad 2の分解記事だった。偽装と水増しのオンパレードぶりに、あぜんとした人も多いのでは。(2013/12/9)

「おせち事件、決して忘れない」――Groupon日本法人新CEOが誓う“おせちからの再出発”
「おせち事件は決して忘れることができない」とグルーポン・ジャパンの根本CEO。再出発に向けて「改めておせちから考え直そう」と、5人の有名シェフが作った「夢のおせち」プレゼントキャンペーンを開始した。(2013/11/21)

楽天市場の優勝セール、17店舗で不当表示が判明し謝罪
当該店舗には、1カ月のサービス停止措置を取る。(2013/11/12)

“1万2000円のシュークリーム”は楽天が価格チェック済みだった 「ルール甘かった」と三木谷社長が陳謝
「楽天日本一セール」で不当な二重価格表示が疑われる件について三木谷社長が説明。話題になった「元値1万2000円のシュークリーム」は公式セールの参加商品として楽天の価格チェックを通っていたとし、チェック体制を厳格化すると話した。(2013/11/12)

Weekly Access Top10:
iPhone 4S、「通常価格43万円を9万5000円」? 楽天「二重価格」問題のてん末
先週は、楽天優勝セールの「二重価格」問題が数日間にわたって話題を集めました。担当幹部の方に迫ったインタビューも興味深い内容でした。(2013/11/11)

「セール品の価格チェックはしている」が……楽天市場、「想定外」の不当表示はなぜ起きた 担当幹部に聞く
「楽天日本一セール」で浮上した不当価格表示の問題。「厳正な対策を取ってきた」はずなのになぜなのか。担当幹部に聞いた。(2013/11/8)

楽天日本一セールで不当な価格表示の疑い、20店舗で1000商品を確認
楽天は、「楽天日本一セール」期間中に、価格の不当表示を行っていた疑いのある店舗を、20店舗・1000商品確認したことを明らかにした。(2013/11/7)

楽天、「77%オフ」不当表示問題でコメント 
楽天市場のセールで一部店舗が「77%オフ」としながら通常価格で販売するなどの表示をしていた問題で、楽天がコメントを発表。(2013/11/7)

出版業界ニュースフラッシュ 2013年8月第4週
出版業界で先週起こった出来事をまとめてお届けする週刊連載。お盆明けの先週は秋田書店への措置命令などが話題になりました。(2013/8/26)

公認会計士まーやんの「ロジカるつぼ」(前編):
なぜサッカーで八百長が起きるのか――不正のメカニズム
先日、ICPO(国際刑事警察機構)主催の、とある会議が開催されました。議題は「サッカー界における八百長の防止対策」。八百長といえば、少し前に日本でも大相撲が話題になりましたが、どうやらサッカー界のそれは大相撲の比ではないようです。(2013/7/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。